連休初日

宝塚の「幕末太陽博」早霧せいなのさよなら公演を29日に観に行った。幕末の日本物だが音楽は洋物でコミカルに描かれていて現代風になっている。とても楽しかった。早霧せいなは初めて見たがベテランの域に入っているようでスターのオーラは半端ない。劇場は満席で立ち見が出ているくらいの人気ぶりだった。もう少し前の席が取りたかったのだが・・・。休日の春の一日をゆっくりお友達と過ごせた。
そんな日メールで無事ピティナステップに参加し終えた生徒のママMさんからラインの連絡がきた。チケットを取ってからステップの日程がその日になったので
聴きに行くことができなかった。
姉と弟で習いに来ている継続表彰の写真の二人の姿は満面の笑みだった。
きょうその日のビデオを見せてもらい、堂々と演奏する姿に驚いた。
二人ともSの評価があった。
レッスンではビデオもとるがママの熱心なノートで二人の上達は目覚ましい。
とてもうれしかった。
ピアノが楽しくなるのはこれからであるからピアノが弾ける野球選手になりたいというコメントをいつも書いて出している弟のI君にはなんとかがんばっていてほしいし、お姉ちゃんも合唱コンクールで活躍してほしい。
今日田中雅弘選手のプロの流儀をNHKで放映されていた。
彼の流儀はとにかく退屈な基本をこつこつすること。逆境に負けない精神力を持つこと。普段の練習の積み重ねにこそいろいろなヒントが隠れている。
ピアノもスポーツも自分との闘いだ。
周りの支えも必要でその二つを両立させる豊かな家庭環境は本当に素晴らしい。

Go to top of page