ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


くるみ割り人形

クリスマスの夜。広い大広間ではパーティーが行われ、少女クララは老人からくるみ割り人形をプレゼントされる。ところが、取り合いになり兄のフリッツが壊してしまったので、老人に修理してもらった。

 お客様も帰り、夜みんなが寝静まった頃、クララは人形のベットに寝かせたくるみ割り人形を見に行った。ちょうど時計の針が12時を打つと、不思議なことに、クララの体は人形ほどの大きさになってしまう。

くるみ割り人形はやがて王子様に変身して・・・
 そこへはつかねずみの大群が押し寄せ、くるみ割り人形が指揮するおもちゃの兵隊と対峙する。最後はくるみ割り人形とはつかねずみの王様の一騎打ち。くるみ割り人形あわやというところで、クララがスリッパをはつかねずみの王様に投げつけ、はつかねずみたちは退散する。

 倒れたくるみ割り人形は、凛々しい王子になっていた。王子はクララをお菓子の国に招待した。王子は女王(こんぺい糖の精)にクララを紹介し、歓迎の宴が繰り広げられるのだった・

以上は「くるみ割り人形」のあらすじです。

外国では日本でする第九のような年末に催しで使われる演目のようで最後の花のワルツはとても有名です。

ピアノを学んでいる子ども達に断片的に聴いたことはあるけれどどんなお話でどのような情景で演奏されるのかを知り自分もその一部になれたらどんなに楽しいでしょう。
実際にやってみると結構難しいけれどあとひとつき・・・一緒にがんばってみます。楽しい
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>

Link

Profile

QRコード