アイアンマン

アンパンマン・ウルトラマン・スーパーマン・最近では蜘蛛のスパイダーマン
ヤッターマン。キン肉マン・・ほかにもたくさんのヒーローが悪と戦い続けている。
たとえおとぎ話であっても痛快だ。今日の土曜プレミアム2時間釘づけになった。「アイアンマン」は兵器を製造する会社を父親から受け継ぎある出来事でその会社の重役のもっとも信頼できるはずの男が悪だくみをしていることをつきとめる。
皮肉なセリフがたっくさん。武器を売ることで儲けた会社が慈善事業に寄付をしていたり・・・。現実問題のひとつ・・。映画は物語る。
単にヒーローがかっこいいだけではない。日本の犯罪組織をやっつける番組はなぜか見る気がしないがアメリカの映画は選んで見ようと思う。スピーディでとってもおもしろい・・。
6年前だからCGも使われているがなかなか特撮だけではないロボットの製作場面がおもしろい。
そしてスポーツカーのようにきれいだ。
最後何度も落ちそうになるところなどコミカルで日本のウルトラマンのように少し弱い面もあり親近感・・・。
CGだらけのぎとぎとした映画の時代に突入しているがこの続編はやはり見たい気がする。

Go to top of page