2013.05.29 Wednesday

午後のファンタジー

梅雨入り宣言が史上3番目という早さで報道されやっぱり変だなあと思いつつ急いで傘を携えて堺筋本町へ向かった。
今日は私がかねてからピアノ教師として勉強会に参加していた北村先生の会のちえの輪倶楽部総会の日だった。
今年は素敵なコンサートが行われた。そして場所もレトロな堺筋本町にある堺筋倶楽部だ。
春から夏にかけ季節の変わり目でさわやかな5月に向けてファンタジーと題して夢をテーマにピアニスト望月優さんが演奏された。シューマン・グリーグ・サティ・セブラック・ドビュッシー・モーツアルト・ショパン。
音楽とは人間が作る幻想であり夢想である。演奏は真摯で心に染みいるようだった。音楽がすばらしいのは年齢、国籍、性別を問わず言葉ではないため聴いたその人の自由な発想がイメージを湧かせ心の解放に至るからだ。
人それぞれ自分の中で心のキャッチボールをしているのだ。
堺筋倶楽部はレトロな建物で落ち着いた雰囲気で一階がレストラン。4階はグランドビアノが置かれていて食事会ができる。お料理の前菜のカツオのたたきは生臭みがなく洋風にワイン合う雰囲気!美味しい料理と音楽・・・。贅沢なひととき・・・。最高。
結局雨は降らず途中3番街の洋装店で傘を忘れたことに気づき、電車に乗る前に気づいてセーフ!!最近私の行動はすべて幻想に基づいているかもしれない。体が現実とは違って羽がついてるように軽い・・・。
katuonotataki
zsakaisujikurabu

| keiko | - | 23:49 | comments(4) | - |

2013.05.29 Wednesday

超ショック!

生徒がやめるときは突然に来る。
近所に越してきた二人の姉妹はお姉ちゃんがあまりにもレッスンにならなくて親御さんにそのことを正直に話し、少しましになるかと思いきや、ついに期待の妹までがお姉ちゃんがやらないなら私も・・・と退会してしまった。
指の形が教えられていないのでずいぶん直してやっとましになりこれからという時だった。良い感性を持っていて楽譜も早く読めてこれならいけると思っていた矢先のことで、納得がいかないがもう後の祭り・・・。
小学3年生で辞めてしまっては本当にもったいないことだ。
子供の言うなりになり簡単にやめさせてしまうのはいかなるものかと思う。
褒めそやさなければ習いごとが続かない・・・それではこれから先どんなことにもくじけてはいけない人生の大切な何かを放り出してしまうのと同じだ。
私は父から教わった宝物・・・それは何事も長く続ける精神だ。継続は力なり。
父としての大きな役割はそのようなところにあるのだといまさらながらに思う。(T_T)

| keiko | - | 00:48 | comments(0) | - |

2013.05.29 Wednesday

こんな梅雨晴れの日は・・・

7月に芦屋の潮見会館で開かれる七夕コンサートの打ち合わせに清荒神のH先生宅に伺った。久しぶりの訪問にミルフィーユ3人で楽しいひと時を過ごした。
ふとお部屋のカレンダーに眼をやると星野富弘さんの絵がありそこに書かれている詩がさわやかだったので紹介したくなりました。
hanngesyou

こんな梅雨晴れの日はこころも洗濯してワイシャツのように陽に当てたい
こころがゆれるのです
むねのボタンがかからないのです
ポケットを空にして
もっと軽くなりたいのです。


絵は半夏生という植物ですね。口に筆をくわえて描かれる絵・・・。
添えられる詩には何とも言えない優しさが・・・(^_-)-☆

| keiko | - | 00:16 | comments(2) | - |

2013.05.26 Sunday

ピティナコンペティション

尼崎ピッコロシアターで行われたピティナコンペティションを聴きに行った。
我が教室のAちゃんがこの場所で7月にC級を受けるための下見を兼ねて・・・。
レベルの高い演奏ばかりだった。知り合いの先生方といろいろ意見交換もできた。
まず最初の入り方そして終わりの音の処理の仕方はもちろん。ピアノは減衰する音との向き合い方が重要だ。曲をそっくり自分のものにしていること。イメージをしっかり持って・・。
そしてタッチを使い分ける。
1曲目はバロックを選ぶ子がほとんどでテンポを安定させ構成がしやすいためだとか。
男子が15名中二人出ていた。男子の音色はやはりしっかりしていて安心して聴ける。音楽がまとまって聞こえるのだ。
連弾の部も聴くことができた。
普段真面目にレッスンをしてこのようなコンクールに出るためには家族ぐるみでのレッスン協力が必要だがそのことが家族を一つにし子育て支援となっていることが感じられる。
午後から芸文の西宮交響楽団の演奏会を超満員の中、中央の良い席で秋元君のベートーベンコンチェルト「皇帝」を聴きその整理された美しい音やオーケストラの迫力に元気をもらい帰りに新響楽器に寄った。すると私の生徒の家族がピアノを買いに訪れていたという。
家の電子ピアノとレッスンで使っている私のピアノの音が違うと話していてついにお父さんが腰を上げてくれたのだ。
その生徒はよく練習をしてくる真面目な子でとてもうれしいことだ・・。。
本当にいろいろ勉強になった一日だったなあ・。(*^^)v

| keiko | - | 23:00 | comments(2) | - |

2013.05.24 Friday

新しい出会い

音楽を教えているおかげでいろいろな世代に出会うことができる。
今回は大学3回生のY君が体験レッスンに来てくれた。
なぜ全くピアノ未経験の大学生がと思ったら関学教育学部で就職は幼稚園と決めているのだそうだ。
それなら確かにピアノは弾けて歌も歌える楽しい先生になるにこしたことはない。高校は軽音楽部所属。ベースギターを担当していたそうだ。
幼稚園の先生は勉強を教えるのではなくお友達づくりや日常生活のこまごました部分。そして脳の開花を促す貴重な時間を共に過ごす大切な役割がある。
感性を磨くための音楽の授業は必須となるため、まずはこどもの歌から・・・。
少し慣れてきたら簡単なクラシックをやりましょう。
長野県出身だという。自然の多い美しい地方からようこそ・・・。
0歳コンサートのお手伝いもかって出てくれている。
若者よ大志を抱け・・・ピアノ道は厳しく楽しい!!楽しい

| keiko | - | 23:00 | comments(0) | - |

2013.05.23 Thursday

テレビの力

姉の会社はお酢を素材にした製品を作って会社は「柑橘王国」という名前である。その中のおやつでグミがある。
たまたま女優の松下由樹が関西テレビの番組でこの製品を紹介したものだからさあ大変!
朝から晩まで注文の電話は鳴りっぱなし!!メールは70件!
こんなことは初めてだと嬉しい悲鳴を上げている。
商品が間に合わないくらいだというのだ。
東京の恵比寿などにも出ていてこれをきっかけに他の商品も売れることを祈りたい。
全国に発送は出来るのでリンクしているから見てくださいね。尾崎食品です。

| keiko | - | 23:44 | comments(1) | - |

2013.05.23 Thursday

豚肉とトマトのカレー炒め

かれーいため今日朝のあさイチでしていた料理が簡単で美味しそうだったので作ってみた。
カレー粉と小麦粉に豚肉を一口大に切ってまぶしごま油でいためる。
そこに私はおたふくソースが出している甘酢あんかけソースとしょうがすりおろし、トマトくし型に切ったものを加えさらに炒めて出来上がり。
思ったより断然美味しかったのでお勧めです(^_-)-☆

| keiko | - | 23:35 | comments(0) | - |

2013.05.23 Thursday

着物中級教室

帯を購入し初めて締めてみた。
袋帯のお太鼓は綺麗に締めなければどんな良い帯をしても値打ちがない。
体に沿うようにぴたっとしなければならない。
初級の時から比べずいぶん上手になったつもりだがどうかな?着物は教室でお借りしたもの。つたの柄は子孫繁栄の演技の良い柄です。
はつしめ

| keiko | - | 23:28 | comments(0) | - |

2013.05.22 Wednesday

5月病とさよなら

連休のおかげか進級の新しいクラスになれずにいた足踏みか生徒たちが伸び悩んでいた。暑い夏になる前にそんな雰囲気からさよならしたかった・・・というか先週はかなり厳しいことも言った。
いつやるの?いまでしょ・・・。この言葉を自分にも言い聞かせている。
老化現象の足音には負けていられない。
今週はその気持ちが伝わったのかみんなすばらしく修正してきている。
感動の月・火曜日だった。
私はピアノを教えているのではない芸術を教えているのだという自負に生徒から意識づけされるようになった。
どうすれば生徒にやる気を持たせることができるか・・それは芸術である音楽の中に人間に無意識に何かを感じる力が湧く魔法がかくれているからなのだ。
それに至るには厳しく接するのと同時にその上で努力した生徒には感動した私からの褒め言葉とハグを惜しまず与える。
今日はとても素敵な「エリーゼのために」を聴くことができた。
本当に幸せな時間だった。ありがとうYちゃん。ラブ

| keiko | - | 00:38 | comments(0) | - |

2013.05.20 Monday

ローリーポップ

薔薇も多いけれど百合もなかなか品種が多く艶やかなので好きだ。
我が家に咲いたドヤガオの百合の写真を撮った。名前はローリーポップ。
最近は花より団子で園芸をさぼり気味だが、元気に咲いてくれてとてもうれしいなあ。
sukasiyuri

今日やっとガズストーブをしまった。分解掃除屋さんになりきりがない。埃にもきりがつかない。荒れ模様のやんちゃな春は去って今度は今度は頑固そうな夏がやってくる。ノーサンキューだが私は今意外に元気だ。(^_-)-☆
久しぶりに近所のカリスマ主婦ママ友のIさんちでお茶しおしゃべり・・・。プリンセスミチコの写真を見せたらそれうちから挿し木したやつでしょ。綺麗に咲いてるね・・と言われたが記憶にない。確か私は園芸店で買ってきたのだから・・・でもどっちもどっち。自分が正しいと思っている。

2013.05.19 Sunday

0歳から家族で楽しむコンサート

今日は西宮市のほうから中央公民館の行事として招待され、「0歳から家族で楽しむコンサート」を開催した。
同じ中央公民館でするいつもの自主コンサートとは違い中央公民館のスタッフやボランティアが受付などお手伝いをしてくださり、控室の和室など使えてとても快適だった。同じ内容で3度目だということもあり気分的に余裕があったように思う。
お父さんたちの参加も多く40組の家族の参加だった。100名を超えていただろう。
コンサートデビューかなという家族もいた。
聴く力を大人も共に付け子供たちに音楽の素晴らしさをつたえたいというのがねらいだ。とても反応がよく静かに聴いている人が多かった。
クラシックは長い、眠い、退屈、難しいと思っている人に少しでも良さを伝えたい。今回はプログラム順を工夫した。
あっという間の1時間だったように思う。音楽は明るい気持ちになったり心を綺麗にしたり勇気を与えたりする。
その場の空気はそこにいた人たちと共有できる宝物のような瞬間だ。子供たちの笑顔は満天の未来の星のごとくかんじる。(^_-)-☆
私達G4も毎回新鮮な時を過ごし成長している気がする。
pisnosoro
otonoehonn

| keiko | - | 20:48 | comments(2) | - |

2013.05.17 Friday

プリンセス・ミチコ

今日はギロックの研究会の集まりの日で来月6月28日に会長の安田先生をお招きして行う内輪のイベントの練習があった。ギロックベストという曲集からい鯀完選んで演奏する。
知っている曲ばかりだが、何度聴いても好きな曲ばかりだ。
初めて全曲を続けて聴いてみるとなかなか聴きごたえがある。ギロックの仲間が作った曲も選ばれていて楽しい。
ガーデンズで食事をし甲東園から家までの間日差しはかんかんでり!
少しぐったりとしたが帰ると庭の待望の薔薇のつぼみが開いていた。水やりを忘れていたようでたっぶりとかけてあげた。
オレンジが可愛くて虜になてしまう。
今書かなきゃいつ書くの?と薔薇が言っているようで大急ぎ写真を撮りブログに来ました(^_-)-☆
muchiko

2013.05.16 Thursday

体を使って弾くピアノ

最近バランス力のない生徒が多い。たとえば片足でどれだけの時間たっていられるか。2拍子のリズムにきっちり歩けない子もいる。
手拍子さえ出来ない子も・・・。学校で行進をさせることも少ない。姿勢も悪い。
最近習いに来た生徒のYちゃんは前の先生から体を使って教えてもらっていないようだ。線にそって真っすぐリズムを感じて歩けない。重心を感じることは脳の力で、足はそこにつながり体はひとつになり一歩一歩前に進む。
運動神経と音楽の神経はつながっている。たまたまピアノは手の指を使っているだけだ・・・。ピアノは体で・・脳で弾いているのだから。
つまり塾の勉強をして疲れているとその足で来ることは非常に厳しい。勉強との両立は難しい。
なかなか気持ちの寄りどころやストレス発散になるぐらいに弾けるようにするには相当の鍛錬が必要になる。でも趣味と言えるものがあることは幸せだ。勉強や職業以外に体を使って何かをするという趣味を持っていることはとても大切なことだと思う。
子供のころつらかったピアノは大人になってから好きになったという人が多い。
好きになるまでにも時間がかかるがピアノなりなんなり一つのことを出来るだけ長く続けてほしいものだと思う・・・しかもこつこつ真面目に・・・。

| keiko | - | 00:37 | comments(0) | - |

2013.05.16 Thursday

カウンセリングレッスン

個人レッスンの効用は一人一人に対応して良いところを伸ばし足りないところを補ってゆくレッスン法としての良いところがある。
最近先頭に立って指導することもよいが出来るだけ自分で考える力をつけるレッスンをしようと思う。
先生の真似をすることもよいが普段どのように練習をしたら良いかを考えさせなければ時間は無駄に過ぎるばかりだ。ただ指を動かすのではなくまず音楽がつながらないところがどうすればつながるかや自分の音のひとつひとつを聴いて粒ぞろいにするためどのようにコントロール練習をすればよいか考えたり・・・。
ここまで一息に弾きたいときどのように息をするか・・・。
強弱は何のためにつけるかなど楽譜をしっかり読み取ったり・・・。
こう弾きたいと思うように生徒たちが成長するためには完全無欠の先生ではいけない。こんな弾き方もあるけどどっちがいいかな・・などと考えさせる。
どちらにしても心を先生の方にひたすら傾けそれを実行しようという気心があればそして継続する力があればピアノは瞬く間に上達する。
そんなじっくりだが脳の動きを活発に動かし考えるという作業で成長させるレッスンを活用してゆきたい。
ピアノランドの創始者樹原先生がおっしゃっていたレッスン法をようやく今理解している私なのだ。

| keiko | - | 00:24 | comments(0) | - |

2013.05.12 Sunday

阪急レールウェイフェスティバル

電車好きのハルのためにレールウェイフェスティバルの申し込みをしていたら当選して今日は昨日から泊まりに来たハル家族と阪急の正雀という駅に初めて行った。
昨日とはうって違って天気は晴天。子連れなので車移動もこの暑さには少し疲れる。驚きのあふれるような親子連れの数・・。本当に少子化?イベント好きな今の親世代は息子家族も同じくなんと子煩悩なのだろう。それに付き添うわれらグランマ二人もしかり。疲れただろうが実は一番楽しそうだったのは義母だった。
良い思い出深い母の日になった。帰りにしゃぶしゃぶの木曽路で息子に食事をごちそうになり、すこしお座敷でのんびりできた。普段食の進まない義母が美味しそうに食べていたことはうれしくやはりいつも家族が囲んであげ楽しく食事をすることが良いのだと感じる。
ハルは可愛いと義母はいいあやちゃんの笑顔にこちらも顔の表情がほころびてくる。
新聞の脳トレ川柳に「ばあちゃんは一日にしてできません」
しかし最近脳トレしないとやばい感じ。忘れっぽい!!
今日も一日若い世代とのコミュニケーションは脳トレとしておこうかな!

| keiko | - | 23:19 | comments(1) | - |

2013.05.12 Sunday

岩井豊子ソプラノコンサート

昨日着物でお友達のKさんが誘ってくださったソプラノコンサートに雨の中足を運んだ。会場の武庫川学院甲子園会館はクラシックコンサートには新緑に囲まれた素敵な場所だ。ソプラノの岩井さんは熟練された歌姫。客層は私よりひと回り上の70代が多かったように思う。「高原列車は行く」をみなさん大きな声で歌われていた。
人々の心に潤いと彩りを与えてくれる歌。元気と勇気を与えてくれる歌。
ピアニストの男性は少し若くその人気も沸騰中!!
歌が大好きな彼女の音楽には勇気と元気をもらえる。かなり頻繁にコンサートをされていて相当なエネルギーだと感心する。
雨も止んで帰りにKさんのお宅にお邪魔した。

| keiko | - | 22:39 | comments(1) | - |

2013.05.11 Saturday

ぐるんぱのようちえん

0歳から家族で楽しむコンサートの7月の日程が決まり次の絵本の音楽を考えるためG4が集まった。
次の絵本は「ぐるんぱのようちえん」
象のぐるんぱは働かず家から働いて来いと追い出されいろいろなことにチャレンジするも製造したものがでかすぎてだめだとどこからも解雇される。
最後にたどりついた職種とは?
なかなか絵がかわいい。象さんの特徴をよくとらえていて私は気に入っている。
探せばギロックの曲もよい曲が見つかるものだと感心する。
クラシックコーナーでは今回はクラシックのおもしろ連弾ミックスという曲集のなかからとても厚みのあるアレンジの一曲をお届けしたいと思っている。
皆さん待っててね。(*^^)v

| keiko | - | 00:43 | comments(1) | - |

2013.05.10 Friday

就学前レッスンの重要性

3.4.5歳児のレッスンがとても楽しい。
ギロックのオールザウエイとバーナム、ピアノランドをつくことが多い。
字を書いたり読んだりできないからまずは音で耳から入れ脳に訴えていく。
お母さんたちがついてくることで家でのサポートは完璧だ。
親御さんも成長を楽しんでいる。
音符の長さや音の位置。名前は大きくなると自然に覚えて行くことができるが、音を出していくため準備する神経の使い方や息の使い方、イメージの持ち方、など小さいころから五感を潤してゆくレッスンをこの時期に必ずしてゆきたいと思っている。
曲集の挿絵は夕焼けの中渡り鳥が故郷に帰る姿を見送る二人の子供たちの絵。
家族でおうちに帰る鳥たちにさみしいけれど気を付けてかえってねと見送っている歌だけれどどんな速さで弾けばいいかな?5歳のYちゃんに尋ねてみた。とても元気よく楽しく急ぎ気味にひいていたから・・・。速さの問題だけではなくタッチのことだ。
すると優しい音で緩やかに弾きだした。こう弾きなさいではなくどうすれば良いか考え自分で行動させるのだ。子供は純粋で優れた存在だとつくづく思う。やらせるのは簡単なのだ。
ピアノを習うということは小さいころから他者を感じるということ。
そして自分の体や心をコントロールして表現すべきことを素直に表すということだ。テクニックと感情をバランスよく音楽に解けこませる楽しさ。私は子供のためのピアノ教育のすばらしさを今になって見直している。
大きくなっても潜在的にそのレッスンが役立つことがあると信じている。
絵本を読むようにレッスンしている自分がいてこれは実は大人にとってのピアノ演奏にもとても役立つことのようだ。
私自身のためにとても勉強になっている。

| keiko | - | 23:59 | comments(0) | - |

2013.05.09 Thursday

森山良子スペシャル

最近のテレビ番組で見続けているものがなくて野球がないと困ってしまう。
そういう時はBSだのみ。

すべての歌に愛47年目の挑戦・・というタイトルで9:00からBSTBSで森山良子スペシャルが放送されていた。
クラシックからオリジナルや往年のヒット曲。
コミカルなものには新ジャンルというよりもむしろ自分の持ち味はこちらのほうだと語る。還暦を超え肌は真っ白でそのまなざしは深い。
湾岸戦争のころにコンサートを聴きに来たお母さんからこんな時に愛だ恋だとチャンチャラおかしいと言われてようやく重いテーマ「さとうきび畑」に向き合って歌い始めたという。
彼女の人生の生き様が音楽に出ている。容貌も歌もすべてが私にとっては若い時より素敵に見える。
家族写真という歌を聴いて涙が出そうになった。家族が人間にとってどれだけ大切なものかがわかる。
どうか今後もすばらしい歌声を聴かせてほしい。
母の日に義母を大阪城ホールに誘って母の日コンサートに行ったことを思い出しだした。
目指している形はオリジナリティあふれる自分らしいコンサートだという。
夢は大きいほうがいいそうだ。
まだこれからも上昇気流!!なんか元気になっちゃいました!!

| keiko | - | 22:52 | comments(1) | - |

2013.05.08 Wednesday

巨人戦3連勝

東京ドームでの巨人戦に3連勝した阪神タイガースはやはりすごい。
今日はホームランは伊藤選手がうち最後に決めたのは桧山選手。
意外に西岡や福留がではなくほかの選手が活躍している。
今日の延長戦はみがいがあった。粘り強い攻撃や守りができるようになった。
巨人もこんなはずではという思いだろう。阪神を侮るなかれ・・。

| keiko | - | 22:46 | comments(4) | - |

2013.05.06 Monday

阪神タイガース絶好調!!

今日は能見に後光が差した。投げてよし・打ってよし・守ってよしのみつどもえ。またいいねえ。ヒーローインタビューが控えめ発言。彼の声を聞いたのは初めてだったけれど・・・。
メンタル的にも成長したような気がする。
明るい材料がそろった。能見がプロ初ホームランを打ったのだ。すごいかっこよかった。見た瞬間入ったと思った。スイングが綺麗だったから。
強いチームとしっかり良い試合をして自分たちの力をどんどん蓄え今の状態をもっとよくしたら巨人に追いつけるかもしれない・・・。
鳥谷の連続出場記録にも期待したい。
みんなで応援しましょう!!拍手野球

| keiko | - | 23:53 | comments(0) | - |

2013.05.06 Monday

高源寺

こうげんじ3

こうげんじ2

こうげんじ

あまごむら
天目の楓で有名な高源寺の写真はお天気が曇りだったためどうかなと思いきや曇っていたほうが落ち着いて美しく見えた。
丹波では有名なお寺で紅葉シーズンは人だらけっで情緒も何もあったもんじゃないというようなことだった。
ずいぶん田舎だが道路はよく整備されていて田植えのシーズン新緑の頃はお勧めのドライブコースだ。

| keiko | - | 22:03 | comments(0) | - |

2013.05.05 Sunday

ピアノリサイタル

マチ子さんに誘われてお友達の息子さん丸尾祐嗣さんのにピアノリサイタルを聴きに神戸芸術センターに行った。
おそらく私は初めて聞いたプログラムの曲だったと思う。
リストのソナタロ短調。長い難曲だった。
それを深い響きのベーゼンで演奏したのだからさらに地味になった。人生は修行。デビューにしては渋い曲を選んだものだ。そんな意気込みがうかがえる。
ムソルグスキー「展覧会の絵」がポピュラーな曲だからそれに対極に持ってきたのか、最後のアンコール曲も知らない曲だった。
深い修行のような曲を弾き相当な消耗だっただろう。エールを送りたい。

でも専門性のある聴き手でさえ難しいのだから一般的な人にはどう聞こえただろうか。
リストはそういえば、僧侶になった人だ。哲学者とも言っていい。その精神性は見事に浮き上がっていたような気がする。
演奏は自分を表現する場である。まず自分を構築する場である。それはわかるが、それを乗り越え伝わったところに成り立つのがコンサート。その場に私たちはいたかった。テクニックが完璧で優しい音の部分はとても美しく綺麗で惜しい。
今は若干24歳。着実に実力をつけ将来またどのようなピアニストになったのかもう一度聴いてみたい気がする。
ぜひショパンを・・・。

| keiko | - | 23:38 | comments(0) | - |

2013.05.04 Saturday

あまご村

高校の時にお世話になった担任の先生とまたお付き合いが始まり以前あたたかくなったらお魚を食べに行こうと誘われていた。
今日その約束の日で、ゴールデンウイークも後半に入るとっておきの日だった。
お天気が不順で着るものが困ってしまう。
関西スーパー荒巻の駐車場で待ち合わせ青垣のあまご村へ。
道が混んではいけないと少しだけ有料道路を使うことにして11時半ごろ無事到着。ドライブは快適で春の新緑や藤の花に道中見とれっぱなしだった。
里の景色も久々に都会の疲れた体にはいい。
川西に住んでおられるY先生はこのあたりに詳しく焼き物などを作るため通われているという。
大きなご病気をされても完治されお元気の秘訣はこのような自然にあふれた環境で農業などを勤しみ健康に良い食事をされているからだろう。
80歳になられる先生は話がおもしろい。落語家?生き字引?なんでも物知りだ。満天星つつじ(どうだんつつじ)の花の話。和紙になる原料でプチプチした花を咲かせる。
怖い先生のイメージがクラス中であり生徒には決して好かれててるとはいえなかったが、私にとっては父のような存在だ。
恩師というものを持つ人生とは豊かだと思う。
百合学院で小学校5・6年の時の担任は年配のベテランおじいさんだったと思う。カトリックの学校のその時の教えにも私はかなりの影響を受けているような気がする。
大切に守り育てられた子供時代が今の自分を支えているような・・・。
あまごは清流に住んでいる。臭みがなくお刺身はほのかに甘みがある優しい味だ。骨ごとから揚げにしたピンク色の身は本当においしかった。塩焼きと釜飯。
あまごの卵やタケノコのこの芽和え。
お腹いっぱいでも道の駅に似た観光用の木の香りがするお店の食堂の珈琲は格別に美味しかった。
雨にみまわれながらも近くのもみじの紅葉で有名な「高源寺」に寄って天目の楓の美しさに秋だけがシーズンではないよと言われた気がする。五感が潤う!!
義母へのお土産に木でできた湯飲み茶わんを買ってくださった。
かわいいと義母には好評でお土産話に花が咲いたゴールデンウイークのとある一日のことだった・・・。( ^^) _U~~

追伸。。。先生は昔から大の阪神ファン。授業の前の日勝った時と負けた時のきげんの差はあるときないときの551豚まんのコマーシャルみたい(*^^)v

| keiko | - | 22:33 | comments(2) | - |

2013.05.02 Thursday

家族レッスン

親子レッスンで励む5歳とパパのペアが発展しその家族である小学6年生のお兄ちゃんも習うことになった。お母さんからの勧めらしいが幼児教室で経験はあるものの覚えてないという。お母さんに3人目の赤ちゃんが生まれるから希望でいっぱいの家族だ。
グローバーの導入書とキャロリン・ミラーの「ピアノスポーツ」ギロックの「はじめてのギロック」バイエル併用のクイズ形式のワークブックを渡した。
どの程度6年生で音楽の知識があるかためしておきたかった。
なぜ何度も練習が必要かを話した。音楽は言葉や物語になっているから止まってしまうと伝えたいことが伝えられない。
バイオリンの形でもチェロやコントラバスのように長い弦の楽器は低い音が出て短い弦のほうが高い音が出る。ピアノを上から見たら右側が高い音が出る理由がわかるでしょ?なるほどと理解が早い。
そして先に楽譜を理解して頭で鳴らし指を運んでゆく。時間のゲームでもあるのだという風に男の子向きに話した。理論から入れるのはうれしい。
素直に聞いていた。でも弾いてゆくと打楽器としてぶつけたようにドレミを弾く。
ピアノは重力で弾くのよというと即座に音が柔らかくきれいになった。さすがおにいちゃん。
ピアノは真面目に素直に練習さえすれば何歳から始めてもだれでも弾けるようになる。
がんばってねと送りだすと、とてもさわやかな返事が帰ってきた。
応援したい気持ちでいっぱいになる。いずれ親子3人で連弾する日が来るといいな。男

| keiko | - | 23:21 | comments(0) | - |

2013.05.01 Wednesday

今年の阪神

今年の阪神タイガースはおもしろい!
29日昨日はエラーで逆転負けを喫したらしい。30日今日も大量二けた得点の勝利ではあったがなんとも危なっかしい展開もあった。
しかし去年のような連敗はなくやっとマートンが調子をだし福留や西岡もいい感じだ。
阪神ファンはこのひやひやジェットコースターのような試合運びが答えられないのかもしれない。
安定性のある巨人を打倒するにはいまのままでは心もとない・・・。
ふれっふれっ阪神タイガース!!拍手楽しい

| keiko | - | 00:21 | comments(1) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< May 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Recent Comment

Archives

QR Code