スタインウェイ関西ミニホール

今日は朝から雨にも負けず大洗濯とお掃除です。

さて・・神戸にあった松尾楽器スタインウエイサロンが西宮北口のコナミの隣にあるビルに入りミニホールを併設しました。
客先が30席しかない小さなホールですがなかなかこじんまりとして落ち着いたホールです。
いつか生徒の弾きあい会で生徒たちに良いピアノを使わせてみたいと思いますがどんな様子かな。
今日はそこでギロックの元仲間でピアニストの山下さんが50歳のアニバーサリーミニコンサートを開かれたので聴きにいきました。
お嬢さんと ギロック仲間のyokoさんもご一緒でした。
ピアノを一生人生の友とし勉強を続けられている仲間たちにとても刺激を受けます。本当に素敵です。

そして終わってから兼ねてから予定されていた潮江ビートルズの芦屋のリュリュのスタジオで今年のライブ練習があるので先日のコンサートの出演のお礼がてらそちらにも足を向けました。
その後韓国料理を食べに行きその辛さもとても刺激的。
珍しくお天気は一日じゅうしとしと雨でしたね・・・。雨
10月はあっという間で・・。ショック
明日から11月なのですね。新たな気持ちで一日一日を大事にすごしたいなあと思う日なのでした。楽しい

ピアノで奏でる「音の絵本」

市民企画講座「2010にしのみや創造プロジェクト事業」
絵本の美しい言葉と音楽で感性を育む。
西宮市中央公民館のイベントとして私のグループG4が以前0歳児コンサートで行った企画「ちいさいおうち」家が環境部門で選ばれました。
11月7日(日)午後2時から3時 場所は甲東公民館で行われるので告知させてください。
11月28日(日)は越木岩公民館です。
申し込みが必要で電話は0798-67-1567です。
今回は3歳以上からが対象で大人のみ参加も可能です。

小さいうちから生のクラシック音楽を「聴く」あるいは「鑑賞する」という行為を身につけて欲しいと思います。それは大人にも必要なことで何かを感じるためにはその場に行かなければわかりません。西宮は良い環境がたくさん準備されています。
少しの時間でも割いてみてください。

一件落着

無事台風にもさらされず今日午前中に退院しました。
自分の中で何か大仕事を終えた充実感が漂います。
この1ヶ月はあっという間に過ぎていきました。
母の世話をしている中施設に任せ切りで脳の最初にMRIをとった病院で指摘されたことから致命傷でないことを確認もせず逃げてしまっていた私へのしっぺ返しが来たことは自然なことでした。
相当大変な大手術になるかと思いきや案外けろっとしている母に驚いています。
これからは週に一度ぐらいのペースで診察してもらい見守るということになりました。毎日母は病院でしたから先ほど「明日も行くの?」と電話があり苦笑しました。
私も明日また母を背負って病院に行ってしまいそうです。
習慣っておそろしい!!病院



明日退院予定

夏物の洗濯を山ほどして母のところへ義母と行きました。
明日の退院のこととこれからの予定をゴンザレス隊長と打ち合わせて帰りました。本当に感じのいい方です。
帰り道にロイヤルホームセンターである物を買いました。
そのある物とは・・・。ゴミのからすよけのネットです。
今は黄色が定番だそうです。あまりにも朝のゴミステーションが荒らされていてなんとかしなければ・・・捨て方も注意しながらもネットをかけなければ追いつかない状態です。
今日は用事を済ませやっとピアノに向かう時間が少しできました。
しばらく弾いているとだんだん頭と指がクリアーになります。
大体皆発表会の曲も本決まりになりました。
少し冒険をさせているので私が大沢親分のようにレッスンで渇を入れて泣きながら家で練習する風景もあるようです。練習さえすればできるということを身をもってわかってもらえるための発表会ですから、可能性が大いにある子供たちに本気でがんばってほしいと思っています。
5週目なのにレッスンに来させました。1年生Nちゃん楽しそうに「エンターティナー」を弾いてきました。1年生K君かれこれ1年になるから「もろびとこぞりて」がんばりましょう。

夜はバレーボールを見始めましたが劣勢なのでチャンネル変換・・・オールスター芸能界歌うま決定戦を見てラサール石井と草野仁・叶美香の歌声に感動していました。
歌の上手さは取ってつけるものではなく心から自然に出る声の美しさということがわかります。草野さん優勝おめでとう!!他にはジョイと友近・品川昭二・藤田朋子・森口博子が上手かったですね。

でもびっくり。バレーボールファイナルセットでポーランドに勝ったそうです。祝びっくり
なんでも最後まであきらめちゃだめですね。
それから台風が来てるんですー!明日は困る。それてくださいお願い強風

母復活!

今日私も少しいつもよりゆっくり朝起きて病院へ・・。
おでこと鼻に大きなガーゼをしていても意識ははっきりとしていました。
でもやはり今回の一連の入退院の流れの説明を聞きたいといってせがみます。
おでこをうったことがなんでこんなことに?というわけです。
ありゃりゃまたーー?
はいはい何度でも説明しますよ。この10日間金曜以外は病院に毎日通って守衛さんとも顔見知りになり母の手術の成功を喜んで下さったりしたぐらい皆勤賞でしたから何でもきいて!
手術後の痛みもなく食欲も普通にあります。
まるで子供が入院している母の立場になっている自分に満足で病院を後にしました。
そうそう今日からとても寒いので施設の部屋の衣類の冬支度をしてあげないといけません。
台風も近づいていますね。
まだまだ手も気も抜けない感じかなあ。嬉しい

帰りに協立病院の隣のダイエーグルメシティで義母にたこやきと五目寿司を買って帰りました。そして暗黒のテンプレートからダッシュで脱出!!おばけああ眼がぁびっくりくらくらするーーー!

無事成功しました!

バイパス手術無事成功しました。
ちょうど母の転倒が原因のおでこ打撲事件が勃発して約1ヶ月です。
普通なら冷やして治る簡単な怪我ですがなんせ年齢も82歳と高く打ち所が悪かったためおお事になってしまいました。。でもそのおかげで隠れていた病がわかり治療・完治することができたというのはラッキーなことでした。
3時間もかかったのはゴンザレス隊長曰く脳や眼が近い危険な場所なので丁寧に慎重にしたためということでした。ありがとうございます。
当初より予定していたのは1時間。ちょっと心配しました。
でも帰ってきてほっとしたのかとても元気な様子に嬉しくなりました。
心臓のどきどきがないと本人も嬉しそう。
手術前はなぜ病院に通っているかも理解できない状態でしたが、今日の話しぶりはしっかりしていてお鼻の手術をしたのねといっていました。
先生はついでに頭の手術もしたのかな?と思えるほどクリアです。
とりあえずはトンネル貫通!!がんばった母にばんざーい!祝
母に元気をもらえました\(~o~)/
そしてまた母の顔を見て訳もなく目頭が熱くなりました。
ご心配をおかけしたりお世話になった皆様に感謝しますね。
救出作戦大成功!!でも世界各国から取材の申し込みはありません。テレビ

ハル虫


みの虫ハルです。
赤ん坊ってどんな姿でも絵になるっというか・・・雪の妖精のようなハルちゃんですね。
ああー早くこの暗黒の部屋から脱出しなくちゃー!赤ちゃん

雪虫

今日は北海道は雪だそうですね。雪
北海道の作曲家池田奈生子さんからの話題で雪の季節の訪れを告げる雪虫のお話を聞きました。「ユキムシ」という響きはホタルのようなロマンチックな印象を関西に住んだことしかない私はうけるのですがアブラムシの仲間であまり歓迎されていないのだとか・・。
ネットで調べてユーチューブの画像を見ると体が白い綿のようでふわふわ浮いていて雪のように見えます。地方にしかない素敵な風物詩のおはなし。
きょうからの急な寒さに風邪をひかないように注意ですね。
そうだ次に登場するのはうちのハルムシです。\(~o~)/

いよいよ明日

よくそんな心臓でここまで長生きしてきたねと施設の人などい言われるそうです。それぐらいいい意味で悪い心臓です。
だから麻酔もかけるときは要注意です。息子とあまり変わらないぐらいの若い麻酔科の先生・・・。とにかく本当に色んな方々にお世話になって病気が治ったら素敵な笑顔で皆さんにお礼を言いましょうね。
朝1番の8時45分に母は手術を受けます。
私も病室で待機・・・。ゴンザレス隊長どうかよろしくおねがいします。

4歳児のレッスンでずっとブログに登場していたYちゃん。
半年以上かかりましたが今日ギロックのオールザウエイののぼろうけんばんができました。素直で優しい心の持ち主。できたらクリスマスのジングルベルに挑戦しようと思っています。拍手

フォト川柳


http://www.miltonmama.jp/senryu_result_2nd.html
あまり暗いのでここで明るい話題を一つ・・。拍手
ミルトンママのフォト川柳で麻美ママがハル君写真でみごと優秀賞に輝きデジタルフォトフレームをゲットしました。最優秀賞はJTB10万円の旅行券とか・・。おしかったなあ・・・。

小林愛実

午前中母の治療に付き添い休日診療は患者さんが少なくてすばやく終わりました。武庫川の水面がきらきら輝きフジ子ヘミングの「愛の夢」を聴きながらセーヌ川のほとりをドライブしているよな錯覚に・・・。おおげさだなって?・・。

午後から楽しみにしていた小林愛実ちゃんのコンサートに兵庫芸術文化センターに出かけました。以前「題名のない音楽会」で彼女の演奏を聴いてから是非実際に聴いてみたいと思っていました。
やはり他のお二人よりすばらしい演奏だと思いました。見せる魅せる〜
\(~o~)/
ショパンピアノ協奏曲第2番。美しく激しく内面的な演奏・・・。14歳とは思えない・・・というようなありきたりの表現では申し訳ないくらいです。CD買ってポスターをゲット。

夕方は息子の結婚式に使う子供のときの写真を引っ張り出して義母と語らい、夕食後は季節の衣服の入れ替えも済ませました。
今流行の断捨離をしようと思い立ったからです。
24日の明日までバザーに出す衣類のリサイクルの受付をコープ苦楽園でしているのでチャンスでした。火曜日に一度もっていったのですがまだまだありました。古着何でもOKです。明日最後の受付の日なので袋に一杯持って行きます。
充実の一日・・・夜はハル君と初風呂体験・・・。
可愛かった・・・。ちょっと泣いちゃったね。

準備OK!

今日母は施設の方々に付き添われゴンザレス隊長の診察と麻酔科の先生のお話を聴き胸のレントゲンを撮ったそうです。
万全の準備をし水曜日のトンネル工事に臨みます。
発破をかけてするのでしょうか?
それは冗談。
しかし発破をかけなければいけないのはあと2ヶ月で発表会という自覚のない生徒たち。
ここらで怒っておかないとあとからかなりしんどいのでいま仕分け作業中!!決定した曲をやってはみたものの親御さんに言っても練習が進まずレベルを落とさざるおえない派や決定した以上はなんとかがんばって最後までやり通させる派に分かれます。
できれば後者に食い込んでもらいたい。
発表会はいつもよりレベルアップして生徒たちにやればできるという実感を起こさせるチャンスであり、いいホールでよい演奏の体験をさせるというものと私は考えています。

人間が動物と違う点はその場限りに欲望につられて動くというのが動物で人間は先行きを考え今どうあるべきか考え行動するという動物とは違う優れた点を持ちえているところです。
私が日々取り組んでいることは生徒たちに人生の希望への一歩を常に踏み出せということをピアノを通じて教えていることだと思います。
あえて叱ることのある日もあり苦肉の策を練る毎日です。しょんぼり

昨日病院送り迎えの道中母が疲れているので車ではフジコへミングのピアノをいっしょに聴きました。ブラームスのハンガリー舞曲第5番を聴いてその曲が好きだといっている後部座席の母の声をきいてホッとする私。
そのほかどの曲を聴いても涙が出るほど綺麗な音。
今年の秋は特に目ランコリックで涙もろくなっている自分がいます悲しい

地層探査

病院は各科に分かれているけれど、人間の身体はひとつに繋がっています。
総合病院の良さはすべての体の内部事情を理解したうえで手術に踏み切るということ。そういう意味でとても安心です。なのですべての検査があります。
特に母の心臓は特殊なので大変です。新たなる落盤事故が起きないように地層の調査を充分に行わないといけません。
今日は採血・採尿・心電図・エコーの検査を受けました。
最後に耳鼻咽喉科の元の診察室に戻るまで1日がかり。循環器の先生はリスクがあるといいわれましたが耳鼻咽喉科の3人のうちの一人の先生は(ゴンザレス隊長はやすみ)ほっておくと今後脳に悪い影響があるかもしれないので(オーノー!と心で叫ぶ私)手術したほうがよいということでした。
しかしこの時間のかかりようは病人にとっても負担だったと思います。
朝9時から4時半まで私の病院付き添いは続きました。
お昼を食べる時間もなくコンビニでおにぎりを買い二人で食べました。
入院受付を済ませ会計を済ませ母を施設に送り家に帰ってレッスン。
やれやれ・・来週の手術が無事終わることを祈るばかりです。
明日は来年予定している池田奈生子さんコンサートの打ち合わせがあるので行けないので病院へのお世話は施設の方にお願いしました。胸のレントゲンと麻酔科の先生のお話があるそうです。こんなときこそ施設のケアマネさんの出番です。

しかし車椅子とは何と便利なものでしょう。母の足を弱めたのも車椅子ですが長生きさせるのも車椅子の便利さです。
病が完治して今年少し遅い季節のコスモスを二人で見に行く日を楽しみに来週の入退院のお世話がんばりますね。
夏日が続く今日この頃冷たい風で体力を奪われ母に風邪でもひかれないように秋子さまその調子でゆっくりと来てね。
赤や黄色に染まる最も美しい季節はまだまだって感じですね。

突貫工事

先週の水曜日に母の診療相談で兵庫医大を訪れて以来1週間です。
月曜日に簡単な手術を受けておでこのたまった膿を取り除き火曜水曜と消毒に通いました。ファイバースコープで見ると中はきれいになりましたがさてこの穴をふさいでしまうとまたそこにたまります。
やはり鼻のほうからの突貫工事が必要になり来週の水曜日に手術することになりました。慢性副鼻腔炎の根本的治療が不可欠です。

チリの掘削隊も相当な技術を必要とし、33名の尊い命を助けることができた明るいニュースの矢先・・・ちょうどそれにあやかって母の突貫工事も成功することを祈ります。
救助隊のゴンザレス隊長はカプセルに実験的に最初に乗り最後に片づけを終えカプセルに乗り込んだという熱血の神の手のような強い人。2ヶ月以上も閉じ込められて生きぬいた人より目立たないけれどこの話を聴いたときは仕事とはいえ自分が犠牲になるかもしれない可能性を乗り越えての行動に涙が出ました。

兵庫医大の耳鼻咽喉科の3名の先生方でプロジェクトを組んで今回の母の手術を請け負ってくださいます。年老いた心臓の悪い母の手術は全身麻酔で結構リスクも高いと伺いました。
でも今後よりよく生きるための手術なのでなんとか良い方向に進みますように・・。どうかゴンザレス様ーー!助けてください。耳鼻咽喉のお髭の先生がゴンザレス様に見えてきました。
それから今後とも施設の方々また主治医のK先生よろしくおねがいします。
本人は熱も出さず心臓もおちついて食欲もあり元気なところがちょっといいでしょ。大丈夫・・大丈夫・・・。「明日は何時?」と電話がかかってくるんですもの。私も毎日出勤で楽しいな。(^^ゞ明日は手術用の検査です。

ところで地底はこのハローウィンのテンプレートのように暗かったんでしょうね。
このブログももうすぐ這い上がりますよ。
皆さんそのときはチリのメンバーがかけていたような黒めがねをご用意くださいね。見る
読みにくくてすみません。(^^ゞ


いやいやバスの3ばんくん

駅前ロータリーの「3番」から出発するバスは市立病院と駅の往復が仕事だ。でも、お客は病人ばかりで辛気くさいし、車内もクスリの匂いが充満。3ばんくんはいつも不満タラタラです。3ばんくんの憧れは、窓が大きくて車体カラーも鮮やかな観光バスの1ばんくん。「いつかボクもあんな風になれたら…」と今日もボーっと走ってたらガツン!ありゃありゃ、トラックと事故ってしまいました。その晩は3ばんくんは修理工場に入院。そこで病院の有難さを知り、毎日病院へ患者さんを運ぶ仕事の重要性に気づいた彼は、あくる日から誇りを持って働くようになります。病院

息子たちが小さい頃乗り物シリーズの絵本が好きでこの本を読んであげたことがあります。
ネットで調べたらありました。可愛い3番くんのバスの絵が・・・。

最近母のことで病院で働く人びとの姿や病人やけが人のことが目に入る機会が多いです。私は元気で母の世話をできることが幸せだなあと思える日々です。
今日は兵庫医大の耳鼻科の治療を受けに車椅子の母を連れ施設の人と行きました。
外科的措置で中の膿が吸いだせるように処置してもらい明日からガーゼの取替えで毎日通院です。軽い手術なので入院はしなくてすみました。
脳に近いところなので施設のK先生は心配してくださりいろいろご配慮いただき心強かったです。
朝9時前に出てやはり午後2時ぐらいまでかかりました。
忙しさに疲れても母がよくなると思うとがんばれます。
生徒のレッスンはさらに私を元気付けてくれます。新しい生徒の5歳のNちゃんはピンクの素敵なスモッグドレスで来てくれました。
孫も息子も男子なので年中のわりに大人っぽいおしゃまな彼女にメーロメロ!!先日の紺の制服も似合うけどピンクもお似合いです。


ハローウィン

テンプレートびっくりした?
ハローウィンってよくわからないので調べたらこんな風にブログに書いてる方がいました。
キリスト教の行事だと思うととんでもないですよ。
敬虔なクリスチャンは、悪魔の日なんて恐れてる人もあるくらいです。
クリスマスもイースターも、厳密に言えばキリスト教の行事ではなく、太陽神信仰から来た土着の信仰行事です。

クリスマスも同じくハロウィン無宗教の多い日本人はイベントとして楽しんでいる人が多いわけでアメリカでは普通の会社などでもコスチュームを着て朝から出勤してくる人もいるそうです。おばけ

秋の音楽祭

秋の音楽祭という番組を見ました。歌手がいろんなジャンルを超えたアーチスト達とコラボしていました。
そのなかでファンキーモンキーベイビーというグループが映画を作っている農村の高齢者のグループとのコラボで歌っていた曲がとてもよかったと思いました。「あとひとつ」それから「ヒーロー」聞き耳を立てる
父親として家族を守り一生懸命毎日働いている姿にエールを送る歌です。
先日病院で読んだ「天使の棲むところ」という本に書かれていた言葉を思い出しました。
  満員電車の帰り道
  家族のために安定を運ぶあなたは疲れていても天使なんです。

そして米米クラブの石井竜也がコバさんのアコーディオンで歌っていたのですがその歌の上手さに感動せずにはいられませんでした。おしゃれな舞台演出にも目を奪われましたが彼の完璧な歌唱力にはかないません。
音楽って本当にすばらしい!歌ってすばらしい・・・。
紅白歌合戦にはない素敵な音楽祭でしたよ!ラブ

今日は母のところで阪神タイガースのクライマックスシリーズの試合を見ましたがふがいないです。腰が引けてます!!怒り

ジョルジュサンド

新聞などの投稿で時々ピアノ教師をしている方の記事を見つけることがあります。
同じ立場でどのようなことを考えておられるかと興味がありますが、やはり今年はショパンの生誕200年のこと。
それがきっかけでショパンの恋人ジョルジュサンドの書物に触れたということでした。影響を大きく与えたサンドはどのような女性であったか?
その作品から彼女の内面は人間として母としての優しさ・知性に満ち溢れた人物であったとか。孫娘のために書いた童話は植物や昆虫に至るまで自然への愛に満ち不思議な妖精の世界に読者を誘うと書かれていました。
あの魅力ある美しい音楽は決別の苦悩があったにせよサンドから愛されたショパンならではのものだったに違いありません。
私も明日のショパンの命日はノクターンを弾いて迎えたいと思います。
暑かった今年の10月明日の朝は冷えるようです。急な秋の訪れに注意。季節のバトタッチはもうされています。( ^^) _U~~


ハルマお宮参りの写真



先日義母とハルマに会いに行った時に麻美ちゃんからもらった写真です。
ちょうど生後4ヶ月のお宮参りの日のハルマ・・・。
今はもうそれから3週間ぐらい経ちます。
可愛いので早速お友達から頂いた写真立てに入れてダイニングに置きました。
毎日眺めて健やかに・・と祈るばかりです。
さて今日は0歳児絵本コンサート12月の冬バージョンを集まって企画しました。
ギロックのバロック音楽で奏でる「しろいうさぎとくろいうさぎ」はとてもほのぼのしとしたラブストーリー!!よい出し物ができそうです。

お昼ごろ施設のほうから電話で母の状態をお知らせいただきました。
安定しているようです。お世話になりました・・。ほっとします。
なので今日は少し私に自分の時間を与えようと家にいることにしました。
その12月に弾くギロックのワルツエチュードを練習していました。
ワルツエチュードには途中でちょっとだけドビュッシーの「月の光」のようなところがあります。そこがとても難しいのです。

ある生徒が長くかかりましたがドビュシー「月の光」月をやっとそれらしく弾けるようになりました・・それは県西高1のT君。4歳から習っています。
いつものことながらテスト前のクラブのお休みの時は練習に俄然力がはいります。今テスト期間?と何も言わなくてもすぐ私にはわかります。
本当に気持ちよさそうに弾いています。ちょこっとしたことにすぐ感動する私はもう歳かなあ。(そういえば父がそういう性格でした。父に似ているって?何事にも好奇心が強く晩年にはよく感動する姿が印象的でした。)

彼はやっと音楽のくれる力に少し気づいてきたようですね。
ギロックで育てた甲斐がありました。うふふ(^_^.)
ピアノ一つだけを習い事としクラブにいそしみ(中学は野球で現在はテニス部)塾も家庭教師もない学校のみ。親御さんの一本気に感謝!
「ピアノってめっちゃ頭使うってこのごろ感じる」とぽつりと言って楽しそうに帰ってゆく背中が優しい地球のようでまぶしかった。(ちゃんと勉強しなさいよ!と小さな声で一応叫ぶわたし。)楽しい

3つの嬉しいこと。

そんなバタバタとした母の介護生活の中でもよいこともありました。
一つ目は素敵な介護ヘルパーさんに逢えたことです。
連休から昨日まで病室で泊り込んでくださったのですがよき話し相手となりお世話も心配りも最高でした。
綺麗でセンスが良く明るい・・ものの考え方が前向き・・・。失礼ながら年齢は私よりは母に近い。人生学ぶことは多いですね。

さてもう一つ嬉しいこと。体験レッスンに可愛いお譲ちゃんが来られたことです。ピアノランドのドドドドドーナツを初めからもう弾けました。5歳にしてはしっかり理解していてピアノの鍵盤の空中に両手の指を滑らせるようなしぐさをして心は躍らせていました。即入会でニコニコと帰っていきました。夙川のほうからですが通ってくださることになりとっても嬉しいです。

最後にやはりもう一つ嬉しかったことは気になっていたチリの全員無事救出が成功したニュースです。すばらしい宝物のようなニュース。最近暗いニュースの多いなか・・・。そう思いませんか?ほんとうによかったですね嬉しい

退院しました。

一昨日の朝 一旦施設の事務所へ協立病院の先生が兵庫医大へ行ってくださいとおっしゃったと報告に行きました。
すると直接すぐに行ってください。という事務所の人が言うので資料を持って相談に兵庫医大へ・・。受け付けてもらったのが10時で診察が午後1時
延々3時間も待たされました。
冷房が効いていて体が冷えお昼に天とじうどんを食べそのあったかなおいしさに涙が出るほど感動しました。あまりにも長い待ち時間。
結果は来週の月曜日もう一度本人を連れて受診というものでした。相談料のみ5250円。
状態も見るからに元気なのでかなりの出費だから月曜日まで個室でつきそいさんというわけにいきません。また協立の先生はこれ以上の処置はできないと退院を即しました。
施設に相談すると中央病院を聞いてみますということで・・・まるでたらいまわし。心配してくださるのはいいのですが施設のほうで面倒を見切れない理由があるのかなと思いました。
母は施設の自分の部屋に帰りたがっていました。
結局施設の主治医の紹介で近所の耳鼻科で一旦受診。施設でも面倒が見れるというお墨付きをいただき退院して施設に帰りました。月曜日に受診する先生に先ほどの先生からもお声をかけてくださるということでした。
ああ 私の3時間は無駄だったような気がしました。
だれが中心に動いて治療をするのか私がどうタイミングよく動けばいいのかとても難しい問題です。施設の母なのだから〜でも私は施設は人手が足りないので手のかかる母のために迷惑もかけられずと思い動いてしまいます。
それがうまく施設と連携がかみ合わないとこちらの貴重な時間は無駄となり施設のほうにも印象を悪くしますね。
ちょっとカチンと来た一日だったのです。でも少しわかりました。
事務所ではなくケアーマネージャーに連絡すべきだったのですね。
経済的なことも恥ずかしながらお話しておきました。
大切なことですから。だって協立病院に5日で13万ちょっと支払ったんですよー!!びっくり

原因がわかりました

85歳の義母が食欲がなく元気がありません。
一番効くのはハルマの笑顔です。実母入院の着替えを施設に取りに行きがてら義母をまずは行き付けの病院に送りました。その後一緒にお弁当を買い昨日の頂き物のワッフルを持ってハルマのところへ出かけました。生ハルマを見たらちょっと元気になったかな?
その帰り実母の入院先の西宮協立脳外科病院へ・・。
連休も終わり本格的な診察をしていただき先生から結果を聴くことが出来ました。
びっくり驚きの事実がわかりました。
鼻の奥の目と目の間に膿がたまっていたのです。
それが眼にも今回のおでこのほうにも流れだして腫れていたというわけです。そういえば以前、松本脳神経外科でCTやMRIをとったときそのようなことを言われた記憶がありそのことがなおざりになっていたのです。
そのことを思い出しやっと繋がりました。母のことの一連の最近の流れ・・。なぜ眼に膿がたまるか・。施設の主治医の方や私もついていながらもう少しで手遅れにするところでした。心臓・糖尿・腎臓いろいろな持病がある母なのでそちらに気をとられていたというわけです。
明日以降大きな病院の耳鼻科で見てもらいできるだけ早く根本的治療が望まれます。まずは朝一番に私がこちらの先生の紹介状を持って行くことになりました。
兵庫医大に行く予定です。

結局転んでおでこを打ったことがかえって治療を要する持病を知ることとなり災い転じて福と成す・・・?
今日母の部屋の仏壇の父にお参りしてきました。
どうか良い方向に行きますように・・・。本人は痛みもなくいたって快調です。OK

お疲れ様〜



「地球をまもろう!リレーコンサート」にご出演の皆様。
今日はまことにお疲れ様でした。コンサートの主催者側としてお礼申し上げます。主旨に賛同して下さり会費を納め練習時間を取りステージを作り上げ聴いてくださる皆様に大きな感動を与えてくださいましたこと感謝いたします。
楽器もいろいろありました。そしてジャンルも違いました。
年齢層もさまざまで、男女の比率も半々ぐらいでした。
この連休にこんな素敵なコンサートを開かれているのも知らず渋滞に巻き込まれおでかけされていた人は次回は是非このコンサートにお出かけください。
何かお気に入りの曲やグループができるかもしれません。
山や海・・草原・・秋の行楽に出かけるより素敵な心の旅ができます。

写真は潮Bの皆さんです。
お誕生日ということもあってのりのりでしたね・・。プレゼント
逆にお客様への歌のプレゼントとなりました。
このように音楽をプレゼントにいかがですか?皆さんも歌を口ずさんでみてください。楽しい人生が広がります。そして仲間ができますよ。楽しい

帰りに母の病院に寄りました。とっても元気そうでほっとしました。\(~o~)/

のってるかい!

めっちゃ笑いました。こないだの連弾で二人とも必死すぎて大笑いしてこけそうになった。やっと楽しくなってきた。なんでそんなに笑うの?とマチコサン。真面目の真知子さんだからおかしいのよー。
それにマチコサン(高瀬さんのブログリンクしています。)のブログを見に行ったらやっぱり思わず笑いました。ええ人やなあ。
「最後のお願い」?ほんと衆議院の議員選挙みたいやん。
地球リレーコンサートはボランティアで出演者も受付をしたりとボランティア精神の塊です。自分たちの力ひとつひとつが地球を救うことに繋がります。
とてもやりがいがありますね。

随分前ですがある日ある宗教の小さな新聞がポストに入っていました。
内容はこうです。ある国で大きな山火事があったのです。それをどうしようもできず逃げ惑ってる動物達・・・。しかしその向こうにハチドリたちが池から水を吸い上げ火事に向かって飛び込んで行く姿がありました。
何もせず手をこまねいているより少しでも行動することを教えてくれているハチドリたち・・・。
私たちも行動をすることです。どんな方法でもいいではありませんか?

わたしの花粉症はこの連休このままコンサートではつらいと思い母の目医者に行きがてら見ていただこうと思いいきましたらよく効く目薬を下さりかなり改善しました。
すべて対症療法ではいけませんが常に行動ありきですね。
私はそれをモットーとしている自分に気づきました。
もっと考えて言動や行動をせよという天の声があちこちから聴こえて奇想!
リレコンリレコンってひつこいぞ!ひつこいのはきらいええかげんにして!って!?まあそうおっしゃらず・・・。
すみません冷や汗前回の寄付金75104円を超えたいーー!びっくりなせばなる!だよね。100円でも募金をしたら神様のごりやくがあるって・・うっそーほんと?どっちやのん!!

それと9日のアクセス1602でした。どういうこと?

アキアカネ

今年は秋になるのが遅く赤とんぼの別名アキアカネに出会うのも遅れているようですね。でもこんなところに2匹いましたー!花音ちゃんとくるみちゃん。
プログラム19番は小学3年の二人がベルと歌とピアノを披露するようです。
曲名は久石譲さんの旅立ち・もののけ姫・カントリーロード。

この二人のベルが綺麗な音で感心したとミルメンバー大野先生が太鼓判を押されていたので私はめっちゃ楽しみにしているのです。
私もベルの美しさはまっている一人です。
外国では秋の虫の鳴き声は雑音にしか聴こえないということが話題になっていましたがやはり日本人の情緒豊かな感性でここは聴き所です。

母のこと

2・3日前施設でお世話になっている実家の母が部屋でころんでおでこにたんこぶを作りその傷が悪化して腫れ上がりました。
もともと歩くのが嫌い。
足元が弱く心臓病の持病から安静にしていることでさらに歩かない習慣がつき事故に繋がります。母の様子は私にこれからの生き方を提言してくれているようでした。
昨日協立脳外科病院に入院することになり昨晩は私が泊り込みました。病院
痛みを感じなくなっているのでこれもいいような悪いようなです。
施設の所長さんやヘルパーさんつきそうのかたの心遣いが身にしみました。
病気でも怪我をしていてもとにかく生きていてほしいというのが私の願いです。
今日の朝パンをおいしそうに食べている姿を見てちょっとほっとしました。
一日遅かったら病院の小さなつきそいベッドでほとんど眠れずじまいでコンサートに突入というところでしたがなんとか今日は家で少し休養をとれそうです。
明日はがんばります。皆さん少しでも足をお運びくださいね。
募金箱へのお心使いもちょっぴりよろしくお願いします。(^_^)/~

ピアノ独奏

3名のご紹介です。
8番  82歳の男性ピアニスト
    なんとベートベン「悲愴」第1楽章。
22番 いつもボランティアをご一緒しているKさん
    なんとショパンのノクターンop48−1
    
27番 私とピアノクラブ結成中3受験生S君(たまたま同じ名前)
    カルロス ジョビンのボサノバ ウェーブ
    ショパン 作曲 軍隊ポロネーズ


先日新響楽器に行くとピアノが新しくなり舞台の天井には反響板が取り付けられていました。このホールは小ぶりながらなかなかよい響きなので皆さまお聴きののがしなく・・・。\(~o~)/





                 
    

ジャズメドレー

14番は星野さんスタンダードジャズメドレー!
3曲つなぎです、メモリーズオブユー・SING SING SING・I God Rhythm

音楽はジャズ・クラシックまたはいろいろな楽器のアンサンブルのグループなどジャンルの違いを超えて楽しむものだと思います。
それぞれの思いを思い切りステージで発揮してくださいね。

エッセイ「たたむ」

地球コンサート20番

美しい文章でつづられたエッセイの朗読です。
むくげの花は綺麗にたたんで落ちていくことから人生もそうありたいという内容のエッセイ。樹喜は喜寿を迎えた長年の友人同士のグループで今回初めての発表です。
ほのぼのとしたオカリナの音色と共にお楽しみください。
ミルメンバーakkoさんが感動しお勧めの作品です。

マンマミーア

24番は音大で音楽療法勉強中の元生徒Nちゃん
西宮少年少女合唱弾のメンバーのお友達と歌います。
グループ名は夢見るように愛らしくという意味でtraumend amabileです*

曲は
・I Have a Dream
・Mamma Mia
・S.O.S.
・Take a Chance on Me
・Thank You for the Music
・Dancing Queen
メドレーです><♪

水田理香フューチャリング荻田

みなさま、こんにちは
私達は、二児の母であり、ママDUOの水田、萩田と申します
家事に、子育てに、そして、地域のお仕事に邁進しながらも、天使のような可憐な心を育みたいと、日々、音楽活動に勤しんでおります[天使]
これからも、頑張っていきたいと思っておりますので、よろしく、お願い致します

以上はご本人たちからのメッセージ\(~o~)/
素敵なグループですね。
こちらもとっても楽しみです。
聞き耳を立てる

ツキトホシトザウザブカ

私たちは、技術ありきで出会った仲間ではありません。不思議な縁で結ばれた五人です。
今回、コンサートをきっかけに、ツキトホシトザウザブカを結成しました。
地球リレーコンサートと聞き、最初に頭に浮かんだこの曲を、一生懸命練習し、その課程と、そこに生まれる楽しみや、感動を共有することが私たちの喜びです。そして、それをこれからの未来に繋げたい、そんな思いで参加します。


to UのUは、『あなた』でもあり、『ユニバース、地球』という意味でもあります。

ぜひ歌詞をよく聞いてみてください。

皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

以上は地球コンサートの29番のツキトホシトザウザブカのグループの皆さんからのメッセージです。
こちらこそ楽しみにしています よろしくおねがいします!拍手ときめき

今日のボランティア

先月予定が入り行けなかったボランティアに今日は行ってきました。
神戸中央病院緩和ケア病棟のサロンは重症の患者さんが多くなかなかサロンまで出て来れない状態なのですが今日はたまたまベッドのままの方や車椅子の患者さんが看護婦さんに連れられてこられていました。
なんとショパンの曲に耳を傾けた後ギロックの軽やかな曲を弾く私の演奏にベッドから手拍子をして聞いてくださった患者さんがおられたのでびっくりしました。
ずいぶん具合が悪そうで横に娘さんがつき動きにくい体制の中楽しそうにぴったりリズムが合うのはよほど音楽好きとお見受けしました。
そのときの私の目に熱くこみ上げるものは花粉症の涙ばかりではなかったかと思います。
初めての体験でした。本当に嬉しかったです。


サロンには人を癒すために詩集がおかれています。
坂村真民さんという詩人をご存知ですか?
         まごころ
     天地を貫くのはまごころ
     地球を包むのもまごころ
     世界を平和にするのもまごころ
     救い難い人を救うのもまごころ
     こころはころころするが 
     まがつくともう万里一条鉄
     びくともしない
     どんなことでもふしぎによくなる

まごころは差別をなくし憎悪を消し
光のようにすべてを照らし
愛に満ち熱い涙で抱いてくれる
ああ宇宙を美しくするのはまごころ
            まことのこころ

患者さんから真心と元気をもらえた素敵な一日でした。\(~o~)/

素直になれなくて

デヴィッド・フォスターの「素直になれなくて」を弾いてくれる大人の生徒のNさんはこの題名に反して今までの生徒の中でもピカイチ素直でがんばりやさんな生徒の一人です。20代で忙しい会社勤めをしながら時間をつくって練習を重ねました。
生徒が素直だと私のレッスンの引き出しの中の奥のそのまた奥の方に入ってきてくれて楽しい時間を共有しています。
ピアノを習うことで少しでも生活が豊かになるならちょっとした苦労もなんのその・・という姿勢は絶対将来のため自分磨きになり未来を明るいものにしてくれます。
センチメンタルワルツは私の大好きな一曲・・どうぞよろしくお願いします。ときめき

スコットランド民謡による変奏曲

6番のピアノは親子で出演です。
お母さんのNさんは大人の生徒として習いに来られて一昨年も出演されました。
彼女は曲選びが上手でこの曲もすばらしく情緒があります。民謡というのは懐かしい感じで心の奥に染み入りますね。変奏曲なので曲と曲の間の取り方が難しい。
グリンカは初めて真のロシア的音楽をつくったといわれますが本当にあたたかみのある美しい曲です。毎回聴かせていただきながら感動していました。
主題がどのよう変化してゆくかが聴き所で、まるでオーケストラの音楽を聴いているようです。
お嬢さんAちゃんはギロックです。ギロックのバロック音楽を丁寧にかっこよく演奏してくださいね。
親子で2010年記念のコンサート出演です。

潮江ビートルズ

地球コンサートの26番に出演の潮江ビートルズは1970年に尼崎東高校のギター部の二人がコンビを結成。尼崎の地元の地名から名前をつけその名前で40年。ドラムスが参加しバンドとしての形ができもう一人1973年ギターが参加し4名として確立される。
その後各種コンサートや学園祭に活躍。2年後に活動停止となるものの継続的に各自が活動を続け2008年東校同窓会に再結成し年2回の定期ライブその他宴会でパフォーマンスを繰り広げている。初期はオリジナルも多く現在はビートルズを中心にCCRやGSナンバーを得意としてる。
演奏予定曲は「ノーウエアーマン(ひとりぼっちのあいつ)」「ディスボイ(こいつ)」「雨をみたか?」その他
11月13日JR塚本駅前のハウリンバーでライブ予定!
お楽しみに!!!?

幻想即興曲

23番のピアノ独奏は私がユンディリーの演奏会で知り合って生徒として習いに来られたM譲です。
日本人でピアノ好きな人でショパンの幻想即興曲を知らない人はいないくらい親しまれています。
手始めに何か曲を弾いてきてくださいといったらこの曲を弾いてきてくれました。自由に子供の時弾かせてくれた先生のおかげですね。時間がたち23歳の大人になってもこのぐらい弾けたらいいですね。
練習曲やハノンよりも弾きたい曲を弾く。そんな感じでしょうか。
驚きの私の顔をよそに一週間前まで彼女は建築家の先生についてイタリアに旅をしてきました。最初は音に弾かれていたと言う感じでしたがだんだんと形になってきました。
社会人でしたがこれからは公務員目指して勉強をやり直すそう。
バイタリティあふれる演奏を期待してくださいね。目のきらきらした可愛い人です。

ウィスパーエンジェル

おはようございます。今日は最高の秋晴れですね晴れ。また昨日から今朝のニュースでノーベル化学賞を二人も日本人が受賞し本当に晴れやかな気持ちで一杯ですね。祝
さてあと4日となってしまいましたが時間のある限り毎日私の生活も含めこれから少しの間地球リレーコンサートにご出演下さるグループのご紹介をさせていただくことにしました。
まずはミルフィーユに続きプログラム2番目のグループでウィスパーエンジェルさん。
名前をはじめてお聞きしましたとき何て素敵な名前だろうと思ったことを覚えています。ミルメンバーH先生中心に2005年結成され、普段も姉妹のように仲良く支えあっていてトーンチャイムとコーラスでご出演されます。今回ミルフィーユの仲間達コンサート(元祖地球コンサート)から含め3回目です。ギターやハーモニカ 朗読 声楽などそれぞれに大活躍。来春結成5周年記念コンサートを予定されています。
トーンチャイムという楽器の不思議で美しい響きの音色が天使の囁きとのことでグループ名にされたとか。さすがH先生らしくセンスの輝きがここにも現れていますね。
今までもその名のとおり本当に心にしみる素直で美しい音楽を演奏されています。拍手
がんばってください!楽しみにしていますね。\(~o~)/
皆様 秋のさわやかな休日の朝トーンチャイムの美しい響きをご堪能ください。

アイネクライネナハトムジーク

モーツァルトはオーストリアのザルツブルクに生まれウィーンで亡くなってます。セレナード第13番「アイネクライネナハトムジーク」とも呼ばれるこの曲は1787年8月10日にウィーンで作曲されてます。 モーツァルト31歳の時の作品。
この曲がはじめて出版されたのは1827年ドイツのアントレ出版というところからでモーツァルトの死後36年後のことでさらにこの曲が有名になったのは19世紀終わりごろです。
「アイネクライネナハトムジーク」はドイツ語でアイネ(Eine)は女性形の不定冠詞でクライネ(kleine)は「小さな」の意味の形容詞kleinの女性形ナハト(Nacht)は「夜」ムジーク(Musik)は「音楽」という意味で「小さな夜の曲」という意味で日本では「小夜曲」と訳されます。
「アイネクライネナハトムジーク」というタイトルはモーツァルト自身がつけてます。

以上は検索したものですが・・・
この音楽を聴いたことがないという人も少ないでしょう。テレビのCMでよく流れていますね。
地球コンサートではこれをミルメンバーで6手連弾!
そして他のグループでミュージックベルでします。これはかなり難しかった。今日やっと完璧にできました。めっちゃ楽しい。
がんばります。楽しい

そらべあ

北極に住むホッキョクグマの兄弟"そら"と"べあ"はとても悲しいのです。

地球が温まったことで氷の大地が裂け、
いつも一緒にいた大好きなお母さんと
離ればなれになってしまったのです。
もう、お母さんの姿はどこにも見つかりません。

泣きやまない"そら"を前に"べあ"は決意しました。
行く手にどんな厳しい自然環境が待ちかまえていようとも、
必ずお母さんを見つけ出そうと。

でも、"べあ"は知っていました。
地球が温まって氷の大地が溶け続けるのは、
自分だけの力ではどうにも出来ないことも...。

以上はそらべあのサイトより。
地球温暖化を防ぐためには、一人の力だけではどうにもなりません。地球に住む、すべての人の理解と協力が必要です。

そらべあのお話をご存知の方も多いと思います。
地球をまもろう!リレーコンサート2010は森林を守るための寄付金を募るチャリティーコンサートです。
会費の余剰金などみんなで集めた寄付金は毎日新聞「あすを植えるMyMaiTree募金」に寄付します。
地球温暖化を防ぐには一人ひとりの力が大切です。出演者も聴きに来られた人もその一人ひとりの心が集まって大切な地球を救えるかもしれない。
音楽は一人では奏でられません。そのハーモニーこそが人と人をつなげ大きな原動力となるのです。拍手
自然を守ろう地球をまもろう 人類の明るい未来を守ろう!!

モーツァルト名曲メドレー・リレー

二人じゃ絶対弾けない無礼講リレー連弾です。
3人以上23人まで出場可能。地球リレーコンサートの一番目のプログラムの最後はモーツァルト名曲のメドレーをミルフィーユ6人が順番にぐるぐる連弾してゆきます。
春畑セロリさんが編曲した楽譜でとてもよくできています。
キャーキャーワーワーいいながらの普段の練習はとても大変で楽しいものでした。
とにかくリレーですからバトンをうまく次の人にわたさなければならないんです。そのつなぎのところが聴かせどころです。
お墓で眠るモーツァルトも大笑いして聞いていることでしょう。
発表会でも充分練習すれば生徒たちにも使えそうですね。
最後は打楽器も入れて元気にフィニッシュ。拍手
全部で珠玉の22曲が入っています。是非見に来てくださいね。

瀬戸内国際芸術祭2010

先日四国の宇和島に住む姉から電話があり、瀬戸内国際芸術祭に行ってきたといいます。
7月19日から10月31日まで開催されていてとてもよかったからと勧めてくれました。
外国に行かなくても日本にもたくさんよいところがあるようですね。
HPを見てみましたら瀬戸内の7つの島が自然あふれる地のりを生かしイベントを開催しています。
特に男木島などは美しく日本のドブロブニクのようです。
空の青さは都会と比べて透明感がありきっと空気もおいしいことでしょう。
義母が夏の疲れを訴えます。
少し時間に余裕ができたら連れて行ってあげようかしら・・・。
あまり遠くにはもう行きたがりません。
まずは地球をまもろう!リレーコンサートが終わってからです。

花粉症

あっという間に5日ぐらいたちもう10月になってしまいました。
ドブにはまってドブロクを飲んでいたわけではありませーーん。
やはりやって来ました花粉症。
秋のこの時期必ず訪れる私にとってやっかいなお客様です。さわやかないい季節だというのに最悪です。でも最近は少し軽くなって来ました。暑さが残ってるからかしら。今日も暑い一日でした。
今週も忙しかったです。金曜の晩はぐったりかな。
いっぱい書きたいことはあるのに・・・。
まあこの1週間も地球をまもろうコンサートの練習と準備そして生徒のレッスンに忙しいです。

今日フジコヘミングのお母さんからレッスンを受けた様子がテレビでありましたがすごく厳しくてびっくりしました。
あんなことしたらピアノを普通なら大きらいになるはず。
神から享受された才能はほめて育てることをしなくても開花するのですね。
もって生まれたものだから・・・。
特別ですね。びっくり

Go to top of page