ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


ダンダリン

刑事モノやサスペンスものをあまり見るのが好きではないがたまたま世界仰天ニュースの後なんとなく「ダンダリン」というドラマを見た。
竹内結子が髪を短くして労働基準監督官の役で出ていた。
松阪トウリ君も好きな俳優だった。
竹内結子はとにかく綺麗だ。シングルマザーとして女優としてしっかりと生きている。題名は物語が進んで主役の彼女の名前が段田凛という事から来ていることが途中で分かった。カタカナにすることでずいぶん柔らかなイメージになる。漢字なら見ていなかっただろう。
今の時代悪徳な会社が社員をこきつかって社長だけが儲けるという話はよくありそうだった。水戸黄門が悪徳代官をやっつけたり遠山の金さんが世間を取り締まったりする時代劇がなくなった分こんなドラマが必要になる。すがすがしい内容だった。
会社がいやになっても辞めるという選択しだけではなくはたらいている人自身が会社を良くしようと努力し協力し合えば変わるのだということもひも解いている。
さわやかな彼女の印象は女性としての清潔感とこれからの時代に生きる新しく強い女性としての後姿をほうふつとさせる。私生活で彼女が生んだ男の子はずいぶん大きくなったことだろう・・・。子供のために身を縮めたり心身ともに心も削ったりしていかねばならない母親という立場に立った彼女の眼差しの奥には優しさがこみ上げている。

今日は12月のコンサートの練習で孫のいる世代との集まりだったからランチの時間は自然に孫のサンプル品評会みたくなる。
子供を産んで次の世代に自分の命をつなぐことができたこと。
なぜかとても良かったと思えた日だった。
書いた人 keiko | comments(1) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2013 >>

Link

Profile

QRコード