ピアノ発表会

以前ギロックの研究会で知り合った毎年コンクールに生徒が入賞してすばらしい成績を残している指導者のN先生の発表会が宝塚べガホールであったので拝聴しに行った。トゥインクルコンサートもベガでやってみたいと思ったのである。
響きのいいホールだと思っていたが今一つ響きが感じられなかった。
私の耳が悪くなったかなと思ったがそのような意見が他にもあった。
どの子も判で押したようにテンポが速くCDの音楽を聴いているようだった。
完璧に近い演奏だが、それがあまりにも続くと耳が疲れるのだった。
すばらしいと思うのだが何か疑問が残る。中学高校になってもやめずにピアノを習い続けるためにはある程度のレベルを早く到達しておかなければいけないのだろう。受験があっても関係なく続けるのは至難の業だ。
ピアノを気持ちのはけ口にできるまでにはなかなかだが、それを父兄が理解して先生と協力してゆかなければならない。
ピアノは集中力や根性、緊張感に打ち勝つ力、それと精神のおちつきなど勉強に打ち込むうえでもかなり役に立つ。
何故かといえばどちらも孤独な作業だからだ。いかし音楽からはえもいわれぬメロディや楽しいリズム、美しい和声が飛び出してくる。
それは苦労する物事に対してどれほどの励ましになることか・・・。
私の心は矛盾するがその根性を見せつけられて疲れた気がする。
コンクールで鍛えられているからなのか・・・。私達上手でしょという演奏。
お父さんとの連弾の後少し息苦しくなって外に出た。同じ意見が後ろの先生風の二人連れの方から聞こえた。
単なる私のやっかみ的表現なのではなかったようだ・・・。
まるまる3時間半お腹いっぱいでごちそうさま・・でも消化不良・・・。なぜなのだろう・・・。クラシックには少し身近な感覚がないうえにホールが広く舞台が座席から遠いので硬さが目立つのだろうか。

西宮ギロック新入会員

今日西宮ギロック友の会の定例会に行くと以前連絡を受けた新入会員Hさんが来られていた。総勢15名となる。人数が増えて春らしくとても賑やか。
驚くことに彼女は私と生年月日が数日の違いだった。
何かウマが合う気がして話していると息子さんお二人。同じ時期に子育て。そしてお孫さん二人。出身は尼埼。(中・高)
ギロックはコンクールでよく取り上げられることもあり、生徒に必要な音楽性をつけるうえでもとても良い教材と感じられて入られたようだ。
何かとても近しい感じがして、ピアノ指導者が頭をひねる導入教材を教えていただいた。やはりバスティン。絵を見て♪が早く読めて耳や言葉や感性から入り子供の導入としては優れているということ。
年中のやんちゃ坊主の新入会生徒のために買ってみた。
最初はグーの形を使って黒鍵を打鍵する。
その時に手首をしっかりつかうのだそうだ。
小さいうちから音楽的に弾かせるヒント満載。

今日のギロックはピースコレクションからオルゴールのワルツ。(新鮮・・)
エリックバウムガートナーの「黒猫のおしゃべり」からボッサリオ。(昭和歌謡曲のような感じ)
ギロックピアノメソッドピアノオールザウエイ!から古典形式の作品(ハイドンのソナタ風)
こどものためのアルバムから「教会の鐘」(キャリヨンのように美しく響かせ弾きたい)
年に一度の親睦会を阪急ガーデンズ百貨店内3階のレストランにて行う。
さ・さ・さすがのガーデンズ。美味さひときわ。ルスードチェザービーク!

9つ転び10起き

あさの元気さに毎朝それこそ元気をもらっている。
特に大隈重信へのプレゼンテーションはすばらしかった。主役の波留もすばらしいが取り巻いている俳優陣も良い。物語は日本の未来を築くために女子の教育が必要でそのための大学を設立し資金を準備してゆく銀行の実在の女実業家の話。貧富の差も激しくついにあさは刺されてしまう。
新次郎の男涙の演技に気持ちがぐっと来た。幸せなあさ。反抗期の娘の母を求める気持ちもわかる。人は女性から生まれてくるのだ。自分以外の方を見ていたらさみしいのは当たり前だ。このドラマは男みたいな女性の愛らしさや強さ、弱さ、優しさをよく表している。まっすぐなあさに私はいつも感動している。ちょっと落ち込み気味の私、奇跡の復活してからのあさにまた元気をもらえそう。優しい響きの大阪言葉もついまねしたくなるほど・・・。
女子の4大陸フィギアフリーを見ながら書いているのだが、宮原知子はパーフェクトで最高にすばらしかった。「ため息」は演奏をしたことがある曲なので思い出深い。
リバーダンスの本郷理華が音楽に合わせて元気にステップして3位に入った。
はじけるような演技にやはり勇気をもらえる。
音楽とスケート、そして俳優の演技、芸能とは人を元気にするためにある大事な分野。携われる幸せをかみしめた。

音の絵コンサート

神戸を拠点に15年も前にデビューし音の絵のコンサートをされていた松井典子先生から以前うかがった時に連絡先を書いていたのでお手紙を頂き「0歳から親子で楽しめるコンサート」の伊丹アイフォニックホールに今日は伺わせていただいた。
今はお二人のお子さんの子育てに奮闘されているという。母となり子育て現役中の中このような活動をされていることにどれほど練習が大変なことかと思うのでとても尊敬する。
「100万回生きたねこ」をプロジェクターで映しながらピアノとピアニカで楽しませてくださった。
絵本の内容は100万回も死んで、100万回も生き返った猫。王様ゃ船乗り、手品使い、どろぼう、おばあさん、女の子・・・に飼われて可愛がられて100万回死に、悲しませる。でもそのねこは一度も泣かなかった。あるときのらねこに生まれ変わったその猫は、白く美しい猫に出会い、大切な家族を持つこととなる。100万回死んでも泣かなかったねこははじめて愛することを知り愛するものを失った悲しみに涙する・・・。

一人芝居の1時間の演奏は13曲もありお話とピアノピアニカ全部受け持ちで大変なことだっただろう。中にはピアソラの曲があった。懐かしかった。
物語はしっかりとした哲学的な要素がありクラシックががっつりはいるとどちらも浮き彫りとなりとてもよかったと思う。
少し曲が内容とマッチしていないなと思ったのは若さと時代的な経験の違う私とのそれぞれの好みの問題であろう。
とても勉強させていただいた。ありがとうございました。さすがっす!!

PIASOBIコンサート

毎年10・11月はベルグで・・・2.3月には郷の音ホールや昨年ではいたみホールの多目的ホールで池田作品のみの演奏会を開いている。
池田奈生子さんの作品に触れてもう10年以上になるがその繊細で美しい旋律や和声は独特の魅力があり私たちpiasobiメンバーを魅了している。
懐かしいメロディやその隠れた名曲に勇気や癒しそして活力を与えられている人も多い。ぜひ一度聴きに来てほしい。
3月20日春彼岸の日、場所はいたみホール。今年はギリシャ神話を題材にする。
「パンドラ」あなたはその箱を開けてみたいと思いませんか?連弾の新曲も披露しますよ。
リンクするので詳細のチラシをご覧ください。

ポコアポコ

もうすぐ習いに来て2年が経とうとするYちゃん2年生は指が弱く体全体がしっかりしていないのでピアノの音が普通に出るまでにとても時間がかかっていた。
舞台に出るなんてとても考えられない状態でしかも左利きなのでピアノのメロディを奏でる右手の動きが悪いため聴き映えがしない。
ところが今日のレッスンで驚いた。
右手が左手よりもよく動き音もしっかりしてきていた。
持ち前の明るさで私のちょいスパルタレッスンについてきたので現在は「人形の夢と目覚め」に挑戦している。
先週とははっきりした力の差はいったいなんなのだろうというぐらい今日はよくできていた。「子供の集会」は右手だけだがずいぶん安定していた。
この上達ぶりはレッスンが楽しくて私を幸せな気分にさせてくれる。
ポコアポコという言葉は少しづつという意味の音楽用語であるがとんでもない。急激な発達・・・。子供はためて急に伸びるようだ。
私の魔法のマ 時間のマ 磨くのマ まっすぐ真面目にのマ 待つのマ 豆にのマ 
たくさんのマ心を込めてこれからも送ります。
 

田中巳穂先生バロック講座2回目

舞曲の講座第2回目。
ガボットとブレを中心に今日は講座があった。
バロックダンスのDVDを見せてくださりそれを見ているとチェンバロから奏でられる美しい舞曲の数々からその魅力にピアノでしか学んでいないものにははまってしまう。音楽と芸術のより一層の雅な悠久の世界へと心が誘われてゆく。
すり足と跳躍の組み合わせでバロックダンスはステップをし、舞踏譜に合わせてフィギアを描いていく。上半身はほとんど動かず腕を少しだけクラシックバレイのように動かす。
伴奏する側の拍子はきちっとしなければステップは踏めない。早い曲が早いステップとは限らずゆっくりの曲がゆっくりのステップでもない。
バロック音楽が設計図のようだと私が昔から感じていたのはその構成からだろう。同じ部屋がいくつかあるが豪華な部屋もありしかもそれは上階にある。
平坦な宮殿の部屋で奏するが膝の曲げ伸ばしや跳躍やステップによってその高揚感は感じられる。やはりバロックは音楽ありきである。
美しい調度品のようなチェンバロ。衣装もとても素敵。
チェンバロを触らせてもらった。この感触はピアノとは全く別物でギターやお琴より繊細でその可愛らしさに感動。相変わらず田中先生の美しいバロック音楽のピアノの響きに魅了される。
今日の大きな生徒のレッスンでそのイメージからシンフォニアをレッスンすることができた。
まだまだ勉強不足な分野がピアノ教師として多くあることに冷たい春の空気がいっそうひんやり感じられた。でもそれはとても心地よいものだった。

新・心のサプリ

海原純子さんの新・心のサプリを毎日新聞のコラム欄で見つけると読むことにしている。
今日の内容は「科学者とあたま」考
寺田寅彦のエッセーについてだ。
科学者は頭が良くなければならないが頭のいい人は要するに出来すぎくんは先が読めるため失敗を恐れ軽はずみなことはしない。科学者はそれであってはならないから、物わかりの悪い朴念仁でなければならない。

さて私の生徒に物わかりの悪い朴念仁は普通にたくさんいる。だからレッスンに時間がかかるし何度も同じことを言わなければならない。
注意したことがすぐそれが出来たりすると成長したねとめちゃくちゃうれしくなる。
私自身が先生にはきっと何度も同じことを言われた口だっただろう。
先生を楽にしてくれる生徒が良い生徒ではない。先生からいろいろな引き出しを作ってレッスンさせる生徒が良い生徒なのだ。
努力のプロセスを一緒にがんばることが出来たらその中で得られたものはお互いに大きいものがある。決して頭の良い先生ではないからそこはがんばらないと。
私と生徒は結果を恐れず好奇心を持って動いていける仲間のようなものだ。

レジェンド

NHKプロフェッショナルの世界に誇るレジェンド葛西紀明を見ていた。
小さいときから天才少年だったが、決して裕福な家庭ではなく母に支えられてきたがあるとき不幸が襲い若くして最愛の母を失った。その後妹を病気で亡くす。
数々の苦悩や若手の台頭にも負けずなんと今年自らの記録を破り最年長表彰台に上がった。めげずに闘う精神がもたらすものは大きい。
悲しみにも負けない強さ。常に研究し続ける美しいフォームへの挑戦。異常なまでの負けず嫌い。まさにプロフェッショナル。
結婚して授かった新しい命を抱く葛西の写真(高い高いしてなんかもうジャンプの姿勢だったけど)。心より祝福したい。
彼の笑顔が何とも優しい。努力をし続ける人はだれかが必ず助けてくれる。
長く続けていくこと。新しいコーチや家族にまた支えられて次への挑戦を・・・
応援しています。

風邪に音楽療法

去年秋の花粉症にもかからず暖冬のせいか今年になって数日前から初めて軽い風邪をひいた。
秋の花粉症原因の植物が季節の気温が変動し今になってやってきたのかと思うぐらいの症状だが普段元気な私にとってはかなりきつい。
風邪薬を飲むと眠くなるので飲まずに鼻水をこらえマスクをしながら今日の休めない合同練習のセカンドブルームの春のボランティア演奏(白寿会)のピアノ練習をした。けっこう脳を刺激する内容で難しかった。
少し朝寝坊したのがよかったのと頂いたスヌーピーのチョコレートを食べてエネルギー補給したのがよかったのか・・朝から題名のない音楽会のギターとバイオリンのパガニーニの曲を聴いたのがよかったのか私は元気になっていた。
咳が出てのどと鼻はうっとおしいままだが気分は爽快になる。
副交感神経を刺激すると鼻は通るとテレビでしていた体操をするのがベストらしいが気分の良さは音楽療法でよくなるのではないだろうかと思うぐらいだった。
いろいろな工夫をして一番寒いこの時期をのりきらなければ春は来ない。
体は大切にと思うが休むだけではなく熱がないのならネガティブとポジティブな部分と両方治癒には必要だ。精神的な療法は案外効果的なのかもしれない。病は気から・・・。心の風邪引きさんはいませんか?病んだ心と体に音楽は精神的ビタミン剤なんだから。好きな食べ物を食べ好きな事をする・・。
そういうわけで今日の合同練習も楽しかった。コホン・・コホン。

ほめて育てる

ピティナステップの評価に2曲中1曲S評価を頂いてきた生徒たちがいた。その評価を下さったのは伊藤仁美先生。
先生の中に優しくSを存在させ生徒のために書いてくださったそのお気持ちが私はうれしかった。
ギロックの曲集を監修されていて私は先生の演奏が好きだった。
きめの細かいお話を講座でもしてくださり、美しい音色を持っていらっしゃる先生だ。子供達はもっと頑張ろうという気になるだろう。

演奏に失敗が少しあった生徒は、今日バイエルをレッスンでにこやかに演奏した。泣いていたその子も明るくレッスンに来てくれてほっとする。実はそのことが一番大切なことなのだ。
子供が明るい未来を獲得することができるためにと伊藤先生のように私も頑張らなければと生徒の良い面を評価できる先生にならなければと思う。

NHKプロフェッショナルという番組の再放送で見放された難病と闘う小児科医師の姿を見て、あきらめず挑む姿に心打たれた。3歳の女の子が無事完治し元気になる姿は私の孫と重なり思わず命の愛おしさに胸が熱くなる・・。

ピアノにあこがれて

日本にあこがれてべトナムから留学した関学大学院卒業生が日本の会社で働きながら現在に至るという女性がピアノを習いたいというので会ってみた。
その目は一生懸命で日本語はペラペラ。言葉もきれいで丁寧だった。
熱心に大学院で学んできたという姿だった。
学生の時からピアノにあこがれていたという。
まずは音符のリズム説明から。五線とピアノの音の高さとその線の関係について。5指で動くバーナムのミニブックからスタート。
右手はなんとか動くが左手が動かない。まったく零からの大人のスタートである。長くこつこつ続けるということが大切なこと。
やる気がまんまんのそのメリットが手の神経をどのように成長させ練習によって指をしなやかに動かすことができるようになるか・・・。
やはりはじめてのギロックの登場かな。

Go to top of page