本番つよっ!!

ブルグミュラーコンサートの本番を迎えた1年生Mちゃん、昨日のレッスンでの様子とは打って変わってのすばらしい演奏をしてくれました。
昨日は随分と心配させられました。
前日のレッスンはテンポが定まらず指がすべりまくり注意をすればするほど悪い状態となるのでもうそれ以上言うのはやめました。
ピアノから離れました。
曲に合わせて歩くことをやってみたら足の動きがうまく出来ない。え・なんで?・・なんば歩き(同じ手と足が動いてしまう)になってしまいます。
太鼓たたき・・お口でリズム。ピアノのふたを閉めてその上での練習。拍を手で叩くなど。最終的には15センチの定規を使って真一文字にしその上で指を使って右方向に落ちないように最初の指のパッセージを練習するということを考えました。両手なら孫の手のうえもいいですね。
笑いながらいろんなことをして遊びました。そのかわいいキャラクター定規はもって帰らせました。効果はどんなものでしょうか。


そして当日・・・私はそっと耳元で・・ゆっくりおちついてとはげましました。
私は足代をおき椅子の調整をして、見ると、彼女はお辞儀をわすれそうになるくらい緊張していました。
お辞儀をうながして舞台袖で息を呑みながら初めのパッセージを聴きました。タンタカタカタカタン・・。
なな・なんとノーミスで演奏を終えました。

おかあさんがおうちで魔法をかけたとしか言いようのない演奏にびっくりでした。
本当に上手でした。拍手明日は3年生と中学生部門に生徒たちが出演します。がんばれー!!

フォルテピアノ



兵庫近代美術館の下西美都さんフォルテピアノリサイタルに行ってきました。
今のピアノより鍵盤も浅く響板に鉄骨が入っていずアクションが軽いので柔らかな音色がします。強弱のつけられる今のピアノに近いチェンバロで人間の内側にある感情をどんどん表現して行く中で発達した楽器だそうです。最終的にピアノはロマンティックなものを表現するように作られた楽器です・・。

真綿のようなピアノの音といったらよいでしょうか・・。
軽いタッチで弾くのですが、少しの強弱でも息を吸いかなりスピードを上げて感情豊かに表現しエネルギーを送り込まなければ表現しきれないため、熟練が必要だと言うことがわかります。楽器に息を吹き込み祈るように演奏していました。

ピアノは赤ちゃんでも猫や犬でも簡単に音が鳴りますね。

ピアノフォルテは生ではじめて聴いたのですが初めは物足りない気がしました。
でもそのうちに不思議な響きの世界に誘われてゆきました。木のぬくもりのする暖かい音。チェンバロとは違った魅力の音によどんでいた心が研ぎ澄まされました。

しばしバロックや古典の時代にタイムスリップし、珍しいこの情報を下さった河合楽器の山添君ありがとうございました。
ピアノの歴史が知りたくてたまたま家には彼女のフォルテピアノのCDがあったことを思い出しました。

山添君は野球部に属しながら(礼儀が正しいのはそのせい?)ピアノを学び相愛大学では文科系で音楽関係の授業にも積極的に参加し河合楽器に入社後ピアノを売るお仕事で活躍しています。
高校の時には練習で疲れた体を精神的な面でピアノを練習することで癒されていたそうです。

子供達は生きている時間がまだ短いので自分の限界を知りません。
できることや出来ないことがわからないため、まだなかなか感動すると言う機会にめぐまれません。でも大人は生きてきた中で努力してもむくわれない経験があり限界を知っていますので何かが出来た時や素晴らしいことに遭遇した時大きな感動をするといったことが多いです。ああー年齢を重ねるって素晴らしいことですね。


朝の光に包まれて

日曜に朝ブロしています。朝からブログを書くってよゆーでしょ!!
つまり昨日のことになるわけですけどね!!

そう昨日ダイニングキッチンにかけている書家の相田みつをさんの日めくりを見ると25日の分には「わたしがねているときでも動いていてくれる心ぞう」と躍動感豊かに書いてありました。はい!!
日常の忙しさにまぎれてなかなか気づかない事柄を的確に表現してあり私はいつも心が直立不動するのです。
実は母は心筋症という心臓の病でいつも施設や周りの人にどきどきすると訴えやきもきさせています。どきどきするって生きてる証拠やん!!ときめいてるってことやん!!と健康な私は心の中で母を激励してるのですが・・生まれつき心臓の壁が分厚く手術は出来ない状態でそのような筋肉を持ち合わせた心臓は心臓に負担がかかり心不全になりやすくお医者さんからはくれぐれも安静にということなのでした。
歩くと負担がかかり車椅子中心の生活のようです。少しでも運動のため歩かせたい私にすれば、えーー!!?なのですが・・・。
安定剤を飲むと眠りすぎてしまいはっと起きたら私に電話を入れ「今日は何日?何曜日?」といった具合です。
もっとしっかりしてと娘である私は無理とわかっていてももどかしく叱咤激励したくなる・・・。でも病気なのだから優しくしてあげなければならないという思いと・・そんな心が交錯しています。

昨日はあいあいのコンサートのおかげかお得なパンのおかげかとても気分がいいので帰りに母のところに寄りました。
ちょうど夕方食事が終わったところで横になっていたようです。
入院してからやせて小さくなった母・・・。
部屋で食事を食べることが多く食事時に行って少し横で食べるようにそくさなければならないと思えるほどでした。
母が甘えることに私は疲れてうまく対応が出来ないことがあり、反省するのですが、なんと今日は気が付いてみると優しく接してる私がいました。音楽のおかげでしょうか。
最近「手紙」のCDを聴いています。介護されている方も遠くに住みできない方も是非お聴きになってみてください。
詩も素敵ですが樋口さんの透き通るような声・・・。
いずれは自分も老いる身です。

今私にしか出来ない母を支えてあげること・・・。後悔しないようやってゆかなければ・・。私の心臓さん本当にいつも・・ありがとう!!。ラブ


ぶぅらんじぇ



以前からこのブログは食べ物が多いと言われていましたがやっぱりこのテーマからは離れられません。
あいあいパークの帰り以前にはなかった新しいパンのお店がお隣にできていたので、買って帰りました。
100円均一のぱん香房「ぶぅらんじぇ」です。
どれも100円でおいしそうでしたよ。左上はげげげの鬼太郎のねずみ小僧パンで可愛いでしょ。4つで420円。うれしいな。
売り切れている商品が続出で焦りました。評判になり口コミでたくさんのお客さんが来ているのでしょう。
コープのスーパーのように自分で箱につめパッキングするというシステムでなるほどそういうところに人件費をかけずに商品を安くしているのだとわかりました。おいしければ最高でしょ!!明日の朝食が楽しみです!!

あいあいパーク



今日はミルフィーユのメンバーで阪急山本駅にあるあいあいパークの2階の2時からのアフタヌーンコンサートに出演しました。昨日は私の私的な手続きのため一日忙しくこちらにこれなくて紹介できず事後報告になりました。すみません。

「さとうきび畑」の寺島尚彦さんの白い森黒い森の連弾「夏」編の演奏です。
以前から私たちは「14ひきの朝ごはん」を皮切りに彼の作品を手がけ四季・・すなわち自然や命をテーマにしたこの曲を是非色々な方々に聴いていただきたく思っていました。今日で3季を終え後は「冬」を残すのみとなります。慣れ親しみ朗読の方もとても上手になられました。
自然を愛し旅のエッセイで書いていらっしゃる色々な場面で背景となる曲のなかに彼の美しいものを好む優しさ・・が随所にあふれています。

「夏」の4曲目入道雲のマーチの曲にコンガを叩く係りは私です。
これはぶっつけ本番の緊張の一場面でした。曲が始まりました。私は考えました。最初から打ってはピアノのよさがでない。そこで少し待ちました。さあどこで入ろうか。ちょうど楽譜を遠目で見える位置にスタンバイしていました。誰もがどこで来るかとひやひや・・手にいや耳に汗握る場面。
両手をコンガの上に準備しているとピアノの響きの振動が空気を通じてぶるぶると手に伝わってきます。へーこんなことがあるのねと感心しているうちにここだ・・。マーチのリズムに合わせてドンドンドンドンドンどこドンどこドドン!!お待たせしましたーー。
夏の夕立の雷です。グッドタイミング!

次は夏のけだるい感じ・・でも気持ちのいいお昼寝の場面でした。ちりりーー−ん。風鈴が鳴っている。
実際に鳴らしました。私はピアノで夢心地・・ゆうらりゆうーらりああ眠い・・・。ああ・・でも眠ってる場合じゃない。
なんとか無事終わりましたよ。

後半は鈴木さんのコロラトウーロソプラノでミニコンサートです。
まさに音楽は癒しが大きな要素ですね。
トップのGまで出る特別な声をお持ちですばらしかったです。
今日はお客様が足元の悪い中いつもより多くいらっしゃっていて熱心に聴いておられました。
よい聴衆を得るためにはどれだけ聴いていただく側が常に勉強と練習を重ねてゆかなければならないかがわかります。

私たちの活動の源はと聞かれますが、それは来ていただくお客様への感謝の気持ちと音楽を愛するもの同士の強い絆です。これからも色々な工夫を重ね頑張りますので次回は早めにご紹介しますね。ぜひともいらしてくださいね。よろしくおねがいします。実はもう決まっていて来年の2月第4土曜日です・・・。楽しい

ソルベ





愛媛の姪が尾崎食品の「飲む酢」の姉妹商品ソルベ(柑橘のシャーベットと言う意味)の詰め合わせを贈ってくれました。
暑い夏に冷凍食品の宅配が全国に遜色なく出来るとこの商品もかなりヒット商品になりますね。
「ブラッドオレンジ」420円がとてもおいしかったと思います。あと「青みかん」315円と「冬橙」315円この9個詰め合わせ(箱代 送料込みで4200円です。
これにバニラアイスを加えたり、練乳などをミックスするとまた楽しい味になるかもしれません。ソーダ水に浮かべたりしてもおしゃれなデザートになると説明されています。

キリンとサントリーが考案したコーラのアルコールドリンクが売れているとか・・。テレビで見ましたが・・・これからはいろいろな多角的アイデアが好まれるかもしれません。

ブルグミュラーコンサート

関東からの転勤で4月から習いに来ている生徒で1年生のMちゃん。私の経験ではかなり素質のある生徒だとうれしく思っていました。ブルグミュラーコンサートに出演することになり、「進歩」という曲を選びましたが、出だしからとても指がこけやすいパッセージになって難しい。
どうしても右左がずれてしまうし、音がはっきりしない。
あらゆる方法でレッスンをし今日やっと上手に弾けるようになりました。

ピアノはとにかく基本のタッチがすべてです。
そのタッチが定まるように指の角度などを細かく指導しました。
弾けるようになったのでうれしく瞳がきらきらして題名のその名のとおり「進歩」なのです。またよくおうちで練習してくるのにはお母さんの応援が欠かせません。来週の本番まできっともっとよくなることを願って今日は心からほめてあげました。
実は前の先生からMちゃんの指導をどのようにしたかわかりやすい申し送り状を頂いていました。まあなんと心の優しい丁寧な先生だと感動したのでなおさら力が入りました。
数ヶ月でも彼女の成長を報告するお手紙を来週の本番が終わったら書こうと思っています。
転勤で次にどんな先生に習うかもわからない状態でMちゃんのために心を砕かれた素敵な先生。私も見習わなければと思います。

スーパーゴーヤ





スーパー様のお姿と赤い種です
ところで皆さん白いゴーヤがあるのご存知ですか?

スーパーゴーヤチャンプル



夏休みに入り午前中のレッスンを一人終え皆既日食の騒ぎを(ちょっと見ましたよ)かいくぐって芦屋のライトさんのおうちへ・・・。
七夕コンサートのお礼にとお昼に誘っていただきました。
メニューはスーパーゴーヤチャンプルー。
ベランダで作ったスーパーゴーヤ(自家製なので、たっぷり愛情味)でのおもてなしでした。ネーミングがスーパーと聞けばスーパー銭湯・スーパーマリオ・スーパーライブ・スーパー林道。などじっとしていられない気分になる私なのです。
ゴーヤのわたをくりぬき半月状に輪切りにして生のそれとともに炒める材料はお豆腐以外に鳥のささ身(片栗をまぶしゆでておく)、卵、沖縄のソーセージ、もやしなど多彩です。
味付けはべんりで酢(名前はこれで寿司酢のようなものでマーケットにあるらしいですよ)という甘酢とおしょうゆとごま油だそう。塩コショウで味を調え食卓のあつあつを頂きました。
それ以外にきゅうりの古漬け、お茶の佃煮、オクラの鰹節あえ・・。
どれもご飯に合う一品です。
毎日の元気を支える食卓は大事ですよね。
夏はこれにかぎります・・。食事

美しの里



ミルフィーユの次の活動として10月14日に予定されているのが「美しの里」の演奏です。これは葉 祥明さんという方が書かれた絵本に黒石ひとみさんという方が音楽を担当されたものです。
癒しの音楽で西村由紀恵さんのピアノ担当CDが出ています。

生きることに疲れた旅人が迷い込んだところは、この世のもっとも善きものが集められた、桃の谷といわれた美しの里でした・・・。
美しいものによって、こころのこもったおもてなしを受けた旅人は疲れきった心がいつのまいにか、すっかり癒されてゆくのでいた。

というように絵本の書き出しの部分です。


今日は週の土曜日にアイアイパークで白い森黒い森「夏」の連弾の練習をしました。さとうきび畑を歌いますがそのときミュージックベルやウインドチャイムなど・・また「夏」の入道雲にはボンゴも入れるようです。楽器も増えて楽しそう。
続いて「美しの里」の通し練習。
これはわたしは身も心も疲れきっていたのです。というところの「さまよう途」を弾くのですがジャズ音楽で表現されピアノの1番手です。
好きな曲のひとつ・・。9曲あり最終的には天国のようなところから下界に戻り再び良い人生を歩き始めるといった内容で、実際桃源郷に行った気分になり不思議な世界を感じることが出来ます。


芸術の森草人社ピアノ発表会

昨日ギロックの勉強会の仲間のS先生の発表会に行きました。エトレ豊中5階にあるそのホールは150名ほどでしょうか、こじんまりとしていて座席は階段のようになっています。その名もステップホール。
小さな生徒さんから大人の生徒さん 連弾もあり声楽やプロのチェロ演奏・・・最後に「動物の謝肉祭」を連弾でナレーションつき先生が子供達とされていてまとまりがあり充実した発表会でした。
どうしても声楽や他の楽器とのアンサンブルのピアノの伴奏に耳が行きますがお上手でとても勉強になりました。いかにピアノの持つ役割が音楽において大切かがわかります。
2時間半ほどはでではないけれどシンプルですばらしく考えさせられたよい発表会でした。
自分がやっていることがどうなのか、人様の姿を見てみるべきですね。
子供の小さいうちは原石です。どう磨きカットするかは先生にかかっていて先生の資質が問われ責任重大だと思います。
おとなしくきちっとしつけられていた生徒たち・・。前から出入りする会場なのでドア係が必要で、その点などは注意しなければなりません。

どうですか?


私の作品


今日はまたガーデンズに行きアクセサリーショップの教室でビーズのネックレスを作って来ました

ガーデンズ


書き出したらとまらない
これは西宮ガーデンズのお庭です
噴水があり子供達がはしゃぎまくりレストランに面しているのでそちら側に座ると明るくて気持ちよいです

姪の作品



私には甥が一人姪が二人います。
双子の姉の子供達です。その姪が四国から仕事を兼ねてきていました。
可愛いビーズの作品を作るのが好きでプレゼントにもらいました。
フルーツパフェに見えますか?手先が器用で根気がある。感心しました。
うちには息子しかいないのでこの2・3日しばらく娘が出来たようで華やいだ気分になれ楽しかったです。

ここのところ母の入院騒ぎで母の洋服の入れ替えをしてあげられず・やっと昨日そのための衣類の洗濯やほつれなおし、ボタンつけアイロンがけなどの退院後の夏服の整備をしてあげました。
母が少しスマートになりなんでも似合うようになり、ちょっとしたファッションショーを部屋でしてみました。娘って母が若返るとうれしいものですね。息子達に私が年を取ってこんなことしてもらえる日が来ることはないかと思うけれどその分今私が母の世話を出来るだけしてあげたいと思いました。実は義母にも一昨日ガーデンズのバーゲンセールでおつきあいしたんです。
女はそんなことで大いに気分転換やストレスを解消できる・・・便利なものですね・。

木立ベコニア


たしか特別に名前がついていましたがわかりません
行儀よく咲き乱れ色もとても清楚でしょ

擬宝珠


お花第2段です
ギボシってこんな字?

ブログランキング


人間とは恐ろしいものでブログ生活をしばらく離れていたので習慣が戻るまで大変です。そんな私のブログに今日は現在921もアクセスがありました。
女性ブログランキングの方の書き込みのせいでしょうか?
ありがとうございます。
でも登録の仕方がいまいちわからないのでまたゆっくりした時にやってみます。
お褒めを頂いたお花の写真携帯から送ります。
「スイレン」これはギロックの帝国ホテルのお楽しみ会の演奏練習をOさんちでしたときの近所のお寺の境内のスイレンです。
スイレンは太陽の形のように咲きエジプトの母なるナイル川に咲き命の花と呼ばれているようです。シンプルだけど美しいと思いませんか?

デュラン失踪!!

昨日の出来事です。
私が夕方の買い物から帰るとデュランの飼い主の義兄が一人で家に帰ってきたので、「デュランは?」と聞くと今から1時間前ぐらいにいなくなって探し回ってきたということ。とても疲れている様子でした。
私はすぐに一人のレッスンを終え近くの公園や、よく行く散歩道などを探し回りました。
でも暗いしぜんぜん気配がない。家にたどり着きあっそうだと・・・すぐに警察の番号を調べ電話しました。
やはり預かってもらっていました。どうも甲東園の駅の周辺まで行きだれかに連れて行ってもらっていたようです。
迷子札は作ってつけていましたがいたずらで取れてしまっていました。
日常には時々どきっとしたことがあり、こちらの不注意を浮き彫りにすることがありますね。
車に轢かれたりしているのではないか・・だれかにさらわれたのではないかなど本当に心配しました。
何が起きてもいいようにできるだけ普段から手を打っておかなければならない。
西宮警察の方に御礼申し上げます。
迎えに行った私の車の中で息子を迎えに行った父親のような気分でぶつぶつ怒り続けていた義兄・・・。
全く人騒がせでした。犬
どこ吹く風のきょとんとしたデュランのお目目がとっても可愛いく印象的でした。一犬落着!!嬉しい

ブログ再開

皆様お久しブログです。
いつのまにか7月の半ばになろうとしています。近況としては私にとっての今日は独立記念日であるということをご報告します。
市役所に提出したのはもちろん「離婚届」です。
淡々とした簡単な手続きでした。もちろんここに至るまでにはいろいろと苦悩の道でした。元主人の浮気が原因です。
今日はたまたま姉夫婦が四国からやってきていました。
母の身の回りの世話をいろいろと姉が手伝ってくれてお茶を飲み午後の4時ごろ帰っていきました。
家路に着き4時半の生徒が来るまでどうしようもない寂しさに駆られ何かに背中を押されたようにブログを再開しようと決意したのです。
少しづつ私の他愛もない日常を切り取った文章をお読みいただければ幸いです。
今日から全員にレッスンで辻井伸行さんの「題名のない音楽会」ラフマニノフピアノ協奏曲のビデオを見せる事にしました。
何度見てもすごいです。来週は受賞した現代曲を聴かせることにします。

Go to top of page