ジョコビッチ敗れる

世界の王者ジョコビッチが敗れた。
優勝はドイツの先月20歳になったばかりのズべレフ。
最初からジョコビッチの様子がおかしかった。大きな身体能力を存分に発揮しのびのびとしたテニスだった。まさかあの強いジョコビッチが負けるなんて信じられなかった。しかもストレートで負けるなんて。
新しい男子テニス界の歴史の幕開けである。上位テニス陣がことごとく負けて、錦織も当たったらどうなるだろう。
怖いものなしのリラックスしたテニス。力が入りすぎていなくて読みが深い。
何か余裕があった。
何事も下剋上は避けては通れない。
初々しいあどけない表情からもその勢いは止まらさなそうだ。

Go to top of page