バッハインヴェンション&シンフォニアセミナー

田中巳穂先生の3回目のセミナーが行われ新響楽器に向かった。
私は子供の頃この曲集に出会ってピアノに開眼したといっても過言ではない。
中学の頃からやり始めたが、あまり練習時間もとれないなか楽しかったことを覚えている。バッハインヴェンション。
先生が演奏しながら教えてくださるのでとてもよく分かった。
やはり美しい曲ばかりでその秘密をひも解いてゆくのはとても楽しい作業だ。
今日は7.8.9番のシンフォニア。バッハ三声練習帳という保坂千里著 東音企画の楽譜は3声それぞれの声部を分けて書いてあり練習の際にとても参考になる。レッスンの際の分析にも役立つ。10本の指で3声部を弾いてゆくので指使いは重要であり事細かにそれを書いてある。
大人の生徒に使えると思った。
音楽性が求められ私は生徒たちをここに連れてくるのがまず目標だ。
ここまで来て音楽を好きなら一生その楽しみから離れることはない。
次回も参加しようと思う。田中先生の言葉が私の心にジーンとしみる。
午後シンフォニーホールでグレンツェンコンクールのO君1年生の応援に向かった。

Go to top of page