2013.04.30 Tuesday

妖精みたい!

ピティナのコンクールを受ける5年生Aちゃんのレッスンが今日あった。
今日はテクニックに重点を置くレッスンだった。左手の練習が足りない。左手がゴールデンウイークに入っちゃってるね。右手との差は歴然としていることを実感した。とにかく素直に心を開いてレッスンについてくる彼女はレッスンでもあまり話をしない。でも今日はレッスンがおわって庭のほうに二人で目をやりエンジェルスイヤリングのかわいさに話題が行った。
かわいいでしょう?というと「妖精みたい」と言ってくれた。
いままで私が話しかけなかったのが原因だ。妖精といえばカスキの「妖精の・・ほとり」という美しい曲がある。それを思い出し私が好きなら絶対彼女も好きのような気がして話してみた。やってみたいという・・・。
ようやく心が打ち解けたような気がしてうれしかった。4年ぐらいになるだろうか。
私が子供の時にはやったことのないようなかわいい曲や不思議な曲に出会えて彼女の心と私の心は時代や年齢を超えて音楽で結びつくことができる。
本当に良い生徒と出会えて幸せなことだ。

| keiko | - | 23:59 | comments(0) | - |

2013.04.30 Tuesday

昭和の日

ゴールデンウイークに年末の大掃除が出来なかったところを是非しようと思っていた。その一つにお庭も入る。
その庭を覘くと薔薇が咲き始めていた。もう一方の薔薇はせっかく咲き始めようとしていた花のつぼみを昨晩丸かじりされている。犯人の正体はスパイダーマンのようなチビ青虫だった。悔しい(>_<)
雑草が増えると虫も多くなりこれではいけないとここでまた一念発起!!
草抜きを実行。午前中でほぼ半分・・・お天気も良いので汗をかくほどだった。
もうだめ疲れたと思いきや昼食をはさんで夕方ついに終了。
ペール袋45Lに4つの草や葉っぱ入りの袋ができあがった。
義母も少し加勢してくれて高齢者事業団のおばさん達二人分だねと褒めてくれた。どちらにしてもまた生えてくる。でもこのすっきり感には代えられない。
人間とは新しい空気を吸いエネルギーを取り込み行動をして生きていくのだがその後佩きだした排気ガスやごみの処理などをきっちりするとさらにそこに何かが生まれてくるのだ。あたりまえ体操!!
心の掃除にもなるのだから一石二鳥!おそうじ本舗のコマーシャルのようになぜこんなにすがすがしい気持ちになるのだろう・・・人に頼んだらダメ・・自分でしなくちゃ・・・。時間がないというのは逃げ言葉・・・。
昨日義母は句会のために外出がおっくうでひ孫と遊んでいたほうが楽しかったらしい。こちらが孫におもりをしてもらっているとゆうことのようだ。
二人で昨日来ていた孫たちの話をして過ごした。
庭のエンジェルイヤリングは彩ちゃんに着せてやりたいようなバレリーナの衣装のように可愛い。
あやちゃんもうすぐ6ケ月エンジェルスイヤリング

| keiko | - | 00:15 | comments(0) | - |

2013.04.27 Saturday

あっという間に一週間

日曜日に市場へ出かけ糸と針を買ってきた・・・。テュラテュラテュラ・・・
なんて歌っているうちに一週間が過ぎていき・・・。

実は家の片づけをしていました。
楽譜や資料で家のスペースはどんどんふさがれどうしようもなくなっていた。
一念発起!!
しかしレッスンや予定があると夜な夜なしなければならなくなりこちらへ書き込む時間がない。

おかげで少しすっきりし、心も考え方も変わってきた。
堺のサンスクエア堺はすばらしいホールでとても良い経験になり、6か月ぶりに突然その前の日に来阪していた姉もともに行き勉強になったという感想だった。
姉からその後ピアノ連弾をしたいから楽譜を送ってとのこと。なんだかうれしくなる。
音楽関係ではない仕事に就き時間を拘束されている姉はこれからの人生の楽しみを音楽で過ごしたいとのこと。私は少し方向性の違ってしまった姉に遠慮がちだったが、そういわれては協力していずれ何十年ぶりのアンサンブルも夢ではないと心が踊る。
姉は最近舅を見送り長男の嫁として会社を取り仕切り重責を全うした。一人遠く離れて3人の子育てをしその苦労は私が知る由もないが今回の姿は人間として一回りもそれ以上も大きくなった感じがした。
いつも明るさを忘れず人にやさしく立ち向かう姿は生き生きしていて尊敬の念に堪えない。私の誇りでもある。
父が私たちを愛しどんな局面にも負けない強い意志を芸術を通して教えてくれたことに感謝したい。母にも然り・・。子育てというのは大事業なのだ。
次の日火曜日一緒にハルたちに会いに行った。その後夜は片づけを続けながら水曜はお友達との食事会。木曜日は施設の母の病院。26日はpiasobiの練習。今日27日は中級着物着方教室の振り替えレッスンででかけた。相変わらずめまぐるしい。着物は少し忘れかけていたことが思い出され初級よりは艶やかに・・・。とにかく続けよう。

ざっとこんな具合である。
午前中はそのように動き回り午後からのレッスンでは多くのことを感じる。
どうしても生徒自身に理解をしてもらえるようその時のシンパシーが尋常ではない。少し興奮気味でその日にブログに書かなければ忘れてしまう。
昔とは変わってきたレッスン内容に自分でもびっくりしている・・・。自分でも成長していると感じる。
先日の堺の発表会の先生のようにすばらしい生徒を輩出していきたい。
そういう想いがはちきれそうなのだ。(*^^)v
2台のピアノ

| keiko | - | 22:34 | comments(1) | - |

2013.04.20 Saturday

阪神劇的快勝

カワスポ見ています。
なんと0:45から眠いー
でも3対3でテレビの放送が終わりネットで調べると勝っていたのでどんな風に勝ったのか見たくてカワスポを見たらなんと福留のさよなら満塁ホームラン!
それもポールにあたって入っていて12回延長の末だったから甲子園はわきに沸いていた。すばらしい!!
今年はこの調子でがんばれー
タイガースに正直言って興味なくなりかけていたんやけどなあ(*^^)v
薄情なやつ!

| keiko | - | 00:49 | comments(0) | - |

2013.04.18 Thursday

中級着物講座

初級は夢中になってついていき続けて通えることになった中級の着物講座に今日は梅田のオフィスタワーにある「いち瑠」梅田校に行った。
あまり忘れてしまわないうちに通いたかったが、申し込みの多い中午前中のこのクラスに入れたことはラッキーだった。
中級クラスの人気講師S先生はてきぱきとしていて感じがよかった。中級は初級で習うことの上により綺麗に着ることを目的としやはり初級でやめてしまわず続けよかったと思う。
今日の着物のフィット感は自分なりに満足・・。とても細かく教えてくれるので初級とは違う良さがある。
あと2か月半近くがんばりまた新しい自分を発見したい。
落ちこぼれて1月2月はやめたくなった時もあった。でも乗り越えて次に進もうとしている自分をほめたい。
またまたがんばれ自分!!


| keiko | - | 23:59 | comments(0) | - |

2013.04.17 Wednesday

ピアノ音楽の美しさ

今日は21日JR堺市駅近くのサンスクエア堺でKさんの友人のピアノ発表会で「ブエノスアイレスの春」を2台のピアノで演奏させていただくことになりその最後の練習が池田のKさん宅であった。
毎回とても練習をして初めての録音から見違えるようによくなって行くKさん。
その姿勢に私もついていこうとしている。
きびきびした感じを出すためにはテンポ感が必要だ。若いユーチューブにある速いテンポの演奏者にはほど遠い。しかしグルーブ感は出せる。お互いの呼吸を合わせ2人三脚のように進む。そしてピアソラは特に落とし所がある。
タンゴのリズムは淡々とクールにしかもたたみかける。
Kさんの中間部の美しい音を掻き消さないよう注意が大切。

車で往復の間にショパンのノクターンのCDを聴いた。心が解けるような美しい音色。
サックスもチェロもフルートもバイオリンもギターも好きだがやはり一番美しいのはピアノ。
それに勝てるのは人間の声ぐらいかもしれないなどどピアノと出会えたことに心から感謝するばかりだ。ラブ

現代は音楽大学に入って勉強する人が少ないと聞く。しかし伝道師としてやはり大学で専門に勉強をして世にそれを伝えていく人が少なくなるのは困ったことだなあと思う。
しみじみとこの美しいピアノ音楽を愛し伝えていく人が途絶えないことを祈るばかりだ。それには心の栄養を大切と考える世の中の風潮が必要である。

写真は今日御馳走になったからーいタイカレー(めっちゃおいしい)と隣に転がっていた親指ピアノ(Thumb Piano )なかなか可愛い音がする。
rannchisannbopiano

| keiko | - | 23:52 | comments(0) | - |

2013.04.17 Wednesday

楽譜が読めるということ

楽譜を本を読むようにすらすらと読めたらどんなに楽しいかを知ってほしい。
中学までに初見で大体の曲のイメージが出来るようになり手もそこそこ動けるようになっておくとよいと思う。
中学1年生になったYちゃんはレッスンに来るなり学校でもらった合唱コンで使うだろうピカピカのソング集を開いて見せてくれた。歓迎会の時に歌ってくれた歌を自分も歌ったり弾いたりしたいというのだ。合唱の盛んな中学だ。
小学校の時は伸び悩みほんとうに忙しくてあまり練習はできなかったが、小学校最後のクリスマス会の時BZの曲を弾き時間が迫る中やりたいと必死で取り組んだあたりから急激に実力がつきこの春はっきりとピアノは大好きという表情を見せてくれるようになった。
レッスンに身がはいらず何度もけんか腰のレッスンをしたが私からは離れずピアノからも離れなかった。
これからクラブを始める前に発表会で弾くような大きな曲に手をつけておきたい。
いまはシューベルトに凝っている。神様は素直に言うことを聞き課題をこつこつこなしてゆくという姿勢に自然に良い結果を与えてくれる。
小学校で培った教材どれをとっても無駄ではない。さてこれからが本当のピアノへの道。
楽しい

| keiko | - | 00:01 | comments(1) | - |

2013.04.15 Monday

同窓会ライブ

secondbloomというグループ名で男性二人女性二人でグループを作り活動している。もう2年以上になるが、私はピアノ担当していて、昨日は生グランドピアノのあるライブ会場だったので、聴いている人もおそらくアナログな音が一つ入るだけで少しいつも(ああいうライブは生ピアノは少ない)と違った雰囲気になったと思う。
私はアンプを通した音をあまり聴くことがないのでその耳の調整が大変だが、取りあえず楽しいのだからそれが演奏に現れていると思う。
高校時代当時ボーカルで一世風靡していたTさんも40年ぶりに逢い参加することになりすごく盛り上がった。男女共学の学校というのはギターを男子がボーカルやキーボードを女子というグループ仲間ができ当時のフォークソングやユーミン・・グループサウンズなどの曲をカバーしながら楽しめる。今更ながらこんな素敵な高校はないと思える。私はピアノを習っていて本当によかった。
私達は親になりその音楽好きの親の次世代の子供たちが歌やギターを練習して披露し交流しまた親子でファミリーライブというのも楽しいのではないだろうか。
音楽には人を楽しませる力がありつなぐ力がある。
どうそうかい
あまり飲んではピアノが弾けないとカシスオレンジを注文。
終わってからオーナーのママ(実はタレント山本太郎さんのお姉さん)に情熱のピアノとほめてもらい赤ワインのおまけをしてもらいうれしかったなあ。10曲以上の練習はきつかったけれどいまやらなきゃいつやるの?元気な自分に乾杯。ときめき

| keiko | - | 11:54 | comments(1) | - |

2013.04.14 Sunday

地震

18年前の阪神大震災を思い出す時間帯に偶然今朝地震があった。
短い時間だったので布団に潜り込んだままだった。
関西は珍しいが淡路島が震源らしかった。
結構激しい揺れで震度4ぐらいかと思ったがやはり・・・。

地震の怖さだけでなく津波にやられしかも原発に汚染されたという事態にみまわれた東北の人々に今の自分の平和な環境に喝!!

| keiko | - | 00:00 | comments(0) | - |

2013.04.13 Saturday

孫育て

先日ハルが散髪のためにこちらに来たので一日お相手をすることに・・・。
1カ月に一回か2回のことだが、その発育ぶりや反応のおもしろさにいつも楽しませてもらっている。一番義母になついていてハルも自分に一番甘い人を知っているようだ。私がべったり面倒を見てくれる人ではないことも・・・。
でも新幹線公園へ行くのは若いほうのおばあちゃんと・・・。
彩ちゃんはママが自分の美容院に出かけていったらすぐに寝入ってしまった。
しかしやはり二人の子育ては大変だなあとつくづく思う。
若さで勝負・・・。子育てはやはり体力がいるから。
haru   ayachann

| keiko | - | 22:52 | comments(0) | - |

2013.04.11 Thursday

阪神×巨人

一昨日は2対0昨日は0対0
なんと今日は3対0で勝利・・。
わーい7連勝だった?の巨人は相当お疲れか。
今日の福留のダイビンキャッチなどファインプレーもありどこまで阪神が今年のペナントレースに打ち勝つことができるか見ものだ。
これでもかというほど巨人にはいい選手がいる。それを3連戦0点で抑えたのだから、すばらしい。
負けても見捨てないファンへの大きな恩返しだ。
和田監督を男にしてやってちょうだい。

| keiko | - | 23:32 | comments(1) | - |

2013.04.10 Wednesday

推理劇場

桜の季節は我が家の前の桜の花びらの掃除の時期でもある。
お迎えの奥さんの最強掃除班が引退して何回目の春だろう。
だからまともに我が家にかかってくる。
義母も引退したいようだがなかなかだ。私は忙しく手がまわらない。ここのところ嵐や風が強くて風子さんにたのんでいた。だって少しやろうとしてもすぐに飛んで行ってしまうから・・・。
そうこうしているうちに・・。不思議な事が起きた。
朝家の前の桜の道がきれいになっているのだった。
秋にも落葉のお掃除がされているときがあったのでまたその神様の再来か・・・。
母がぜひだれか突き止めてお礼を言いたいという。
では早起きして窓からそっと覗いてみようか・・・。一度試してみたが、早朝はまだ寒いのでトイレからすぐに寝床に帰ってしまった。
朝からずっと番をしているわけにもいかず・・・。
「また今日もきれい」と義母にいわれるたび心が痛む。
犯人はわからずじまい・・・いや神様・・・。仏様・・・。
そうだ、探偵ナイトスクープに頼んでみる?

| keiko | - | 14:57 | comments(1) | - |

2013.04.10 Wednesday

泣いてしまった!

譜読みの早い新小3年生Yちゃん。
ジプシーダンスを弾いてるのだが、前の先生のところで指が基本から鍛えられていないのですぐにこけてしまう。パンチの利いた音楽にはほど遠い。土臭い民族音楽にはテンポが必要だ。その葛藤から余計に雑な演奏になる。途中の美しいメロディも書かれている曲想を無視したりして弾く。
音符を読むだけでは音楽にはならないと何度も言っているうちに泣き出してしまった。ところが私がそんなことは無視して褒めれるところをみつけレッスンにのせていったらどんどん良くなってきた。笑顔で最後はフィニッシュ。ワッショイワッショイ。全く先生って大変!
でも少しづつだが私の言うことを理解できているようだった。
体を使わず心も使わずただ指を動かしているだけではいけないよ。
さてレッスンが楽しいのはお互いにコミニュケーションできてくるときだ。調教師のようだね。
実は私はYちゃんをとてもかっている。だから厳しく言うのですよ。

次のAちゃん5年生はピティナを受けるので必死に食らいついてくる。素直な性格はこちらのやる気を倍増させる。
そして次の新中学生。大人の心を持ってきて私がこう弾きたいのにどうしたら綺麗な音で弾けるのですかと聞いてきた。なんとすばらしい質問だろう。
ずいぶん成長したなあと思う。そういえば反抗期があって困った時期がなつかしい。
最後のT君新4年生は私のいう事の理解が早くなってその場で音で返してくれる。
っふーこの春には新年度進級した生徒たちがさらに成長する姿をそれぞれ見せてくれる予感が・・・これこそが私のパワーの源となる。楽しい祝

巨人戦に阪神が勝利を挙げたと朗報が・・・。やったね(^_-)-☆

| keiko | - | 00:32 | comments(0) | - |

2013.04.10 Wednesday

ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー
今日はKさんと新大阪のビーテックジャパンというベーゼンドルファーというピアノの2台置いてあるお部屋で練習した。
ベーゼンドルファーはオーストリアのメーカーが作っている世界の名器だ。
ベクトルが違うという・・・。
それは向かう方向が違う。本当にすごい。響きが分厚い。楽器そのものが響いているという感じ。そしていくら弾いていても疲れないのだ。
スタインウエイのようなきらびあかな響きではないがその深さは心をわしづかみにされた。
あの場所を借り2台のピアノで勉強会を開けたらと考えてしまった。
仲間に声をかけてみようかと思っている。

| keiko | - | 00:03 | comments(0) | - |

2013.04.09 Tuesday

最高の人生のみつけ方

先日土曜日母の様子を見に行ったら、ちょうど心臓どきどきの発作を訴えていてベッドに座り背中をさすってあげ次のお薬をもらうまで一緒にいてあげた。
今日も気になって壊れた掛け時計を新しく買いなおしたついでに寄ってみた。
今日は調子よさそうで外の風は冷たいがこの冬を風邪もひかずに乗り越えてくれたことはとてもうれしかった。
久しぶりにゆっくり話をしておちついたようだった。
私が忙しくしているときは一緒に住んでいるわけでもないのにわかるのか不安になるのかもしれない。やはり娘のことはお見通しなのかな。
母の心配を私がしていると思っていたが実はいつも思ってくれてるのは母のほうかもしれなかった。
母の笑顔が私には一番の励みだ。
夜BSで「最高の人生のみつけ方」という映画を見た。
がんにかかり余命6か月と宣告されて同じ共通の残りの時間を病室で知り合った二人の男性が冒険の旅に出るという話。
死ぬ前にやりたいこと・・・死んでもしかたがないよというぐらい危険なことをやってゆき家族に別れを告げて死んでゆく。
男優のジャックニコルソンとフリーマンがいい味を出していて天国に向かってまっしぐら・・という明るいテーマになっている。
単純なストーリーだからこそ自然に心に問いかけてくる。
エジプトの神様は天国の扉の前で訊くのだそうだ。お前は人生の喜びをみつけたか?人を喜ばせてきたか?と・・・。そのどちらもイエスと答えられないと天国には入れてもらえないらしい。というセリフがある。

私は父と母から多くのものを残してもらった気がする。そして次の世代にまたそれを受け次いでもらえたらと思うようになった。そのことこそが生きる喜びというものかもしれない。


| keiko | - | 00:53 | comments(2) | - |

2013.04.07 Sunday

そう来たか!

ひさしぶりに「大奥」以来面白い時代物を見た。
戦国時代劇で「女信長」。
天海祐希がすばらしい信長役を演じていた。もし信長が女だったらという設定にめちゃくちゃ無理があると感じて見たが、戦国時代の武将のカリスマ的存在を女であり賢明で聡明な人物像がどのように描かれるかは興味があった。女であることの強みや弱さをドラマの筋に生かし相当面白いものができると考えてもよいと思った。内容は見る者を飽きさせずなかなか凝っていて壮大なスペクタクルであった。
天海は外見はもちろん美しく男勝りで風貌もぴったり。この役を演じるために生まれてきたようでもある。相当体力も消耗しただろう。さすが・・・歴代宝塚のトップスターがここまで成功したことがかつてあっただろうか。日頃の努力のたまものだ。
宝塚チックな演技は否めないが、今や女教師 女刑事 女弁護士 敏腕な中堅女性の役柄にぴたっとはまりながら今後どういう俳優になるのか楽しみだ。
最後に光秀役の男優と女にもどり添い遂げる幸せなストーリーは視聴者の期待に沿うようなものだった。そう来たか・・・彩というか・・・視聴者は時代劇に正しい筋書きを求めるのではなく少し夢をもとめる。
お母さんになって少しふくよかになった小雪の久しぶりの濃姫役のお姫様姿にもうっとりと見惚れてしまった。
土曜の夜はバーボンストリート!!(*^^)v

| keiko | - | 00:06 | comments(0) | - |

2013.04.04 Thursday

お花見日和

しつこく第3弾のお花見を敢行した。
実は孫のハル達家族がここのところ風邪にかかりずっと音信普通でとても心配していたのだがやっと遊びに来るというのでまた夙川に来てしまった。
めったに風邪を弾くこともなく元気な家族だったのだが今回は長かったようだった。子育てをしながらの生活はこの不順な天気はやりにくいと思う。
育児疲れは大丈夫かとの心配をよそに今日は元気に楽しいお花見。
jRの電車を見たり公園の滑り台でよく遊んだハル。彩ちゃんもお花見デビュー。
去年お腹にいた彩ちゃん。ようこそ・・・。この世界へ・・・。いっちょまえに風邪の咳が少し残っていたがとっても表情が豊かで泣き笑いが激しい。
ハルも一生懸命彩ちゃんを遊んであげたりする。
素敵な家族になったことだ。
年齢が早めに子育てをすることは将来第2の人生が長く楽しめると嫁の麻美ちゃんに言った。そのことを念頭においてがんばってと・・・。母になって初めてお母さんの苦労がわかるようだった。出来るだけ応援するからね・・・。
私が作ったお弁当の卵焼きをおいしそうにほうばるハルの顔を桜の花より眩しく感じる私だった。
お花見

| keiko | - | 23:16 | comments(2) | - |

2013.04.02 Tuesday

リリハ日替わり定食

今日は魚崎にある日本ピアノサービスでスタインウエイ2台のお部屋で練習をした。
Kさんとはリトミックの勉強会で知り合い長くお付き合いが続き良き友人の一人でこの4月21日に2台のピアノ発表会をされるお友達のところで「ブエノスアイレスの春」を弾かせてもらうことになったのだ。
連弾の楽譜を弾かせてもらうが2台で発表会に出たりするのは久しぶりなのでとても楽しみにしている。好きだけでは演奏ができない楽器の代表とも言えるピアノ。しかもアンサンブルはとても勉強になる。
来週は対面式でビーテックジャパンで練習する予定。
帰りに駅前の小さな喫茶店で食事をしたがこれが安くて珈琲も美味しいのでだまっていられなくて・・・。一体いくらだと思います?600円です。
とにかく値段に関係なく心のこもった味だった。スパゲティのソテー。グラタンはチーズたっぷりライスグラタン。それにはマカロニが入ってる。そしてコロッケはカニクリームコロッケ。単純な内容だけれどひとつひとつが美味しく他のものとの不思議なハーモニーを醸し出していて満腹感いっぱい。魚崎のリリハという喫茶店で。珈琲付きでこの値段(^_-)-☆
りりは

| keiko | - | 23:47 | comments(0) | - |

2013.04.01 Monday

好きなこと

今日から4月1日・・・ギロックの定例会の場所を撮りにプレラに朝から行き約束をしていたお花見に着物友達と着物を着て芦屋にいくという予定を30分ほど繰り下げてもらいばたばたと髪をアップし着付けをして例のごとく母の手に頼りでかけた。
とてもいいお天気だった。昨日は雲っていたので今日のさわやかな天気には心が晴ればれする。
芦屋川は山手幹線が通り整備されてより綺麗になった。開森橋の上流のほうは特に美しい。JR芦屋の方に歩きながら久しぶりに訪れたような気がしてまさか着物姿でこの道を歩くことになるとは奇ぐうなことだと思いながらお友達と桜並木を珍道中。
忙しい中やはり来てよかった。楽しくてしかたがないのだ。少し迷いもあったがやはり好きなことは楽しいのでつい無理をしてでもやってしまう。
一緒に写っている女性は着物教室で知り合った書道の先生でとても楽しい方。この出会いを大切にしたい。
そして女子会は本当に楽しい・・。
さくら花見
帰ってから着直してもう一度帯の復習をする。
だんだん着物がなじんできたような気がした。
そういえば私の中学のピアノの先生は出張レッスンをしていただきよく着物を着てこられていた。
日本舞踊の先生でもあったのだ。不思議な縁が着物とあるのかもしれない?

| keiko | - | 23:12 | comments(5) | - |

2013.04.01 Monday

魂の旋律

魂の旋律
〜音を失った作曲家〜
ちょうど夙川から帰る途中で31日に放送される作曲家佐村河内守さんのご親戚の方からのメールを転送してくださった友人がいてその内容がすごかったのでいろいろな友人にそれをお知らせした。
夜9時NHKスペシャルのドキュメンタリーである。交響曲第1番「HIROSHIMA」は有名で今回は震災でお母さんを亡くした少女のために書き下ろすピアノ曲「レクイエム」を作るために苦しんだ壮絶な闘いを追ったものだった。
クラシック音楽はやはり人の心の深層に深く入り込み感動を与えるすばらしいものだ。
彼は耳の病気にかかり現代のベートーベンとも言われるぐらいの力を持つ天才的絶対音感の持ち主。
14年前に原因不明の病気で聴力を失うが作曲の超創作力はより一層神からの享受を受けたようだった。すごく楽譜が綺麗で流れるような旋律で書かれてあり美しい曲だった。演奏者にとってもどれほど難しかったかは計り知れない。
絶望の淵に希望の光を与え涙があふれるよりも心が浄化されていくような感じだ。
つらい現実に向き合うしかないこれから再生しなければならない魂を救うには音楽は大きな慰めとなり力となるだろう。
音楽は愛だ。人が造る大きなゆりかごなのだ。(T_T)ラブ
いやそんな軽い表現では物足りない・・もっと宇宙的な存在だ。

| keiko | - | 00:24 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< April 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Recent Comment

Archives

QR Code