2015.04.29 Wednesday

0歳から家族で楽しむコンサート

G4を結成したきっかけを作ったギロック会のMさんは今年福島に転勤になり今年から3人でやってゆかなければならなかった。
やはり穴を埋めるのは大変で今日はその作品の初演だったのでどんな反応かと心配だった。40名弱のお客様だった。
ビデオを撮って帰ってみてみたらそれはもう必死で頑張っているし楽しんでる新しいG4の姿があった。
南甲子園の公民館推進委員の方々がチームでとても応援してくださって全員で協力してくださったことがうれしかった。
和やかだし拍手もたくさんいただいた。手拍子ものりのり・・。
私達のやりたいことがようやくまとまってきたと実感する。
私が心より音楽が好きなことが本当に伝えることができているようだ。
寂しくなりエーンと鳴いている時間はないしこれまでの絆がさらに強くなるようこれからもがんばりたい。
勉強のために出来るだけ長くこの会は続けていきたいと思っている。
新しい楽器が・・・情熱大陸にピアニカとカホーンです(>_<)
5月17日は西宮の中央公民館で行う予定。こちらはあッと言う間に90名予約で満席になったという。新生G4ファイト!!出来るかどうかわからないが衣装を途中で着替えるという粋な趣向もやってみたいと思っている。(^_-)-☆

| keiko | - | 23:56 | comments(0) | - |

2015.04.29 Wednesday

湯郷温泉

発表会の終盤は少し疲れがたまりすぎて麻痺しているような状態だった。終わってからG4の練習がすぐあり休む暇もなかった。
しかし楽しみがあった。それは次の週に姉と温泉に行く約束をしていたことだ。
姉が来たのは予定の前前日からで次の日一緒に声楽のレッスンを受けに行ったのだ。その後大学時代の友と語り合い彼女も元声楽の勉強をしていたのでその話には興味を持った。誘うと行ってみたいという。ある宗教法人に熱心に通っていた事がふっきれたようだった。友達関係が再結成できて姉とともに喜んだ。
あくる日は湯郷温泉へ義母も共に向かった。2時間ほどのドライブでお天気の良かったことと新緑の綺麗さに心が和んだ。
土日だというのに道が込まなかったので少ししか疲れを感じず義母も姉もとても楽しんでいたことがその様子でわかる。
義母は私達となら遠出も出掛けてくれるのでまた誘って行きたいと思った。
帰りに息子の所に寄ってからその夕方関西空港の尼のバス停まで送って行った。
姉のところには今年孫が二人生まれる予定だ。
大変だねと言ってもおばあちゃんにならなければわからないこと。
とにかく出来るだけこの先も元気でいたい双子の姉妹だったのである。

| keiko | - | 23:41 | comments(0) | - |

2015.04.28 Tuesday

新生徒の入会

新生徒さんがつぎつぎと入会をしてくださるというのはとてもうれしいことだ。
発表会を終え私が学んだことは多い。華やかな発表会というイベントの中で子供たちは確実に成長していく。たった一人の舞台をこなすのだ。それも言葉でなく音の綴る世界で・・。
多くのものが学ぶ時代。そして発表会も数多くある。
私が関われる子たちにはぜひ自分自身と語り合える楽器を操る能力を開花させたいのだ。そこには感情の起伏をコントロールする力や努力をするという習慣づけや人と調和してゆくというコミニュケーション能力など様々な要素が存在している。
笑顔でやってくる今週から始まったレッスンで新たなる目標に向かってまた進んでゆかなけらばならない子供たち。私の生活にとってその姿はかけがえのないものだ。日々感謝してまたよい音作りを共に学んでゆきたい。

| keiko | - | 01:51 | comments(0) | - |

2015.04.28 Tuesday

0歳から家族で楽しむコンサート

今年1月以来またG4が活躍する場が与えられた。
内容はピアノで奏でるクラシック(ウインナーワルツ・トルコ行進曲)(連弾マメール・ロア抜粋)
音の絵本「きょだいな きょだいな」(ギロック作曲の音楽付)
途中で、今話題のCMパッカーんとわれる桃太郎の話が出てくるのおもしろい。
ぴあのであそぼうのコーナーではルパンのフーガ(連弾)と情熱大陸(ピアニカ)ようかい第一体操(みんなで踊ろう)

他にも童謡や遊び歌を楽しむことができる。
日程は4月29日(水・祝)場所は南甲子園公民館で10時開場 10時半開演
春の楽しい家族のひと時を1時間弱・音楽とともに存分に楽しんでほしいと思う。
入場無料。現在まだ空席があり当日でもOK。申し込み不要。
是非ゴールデンウイークの皮切りはG4のコンサートへ・・・。 

| keiko | - | 01:25 | comments(0) | - |

2015.04.22 Wednesday

田中巳穂先生のバッハ講座

インベンションとシンフォニアを同時にそれぞれの特徴を考察しながら進めていく田中先生の授業はとても勉強になる。
西宮で第4回目になる10番11番12番を取り上げていた。
第3回目から参加している。
先生の講座はこうでなくちゃいけないというものではなくあくまでも自由な弾き方でよいがそれをよりよい演奏につなげるための講座である。
音がとても美しくすがすがしい。分析することによってバッハの意図たるものを感じ技巧的にも役に立つ。私は生徒たちがピアノを学ぶには小さなころから教材としてやはりバロックを必ず入れていきたいと思うようになった。
難解であるようでいて実は理論性に富んでいて表現がしやすいからだ。表現力を学ぶには必要だと思う。バロックはあからさまに表現されているロマン派の曲にはない崇高な感情表現とでも言おうか・・・。

小学校の後半からインベンションに進めることができるようにまずプレインベンションを使う。インベンションの後半やシンフォニアまで進める子を多くつくるのが夢だ。縦と横の糸を結んで指も頭もごちゃごちゃになりそうになるがそれに耐えられたらステップアップできる。楽譜を読むことが苦手ではそれができない。ピアノが好きか一生のと友になれるかはそこで決まる。がんばれみんな・・・。
しかし本当に難しいながらも美しい曲ばかりである。今日の講座は心が安らぐ感動的なひと時だった。

今日まさに新たに家の近くの年長の女の子が入会してきた。
ママたちが熱心で最近は頼もしい!真っ白な画用紙に丁寧に描いてゆこうと思う。
私の記念すべき年に彼女たちの素晴らしい10年後を想定して美しい音で自分の心から弾きたい曲が楽しく弾けるようにしてあげたいと思う・・・。新しく出会ったことを大切にしたい。

| keiko | - | 23:42 | comments(0) | - |

2015.04.20 Monday

発表会へのアプローチの仕方

なんて雨の多い春だろう!!4月に雪が降ったり雹が降ったり台風のような嵐・・・。
その中で18日はとても良いお天気だったことがありがたかった。
室内の気温もちょうどよい。一人の欠席者もなく時間も予定より早く進んだ。
ちょとまてちょとまてお兄さん・・というほどテンポも速くなって軽やかに弾けていた。一人一人の中に先生とのドラマがある。
まずやる気スイッチ。それには目標が必要だ。そしてできるだけ好きな曲をやらせる。なぜならピアノを触らなければ指が育たないからだ。選曲はとても重要で出来ればその子の弱点補強になる少し無理でもステップアップできる曲が良い。
そして少しでも出来たらしっかり褒める・・・。終盤出来上がってきたら細かい部分の技術的な要素を徹底的にピンポイントで教える。少し厳しく責めるがその時は本人たちもおしりに火が付いているので大丈夫。そして最後に間の取り方や息の配分を決め自分の納得のいくものにさせる。できるだけプロのCDを聴かせることも状態が良くなる要素だ。

私は小さい子から大きい生徒まで同じ要領でやってきた。年齢に合わせて言葉を濁すことはないし、出来るだけのことをしたのだから後は出来ると信じてやることである。
もしたまたま少し失敗しても私とその子の作り上げた作品は私の中にしっかり記憶されている。
羽生結弦の名言集
その1「逆境や自分の弱さが見えた時が好き」
その2「壁を越えて見えるのは壁」
その3「悔しい気持ちは先に進もうという気持ちで実なポジティブな気持ち」
その4「どんな仕事でもどんな人でも同じなんです。人生って」

彼は強そうな口ぶりや瞳の中に繊細でガラスのように壊れそうな部分が見えるから魅力的・・。自分を支えようと必死なところ・・・。でもその支えって何かって?スケートが好きなことでしょ?・・・。
私は小さいころピアノが嫌いだった。でも今は宝物です!!

| keiko | - | 23:58 | comments(0) | - |

2015.04.19 Sunday

トゥインクルチェリーコンサート2015

今回はママたちにエールを送りたい。
私が監督ならママたちはコーチだ。いかにこちらががんばっても週に1度しかないレッスンでは練習してこなければ進歩はない。
昔ピアノを習った頃があるというママが多いが、その頃より曲も色とりどりでレベルが上がっていて教え方も変わってきている。だからわくわくどきどきご自分たちも一緒に勉強しているように感じる。それぞれ1週間前にリハーサルをして刺激を受けたらしく皆さらにがんばってきた。もっともっとよくなると最終レッスンはどれだけ燃えたことだろう。レスナーとしてのやりがいに目覚める至福の時だった。
もう気合がかっていて正気のさたではなかったかな・・。
ぎりぎりまであの手この手だ。
舞台に出て椅子の調整をする時にも「おちついて」と小さな声をかける。
幼稚園・1・2年は特に基本を教えるべく手抜きはできない。
はじめの一歩から大切なのだ。
私の心配をよそにおおかた満足のいく出来のようだった。
舞台のそでから見える小さな後姿がいつもより大きく見える。私は音楽の神様に感謝しながら昨日、最高の幸せのひと時を過ごした。
難しい曲を堂々と奏し独り歩きし始められるよう一生涯長く続けてほしいと思う。厳しく長い道のりだが今からそれを無言で伝えている。
疲れているということがマヒするぐらい忙しかったのだが今日はまた発表会の講師メンバーのG4の練習があり29日の本番のために気を引き締めて備えなければならない。
元気なのは日頃の可愛い子供たちの笑顔のおかげでもある。(*^^)v
発表会は日頃日常では出ることのないエネルギーが確かに出る魔法の国の世界。
努力のご褒美が実にそれだ。

| keiko | - | 23:43 | comments(0) | - |

2015.04.16 Thursday

もう後がない

うーん もう後がない。
ぎりぎりまで私は生徒たちを脅かしている・・・。というより魔法をかけている。これが結構かかる・・。
私の魔法の杖はどのくらい役立つのか・・・当日が楽しみだがそのドキドキ100%状態がどこのジェットコースターよりもスリル満点だ。
楽屋裏で倒れない様にしなければならない。
発表会などステージを経験させると普段でないアドレナリンが出て良い方向に行く場合がある。あー神様アドレナリン様。
人生は神頼みで上手くいくほど甘くはない。しかし今年は11名が小2以下・・言い訳がましい?レベル以上の曲を渡してしまった責任がやはり私を追い詰める・・。
もう一週間あったら・・・なんて贅沢は言いません。取りあえずみんな楽しく元気に演奏できますように・・・。がんばれみんな(^_-)-☆
明日3人の先生の最後の練習とG4の集まりがありそのメールのやり取りで返事がりりり了解とあった。つい吹きたした・・・。わかるよその気持ち・・・。今週土曜日が本番だもの。余裕が・・・(>_<)

| keiko | - | 00:05 | comments(2) | - |

2015.04.14 Tuesday

発表会直前レッスン

追い詰められている生徒たちは食い付きが良い。
短所や弱点があからさまに見えてその部分さえ克服すれば最高の演奏ができるというところまでこぎつけている。
昨日のリハーサルで失敗して大泣きした小6のNちゃん。
ギロックの雨のふんすいに挑戦させていた。センスの良い子なので少し無理をさせたが精神的に弱いところがありその性格を直すためにママはピアノを辞めさせたくなかったらしい。他の教室から変わってきたからまずはピアノを好きになってもらいたかった。今日のレッスンは最高に良いレッスンができたと思う。
ポイントを真剣にやればきっと立ち直って良い演奏ができる。
何よりも素晴らしいのは次の曲は「雪の日のそりのベル」に決めたこと。
失敗は成功のもと。
私もこのようにして大きくなってきたのだ。
最近まで選曲が難しかったのかと責任を感じることもあった。でもやはり子ども達は私の心配をよそにかなり上達してきていた。
やはり発表会なら少し冒険しても良いのではないか。
必ずといっていいほど以前とは違った実力を備えた自分自身に出会えるのだから。そのための発表会と割り切ろう!!

| keiko | - | 00:02 | comments(0) | - |

2015.04.11 Saturday

今野万実先生ギロック講座

何でも研究しつくされて時代は進んでゆく。
デジタルではないアナログなピアノを奏するということをこつこつして何が得られるのだろうか。
私はすべて人間の感性が人生を作ってゆくと思うのでいかにピアノの演奏がその子の人生に良い影響を与えるかを知っている。
感性とはだれもが持って生まれているがそれを深く洗練されたものにするために
音楽が役に立つのである。目と耳は五感のうちで研ぎ澄まされる。しかし見えないものに対する意識はあまり重要視されない。
そこを鍛えることは人生でとても必要なことだと思うのだ。
ピアノのレッスンにギロックを取り入れ一つの一つのタッチにこだわり心に語りかける教え方を私は今野先生に教わった。
あの一生懸命さに私は感服する。
その具体的な指導法は私の教師根性を叩き直してくれる。
発表会前のレッスンに葉っぱをかけるこの時期こそどれだけ役に立ったことか。
もうこれぐらいでいいだろうという気の抜けた生徒たちに大きな眼を開かせる。
だめよだめだめ・・ まだまだいける・・・。
いつやるの今でしょ・・古臭くても言い続ける・・・。

| keiko | - | 23:36 | comments(0) | - |

2015.04.07 Tuesday

花筏

テレビでは花だよりがお天気のいい日に花見をしている花見客の様子だ。
私の住んでいる西宮は桜の街だが今年は花の命は短かった。
天気が安定せず土曜日は花曇りで昨日は雨。あっという間に散り始めた。
今日よーたんと着物の勉強会をしたのでその合間に鷲林寺と夙川に車を走らせた。
花筏(はないかだと読み水に浮かぶ花弁達のこと)と花の絨毯を楽しむことができた。
はかなく美しい桜達。
お昼はよーたんの手作りの手上手い(シュウマイと打つとどうしてもこうなる)
ちらしずしと昨日のブリの煮物。豪華な気分で雨模様を吹き飛ばす。
時間をかけてなんでも手作りするよーたんに感謝していただいた。
先日の細雪は花見のお話が出てくる。4姉妹の絢爛豪華な運命も花筏のように人生という時代の川に翻弄され流されてゆく。美しくはかなく散っていく姿は桜のようだ。そしてまた桜の舞い散るラストシーンは4人の姉妹の着物姿もあでやかにまるで雪が降るようで美しくそこから「細雪」と表題されているのではないかと思えた。
幕間にブランデンブルグ協奏曲が何度も流れていた。雅な日本の桜になぜか合うのだ。次女の娘が奏でるエリーゼのためや月の光は芝居の効果音としておしゃれに一時の平和な日本の象徴として扱われていた。人間模様の中になぜか音楽はホッとさせる効果がある。
上流階級の遊び道具として当時のピアノは高価なものだった。
今はたしなみとしてではなく庶民のものとして親しまれている。とても素敵なことどすな・・。これは京言葉?よろしおましたな?かな・・。
hanaikada

| keiko | - | 00:42 | comments(4) | - |

2015.04.05 Sunday

細雪

「細雪」のチケットを姉が送ってくれたので義母と新歌舞伎座に行くことになった。着物を着てゆけたらと思いつつ午前中にレッスンがあり時間に余裕がなかったので洋服ででかけた。近鉄上本町にある新歌舞伎座に行ったのは私は初めてだと思う。記憶にはこのような文学座的なお話の舞台は2度目だった。中学の教師をしていたころに先輩の国語教師の先生に誘われたことがあった。
その時の感想と今は違った。年齢が行くということはそういうことかもしれない。
まず舞台の上での物腰の美しい女優の立居振舞の美しさ。
高橋惠子・加来千賀子・水野真紀・大和ゆうかというキャスト陣。
着物姿に見とれてしまった。春爛漫の舞台で季節的にもぴったりの雰囲気。
時代は第二次世界大戦前で当時の大阪の上流階級の生活の崩壊の場面を船場の言葉で克明に表現されている。
芝居の流れにある間や舞台俳優たちの演技が自然で物語の背景にある家族の大切さや底に流れる日本の伝統的な考え方が折々見える。
賀来千賀子とても素敵な役どころをしていた。それぞれの4姉妹の性格がよく出ていて女性の気丈な強さが美しく描かれている。
脇役がまたいい味を出していたのが印象的。1時間近くの休憩含め3時間半の舞台。こんな桜の楽しみかたもあるんだなと春の訪れに感謝して帰りは阪神電車1ッ本で西宮まで帰れて便利だったこともよかったことの一つ。!(^^)

| keiko | - | 23:36 | comments(0) | - |

2015.04.04 Saturday

結成15周年記念コンサート

ミルフィーユの結成15周年記念コンサートをすることにしていた。
生まれた子が15歳ということはもう高校生にまで成長したという長い期間を経て私たちは活動を続けている。今は16年目に入っているわけだが、10月12日地球コンサートを昨年出来なかったときに話し合ってしようと決めていた。
6名のメンバーが共に歩んできた軌跡を再び楽しみ味わえるコンサートにしようと思っている。場所は池田イベントスペースで時は10月3日に決まった。
産声を上げた時のまだまだだったあの頃、続けながらお互い何かを得てきたと思う。一人の力ではできないろいろなことが私たちの中で育まれてきた。
とても居心地の良い息の合ったグループだ。
そんな年に地球を守ろうリレーコンサートは5月10日に行われる。
市政ニュースにも載ることになりプログラムもできた。
まずは私の本文である4月18日甲東ホール発表会を成功させ、また5月10日に向けてがんばりたい。
生徒のレッスンも本番まであと2週間となり白熱している。
目標があると上達する。その中で自分を発見してゆく姿がある。メンタルな面が強くなるためのものではないかと思うことがある。ピアノを上手に弾くことだけが目的ではない。

地球をまもろう!リレーコンサート2015

Twinkle Cherry Concert2015

| keiko | - | 00:47 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< April 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Recent Comment

Archives

QR Code