2014.06.30 Monday

ギロックフェスティバル

今年日本ギロック協会が設立されて24年になりその記念パーティを催す準備をしている。場所は西宮北口なでしこホール。日程は8月31日でパーティはお隣にあるレストランから食事をケイタリングし日本中の会員ギロッ子たちが集まりそれぞれの支部からの出し物でギロック音楽とともに11時から2時間過ごす。その後、午後2時からは一般の人も入場できるフェスティバルをスタートでそこでは西宮のメンバーがギロックベスト4を演奏し続いて安田裕子会長がギロックのひととなりについてレクチャーを行っていただく予定だ。
ギロックの好きな人や知らない人も是非この機会にちょうど日本中で一番住みたい街西宮で開かれるギロックの大イベントに参加をお勧めしたい。
子ども達から大人まで広い世代に楽しまれているギロック音楽はクラシックの道への入り口であったりポピュラーの道への入り口であったりもちろんジャズへの道にもその道しるべとなるはずだ。
明日から申し込みが始まる。リンクしますので見てください。
どうか新しい出会いがありますように・・・。ここに載せさせてくださいね。
ギロック音楽はだれをもあたたかく優しくむかえてくれることは間違いありません。

<リンク>ギロックフェスティバルinにしのみや2014

| keiko | - | 23:45 | comments(1) | - |

2014.06.29 Sunday

加藤英雄とスイング西宮

音楽には目がない!!っちゅうやつですわ・・。
この一週間はもうどうしようもない忙しさでしょうしょう悲鳴を上げていて微熱もあったかもしれないけれど今日のフレンテでの加藤英雄主催ミュージカルに行って心は元気を取り戻した。
西宮市の市民合唱団も関連しているらしいが多くの紳士淑女たちがバックコーラスを担当していた。
生の演奏による楽団のミュージカルの伴奏は小規模であることを忘れるほど本格的。加藤君のオーケストラピアノのいきな演奏は相変わらずだ。お父さんも演奏を披露。親子ですばらしかった。
ウエストサイド物語のヒロインのマリア役の高嶋優羽さんがすばらしく風貌の美しさに輪をかけた声のすばらしさに感動し、一気にファンになってしまった。
ウエストサイドストーリーは歌によってささえられオペラに負けないクラシカルミュージカルだったのだと感心した。それぞれの役柄の人々は歌がうまく吉本のようなおもしろさに会場がにぎわっていた。柔らかさの中に真面目に音楽大学でクラシックの基本を学びきっちりと歌いこんでいるステージ。
単に歌を歌っていただけでは人をあそこまで呼び込めないだろう。一般の人々に音楽を魅力的に伝える方法とは・・・。私は加藤君のエネルギッシュな活動にいつも感心させられてしまう。
多くのお客さんに支えられるゆえんは彼の素晴らしい人柄によるものだ。
音楽は人々を楽しませるもの。しかしそれには練習という過酷で厳しい試練と時間が必要だ。心から好きで楽しんでいることが周りに伝わったらそこに音楽という名のまた新しい空間が生まれる。
彼も結婚して落ち着いたらしい。これからの活躍がさらに楽しみだ。
来年も若さあふれるステージにこうご期待。

| keiko | - | 00:06 | comments(0) | - |

2014.06.25 Wednesday

W杯コロンビア戦

あれほどシュートを打ちながら決定打が打てない技術の低さ・・・。
ただ以前はそれもなかなかできなかった。
自分たちのサッカーの形が出来つつあることが今回は伝わってきた。
大舞台のW杯では主導権を握る攻撃的なパスサッカーはリスクが強く日本は体力的に持たない。その場合選手交がカギを握るのだが監督はあまりメンバーを変えない。
守備が崩れカウンターでやられることが多かった。すべてにおいて日本が世界に劣ってるとはいえこのW杯での経験はとても大きい。
精神力と体力と技術力をさらに学び次の4年後ロシア大会にまた大きくなった日本代表陣を見てみたいと思う。まだまだ日本のサッカーの歴史は浅い。
海外のチームの門を潜り抜けどんどん上のレベルを目指せ日本!!
現実は厳しい!でもそれがどうかした?
下を向いている場合ではない。(*^^)v

| keiko | - | 23:21 | comments(0) | - |

2014.06.22 Sunday

ハルカス病

小1プロブレムという言葉が教育界で言われている昨今私の教室にも6人の小1の生徒たちがレッスンに来ている。私の時代にはそろそろピアノのおけいこを始めようかとという時代であったが、今は幼稚園からいやもっと早期に習い始める子も多い。
小さいころのレッスンではリズム感や幼児だからこそできる体のバランス力や純真な心が形成する感性を磨くことができる大切な時期だ。音符や譜面の内容を追うのだけではなく自然にもって生まれたセンサーのようなものを研ぎ澄ます時代なのだ。同じ1年生でずいぶん性格や進み方が違う生徒たち。
とてもそれぞれかわいく私が結構疲れる金曜日に来るNちゃんは特におもしろい。同じことを何度も注意しなければならないので「あなたのお耳の穴から先生のおうちのベランダのガラスの向こうに見えるハルカス(私の家からは大阪が一望でき小さなハルカスが見えるのだ)が見えるわ。私の言ってることがこちらの耳から通ってあちらの耳に抜けてしまっているのね、どうりでハルカスが見えると思った」と左の耳の穴を覗き込んだら、わはははと笑い出した。
私の言った意味がすぐに理解できたようだった。
トランポリンのように指をバウンドさせるスタッカートをやらせるとタランポリンと言いながら笑ってみたりなどと私の一週間の疲れがぬけて笑いがこみあげる。
感性が豊かで頭が良い。
ピアノを弾くことで彼女の明るさをどんどん引きだし素敵な大人に成長できるようお手伝いができたらと思っている(*^^)v

| keiko | - | 00:26 | comments(0) | - |

2014.06.21 Saturday

W杯ギリシャ戦

せっかくカツラニスが退場して数的優位に立ったのに決定的チャンスがありながらゴールできなかったことはとても残念。
ボール支配率がコートジボワール戦に比べて多くパスもよく通っていたし、確かに自分たちのサッカーは出来ていた。ただボール回しをしてチャンスをうかがっていても時間がたつばかり。
たてにドリブルで一人で最後までシュートにもっていったり、速攻の攻撃などができない日本のサッカーはまだまだ世界には通用しない。
コートジボワール戦で勝てなかったことが余裕のない動きにつながった。
コロンビアとコートジボワールはコロンビアが勝利。
日本は後がない。

| keiko | - | 00:34 | comments(0) | - |

2014.06.18 Wednesday

ならムジークフェスタ

音楽の原点はそれを聴いて楽しんだリラックスしたりするためにある。
人間として生まれて来たらいくつからでも早い目にそのような体験をさせてあげたい。小さい子供たちはじっとしていないし集中力もない。だが、ちゃんと耳は働いている。音楽教室に行かなくても生のクラシック音楽をかじることができるように・・・そして初めてのコンサートデビューという小さい子たちのために私達はたくさん経験を積んで良いものを提供してゆかなければならない。
昨日G4ははじめて奈良のイベント(ならムジークフェスタ)に参加してきた。
朝7時前に出て着いたのが9時前。西宮甲東園からはちょうど2時間の道のりだ。前日は遠足気分で準備し早起きしてでかけていった。便利なことに阪神の今津から近鉄奈良駅まで甲子園で乗り換えて約1時間とちょっとの直通列車がある。
行きはラッシュアワーに遭遇。途中からは座ることができた。
奈良は文化が静かに息づく街でおちついた雰囲気のあるところ。私の好きな街だ。またゆっくり別の日に訪れてみたい。
音声館はその一角にあり、私達のコンサ−トにはちょうどよいスペースだと思った。家族総勢100名ほどが抽選の末集ってくださり、1時間と少し絵本とピアノ・ピアニカや歌のプログラムを届けた。
奈良在住のOさんやピアニカの先生はお孫さんを連れて来てくださりとても心強く嬉しい想いでいっぱいになった。帰ったその夜いつもの場所ではないところでの活動でテンションがあがっていたのか良い意味で興奮して寝付けないほどだった。もっと楽しく良いものをこれからもお届けできるよう頑張りたいと思う。
私達は自己満足のおせっかいやで「ともだちや」のきつねのようにさびしんぼう。「えーおんがくやはいりませんか??」
時差ぼけは完全に解消されたようだ。

帰りに奈良駅に私達を含む大きなポスターに遭遇。パチリ・・。
naramuji-kufesuta

| keiko | - | 23:17 | comments(2) | - |

2014.06.15 Sunday

サッカーW杯コートジボワール戦

ずいぶん前に今日10時キックオフということを知らなかったため着物を着ての着物教室のお出かけ観劇会に出席することに予定を入れていたため、10時には大阪の教室に集合しなければならなかった。朝早く起きて準備をしお天気の中を出かけて行った。11時大阪の松竹座の「母をたずねて膝栗毛」が始まるころにはもう本田の先制点のことは知っていた。その後12時ごろ劇中で中村獅童がアドリブで「日本は負けました」といったのでどんなに残念だったか・・・いや予感はしていた。
道頓堀の食い倒れのところを通り抜けて帰ったが、おそらく勝っていたら大変なことになっていただろう。
誰かが川に飛び込むとか・・・?
とにかく帰りは直行でどこにも立ち寄らず家でどんな試合をしたのかニュースで見まくっていた。
本田の完璧すぎるシュートに感心したがそのことがかえって後の試合運びに影響した。
大事な初戦を落としてしまった。
左サイドの攻撃で同じようなシュートを2度も決められたのにはあちらの作戦勝ちとしか言いようがない。
ドログバが最初に出てこなかったのは故障というより作戦だったのではないか・・・。一番悪い形に試合を運ばれてしまったのには反省をし次の試合にとことんギリシャを研究し自分たちのサッカーをするにはどうすればよいかしっかり準備しなければならない。
裏をかいて日本の流れをそこに積極的に入れていくべきだ。
あのハーフタイムでどのように作戦を立てたのだろう。
あれだけ日本のスター選手がそろっているのに、その役割分担がうまくいっていない。あまりにも準備がおろそかであった。なぜ?
阪神快勝がせめてものなぐさめだ。

| keiko | - | 23:21 | comments(2) | - |

2014.06.14 Saturday

時差ボケのなかで・・

帰国したその日ピアニカのレッスンに夕方出かけ翌日はある先生のピアノ発表会で2時間半ほど同じ体型で椅子に座っていてその部屋が冷え過ぎていたため困ったことに腰痛に襲われてしまった。
あくる日ボランティアで演奏する連弾の練習がありその後帰国して初レッスンでたった1週間抜けたレッスンでこんなにも弾けないものかというほどの生徒がいたので少し落ち込んでしまったりしていた。
その後普段よく練習する生徒だったからで何か原因があったのだろうとわかったし、みな他の生徒はそれなりにやっていたから一安心。2週間分しっかりできている子もいた。一週間ぐらい抜けても自分でしっかりコントロールして練習できるようにしておくことが有能な教師だあるといえる。
腰痛はコナミで運動し体を温めたりしたがなかなか治らずそのまま12日には声楽のレッスンにでかけた。
ところが不思議とやっとそれまでの時差ボケや腰痛はようやくこのレッスンで治った感があったのだ。
発声をしレッスンの最後に先生のオペラを聴かせていただいたおかげだと思う。
歌には人を元気にする力がある。体調が不安定で少し疲れ気味の人は歌を歌うに限るしコンサートに出かけることもおすすめしたい。
先生の歌には音楽への愛が込められているし、その人柄にも触れることで明るい気持ちになれる。
音楽とはその想いを表現することであり伝えること。感謝の拍手を先生に送った。
子供たちに音楽を通して何を教えるかをレッスンを受けることで自然に学んでいるような気がする。

| keiko | - | 23:37 | comments(0) | - |

2014.06.08 Sunday

ハワイ旅行

ハワイ
思いがけずハワイの地に旅行することになりブログを留守していた私です。
2日の夕刻から昨日の午前中まで・・・。
甥がハワイで挙式することになり叔母として列席。
セントカタリナシーサイドチャペル。丘の上のハワイの雄大な背景をバックに建つ可愛いチャペルでした祝
日本人経営とあって次から次へとジューンブライドの新郎新婦たちは日本人。
美しい歌声でアベマリアやハワイの祈るような歌の生演奏により荘厳にかつこじんまりと二人の式はとり行われ姉夫婦の30数年前のことがよみがえりました。
大自然の恵みの前での誓いは真実の誓い。
ハワイの海の水は綺麗でしかも深く地球の青さそのもの。
解放感漂う日々にあっと言う間の一週間。
帰って来てからやっぱり日本の美味しい食べ物には自分が日本人であることを認識してしまったのです。ラーメン
でもこんな機会を与えてくれた甥夫婦に感謝!!
自分自身を見直す時間をくれたことにも感謝!!。
忙しさの中で旅をしてちっぽけな自分と向き合うこともたまにはいいかも!!楽しい楽しい

| keiko | - | 23:20 | comments(1) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< June 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Recent Comment

Archives

QR Code