2011.03.31 Thursday

ポーセラーツ



今日はミルフィーユのH先生に誘われてポーセラーツを体験してきました。
ポーセラーツとはポーセリン(磁器)とアート(芸術)から名づけられ写真はピアソビのメンバーに先生が作ってプレゼントしてくださった作品です。まず白い好きな磁器のお皿を自分で自由に選びそれにまたまた好きな図柄の転写紙を切って貼り付け焼き上げてもらいます。
絵柄はたくさんあってそれを選ぶだけでも1時間ぐらいかかります。
私は初心者の分際でティーポットを選び薔薇の花を散らした難しい作品を作りました。1度体験したらもうこれは楽しくて来週は義母を連れてきますと予約してしまいました。
一見簡単なように見えてとても奥が深いのです。時間もそれなりにかかります。
デザインも考えなければならず、でもそれがとても楽しい。
焼きあがって出来上がりに4日かかりますので出き上がったら写真を載せますね。自分でいうのも変ですが大作で上品で美しい仕上がりには根気と丁寧さと俊敏さとセンスが必要。でもそんなことが大好きな私にとってはとっておきの時間でした。。
世界で一つしかない作品が作れますよ。ちょっとしたプレゼントに最適です。場所は阪急王子公園駅西口前の信号わたってすぐ。
磁器アートサロンはみんぐです。
良心的で材料費だけなのでとてもお手軽価格です。ラブどなたでもできますよ・・・。

| keiko | - | 23:22 | comments(0) | - |

2011.03.31 Thursday

グレンツェンピアノコンクール

今日はグレンツェンコンクールの日でした。1・2年生のBコースMちゃんとAちゃんの結果は準優秀賞でした。
二人揃っていただけたことはとてもうれしいことです。
シンフォニーホールで演奏できたことに感謝し、今後もっと飛躍できますよう頑張りたいと思いました。
一見短く簡単そうに見える課題曲でもそこにはたくさんの創意工夫ができる要素が含まれています。シンフォニーホールは名前の通りオーケストラを聴かせるホールなのでそれを思い浮かべて練習させないといけません。
まるで繊細な呼吸までが音楽を左右するほどよく響きます。かといって小さな生徒の手や指はそれなりに訓練されていないと響きません。そしてそのうえでタッチの深さが緊張で堅くならないこと。
「かくれんぼ」はテンポを早くするとかくれんぼをしてる感じの抑揚が付けられないので少し可愛さを出すためにおちついたテンポにしていた生徒がいました。そして2位のその男の子のタッチは強く音楽は楽しさであふれていました。
最優秀の生徒は女の子でそのタッチは美しく細部までまとめられていました。
聴いているものに何かインスピレーションを与えられるような演奏がやはり
選ばれていました。
同じ曲なのにどれ一つをとっても同じ演奏はない。でも良い演奏と悪い演奏はわかります。良い演奏の中でもう一歩・・・。さあまだまだ勉強は続きます。人を惹きつける演奏を目指して・・・。ラブ

| keiko | - | 00:20 | comments(0) | - |

2011.03.29 Tuesday

やる気を育てる

ピアノは指を動かすというよりも最終的には脳と心の運動です。
さっきまで寒いと言っていた生徒があっつーーと上着を1枚脱いだり、お腹が痛いといっていた子がけろっと治ったり、風邪でせき込んでいた生徒がピアノレッスン中は咳が止まっていたり、どんな薬より副作用のない効能があると思われます。不思議ですが実際にそうなるのです。
ただ音を出すだけではなくその前にこう弾きたいこんな風にイメージしたいとか思う心があるようになりそのとおりできるようになればおもしろくなりそれはやる気に変わりうまくできたらさらにそれが良い効果を表すということになります。。
なのでその想いについてゆく指のテクニックを作っておかなければなりません。いやな練習曲もしないといけません。
小さいころにできるだ指の操作がしっかりコントロールできるようにしておかなければなりません。

身体的にも同じで、運動すると体が軽くなりますね。
疲れてもそれを続けてゆくうちに自分の体に自信が持てるようになり心も軽くなります。


小2のAちゃんが一週間ママと実家に帰っていて練習できずにレッスンに来ました。そのあまりもの指の動かなさにびっくりしました。子供は顕著に現れます。その後1週間でお母さんと練習をがんばりいままでどおりのテクニックが戻ってきました。やっぱりね。
成長期の大事な時期にピアノを通して子供たちはいろんなことを学ぶことができます。教えるこちら側も・・。
小5のAちゃんは宇宙人のように反抗して練習をしないでグレードテストを受ける曲(小犬のワルツ)だけを弾いています。その様子は笑ってしまうほどでした。でもその曲だけでもさすがに練習するので上手に弾けるようになり本人が自信が持てるという効果をいいと思うしかないですね。成長期ホルモンの仕業・・・。かな?
煮るのも焼くのも私の手に委ねられているので責任重大。この楽器でつながっている生徒たちと奮闘して毎日宇宙を遊泳しているようで大変です。(^_-)-☆

| keiko | - | 23:56 | comments(0) | - |

2011.03.28 Monday

予感的中

数日前に母が電話で目の状態が再び悪いと言ってきました。
今日は予約日ではなかったけれど耳鼻科のゴンザレス岡先生の診察日でもあり兵庫医大に向かって母を連れ車を走らせました。
途中で車にガソリンスタンドでガソリンを入れる際にバッテリー交換などしたのでぎりぎりになり滑り込みセーフで11時直前に眼科の受付を済ませました。
そして耳鼻科にも声をかけて車寄せの駐車場の中にいる母を病院の車いすで待合室に連れて行きました。呼ばれたら返事をしてと言いながらもおそらく2時間待ちで有名なのでまだしばらくは呼ばれないと私は駐車場に車を置きに行き帰ってきたら呼ばれたよというのです。
えーー!まだ20分ぐらいしかたっていません。何かの間違いではと聞きにいったらやはり呼ばれていました。
担当の先生になぜこんなに早いんですかと聞いたら手違いで呼んでしまったというのです。なにそれ。やっぱりね。でもラッキーでした。
こんな良いこともあります。たまには・・・。下手すると3時間半待ちですって。びっくり冗談じゃないよね。
薬を処方していただき耳鼻科へ・・・。ゴンザレス岡先生こんにちは。(^_-)-☆
早いとはいえやはり施設に連れ帰ったのは午後1時でした。
今後再び通院が毎週か隔週になりそうです。ショック
でも今日やはり来てよかったです。目がうっとおしいのはかわいそうです。施設の方々には母も言いにくかったのでしょうか。
私もこの持病からは離れられないような気がしていたのです。また手創りのこの病院でしかないお薬で治していただくしかないようです。
車に乗った時から心臓がどきどきしてるから病院でそれも見てもらいたいといっていた母でしたが帰りの車の中ではそれはもう治っているようでした。それはまた別の病棟なのでたいへんなんだよ。と影の私。
母の世話を一生懸命している私はあたりまえのことをしているだけ・・・でも「えらいね」とちょっと自分でも褒めたい気がしました。楽しいOK

| keiko | - | 23:29 | comments(0) | - |

2011.03.27 Sunday

室内楽の楽しみ

今日息子のお友達であるピアニストの加藤英雄さんが出演される大阪野田駅近くの遊音堂でのコンサートを聴きに行きました。
釋伸司さんのバイオリンと雨田一孝さんのチェロに合わせて3人のピアニスト達が繰り広げる音楽は生き生きと遊音堂いっぱいに広がり部屋狭しと客席を埋め尽くす聴衆の多さにうなづける気がしました。感動しました。
生徒を連れてこなかったことを後悔しました。
以前よく練習する生徒のママ達に室内楽を聴かせてくださいといったばかりだったのに・・。
まずベートーベンの3重奏に「幽霊」という題名があることは知りませんでした。その演奏者で作曲家でもある山口さんが作られたバイオリンとピアノの曲はすばらしく「ヴァイオリンの詩(うた)」〜想い〜は涙が出そうになりました。弦楽器の音で私を泣かせるのは簡単です。
2曲目のドビュッシーの3重奏は大好きで心が躍りだしそうでした。
3曲目の加藤さん演奏のショスターコービッチは彼の説明どおり地の底から湧き出るような音楽の叫びが聴こえました。
言葉を借りますとロシア独特の民族的な芸術性の流れの中で聴く者に「深い悲しみ」「苦悩」「怒り」を感じさせます。そしてそのエネルギーを取り込み心が「巨大なものへの突き進む力」へと変わるよう勇気づけてくれるそんな音楽のような気がしました。
音楽とは癒すばかりではなく攻撃的な作用も時には必要なのだと思えました。
3つの楽器が一つになりもう一つの偉大な楽器奏者をあたかも作り上げている世界・・・。遊音堂はちょうどよい大きさでその名のごとく不思議で素敵な場所でした。
(^_-)-☆拍手ときめき
次回は5月1日。是非生徒たちに薦めてみたいと思います。その時の演奏曲はメンデルスゾーン・シューマン・ブラームスです。
今日はじっくり温泉にでもつかりからだごと癒された感じでここのところの地震報道での心の傷を少し和らげてもらえた気がしました。見えないし聴こえてもどんどん消えてはなくなってゆく音楽。シャボンのあわのよう・・。でもそのおかげでシャボンのように心が軽くなりぽかぽかしてきます。なぜなんでしょうね。!?音楽好きの人・・それだけで幸せです。

| keiko | - | 23:37 | comments(0) | - |

2011.03.27 Sunday

「希望」

初の試みです。
「空のかなたへ」を「希望」という題名に変えてユーチューブで投稿しています。
http://www.youtube.com/watch?v=LvCH01zdzjk
ピアノ伴奏が可愛い声を少し上回っていますが
ご覧ください。
悲しみの渦の中にいる皆さん。心のケアーが大切ですね。
このところの寒さも見にしみます。でもいつまでも「希望」は失わないで。
早く暖かい春になってと叫びたい。
神戸のボランティアのグループの活動をNHKで見ました。
普通の支援者としてではなく自分たちの経験を生かしたすばらしい活動状況を地震の4時間後にはスタートさせて現地に行かれたのです。
ボランティアと一言でいってもノウハウはその道のプロが必要です。
あたたかい気持ちとそれが大きな皆さんの励みになり助けになり復興につながることをお祈りします。

| keiko | - | 11:36 | comments(0) | - |

2011.03.27 Sunday

空のかなたへ

ピアノに苦労している4年生Yちゃん。でも歌がとても上手なんです。
「ソルフェージュ」の教材でとても素敵な伴奏つきの楽譜があるのですが残念なことに歌詞が付いてません。最後のぺージの一曲一緒に考えてみようということになり歌詞をつけてみました。
地震が起きる1週間前にたまたま作った歌なのですが、短い歌ですがなぜか心に響くのです。紹介します。画像をユーチューブに投稿して後ほど紹介しますね。聴いてみてください。

「空のかなたへ」

空の彼方へ 飛び立つ鳥よ
海の波間を光る夢よ
みんな さあ 冒険 力を合わせて
がんばってゆこうよ
急げ 走れ 最後までも


人間だけでなく鳥や魚たち家畜や作物、あらゆる生き物たちが大きな打撃を受けています。
悲しいことだけれど多くの命が奪われました。あー神様。
あまりにも便利でそれに頼りすぎた日々に警鐘が鳴らされているのですね。
私達はすばらしい地球の未来や環境を残すためにこの窮状をなんとしてでも打破しもう一度よく考え再生の努力の一途をたどらなければなりませんね。

| keiko | - | 00:09 | comments(0) | - |

2011.03.25 Friday

交流会



ギロック枚方支部のOさんのお友達で夙川にピアノを置いているカフェバーを開いているピアノの先生がいらっしゃって今日そこで西宮支部と枚方支部の交流会をしました。
「アリーズ」というお店です。
震災から2週間。こんな時だからこそ音楽を介して楽しめる仲間がいることの幸せや元気で美味しいランチが頂けることにも感謝の気持ちでいっぱいです。
お店の雰囲気がとても素敵で阪急苦楽園駅から歩いて5分。
くしかつのアンシャン亭のお店などもはいったビル。駐車場もありますよ・・・。4時間貸し切りでお世話になりました。(^_-)-☆

| keiko | - | 22:53 | comments(2) | - |

2011.03.24 Thursday

みんなの広場

今日毎日新聞朝刊の70歳の主婦の方の投稿です。義母に教えてもらったのですが引用させてください。私と義母はうなづくばかり。

高齢になるにつれ、必要なことは「きょういく」と「きょうよう」と、
友人から教えられました。「きょういく」は教育ではなく「きょう行くところがある」「きょうよう」は教養ではなく「今日用事がある」という意味と説明されました。年をとっても常に目標を持ち、行動することの大切さを指摘する言葉と受け止めました。
そして私がもうひとつ思いついた言葉「きょうかん」それは「今日感動したことがあった」ということです。いくつになっても感受性が豊かな人間でありたいと思います。

さすがおみごとなご意見ですね
ありがとうございました。拍手

| keiko | - | 18:16 | comments(0) | - |

2011.03.24 Thursday

私もその一人

1000年に一度とも言われているこのたびの東日本大震災は多くの問題を抱えることになりました。政局が不安定な中、また暗澹としてる日本経済の中、電力の大きな柱となる原発の問題も抱えています。与党野党が手をつなげないなら有識者たちがテレビで吠えるだけでなく本当に何を第一に基盤に行動に移さなければならないかこの国のリーダーたちは迅速に動くべきです。
福島のいわき市の屋内退避の方々に支援物資が届かない・・・。原発は都心へ電力を供給するためにそれをどこかに建設しなければならず安全をうたってその地に築いたのですからその周辺の人々の待遇を是非良くしてあげてほしいと思います。
私も電力をむさぼっている人間の一人です。
便利になって何事も迅速に対処できるはずの人間の能力は上がっているのでしょうか?それとも心の優しさなどもともに下降の一途をたどっているのでしょうか?
(>_<)

| keiko | - | 16:31 | comments(0) | - |

2011.03.23 Wednesday

奇跡の救出

9日目のホットニュース・・うれしい奇跡の救出劇がありました。
おばあちゃんとお孫さん。
すばらしいことですね。被災者の皆様の努力と粘り強さにエールを送ります。何事も最後まであきらめないことですね。
ショックで普通なら動けないと思うのに皆で助けあっていらっしゃいます。頭が下がります。
でも必死に頑張りずぎず少し休みながら体に気をつけてしてください。支援の手が伸びるまでの辛抱です。多くの支援の輪が広がっています。
時間がかかるかと思いますが心をしっかり強く持って少しづつでも回復できますことをお祈りいたします。

原発で命がけの働きをしてくださっている皆様 心よりお疲れさまと言いたいです。どうか日本を助けるためにお願いします。そして心よりお礼を申し上げます。

| keiko | - | 00:14 | comments(0) | - |

2011.03.22 Tuesday

ギタリスト



僕の今のお気に入りはパパのかっこいいエレキグゥィターだよ。(口をとがらせて)
テケテケテケテケーー!
今度来た時には絶対に弾いてもらうんだ。

触るとちょっと音が出たよ。今は僕にとってはコントラバスの大きさぐらいかな。おばあちゃんはもうすぐおもちゃのピアノを買おうとしているよ。
お誕生日祝い?やだ もっと早くほっしいな(*^^)v

| keiko | - | 23:48 | comments(0) | - |

2011.03.20 Sunday

ハル10ケ月

haru haru

今日がちょうど生まれてきて10ヶ月の月誕生日です。
つかまり立ちが得意でいたずらが盛りとなりジーンズ姿でどこまでもハイハイしてゆきますます目が離せなくなってきました。
慣れているはずなのに気まぐれでお風呂でおお泣きされてしまいました。
その後ピアノのCDの子守唄でぱたっと眠りに着き〜
明日は父のお墓参りに行きたいけれど先に施設の母に逢わせてあげたいのでおじいちゃん少し遅くなるかもしれません。
長生きできているひいおばあちゃん二人・・・元気になるビタミン剤のハルちゃんどんどん大きくなあれ。OK

| keiko | - | 23:57 | comments(1) | - |

2011.03.20 Sunday

いかなごのくぎ煮



春を呼ぶ魚。今年は値段が普通で1キロ880円で高くないのでさっそく買って1キロ炊きました。
私の今日の味はいかなご1キロにつきこいくちしょうゆ230CC 
          お酒50cc
          みりん少々
          しょうが50グラム
          ざらめ250グラムです

第1段ちょっと濃いめの味でしたが小さめのいかなごもうまく炊きあがりました。ご飯のいおかずにバッチシ〜(*^^)v

| keiko | - | 23:29 | comments(1) | - |

2011.03.20 Sunday

春限定

danngo

私はビジュアルに弱いタイプです。そして期間限定にも弱いのです。
そして花よりだんご・・・。

| keiko | - | 23:18 | comments(1) | - |

2011.03.20 Sunday

自転車に乗って〜

呼んで字のごとく自分を転がす車。自分でかな?
物置の自転車をやっと引っ張り出し母のところへ行こうとするとタイヤの空気が抜けてぺちゃんこになりひょっとしてパンク?
さっそく空気入れをつかっていれてみるとその空気入れがパンクしていました。(T_T)
ひさしぶりなので点検してもらおうと自転車屋さんまで押して行きました。
まあ行きは下り坂なのでなんとかなりました。なんだ坂こんな坂ーー!自転車
1時間かかるというので自転車屋さんに預け母のところまで徒歩30分。帰りも同じく30分。
無事点検してもらい乗れるようにはなったものの、なんかふらつきます。
しばらくぶりなのでまっすぐ乗れない・・・。えー!びっくりって感じ。
横を通る車の運転者がまるでみんな無謀な運転者のように見えて・・・。それは自分のせいなのに。
そのうえ帰りは(>_<)上り坂・・・。疲れたあ!
愛車との新生活はどうなることやら・・・。zzz

| keiko | - | 00:46 | comments(1) | - |

2011.03.20 Sunday

1000の風1000のチェロ

日にちがたつにつれ災害の全容が明らかになり阪神大震災を超す多くの犠牲者のことが報道されています。
私も被災した経験からでしょうか。悲惨な状況は17年の時を超えてよみがえります。自分たちの身に起こったことの状況をなかなか把握することができず茫然と立ちすくんだりやたらうろうろと一日を過ごしていました。
毎日を暮らすことが精一杯でした。

でも今回の大災害は比べ物にはなりません。でも気持ちはとてもよくわかるつもりです。
G4の活動のために絵本を探していました。
昨日眼にとまった絵本が「1000の風1000のチェロ」です。
作者のいせひでこさんがチェロの震災復興のコンサートに出演した時のことが題材となっています。彼女の美しい色彩と筆使いには優しさがあふれまるで本当に音楽が聴こえてくるようなのです。
主人公の子供たちの可愛い姿や自然の木々や登場する者たちの心を読者がイメージしやすいようにできていて、想いを強く持ち表現するとき絵も音楽も受け取る側にとって空間がどれだけ大切なことかが感じられます・・・。しみじみと味わえて胸が熱くなりました。
チェロは人間の形をした楽器。チェロを弾く人の姿は人が自分の影を抱きしめているようにみえてならないと彼女はいっています。絵ごころや歌心。
見えないものがこの本から見えるのです。

そうだ・・・明日来るはるくんに絵本を借りてこよう・・・と今日もう一度仁川絵本館に足を運びました。(*^_^*)


| keiko | - | 00:14 | comments(0) | - |

2011.03.18 Friday

G4会議



G7ではありません。
ギロック友の会のG4です。
今日は自粛してG4会議の昼食はお買い物に行かず冷蔵庫や床下収納の中ににあるもので作りました。
その気になれば充分ですね。それにakkoさんお手製手作り抹茶シフォンはおいしかったです。
私達にできることってなんだろう。去年はギロックの曲を使って「0歳児から家族で楽しむコンサート」を企画し自主運営し行ってきました。
絵本を音で奏でるコンサートを実際立ち上げてみて、小さい子相手なので大変なことがたくさんあることも、よくわかりました。でも一人ではなく多くの人に協力していただきながら充実した時間を過ごせたこと、そのような仲間と出会えたことに感謝しなければなりません。私にも孫ができ今の日本の若い世代や子供たちをなんとか良い環境の中で育てたいと思うようになりました。
今の起こってしまった出来事を憂うばかりでは何も前に進みません。
努力を惜しまず残された人生を送って行きたいと思うのです。
次なるよい題材を持ち寄りました。さて次なる3作目は?
一日一日を大事に、そしてレッスンのひとつひとつをより精一杯に行ってゆきたいと心から思います。(^_-)-☆

| keiko | - | 23:15 | comments(0) | - |

2011.03.17 Thursday

連帯の春風

仕事とはいえ命がけで働く東京電力の職員の方々。
不眠不休で働く医療関係やボランティアの人びと。自衛隊や政府関係者。
メディアの方々も・・・本当にごくろうさまです。
あの目を覆うような惨状を見るにつけ気の毒で心がしめつけられます。
毎日新聞の余禄に・・。
被災地で不足が目立つ輸送用燃料をめぐり政府は国民に買い占めの自制を呼びかけた。
遠くの土地の不用意な行動も、いてつくひ避難所の人々と無縁ではありえないこの列島の暮らしである。連帯の春風はどこからでも届けられるはずである。
・・・と書かれていました。
今私たちにできることは募金と買い占めをなくすことです。
被災地の冷静な生活。我慢強い東北の方々には本当に頭が下がります。
寒さが襲い被ばくの可能性もあり、余震にも悩まされ・・なんという生活でしょう。水や生活用品、ガソリンなど一日も早く十分に届くことを祈り私達はそれをお手伝いの意味で買い控え行動に移しましょう。節電は関西と東京では周波数が違うので関東の方にお任せして・・・。そして生活の自粛ですね。グッド

| keiko | - | 23:37 | comments(1) | - |

2011.03.16 Wednesday

甲東梅林

koubai

昨日リトミックの勉強会で知り合った友達との昼食会を終え甲東園には関西でも有名な梅林がありハル親子と義母と行きサイバーショットで写真を撮りました。梅の写真を撮るのはかなり難しい・・。
気温の変化に御注意を・・・。
お水取りのこの時期は寒さが身にしみますね。昨日はポカポカだったのに今日は雪が降りました。
東日本大震災の原発の状況が早く良くなりますように。
神様どうかお願いします。

2011.03.15 Tuesday

瑠璃色の地球

ペ・ヨンジュン様・・あなたは日本へ10億ウォンの義援金を送りたいと申し出てくださったそうですね。さすがヨン様。日本円にして7500万ほど・・。
個人では大規模な額だと思います。本当に感謝いたします。
皆さん 私達もできることをしましょう。少しの金額でも確実に送れる体制で義援金を・・・。ちりも積もれば山となります。
香山リカさんのコラムから・・。
「これまで私たちは、力を合わせてさまざまなむずかしい局面に立ち向かい、乗り切ってきた。どんな状況からも必ず立ち直れる定力を持っている。それが人間であり、人間が作る社会なのだ。」
懸命に戦い続けている人たちにこの言葉をささげたいと毎日新聞にありました。

思いや心は目に見えないけれど思いやりや心使いは態度で示せば見えますね。CMにもありました。明日は我が身にも何が起こるか分からない世の中、助け合いましょう。
レッスンで生徒のAちゃんと「瑠璃色の地球」を歌いました。春のうらあらあのという「花」を歌っていたのですが・・・。
なんだか涙が出ました。(T_T)悲しいでも声を出して歌うって気持ちがいいですね。

| keiko | - | 23:30 | comments(0) | - |

2011.03.14 Monday

がんばれ日本!!

連日の放送に実家の母の持病の心臓のどきどきが始まっていました。
健康な人でも心が痛みますから無理もないことです。
でも今日は母と兵庫医大の耳鼻科に3週間ぶりぐらいで行く日でした病院
武庫川べりを車で行くときらきらとした黄色い花の群生が目に飛び込んできました。2か所・・・。黄色い色はとても元気になりますね。黄金に光り輝く菜の花たち・・・。おおげさですが本当に綺麗です。
今日はゴンザレス先生の優しい声を聴けただけでほっとしました。(彼は私を娘さんと呼んでくれるんですー!歳とってますけど娘に違いない(*^^)v)
母の患部はとても良くなっているということでした。
MRSIが暴れださないように定期的治療を怠らずにいこうということになりました。悪い膿が下へと落ちてゆきそれを排出し消毒。結果的にその道を整備したことはずいぶん効果があったということですね。
炎症は骨を溶かすそうです。普通なら中では眼と鼻は完全に分かれているようですがそのことで境目がなくなり眼の病にもやはり影響があったのかもしれないのでした。
母は痛みもなく完治したかのように感じていました。
美容面でおでこに穴があいているので気にかけているのではないかと先生は心配して下さいます。でも本人はけろっとした様子。よかった。
終わってから大失敗。
保険証をなくして30分ほど病院を探しまわりそして見つけ出しました。
あたたかな午前中だったので少し汗・・・。
なんとか母のどきどきも治まり施設に送り届け、午後から音楽療法なので少し気分転換できたかしらと思っています。

明日はお友達が集まるのでハル親子も一緒に食事に誘っています。
ハルの写真を撮っちゃいます。(*^^)v

がんばれ日本!いろいろな国から救援を申し出て頂きありがたいですね。
普段の日本の世界に対する暖かい外交の対応が結果として今未曾有の我が国の緊急事態にどれだけ役に立つことでしょう。ラブ
被災された現地の人々の表情が落ち着いている姿に勇気づけられます。争いもなく節電を心がけ日本中の人が協力体制ですね。そして今こそ政府の手腕が問われる時です・・・。拍手

| keiko | - | 23:38 | comments(0) | - |

2011.03.13 Sunday

地震のこと

これほどの地獄絵のような映像を見たのは初めてでまるで戦争で原爆や大空襲にあった後の被災地のようで日本の終戦後の映像のようです。
日本中が沈没でもしてしまったような錯覚にとらわれ心が悲しみの淵に追いやられます。なぜこんなにひどいことが・・・と。
双子の姉から突然の電話・・・。遠方の宇和島なのであまり頻繁にはかけてきませんが・・・。
珍しく電話の向こうで泣き声が・・。気丈な姉には珍しいことでした。私達姉妹はあまりお互いに心配をかけるようなことは言うまいという関係なのですが今回は飼っている愛犬が車にひかれたというのです。緊急手術で一命は取り留めたようですが・・。
情の深い姉は地震の映像は見るしそのこと(犬の)の心痛でほかにも心配ごとも重なり思い余って電話してきたのでした。
映像を見てるうちに・・私も同じ気持ちで泣きそうでした。珍しく頼ってくれた姉を必死で励ますしかない私。
家も財産も流されたけれど家族が無事だったからそれでいいという被災者の言葉を思い出しました・・。私は地震の話題から津波で流されることを思えばどんなにつらくても姉も家族の絆で乗り切ってほしいと言いました。
家族の絆はどんなにお金があっても容易には作れないことがあります。
見えない力で積み上げてきたものは大きいのです。困難な時こそ家族とともに支え合うときです。友達そして家族。
新聞に乗っていた記事で中国のある新聞で日本人の礼節の正しさは誇るべきだというものがありました 中国では50年後もそんな教育はできないと。地震があって人々が道がとおりやすいように隅に座ることや四川の大地震の時小学校の生徒たちの非難を誘導し最後まで責任もった行動をした日本人教師のことなど・・・。
飢えと寒さ。電力の供給。被災地の対策が政府の行き届いたものになるまで支えは家族です。なんとか頑張ってください。一人で苦労している人も無理せず助けを求め必ずがんばってくださいね。(>_<)

| keiko | - | 23:20 | comments(0) | - |

2011.03.13 Sunday

一つだけの花コンサート

西宮のニューコミニュティ染殿教会で今日「一つだけの花コンサート」がありました。今年で8回目だそうです。去年もこの時期出させていただきました。

私は百合学院というカトリックの幼稚園と小学校に合計8年通っていたので子供時代をシスターや退官された当時の私にとって年齢的におじいさんの教師に学びました。
どの先生も厳しかったという印象でしたが今考えるとその背後には愛情があふれ優しい眼差しやものの考え方がいつもありました。
音楽の先生は特に怖かったです。でも気品あふれ美しいその姿にあこがれていたものでした。
今は無宗教ですがなぜか教会には御縁があるのです。
池田作品を演奏しました。
よく響くとても素敵な教会です。
終わってから司会の方が言われたこと・・・それは「皆さんがだれしも思うこと・・それは世界にはたくさんの綺麗な花があり自分など及びもつかないほどの花たちがたくさんあります・・・
でも私という花はこの世界中の大きな歴史の中でどこにもない唯一のたった一つの貴重な花・・・。それを忘れないでほしい」
大きな地震災害の次の日にこのような素敵なコンサートに出演できて幸せと思う意外何があるのでしょう。
重苦しく哀しい日々・・どうか被災した皆さん 負けないで。西宮から心よりお祈りしています。立ち直られる日々が一日も早く来られることを。<(`^´)>

| keiko | - | 00:17 | comments(0) | - |

2011.03.10 Thursday

ありがとう

今朝の朝刊のみんなの広場の記事にあった中学生の好きな言葉です。
いまどきの中学生もこんなにいい子がいると思うとほっとするね」と義母の言葉・・・。
引用させてください。

みなさんに好きな言葉はありますか?それぞれ違うと思いますが、私には二つあります。「ありがとう」と「一期一会」。
なぜならありがとうは自分が言われたときに、とてもうれしくなるからです。また、自分が「ありがとう」と言った時もうれしい気持ちになります。言われた人も言った人もうれしくなる、とても良い言葉だと思います。・・・「一期一会」が好きな理由は家族や友達との出会いはとても大切だと思うからです・・・。

こんな純粋な子供たちが育っていることを誇りに思いこれからの日本がこの子たちの活躍できる社会になるよう祈ります。

AKB48のAはありがとう?KはこんにちはBはバイバイ?さようなら?
取りあえずあいさつは人として生活の大事な基本です。グッド

| keiko | - | 23:39 | comments(0) | - |

2011.03.10 Thursday

風さやかさん

春がそこまで見えながら寒い日が続いています。
今日は風さやかさんが来られるというので楽しみにしていました。
母のお世話になっているシンアイ甲東宛のお誕生日会に来てくださるようになり10年になられるそうです。
きりりと美しくその晴れ姿は1年に一度は絶対見たいものの一つです。
春が来た  春よ来い  どこかで春がを一緒に歌っていると春が本当に来たという気分です。ときめき
エンターティナーの所以はお話しが楽しく面白いこと。
夢を届ける商売とはいえ腰の低い物腰と心の優しさあたたかさには感謝の気持ちでいっぱいになります。義母までもおみやげを頂いて帰り心が元気になりました。
今日は初めてさやかさんの後ろでバックダンサーを務めさせていただきました。いろいろ考えはります。見る人に参加させる・・・これっていいことですね。楽しかった(^_-)-☆
sayakasann2sayakasann

| keiko | - | 23:19 | comments(1) | - |

2011.03.09 Wednesday

春よ来い



私達のコンサートが終わるのを待っていたかのようにまた寒気が戻ってきました。またなんと冬に逆もどりです。
今日は施設の母に頂いたお花のおすそわけです。ついでにハル君のビデオと写真を見せてあげました。
年老いてゆくと子孫がその成長を見せてくれることがどれほど力になることでしょう。母の笑顔が見れて私もうれしい。
母が私ぐらいの年齢の時忙しくそれほど可愛がってくれたという記憶がないのですが、ひ孫って本当に可愛いみたいですね。赤ちゃん

| keiko | - | 23:41 | comments(2) | - |

2011.03.09 Wednesday

逢いたかった〜

AKB48の歌のように「逢いたかったー」と何度も叫びたくなるほどでした。誰にって?そりゃあわかるでしょ。ハル君です。
3週間ぶりに逢いに行きました。最初の10分ほどは何気なく怪訝な顔をしていました。これはどこの二人組?あっひいばあちゃんにおばあちゃん。
気づいてからはにっこにこ。
風邪も引かず元気にしていました。ソニーのサイバーショットで撮りました。携帯より良く撮れますね。
haruvhann2haruchann1

| keiko | - | 00:27 | comments(2) | - |

2011.03.07 Monday

おばあちゃんになるまで〜

昨日のコンサートに来てくださり大きな花束を届けてくれた生徒家族の一人のママからメールが届き、嬉しい内容だったので書かせてください。
夜になって小2のMちゃんが「私、おばあちゃんになるまでずっと一生ピアノを頑張りたい」と言ったそうです。
コンサート終了後彼女にどうだった?聞くとあまり返事が返ってこなかったのでおとなしい性格だからレッスン時にも余談はしないのでその調子かなあと思っていました。
ピアノは真面目によく練習してきて1時間では足りないぐらいです。
このような愛を音楽にして聴かせるような大人っぽい演奏会に来て理解できるかなとは思っていましたが、その感想の言葉に素直に感動した気持ちが表れていますね。
子供ほどストレートに感じて言葉にしてくれる存在はないですね。
可愛い精一杯のその言葉に私は心がとろけました。
そんな生徒と出会うことが出来るこの仕事を大切にしてゆきたいと思っています。ハート
子供が小さいからコンサートは行きにくいという声があります。
静かに聴ける子供たちはどんどん連れて行ってあげましょう。
小さいときほどピュアな感覚を持っており、自由な発想で音楽を聴くことが出きるかもしれません。難しい内容でも取りあえずは行ってみることですね。(^_-)-☆
今回は老若男女延べ合計110名ぐらいの方に聴いていただきました。祝
またもっと勉強して工夫して多くの方々に広めてゆきたいと思っています。
まだまだおばあちゃんにはなっていない・・・。微妙!
極小ライバル現る!

| keiko | - | 23:52 | comments(0) | - |

2011.03.06 Sunday

Bouquet


池田奈生子作品コンサートの今回のテーマはブーケでした。
生徒の御家族からブーケを送られて写真に撮りました。そのお花の美しさに感激し・・・お花を頂くということは本当に幸せです。私たちピアソビコンサートにお集まり頂いた皆様本当にありがとうございました。
1時間半のプログラムのためにそれ以上の時間をかけて遠くから来ていただいた方もあり、何か心にもち帰っていただけたなら幸いです。
人にお聞かせするのにまだまだ勉強不足もあり、もっと努力が必要なこともわかりました。
良い経験をさせて頂きこれからも頑張って行きたいと思います。
池田作品に出会えて自分と向き合い語り合える時間もでき新たなるピアノの楽しみ方ができるようになりました。
そんな私の姿に気づいてくださった方もいるようです。
いくつになっても一生勉強ですね・・・。(*^^)v汗

| keiko | - | 22:38 | comments(0) | - |

2011.03.05 Saturday

ウルウル

NHKののど自慢全国大会をテレビで見ました。
さすがに皆がうまくて歌の持つ力に改めて感動しました。
若い高校生女子の歌手の台頭が多く男子はいったいどうしてるのかと思いきやグランプリは若い男性で優秀賞は高校生女子?と男性二人のコブクロを歌ったグループでした。
その曲の審査員の言葉に二人の良き関係が歌い方に現れているとあり、その絆の善し悪しが音楽に出ていることが私も感じました。生き生きとしたハーモニーが何倍にも感動を呼ぶ力になっているのです。アンサンブルって素晴らしいのです。
でもこの結果を決めるのは審査員の間でもかなり難航したことでしょう。僅差だと思います。私は全員に賞を上げたかったですが、もうだれが勝ってもあのステージで歌えたことは幸せなことだったと思います。
哀しい事件が起こり続ける今、素人の歌唱力のある歌い手さんの歌は本当に心にしみます。人はだれもが才能を持って生まれることはできないけれどちっぽけなことでも努力して何かに向かって夢を持って生きて行けたらと思うのです。
のど自慢に出てくる方々は選曲がいいですね。歌詞のいいものが選ばれていますね。
人生は生きる長さではなく本気で生きること・・・。ある演歌の歌詞の中にそのようにありました。

自分の与えられた運命に素直に本気で生きなければと思うひと時・・・明日は精一杯がんばります。衣装は銀河系なんです・・・(*^^)v月

| keiko | - | 23:33 | comments(0) | - |

2011.03.03 Thursday

おかえりなさい

我がピアノクラブS君が無事高校受験を終えて帰ってきました。おめでとう。おかえりなさい。待っていましたよ。
卒業式で歌う「旅立ちの日に」の伴奏楽譜を今日渡されたのだといって嬉しそうにそれもまたそんなこととは思えないほど上手に弾いてくれました。
本当に今日渡されたの?
この歌はいい歌です。何度歌っても。
大変なことですが・・・。新しい高校生活に期待の眼を輝かせていて彼はピアノも今までどおりがんばっていくようです。

彼が楽譜を早く見る力がついて来たのは中学後半からでそれも突然でした。
そうなると耳がよくなり覚えるのも早い。反抗期も訪れなかなか進まなかった時期もありましたがここぞとばかり私は真剣勝負で教えました。そこをカバーしてくださったのがお母さんでした。大きな力でした。
左手を多く使う楽譜も与えいろんな発表の場も与えました。素直についてきて急激に実力はついたのです。
いつのまにか中学の音楽の先生に目をかけて頂くようになり伴奏を引き受け自信がつきお友達も増え何事にも積極的になったような気がします。
私の勝手な妄想かな?音楽する楽しみを知っていると生きる事に余裕が出てくるのでしょう。
是非これからもよいピアノライフを送ってくださいね。
世界のどこへ行っても共通語なのです。音楽は。(*^_^*)

| keiko | - | 23:12 | comments(2) | - |

2011.03.02 Wednesday

雛祭り



子供のころの雛祭りには姉といっしょに雛段を飾り、お友達を呼んでお寿司を食べたりわくわくどきどきした思い出があります。飾るのってめっちゃ大変でしたけれど・・・。あの樟脳の香りが独特でひな人形の顔は可愛いけれどちょっと怖い・・・。

季節がちょうど寒い時期でああやっと春だと思える日々・・自然と心が萌えてくる。
季節の行事や暦の移り変わりを大切にする家族に生まれることが子供たちの幸せでもありますね。父は節分など必ず早く帰ってきて疲れていても一緒に豆まきをして家族の幸せを祈ってくれたことを覚えています。
両親に大切に育てられた私たちなのです。
子供の時にたくさん思い出があるほど大人になっても心豊かな人生が送れますね。
この写真は母が作ったもので施設でもこのような色紙をそれぞれが作って部屋に飾ります。母もよくしてもらって幸せです。
ここのところ私が1週間ほど行けなくて先日ちょこっと行った時元気がなかったのでまた今日顔を見に行って話をしてきました。
病院に行っての待ち時間には人の流れにまぎれてゆっくり話もできません。
経過はぼちぼちですが痛みもなく元気にしているのでMRIの検査が終わり2週間後にまた診察に行くことになっています。
そんな説明をゆっくりしました。
そしてその後私たちを育ててくれたころの懐かしい昔話に花が咲き嬉しそうな良い表情が帰ってきました。私はよく双子を無事一人で育ててくれたねと言いました・・・。祖母や叔母がずいぶん手伝ったようですが。いつの時代も祖母の力は大きいのです。今のような紙おむつなどない時代は特に。
そうだ 親子ではそんな話題が心を安らげさせるのだと気づきました。
さみしいというより心細いのかな。少し安心した様子。暖かくなったら一緒に外でお茶でもしたい。母の笑顔が何より私のエネルギーなんです。
今度は大輔の沖縄旅行の写真をテレビに映して見せてあげたいと思いつきました。テレビカメラいい考えでしょう?
その後6日のための練習にAKKOさんとこに行きました。ラストスパートジョギング
それにしてもガソリン高いですー!(>_<)車

| keiko | - | 23:13 | comments(0) | - |

2011.03.01 Tuesday

沖縄そば



おみやげの沖縄そばをお昼に食べました。
私が数年前に行った時のおそばホテルの昼食の一品で平たい面で焼きそばのような感じに仕上げてあってあまりおいしいとは思わなかったけれどこれは沖縄風うどんといった感じの手打ちうどんをこってりとした和風だしで頂くとてもおいしいものでした。
よく見ると沖縄そばには地方によって種類がいろいろあると書いてありました。

ここのところ雨が続き庭のビオラも水も滴るいい感じになっています。
今日から3月・・・。気温はまた舞い戻って寒くなるようです。(>_<)

| keiko | - | 23:11 | comments(0) | - |

2011.03.01 Tuesday

沖縄の海

綺麗な海
この写真は次男が沖縄で撮ってきた写真です飛行機
綺麗な真っ青な海を撮ってきてねとソニーのサイバーショットを貸してあげました。腕でもカメラでもなく素材がいいから自然にこのように美しく撮れますね。空も海も太陽も星も月も私たちにとっていつも話しかけたら答えてくれるような気がします。それは人間にとってとても大切なもので命の根幹だから・・・。
友達が移住を決めてそこへ遊びに行ってきたのですが、真黒になって帰ってきました。とても楽しそうな写真ばかり。
独身を謳歌しているようで彼女がいないさみしさもなんのその。
いい空気をいっぱい吸ってすばらしい自然を満喫してきたようでした。
沖縄そばを4日のうち3日も食べたそうで麺類大好き人間のターゲットでもありました。いろいろな味があるそうですよ。
美ら海水族館での魚たちのパフォーマンスにも感動し基地も見て一足先に春を満喫してきたのですね。
義母も孫のそんな様子に大喜びでした。(^−^)早く彼女連れてきて!と私。

| keiko | - | 00:12 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< March 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Recent Comment

Archives

QR Code