日本8強逃す

だれもが勝てるかもしれないと思った。
それはピッチの上の選手も監督も同じだろう。
先取点を2点も取ったのだから。しかし攻防はそのあとだった。ベルギーが黙っているわけがなかった。最後の最後にひっくり返すという日本とは真逆の形相だ。あの勝ち方をしてしまった日本への神様のお灸といえる。
やはり甘かった。
しかし選手たちの成長はかなり見られた試合だった。でもおそらくベスト8に入ってもこの闘い方では負ける。すきと甘さやタイミングの悪い選手交代が守り続けたゴールをこじ開けられることとなる。
あまりにもあっけにとられるようなすばらしいベルギーのゴールだった。
本当の実力は最後に疲れてしまったその時にどう相手を封じ込めることができるかだ。
受け身的な日本の実力にはまだまだ相手をほんろうさせ甘いパスに取り込み勝負をしっかりかけていかなければもっと戦術を学ぶべきだ。ただ試合としてはおもしろかった。監督交代し良い方向に向かったサッカー日本。夢を少しだけみっさせてもらった。これからもどんどん世界に出て強くなれ。

Go to top of page