ピティナステップ西宮

熱心にステップに続けて出ている兄妹コンビの生徒T君新4年Aちゃん新年長さん
二人が今日さっそうと演奏してくれた。
二人ともとても落ち着いていていかにその場に慣れることが大切かがわかる。
お母さんやお父さんなど皆が協力しないとピアノを熱心に練習するという行為は生まれない。Aちゃんの桜色のドレスが素敵でとても似合っていたし、お兄ちゃんも前回の演奏より一回り大きくなっていたような気がする。
ピアノだけが弾けても挨拶だったりその態度が良くないと社会に出た時に差が出る。多くのことを学ぶ意味で演奏するということはゆるぎなくその子たちの将来につながると私は信じている。
私は自分の指導の様子がうかがえるのだからこれほど勉強になることはない。
緊張がまだそれほどわからないうちに慣れていくためには年に数回は参加できることが理想・・・。
前回の自分と比べてどのぐらい頑張ったかがとてもよくわかることはコンクールで人と比べるよりはるかに良い場合がある。
その自信はやる気を引き出し上達につながる。
ベガホールでの発表会に向けあの大きなホールで演奏するための指つくりと耳つくりに必要な曲を練習しそろそろ選曲にかかるためのプレ作業にとりかからなければならない。

Go to top of page