0歳から家族で楽しむコンサート

「きょだいな きょだいな」という音の絵本のコンサートの第2回目が今日行われた。
30数組の家族が訪れてくれて今日も大盛況だった。お手伝いのスタッフの皆さまお疲れ様です。私達G4がスム−ズに動けるのも周りの方々のおかげです。
子供たちやママのにこやかな笑顔や歌声にやっぱりやってよかったと思えるのです。灼熱の地獄晴れのような暑さの中無事終われたこと・・・自分の体力の限界への挑戦のようなこの先週末から今日・・・。
いやいやお疲れ様です。
気の力に感謝して・・・。オリンピックというこの時期元気の湧いてくるこの時期・・・メダル獲得のニュースに涙が出そうになる。
がんばれ日本・・がんばれ私。ジョギング

ピアニカワークショップ

29日の日曜日奈良学園前の駅から5分ほどのところのアートサロン「空」でピアニカのワークショップが行われた。
4月から経験者とはいえ習って3カ月程度でいきなりピアソラの「ナイトクラブ1960」を先生と吹くことになり、半ば冗談だと思っていたが現実のものとなってしまった。なかなか練習時間が取れないまま本番となり、焦りと他のこととのかねあいの時間などのなかで無理やり練習したがなんとか無事終了。
新しい仲間ができたことを嬉しく思った。
とにかく楽しかったのである。松田昌さんのお弟子さんや他のピアニカ好きの仲間と出会いその奥深さを堪能した。
学園前までは電車が上手くいけば約1時間半だが帰りは阪神電車を利用した。
一本で阪神今津まで帰ってこれる。
なんと荷物のある身には助かったことか・・・。いつものピアニカやバスピアニカや楽譜立てで相当な重さだったから・・・。帰って義母と食事をし息子たちの鈴蘭台の夏祭りの帰りを待ちその後家まで送り届けた。
帰りは疲れたが明日の用意がありまだもう一日の本番に気は抜けなかった。
でもそれぐらい集中することがないとこの暑さに熱中症になりそうな私でした。
ピアニカ

なやみ

アイアイパークにて今日7月のアフタヌーンコンサートに出演した折に朗読した文章です。

なやみ       詩 国沢たまき

けしのつぼみよ
けしのつぼみよ

どうしてそんなに うなだれる
雨になみだをながしたり

風にもいやいやしたりして
なにをそんなになやんでいるの

いっしょに空をながめよう
明日のひかりがもえてるよ

ほら
かおを上げて見てごらん

「見上げてごらん夜の星を」のピアノの前に朗読を入れ最後にお客さまと歌うという新しい試みをした。
心がホッとして暑い夏の夜空に私達の想いが届いたような気がした。暑いなか聴いてくださり口ずさんでくださった皆さまありがとうございます。

五色ヶ原の森

あまりにも暑いので涼しげな写真アップしますね。
taki5  
taki4  taki3    taki2 

taki1

祝男女サッカー初戦制す

今日FM宝塚に出演し「地球を守ろうリレーコンサート」の宣伝をしてきた。
母から心臓がどきどき・・という恒例の電話があり施設のケアーを頼み帰りに寄ることに。
予定のハル達とでかける約束に間に合わないので結局3時ごろに訪れた。
ハルと約束というのは「上ヶ原レールフェアー」といって関学の学生会館で模型のゲージを電車が走るという彼にとっては最高の大好きなイベントがあったからだ。
楽しい時間を過ごし母のところに行くとけろっとしていつもの作業に参加していた。ハルの大きくなった姿に大喜びの母。
義母もハルの顔を見ると夏の暑さを忘れたように元気に食が進む。
ハルがまだ口が遅いながら「うまい!」といってヘレカツを食べた姿に感動。
家まで送っていくと帰着は夜9時半ごろになった。
サッカーを見るつもりでいたらしばらくテレビの前で横になって眠ってしまった。
1点を入れたということが薄耳に聴こえてきたが、まあスペインに勝つのは無理だろうというこちらの油断をよそになんと最後までそのまま持ちこたえた。
最後の15分のまたロスタイムの4分の長かったこと。
ああ日本のサッカーもここまで来たかという感じです。目がさめた・・(^_-)-☆。サッカー

ハクサンイチゲ

高山植物というものは目だたなくて地味である!
でも高貴なイメージ!
はくさんいちげ

komakusa

これはコマクサ。下界ではお目にかかれない可憐さでしょ!

乗鞍岳畳平

標高2702m、乗鞍スカイラインの最高地点にあり、夏の一瞬の間だけ見事なお花畑に変わる畳平。7月〜8月上旬にかけては、小さくて真っ白な花びらのハクサンイチゲという高山植物が咲き誇る。

たたみだいら
ガスッていた!禁煙なのに誰がすったの?
うまい座布団何枚?久々に出たね(^_-)-☆

ゴーヤ初なり!

トレッキングから帰ったらなんとゴーヤがなっているじゃありませんか!
2つあったよ・・。あはは(^◇^)
ゴーヤ

「0歳から家族で楽しむコンサート」が西宮市文化祭で西宮中央公民館でも10月14日に行われることになった。今日もG4は30日に向け集まりビデオチェックと反省会と練習。少しでも良いものを届けたい気持ちがある。

脳トレッキング

ただいま・・・(^_-)-☆。夏が本格化する前に無事脳トレッキングをしてきた。俗に言う山ガール?せっかく購入した高価なトレッキングシューズは2回目の日の目を見る。
ところでトレッキングとは脳と肺に酸素を送り込むのにちょうどよい有酸素運動だ。
場所は飛騨高山の五色ヶ原の森。クラブツーリズム1泊「バス旅行」
本格登山愛好家には少しもの足りないと思うが私にはちょうどよい。1年のウオーキングの成果を出すことができ、信州の美しい景色に日常生活で鈍りがちな五感を研ぎ澄ますことができた。一日目は残念なことに乗鞍の畳平で霧雨の中歩き二日目は抜群のお天気のコンディションの状態で森の中を散策。日頃の行いが良いのか悪いのか・・・取りあえずディズニーランドなどに行くよりは絶対楽しかったと思える。
ぬかるみが多く足場を確保することに集中しなければならず、景色も見ながらからだの重心をとり絶好の脳トレッキングとなったはずだ。
綺麗な写意をアップするのでお楽しみに・・・。カメラ

体験レッスン申し込み

7月20日にHPから体験レッスンのお申込みメールを頂いた中根様。お返事を送りましたが戻ってきます。
もう一度メールアドレスを間違えないように・・・また電話番号などもご一緒にお願いします。

ヘブンリーブルー

朝起きたらびっくり!!
ヘブンリーブルーがもう咲いていたからだ。通常は暑い時期は咲かず11月ごろに咲く。この花がたくさん咲くと本当に涼しげで感動したことがきっかけとなり園芸に力を入れた時期がある。この中心にある光のような部分を見ていると天国にいるような気がする。
今年の気候は少し変なんだなあ。
朝から実母の兵庫医大通院に車を走らせた。
目が充血しているというので耳鼻科の岡先生が眼科に掛け合ってくださった。
鼻のほうはすこぶる調子がいいのだが皮肉なもの。家に帰ったのは2時前だった。ピアニカ教室の先生が特別に見てくださるので西北の教室にお昼を食べる間もなく飛び込んだ。3時過ぎからレッスンでその後外はひどい雨が降ったようだだった。
息つく間もない金曜日だがウォーキングはさぼれない。
明後日はトレッキングに出かける予定だから・・・。
ヘブンリーブルー

西宮市文化祭

先日の「0歳から家族で楽しむコンサート」が11月3日鳴尾公民館にて西宮の文化祭の演目として再演されることが決まりました。
今回見に来れなかった人で阪神沿線の方々は是非お越しください。
また詳しくは市報やチラシでご覧ください。
先日の写真を大公開します。今回最高の90%アンケート回収率を果たしました。
zerosaiおとのえほん0saikara

六甲枝垂れ

これが新しい施設。2年前にできたという。
「六甲山頂に立つ大きな木」がコンセプト。2枚目は中から空を見上げた時の写真。3枚目は六甲ガーデンテラスの食事。
しだれなかからランチ

六甲の薔薇

花の中ではやはり薔薇が好き!!
もう盛りは過ぎているが六甲山カンツリーハウスの薔薇園に足を運んだ。
さすがに涼しい風が都会の雑念を忘れさせる。連休明けの人の少なさも心を落ち着かせてくれた。
我が家から30分ほどで着き知らないうちに新しい施設も生まれていた。
その中に入ると天然のクーラーだ。檜でできていてちょっとした異空間。紫陽花は最盛期を迎えている。「英国のバラフェアー」をやっていて薔薇のアロマオイルを買い求めた。
akaibara

母からの贈り物

今日通ってくる生徒の共通点はよく練習をしてくるということだ。
背景にはお母さんの理解と協力がある。
最近のピアノ事情は幼稚園から小学3年までがポイントとなる。
その間にたくさんの曲に出会い譜読みに強くなり耳を鍛えておくことが必須条件なのだ。
進みが早いとその曲数も多くなり、さらに余裕が出て楽しくなってくる。
そしてそのやる気が指を鍛え長時間の練習する忍耐につながる。ハードな面ソフトな面どちらも大切なのである。家庭での支えはカギとなる。
幼稚園の年長Mちゃんはママとともにビデオを見てしっかり練習してくるのでピアノのタッチがとてもよくなってきた。脱力がテーマだが、練習をすることが苦にならなければ自然に力が抜けていい音になる。
それに加え歌を練習させているので耳もよくなり音程もよくなってきた。
初めは堅い音でどうすれば力が抜けるかという課題があったが呼吸をすることを覚えたようだ。30分以上この固さではレッスンが不可能と思っていたが歌うことで柔軟な音楽になり来月から時間を1時間に変えてみることにした。
子育てとは健康管理以上に良い耳ととそのほかの五感を育てることである。
O姉妹一年生と四年生ママもそのことを深く理解してくれている。
最後に来るS親子もかなり熱心だ。今日も教師魂が炸裂した。(^_-)-☆

昨日のこと

0歳時コンサートでお城の舞曲を弾く際にそういう雰囲気のある写真をパネルに張って見せるということになり、画像を探していた。
素敵なイラストをみつけたのでここに張らせてもらいたい。
私はヨーロッパの古城が大好きで時間さえあればBSのヨーロッパ紀行を見ている。バロックダンスの時代に一瞬いざなわれてしまう。
おしろ
そんな折ドアフォンが鳴った。
突然お母さんと小学1年の女の子がやってきたのだ。「先生のことをお聞きして・・・。」
元生徒のお母さんと知り合いで来られたという。私はねじり鉢巻きスッピンジーンズ姿。まあ普段の私を見ていただけたのでそのうえで8月から来ることになった。家にピアノがありお引っ越しで遠くなった先生からこちらに変わるという。
「ピアノは好き?」と聞くと「あんまり・・・」
あらま・・。お母さんにご協力をお願いし長くかかるけれどとても素敵な曲をたくさんしましょうとお話をした。
1年生でブルグミュラーをするとき急に難しいところがあるので要注意だ。
生徒が離れそうになりながらも日常生活でピアノがなんらかの生活の役目になっていることにきづく我が教室の生徒たち。
先生が常に楽しんで追求する姿を見せてゆけば自ずとついてくるようになる。

0歳から家族で楽しむコンサート

街にはさまざまな音楽が流れている。
私達が拠点としている西宮北口には利便性があり、若い子育て世代が集いやすい場所であるようだ。今日は朝からこの夏最高気温となった。
小さい子供たちはあの後大丈夫たっだだろうか?
赤ちゃんを含め100名近くのお客様が集まってくださった。
今日は日曜日でイクメンパパの参加も多い。今回の6作品目は「きょだいなきょだいな」という絵本でギロックの音楽をつけている。
大型絵本を借りてきたので今までよりは良く見えて良かったっと思う。
あったとさあったとさという始まり・・こどもが100人やってきて・・・
いろんな幻想的な場面がありそこに巨大な物体があらわれ・・・
小さな子どもたちはぬいぐるみの世界がとても好きだがこのような夢の世界も大好きだ。
大人にも喜ばれそうな絵本だった。
私達が提供してゆくものが今の時代に即応しているかどうかはわからない。
しかし出来るだけ厳選した楽しいものを提供したいという気持ちはきっと伝わったに違いない。
ルロイのワルツィングキャットでダンスを踊っていた親子がいたというのには嬉しい限りだ。
実はやっている私達が一番楽しんでいるのだから・・・。(^_-)-☆
もっともっと何ができるか・・・。考える余地がある。

命の大切さ

明日の「O歳時から家族で楽しむコンサート」への申し込みがキャンセル待ちが出るほどの盛況ぶりで対応にも心が弾む。
怒涛のように時が流れ滝壺にはまりそうになりながら、準備も大体のところ終え後は印刷関係だった。
朝ゆっくりと新聞に目を通していると我が家は毎日新聞で「さあこれからだ」という鎌田實氏の記事に心がゆれた。
イスラエルとパレスチナへの取材記事である。
パレスチナ難民キャンプでイスラエル人に打ち殺された12歳の少年の心臓がイスラエル人の女の子を救ったという話を絵本にして出版した鎌田氏の話である。
少年の父親が息子を失った悲しみを横に置いて、病気で苦しむ子供を助けたいという気高い行動を行ったことについて・・・。
結果的にイスラエル人を救うことになっただけと言ってしまえばおしまいである。この二つの国の関係は御承知のとおりで敵と味方。
イスラエルは恵まれていてパレスチナは生活水準が低い。その中でこういうパターンとなる。全く父親が知らなかったことではなかっただろう。
19歳になる少女は元気になり看護師の勉強を始める。
これを美談として受け止めるのではなく鎌田氏は平和に向けて小さなきっかけとなるよう絵本を出した。

ところで最近の滋賀県における中学校のいじめの実態ほどひどいことはない。教師が見て見ぬふりをするこの国の学校の実態こそメスを入れ命の大切さを説いていかなければならない。日本という平和国家に恥ずべきこと。
授業においてもそのような絵本の内容を取り入れるべきであり、勉強を教えることだけでなくそれが本当の教育というものではないだろうか。

雨の日のふんすい

ギロックは水にまつわる曲はたくさん作曲している。
地球を、まもろうコンサート!に出演してくれることになった小学4年Aちゃんがドビュッシーの小組曲の連弾とギロックの「雨の日のふんすい」を練習し始めている。この曲は右手の上を左手が飛んでいき交差してその流れをつかむまでは少しテクニックが必要だ。でもピアノの好きな子なら飛びついて来る。
Aちゃんはセンスが抜群で譜読みも早い。
一度注意したことは次にはほとんど直してくるし練習が熱心だ。理解力が早い。
育てがいのある生徒たちが出てきてくれて私は教師冥利に尽きることがある。
1つ言うと2つも3つもわかってくれる。
性格が素直なことが本当に重要な要素である。
この曲は左手の強化にとても効果的だ。
ブルグミュラーのつばめという曲と似ているが音楽に彩りがありかっこいい。
素敵なステージを期待しているね。
じめじめした雨の季節に虹がかかったようだ・・・。ラブ

七夕コンサート

tanabata

8日は毎年恒例になっているホットスペース潮見での七夕コンサートが終わり記念写真をパチリ!!
お天気も上々で初めて見る楽器プサルターの演奏があった。
バイオリンのように弓で演奏するが小型で自分の方に弦の面を向けて演奏する。
衣装はまるでスイスの民族衣装のようで可愛い。私も着てみたいかも・・・。
地球上ではいろんな楽器があることを再認識する。
宮沢賢治の紙芝居やミュージックベルの演奏・・・
私達のミルフィーユピアノアンサンブルは星や空に関する魅惑の曲たちの演奏。
願い事は「これからも素敵な人々に出会い勉強を重ねてゆくことができますように・・」かな?
笹の葉に短冊を飾りました。

ぎっくり腰

mitarasi植木鉢を持ち上げた途端まずいと思った。玄関にお庭から移動させようとして手だけで持ち上げた感があった。「ぎくっ」軽いぎっくり腰痛が起きた。次の日にも続き金曜の朝は「0歳から家族で楽しむコンサート」の練習があったが調子は今一つだった。困った。明日のピアニカ教室にはいけないかもしれない。
私のためにわざわざ時間を別にとってくださり準備していただいているのに・・・。
夜少し横になっていたら義母の「早くお風呂に入ったら}という声が聴こえた。
しぶしぶ湯船につかったらなんとこれがとても快適なのだ。
あまりにも気持ちよくて何度もつかった。浮遊感が痛みを軽減してくれて完全に次の日には復活していた。
うそのように元気になった。
ピアニカ教室の帰り姉の会社が出店してる柑橘王国の姪たちの奮闘ぶりを見に梅田の三越伊勢丹に寄った。何か差し入れをしてあげるというとこのみたらし団子がいいという。写真の「浪芳庵」のみたらしだんごはたれが美味しい。少し酸味があって・・・。
もちろん柑橘王国のゼリーもおいしいです。明日は七夕コンサート。

スタミナ弁当

obenntou
息つく時間がないというほど忙しくはないけれどもっと忙しいのはミルフィーユの星野先生。御両親の介護とともに生徒の人数も多く仕事も量が多い。
今週の日曜日に七夕コンサートを芦屋の潮見でするのでその練習でお宅まで出向いていく私のために美味しいお弁当を明月記から取ってくださった。有名な料理屋さんのお弁当はやり違う。
「星に願いを」「トゥナイト」「ノクターン」3曲の連弾を3時間みっちり練習した。ここのところ相手の音を全身で聴いて合わせる機会が多いのでかなりスタミナを使う。
でもこのお弁当のおかげで栄養満点・・・。
夜もタンパク質はちょっと多いぐらい食べた。食は命なり。この夏はしっかり健康に留意しようと思う。
皆さんも梅雨明けの準備はいいですか?
そしてもうすぐ七夕。あなたの願い事はなあに?ラブ

7月がスタート

いよいよ7月がスタートした。去年のような暑さは梅雨空になりを潜めていてまだ過ごしやすい。でも頭の中のキャパシティが小さくなっているというのに毎年忙しさが増していて困る。なのでまだ暑くならず動きやすいので助かっている。

まずは1日雨の中を中津の練習場まで出掛ける。同窓会バンドの練習で3時間の汗。それなりの向上に満足はしたが3時間休みなくキーボードを弾き続け脳がやられてしまった。個人練習とは違うむずかしさがある。夕方帰るとハルがお迎えをしてくれてほっとする。
一緒にご飯を食べ家まで送っていった。

2日AKKOさん宅でピアソビ練習会。池田さんのコンサートを秋にするのでいろいろと曲目を考える。帰宅後レッスン。夕方7時からは何十年ぶりのテニス。

3日は朝から土砂降りの中京都へ・・・。
日本ギロック協会の会長安田裕子先生がカナダから帰国し、京都で講座を開かれたのでその聴講に伺った。
その時先生の講座に何か異変が起きたような気がする。それはたくさんギロックを演奏してくださったということだ。本当にうれしかった。いつもならお話がほとんどだったのだが、良く勉強されていて自信に満ち溢れた演奏というべきか・・・。もちろんそうでなければ講座は成り立たないがなぜそうなったかはその演奏からうかがい知れる。それは聴いたものの耳にしか感じられないことであろう。自分の感じた音楽を人のために演奏するのではなく自分のために納得いくまで弾き続けることだと。さわやかな感動いっぱいの講座だった。若かりし頃とは違う濃密な演奏というか。
笑顔の先生に御挨拶をして帰宅するとレッスンに良い影響があったのはいうまでもない・・・。

4日テニスの疲れがやはり一日後にでて悔しい。年齢のせいかな?これはエアーサロンパスはばかにできないぞ。直後のケアーやストレッチも充分にしなければならない。ハルが「いたいよいたいよー」まだしゃべれないハルがころんで良くいう言葉を真似したい気分。
疲れや身体のいたるところに生じる痛み・・でもこれは生きてる証拠でしょ?・・・などと自分に言い聞かせているがさて続くのかなあ!(^_-)-☆
4日の今日コナミのエステでマッサージをしてもらうことに。
すると「地球をまもろうリレーコンサート2012」が7月10日市政ニュースに出ることなったと連絡があり、なんとなく痛みが軽くなった(*^^)v

Go to top of page