8月バイバイ

常夏の国が地球上にあり多くの民族がその土地で生きているのだが私は遠慮しておく・・・絶対。
猛暑の8月元気でいられたのが不思議なくらいだ。今日はついに大きめのタオルハンカチを腰にぶらさげ大工さんのように動き回っていた。
朝一で夙川の歯医者さんへ行く。詰め物がとれて神様がそろそろ自分の体のケアーをしなさいといったのか・・・。大嫌いな歯医者さんへ行くはめになった。
父からの代の歯医者さんは母のことを気にしてくれていて、私の個人的なことも話せるぐらいの先生でとてもたよりになる。私は久しぶりだった。食事は命にかかわることで歯はとても大事なのだ。
行かなければと思っていた矢先だったので今日は午前中の予定を歯医者さんにし帰りにチラシを公民館に配った。午後から義母と外食。その後すぐに美容院へ。その足で新響楽器に寄り控室のことで打ち合わせ。
帰ってから5週目でも夏休みのその日のしか来れない生徒のためのレッスンまで甲陽園のコープへ。
レッスンを終え食事の支度。
夜は明日のピアニカの練習。

タイムテーブルのブログになってしまって・・でも私の中をかけぬけた8月の最後にふさわしい一日だった。
美容院から帰ったら家の前で散歩に出かけるデュランに遭遇!!犬
よっ 元気そうだね デユラン!
デュラン

ゴーヤてんこ盛り

tennkomori
かわいい!!!でしょ?
一つ一つの大きさは小さいけれど一人前の形ですーー!

はじめてのクラシック

「地球をまもろう・・・」のミルフィーユの打ち合わせが清荒神のH先生お宅であったので甲東園駅に向かってダッシュした。
朝からなかなかの良い運動になる。チラシの塊は重いのでやはり宅配で送っておいてよかったなあと思った。便利な世の中に感謝・・・。なんせ1000枚近くあるのだから・・・。
お昼を御馳走になり早々に大阪に向かった。
1カ月ほど前に生徒たちと連弾で演奏する曲目がオーケストラのプログラムにある夏休み特別企画中高生に向けての「はじめてのクラシック」というコンサートチケットを新聞で知り手に入れていた。私の一度聴いてみたかった小林研一郎さんの指揮だったのでなおさら楽しみにしていた。
生徒親子とも向こうで落ち合うことになっていた。
会場の大阪国際会議場は初めて行くところ。リーガロイヤルホテルのバスに乗ろうとすると大ぜいの人だかり。
ついに午後2時ぎりぎり会場へ・・。多くの学生たちが飛び込んでいた。
相当人数の入る会場だ。実は料金は1000円。気軽にクラシックを聴ける企画である。三菱商事の協賛。やってくださいますねえ。
後ろの方だったがドビュッシー「小組曲」がオーケストラの生で聴けて嬉しかった。最後の「ボレロ」は本当に鳥肌が立った。きたきたきたーーって感じ。
印象派のことも三枝さんのお話が面白く大学の講義のようであり一般の人にもよくわかる説明だった。今日も忙しく楽しい一日。
帰ってすぐレッスンをしたが小3T君が伸び率90パーセントというぐらい調子がよかったのはなぜ?本当に驚いた。
前回のなかなか進まないレッスンとは別人だ。しかも一週間ほとんど昨日までキャンプに出掛けていて疲れているはずなのに。
私の運気上昇中?待ってあげる力が教師にはやはり必要なのだなあ。
先日バーベキュー帰り昔の生徒の発表会を見に行きその子たちの成長を見ることができ気分よく電車に乗って帰った後次の日前日夜9時か10時ごろ阪急電車が人身事故で止まっって帰れない人続出という話を知った。
私は何も知らず無事帰れたのだった。なんととてもラッキーなことが続く・・・。(^_-)-☆
そうだセンチュリー交響楽団の存亡が危ういようなことが言われていたが、素晴らしい演奏なので是非聴きに行ってあげてほしい。
これからもクラシック音楽を広める原動力となっていってほしい。

ようやく秋を呼ぶ風が・・・

朝ゴーヤに水をやろうと外に出るとようやく秋の風を感じた。
涼しいというのではなく感触なのだ。一つ一つこの一カ月ほど地球を守ろうリレーコンサートの準備委員会は力を入れてきた結果ようやくプログラムも完成し宣伝用のチラシも出来上がった。(リンクしています)
昨日は夏のBBQ(元アトランタさん宅)で同窓会のメンバーが集った。暑過ぎてナメクジみたいになっちゃったけれど美味しいしなぜかとても楽しかった。
これから1ヶ月間はいろんなところにチラシをまきたいと思っていたら彼がお隣の西宮の元市役所の重鎮を紹介くださった。そして奥様からの御親戚の所属する友の会に配ってくださることに・・・。
本当にありがたい。広報活動になぜ力を入れたいと思ったのか・・・。
それにはこの会の趣旨に賛同していただき出演料を自分たちが払ってまで時間や労力はもとより遠くから駆けつけてくださる仲間たちに心からエールをおくりたいからだ。
そして東北の方々に皆のその心を届けたい。
友人のO先生の娘さんが送ってくださった写真には1年5カ月たってもまだ何も復興が整っていない石巻の爪痕が残っていた。
あまりの惨状に涙が出る。

何かをしよう


何かをしよう
みんなの人のためになる
何かをしよう
良く考えたら自分の体に合った
何かがあるはずだ
弱い人には弱いなりに
老いた人には老いたなりに
何かがある筈だ
生かされ生きている恩返しに
小さいことでもいい
自分にできるものをさがして
何かをしよう
1年草でも
あんなに美しい花をつけて
終わってゆくではないか
               坂村真民

東北を元気にしたい!

今年10月8日に行われる「地球を守ろう!リレーコンサート2012」は今年は東北に向けて寄付金を集めることにしていた。たくさんのお客様に来ていただきたいとチラシに載せる写真を探していたらなんとミルフィーユメンバーのO先生の娘さんが現地で撮ってきた女川町のひまわりの写真を提供してくださった。
ボランティア精神のあるO先生の娘さん。現地に出て行っての活動お疲れさま。
私達はこちらから応援することにしますね。
himawari

悲しい知らせ

猛暑の夏悲しい知らせがテレビから流れた。
泣き崩れるご家族の姿。邦人女性ジャーナリスト山本美香さんの突然の悲報に私の心は打ちひしがれている。彼女は雲仙普賢岳の取材を通じて世界で困っている人々を助けたいと取材に出かける。内戦のシリアの危険さは知っていたはずなのに命を惜しまぬ無謀な行動をなぜ・・・。毎日新聞の記事の写真から心の美しい人であることがうかがわれた。
大学院のジャーナリストの講師として最後に残したメッセージ・・・「社会にはさまざまな考え、職業、立場の人たちがいます。メディアの世界に身を置くと、力を持っていると勘違いすることがあります。高みから物事を見るのではなく、思いやりのある、優しい人になってください。」
戦争・・・・このような人を奪っていいものだろうか。
何が悲惨と言うべきか・・・。何の罪もない人々の命を奪うことだ。
美しくすがすがしい彼女の写真を表情を戦場にいるとは思えないこのほほ笑みを私は絶対に忘れない。悲しい御冥福をお祈りします。
この夏オリンピックであまり戦争のことを報道機関が取り上げなかったことを自分の死で知らせたあなた・・・。どうぞ安らかに・・・。

ヨガ

今日はコナミに行って人気のヨガをのぞいてみた。
呼吸を整え身体のリンパの流れを良くする中高年にとってはなくてはならないエクササイズだ。
ねじったり簡単なストレッチだが結構帰って来てから腰が痛くなってしまった。
最後に世界に一つしかない自分の身体を大切に・・・美しいインストラクターの優しい言葉に本当にそうだとほだされてしまう。
ヨガは心もケアーしてくれるようだ。
この写真は今朝のゴーヤの収穫です。ヨガをして曲がっているわけではない。自然にできたもの・・・。かわいーときめき手のひらサイズ!!
goya

うふ!上の写真のイルカちゃんみたいな形!!とにかく夏休み自由研究
さながらの出来ばえに不思議で仕方がない。ゴーヤちゃんを毎日ではあきるので今日は夏野菜のカレーを作った。トマトを丸ごとスライス・なす・シメジなどたっぷり野菜のカレーは食欲のない義母も美味しそうに食べてくれた。あーよかった。(^_-)-☆そうだ 研究家としてはゴーヤをカレーに入れても美味しいかもね。どう思う?

ゴーヤ料理研究家!

だれでも夏簡単に作れる作物。そして栄養価も高く無農薬で無添加。
日よけになる。見た目かわいいー!?
昨日作った料理はほおば味噌に絡めてスライスしたゴーヤを炒めあま辛く味をつけスライスしたハムととろけるチーズを載せホイルで焼いたもの。
ワインにもビーにも良く合う。
あまりにがみを気にせず湯がいたり塩でもんだりせずとも好い。
料理は簡単がよい。にがうりの油との相性は抜群だ。豆腐を入れたりすると水っぽくなるので注意。
近所の奥さんにゴーヤジュースを教えてもらった。ゴーヤ、バニラアイス、パイナップル、バナナ、少しの水と氷。適宜入れてジューサーにかける。
一度試してみる価値あり。
あと1カ月ほどは猛暑だからなんとか乗り切りたいですよね・・・。
g-ya

プリンセスミチコ

昨日時習堂の帰り箕面駅から梅田へ向かう途中の空は電車の中からも驚くほどのゲリラ豪雨だった。よーたんと別れた矢先のことだ。梅田では一歩も外に面した道は歩けないほどの様子だった。日傘しかない。
地下道をとおって毎日新聞ビルのピアニカ教室に向かった。
モグラのようだが不思議なくらい一度もぬれずに済んだ。
帰ってみると悲しいかなゴーヤが2階のベランダからネットが外れて落っこちてきていた。メッチャショック・・・。しかしあきらめず今日は100均でネットを購入し修理し復活。あーよかった。
その横でふと見るとこの数日つぼみをたくさんつけていた薔薇が満開状態となっている。
以前購入して植えこんだプリンセスミチコだ。新しい葉っぱとつぼみがこの暑い夏を乗り越えて咲いてくれていたのだ。
義母と毎日水やりをして育てた甲斐があった。
素敵な色でしょ?
bara

時習堂

jisyuudou
箕面に有名な滝があることは周知のところだが、お友達の箕面のヨウコさんに今日は素敵なスポットへ案内してもらった。
その場所には私の大好きな詩人の坂村真民さんの詩や肖像画やその他の苦労して成功を収めた方々の言葉などが写真とともに展示されている。
論語塾が奥にあった。
一片の詩を紹介しよう。
「今」

      大切なのは
       かつてでもなく
        これからでもない
        一呼吸
        一呼吸の
        今である

「石の声」

        しっかりしろ
        しんみん
        そううしろから
        声をかけるのがいる
        ふりむくと
        何万年も
        ひとところに
        じっとしている
        石だった

母の眼

小学2年生で太平洋戦争。4年生は戦局が厳しくなり学業そっちのけで防火訓練や防空壕堀。上級の学校に行くも学徒動員で学校はこう場となりミシンで兵隊さんの服を縫う。・・・我が家の炎上そして広島 長崎 8月15日敗戦の日を迎える。その後の半年ばかりを学生らしく過ごした。
先のブログに書いたコラムの筆者は残り少ない人生の平穏をねがうばかりだ。としめっくっている。同じような学生時代を母も送ってきたに違いない。
 
今日の眼科はお盆明けでとても混んでいた。それはいつものことだが母の眼は確実に綺麗になっていた。
私のできることはたまに病院につきそうことだけだ。
でもそのことが母をリラックスさせていることはわかる。
待合室で母に話したことは私が父に心から感謝しているということ。子煩悩だが厳しい父だった。いま生きている喜びは音楽の中にある私。私達が常に思春期で反抗してあまり熱心でなかったピアノを辞めず続けさせここまで来れたのは熱心な父のサポートからであった。
人間味のある人で人の心に寄り添うことを教えられたのも父からのような気がする。
夫婦喧嘩をよくしていたがその父が愛した母を私は守らなければならない。<(`^´)>それが私から父への感謝の気持ちなのだ。

レインボーハウス

阪神大震災で私も西宮で被災しいろいろな方から多くの支援を頂いた。
そのことへの感謝の気持ちが今回地球をまもろうチャリティーコンサートの東日本大震災への寄付につながっていると言える。
あしなが育英会という組織が1999年に日本初の遺児ケアのための施設「レインボーハウス」を作った。ハウスには遺児が悲しみをはきだしたり同じ体験を持つもの同士が安心して語り合ったりできる部屋がある。
東日本大震災で親を亡くした子供は155人。片親を亡くした子はその数倍とも言える。あしなが育英会は遺児のケアー活動の拠点として「東北レインボーハウス」を建設する計画だ。13年3月の完成を目指す。建設費は30億円を見込んでいる。

たまたまチャリティコンサートにお客さんが一人でも多く来ていただくためにはどこにお願いしたらよいかとない頭をひねらせていた。
震災の資料を探すため昔の新聞の切り抜きを見ていた。2011年の5月30日の新聞の中の”遺児が心を明かせる場を”という内容の記事の切り抜きをみつけた。グッドタイミングと思ったが実は私の母が83歳で毎日新聞の女の気持ちという欄に「昭和の日」というコラムが載っていて筆者が83歳なので母の青春時代のことのように思えた記事をたまたま切り抜いていただけだったと思う。
その横に書かれていたのが偶然震災のレインボーハウスについての記事だった。
なんだか驚いた。去年のそのころにはまだレインボーハウスに寄付するとは決めていなかったからだ。
しかしチャリティー3回目の今回は特に力が入るのだ。可愛い子供たちの不幸な出来事に心が痛んでしかたがない。
よしこれを当日大きく展示させていただこう。
また東北では、ケアの対象を大人にも広げる考えだ。疲弊する大人のケアがないと弱い立場の子供にしわ寄せがいくことが分かってきたのだそうだ。
今日はさくらFMにかけあった。
明日は兵庫県阪神南県民局へ頼んでみようと思う。(*^^)v
演奏はしなくても多くの人が賛同していただき募金してこのイベントに参加していただきたいと思う。心を一つにして東北を元気にしてゆかなければ・・・。
中間部ブレイクタイムに流す「明日に帰ろう」という徳永英明の東北に対する応援歌CDをネットで購入したのが届いた。これはリズム感があり本当に元気になる曲だ。
購入すれば一部募金となる。(^_-)-☆

夏こそ延びる!

地球を守ろうリレーコンサートに出演するAちゃんが夏休みの家族の予定でレッスンを休んでいた。
困ったなと思いお盆もレッスンを決行した。
今日のレッスンでギロックの「雨の日のふんすい」を弾いてくれた。
4年生には結構難しいレベルである。
涙が出た。美しい水の命が描かれていたからだ。
音楽好きの彼女の心が映し出されたいた。
涙もろい私に優しい心を届けてくれたAちゃんありがとう。
これからの成長が楽しみだ。
良いコンサートになるよう祈るばかり。
宝塚FMの代表の方からもう一度出演依頼を頂いた。震災孤児のため寄付金を募りコンサート形式で組織作りをしている私達に応援の声が上がったのだ。
子供たちの身のまわりに起こる一つ一つのことが成長の原点になると信じている。
私達のわずかな募金でも役立ててくださる組織レインボーハウスに少しでもお金を送りたい気持ちでいっぱいだ。ラブ

フェアリージャパン

お盆で息子たちが帰って来ていた。
オリンピックで相当こちらは熱くなっていても2泊3日の彼らの帰省は受け入れ態勢万全であった。日頃のペースをスローダウンしてギアーチェンジしなければならないがそれも年に数回家族のためならしかたのないこと。より熱い日々であった。
息子家族とお墓参りの梯子をして夕方から映画を見に行くと言ってハルを預かった。親がいなくても平気なハルは病気もせず元気だが少し自我が芽生えやりにくくなっている。母を見舞った帰りにミニコープで買い物に行った際一人前のお菓子をほしがる子供に成長していた。おおあまばあちゃん軍団はつい買ってしまう。
子育て支援も甘やかし放題にならぬよう神経を注ぐのに一苦労・・・。
いまでこそ私は自分の息子の時とは違う子育ての解放感に酔いしれているが、息子夫婦がいまから本当に私の時代とは違う子育てを楽しんでいる姿を見てうらやましい限りである。

ふとテレビに目を向けるとすばらしい日本のフェアリージャパンが舞っていた。
振付がまず物を言うのだがその芸術性がほとばしり出る外国勢に見入ってしまった。華が舞っているという表現でしか表せないような美しさだ。
優雅でのびやかで見ていて本当に気持ちがよい。日本チームの実力も上がり今年の日本オリンピックのレベルが上がっていることがこのようなところからもわかる。
日本が元気のないこの時期選手団の皆さんに心からお疲れさまとエールを送りたい気持ちだ。
今年の異常な暑さをしのげたのはあなた方のおかげです。でしょ皆さんはいかが?拍手ラブ

祝!日本女子バレー銅メダル

団体競技の花女子サッカーや女子バレーは本当に見ていておもしろい・・。
28年ぶりの銅メダル獲得おめでとう!
今年のオリンピックは女子の活躍が目だつ・・。
それはイクメンが増えたのと同じで背後で男子が女子を支えているからだと思う。コーチが旦那だったりパパが育児をしていたり。お父さんが娘の活躍を願ったり。
とにかく家族の支えがカギとなる。
試合に直接でず目立たないがデータを徹夜で処理して戦略を練るコーチの労力や影で料理で支える栄養士などの功績をたたえなければ今後の日本のスポーツ界も成長は難しいだろう。
すばらしいチームを作るカギは結束力だ。
それを考えさせられる今回のオリンピックのメダルラッシュの結果であった。やたら根性や気合そして血を吐くほどの練習だけではだめなのだ。
政治とて同じこと。日本の結束力で外交も突き進まなければならない。グッド

祝なでしこジャパン銀メダル

初めてのオリンピック女子サッカーメダル獲得おめでとう!!
朝4時に起きたらもう始まっていた。
早い時間での失点・・・。なでしこの立ち上がりはアメリカよりも遅かった。
後半に入るまで結局0点に終わり後半でさらに追加点。あきらめ無度が走ったがそこはなでしこ。流れはアメリカかと思った瞬間大儀見のシュートが決まった。
もう少し早く1ッ点目が取れていれば試合の流れは日本に来たと思う。
さすがサッカー女子王国アメリカは強かった。
しかし日本も対当に張り合える実力があることは確かだ。そのことが何よりもうれしい。アメリカも不況の影響で何人も所属チームがないにもかかわらずその影響を見せないのにはすごさがある。アメリカがいたからこそ日本もここまで成長できたのだ。何事も少し身の丈より少し上を狙ってゆくことの大切さを教えてくれた。女子力・・・日本の女子力に乾杯!拍手祝OK

ぼくもがんばってる!

omaru
今ぼくが何を頑張ってるって?
今日曾おばあちゃんとkeikoバーバの二人が家に来て西松屋に行ったよ。
するといくつもどれがいい?てきくからこれにきめたよ。
乗り物だと思ったんだけど・・・。新幹線のシールを張ってもらって楽しいな。
でもまだどうして遊ぶのかよくわからないよ。でもこの夏がチャンスだって。出来たら金メダルもらえるかな?

僕はこの秋おにいちゃんになるってこともよくわからない。
おしゃべりもまだできないよ。
でもパパからママの携帯に着信が入ったらその音楽でパパってすぐわかるよ。
曾おばあちゃんとよく手をつないで歩くよ。ぼくが介護してあげてるんだって・・。keikoバーバはそう言ってた。
そのことが曾おばあちゃんは「かわいいかわいい」と帰ってから何度も言うって。ぼくってそんなに可愛い?男

明暗分ける・・

これは偶然ではない。男女のサッカーの試合結果は知っての通り・・・。
勝利の女神がほほ笑んだとかではなく理由があった。
まず女子は一度フランスに負けているのでとことんその反省と次への防御を十分に考えた。その前に佐々木監督の配慮で移動する疲労を避けている。
特にディフェンスがしっかりとしていて特にキーパーの福元選手の功績は大きい。あの時PKで入れられなかったのは相手に相当なプレッシャーがあったからだ。澤の調子もよかった。そして宮間選手の正確なキック。27本も打たれたシュートの猛攻撃に耐えられたのは多くの準備があったからだ。
ワールドカップの王者として負けられない意地がある。
対照的に男子はあきらかに身体が重かった。スペインやエジプトの勝利に湧き冷静さを欠いた。メキシコの動きが明らかに良く同じ条件下でなぜ自分たちのサッカーができなかったか・・理由をしっかり見極めこれからの課題としていや3位決定戦に向けて生かしてほしい。

結果のみにこだわるのではなく試合に臨む姿勢や経緯などを細かく分析し照準をしっかりあて次回のオリンピックで躍進のドラマを見たいと思う。
悔し涙をばねにし絶対に無駄にしてはいけない・・・。サッカー

祝サッカー男女ベスト4

私は最近目の前のことに自分の行動をやっと起こしている状態で、それもだんだん時間がかかるようになっている。
予定時間に間に合わないことも・・・。
サッカーは3つも4つも先の攻撃を読みチームで一丸とならなければならない。切り替えは素早くしなければならないし、無駄な動きは疲れるのであまり大げさにならず瞬時に的確な判断が必要となる。
スポーツ選手はある意味天才なのだ。
たまたまオリンピック選手はスポーツだが芸術などをやらせたとしても、ひとかどの物になれるに違いないと思う。
「耐える」これが強さに通じる共通した言葉でもあろう。
なんでも良い。積み上げてゆくことこそが人生だ。
自分と相性の良いものを見つけ努力して花を咲かせる。
まだまだだと思える自分がいたら成功なのだ。親としてそういうことを教えてあげられなかったことに悔いは残るが今からでも息子たちや孫たちそして他者にも応援のエールを送りたい。
サッカー界がその躍進ぶりを私達に見せてくれたことに感謝して・・・。拍手

アベック金メダルなどと叫びたい気持ちを抑え厚かましくそんな大きな期待はぐっと抑え横において今はその結果を静かに待ちたい気持ちだOK

ロンドンオリンピック

日本の体操界や水泳陣またテニスの錦織、バドミントンのフジカキペア。
こちらの夏の暑さを吹き飛ばすほどの強さがある。
競泳の映像は特に涼やかだ。どれも室内でするスポーツだからなのかもしれない。美しく鍛えられた体と何よりもすばらしいのは外人勢にも劣らない精神面だ。
体操の団体での失敗の多さはアレっと思うが調子が良すぎてアンバランスになりああいう事態になるらしい。それほど万全の準備をしてきた。力がありあまってああいったことになる。それをコントロールする力を持つことの難しさは何となくわかる気がする。大舞台での挑戦はその強さが不可欠である。
内村航平選手おめでとう!
べスト8進出して惜しくも敗れた錦織圭選手は見ていてとてもいい試合だった。世界ランク5位の相手と互角の戦いで勝利した時の気持ちよかったこと。
バトミントンフジカキペアはラッキーな面もあったが最後まで自分たちを見失わず仲良くやり遂げた。気の合った仲間に出会えるってこれって最高のことだものね。
熱いドラマはまだこれから華僑に入ってゆく。(^_-)-☆ジョギング
今からナデシコジャパンです。サッカーがんばれ日本!

母の病院に・・・。

暑い時も寒い時も関係なく病院は混んでいる。
今日は兵庫医大の眼科に予約していた。
前回検査してもらうため耳鼻科の後にみてもらった結果をきくためだ。やはり以前のお薬しか効かないということが分かり、点滴に使う薬を母の眼用に調整してくださった。心臓がどきどきして具合が悪いから眼科よりも内科だとさけぶ母をしり目に待合室で2時間ほど待った。もうこんなに待たされるならもう来ないという母はいつのまにか心臓のドキドキを忘れていた。
娘が病院に付き添いで認知症の母を連れてきているというパターンが多い待合室で、「いったい何の検査なの?」と半ば怒り口調で言っている横で娘さんらしき人が苦笑していた。つい目があってお互いにっこり。
どこもいっしょやなあ。
お疲れ様です・・・。
ため息が出そうになるけれど自分の手で介護ができる日々があるのは幸せだ。
遠くに住んでいたり私が不健康なら出来ないこと。
お昼御飯を食べる時間もなく2時ごろに施設にたどり着いた。
病院に行ったり介護施設に時折足を運ぶ機会に恵まれることは自分の近い将来のためにも良い勉強になる。病院

コストコ

昨日、お友達に誘われて遊び感覚でコストコに行った。
初めて行ったがまるで倉庫のようだ。アウトドア用品などは安い。
ピザが美味しいというのでマンゴージュースとともに買い求めた。
ハルのところに近いので寄って帰った。ピザは若夫婦の大好物。
家に帰ってレッスンに来る子たちにジュースを飲んでんもらたり、ピザをあげたりと楽しい一日。
フードコートでの飲み放題コカコーラや手づくりホットドックも楽しかった。
下調べをしてほしいものを安く買うこれからの若い世代でいっぱい。
一押しはお水らしい。確かに安いです。
ジュースピザ

ゴーヤ料理しました

自分の作ったゴーヤおいしいー!
自分が苗から育てていきなりゴーヤがどーやっと出現するのを見た時の感動は花を咲かせた時以上のものがある。
中のわたを取り除きスライスして豚ばら肉と甘辛く炒め煮にする。油と相性がいい。それほど苦みにえぐさがないので十分白いご飯のおかずにもビールにもあう。野菜で健康食・自給自足なのでただ・・・ときたら水やりや少々の農作業もお茶の子さいさいだ。
さて気になるのは庭の草達・・・。いつやっつけようかと思案中!
ごおやりょうり

Go to top of page