2013.09.30 Monday

アフタヌーンコンサート

9月28日山本のアイアイパークでアフタヌーンコンサートに出演しピアノデュオミルフィーユは20世紀の作曲家達と題して演奏させていただきました。
麗しのロスマリン、愛の喜び(クライスラー)天使のミロンガ(ピアソラ)サマータイム、アイガットリズム(ガーシュイン)
年に2回出演がもう10年ほど続いている。
2階のライブラリーには15・6人のお客さま方が熱心に耳を傾けてくださっていた。
練習は大変とはいえお客さんとのある意味での対話が私達に力をくださってるという事を今回は特に痛感した。続けてゆけば聴衆を育てることになり私達のさらなる成長につながる。この会に仲間に感謝だと思う。
弾き語りオカリナ三味線などいくつもの楽器を通じて日本の民話などを歌われた女性が前半のプログラムで、一人でされているのだが伝えようという心がすごい・・これが音楽なのだと思えた。交通事故で車いすの生活の中でこのような活動をすること・・・音楽へのパッションは相当なもの。
小学校などでの活動もされていて素晴らしいと思う。
そんな思いですがすがしい秋晴れの中休憩もそこそこに同窓会ライブの練習に大阪に向かった。

| keiko | - | 00:37 | comments(1) | - |

2013.09.26 Thursday

別府旅行

みなさんま----
ご無沙汰してましたあ。さんまの美味しい季節になりましたね。
数十年ぶりに姉と連休に旅行してきました。行先は別府。姉のかつてのママ友が別府の住人で温泉地を案内してくれることになり初めての地を訪れ肌はつやつや美味しいものを食べ過ぎて山や海の自然を満喫しました。
お天気が晴れ女(私のこと)のせいで良すぎて暑いぐらい。
若い時温泉なんて年寄りくさいとばかにしていたけれど今や温泉に泊まったら1日3回ぐらい入りたい気分の若年寄り。
一泊目は城島高原ホテル。二泊目はホテル杉の井。
順次写真をアップしますね。

umijigoku海地獄

umibouzu鬼石坊主地獄

chinoike血の池地獄

| keiko | - | 23:21 | comments(1) | - |

2013.09.20 Friday

ピアノを楽しむ会

隣人とは軽々しく言えないほどいい方でいつも義母とあがめている奥さんのTさんからとても素敵なお話を頂いた。
「ピアノを楽しむ会」のグループを結成したいとのこと。
私は以前神戸の病院に演奏をしに行っていてそのことが懐かしく思えた。
ご近所の奥様方は仲が良くていい雰囲気だと思っていたら私も仲間に入れてくださるということなのである。
甲東公民館のグランドピアノがある講堂が使えるならとても良いと思う。
音楽で人の笑顔が増えるなら私は少しでも役に立ちたいと願う。

以下はこの秋の「0歳から家族で楽しむコンサート」の日程です。

10月6日(日)瓦木公民館  開演10:00  申し込みが必要です

10月13日(日)鳴尾公民館開演 3階講堂  開演10:00申し込み不要

11月4日(祝)中央公民館  6階講堂  開演10:30 申し込み不要

すべて入場無料ですが定員に達し次第入場制限があります

お早めにお越しください(開場は30分前)
是非お友達をお誘いの上お越しください。
詳しくはリンクしてありますのでご覧ください             





| keiko | - | 00:21 | comments(0) | - |

2013.09.17 Tuesday

敬老の集い

歳を重ねると、色んなものに対する感じ方がだんだん変わってきたように思います。
花が咲いたり、実が成ったり。風のそよぎやお日様のぬくもり。人との出会い。そんな事にも感謝の心がめばえ、優しい気持ちになります。傍にいる人にも、常に優しくありたいと思っています。

昨日そんな言葉を携えて「敬老の集い」に参加した。
16日は朝から近畿地方はテレビやラジオで特別・・大雨とい何十年ぶりの大騒ぎ。
10時スタートの会にはおそらく台風も遠のいているという変な自信と予想の中現地に着いたらやはりすっかり晴れていたのは私達のグループのこれからを暗示しているようだった。約40名の園田地区のお年寄りが集まってくださり私達の音楽を聴いてくれた。敬老会デビューは思い出深いものになった。
音楽屋さんは聴いてもらって少しでも喜んでくださった方がいることを次への糧としている。練習した甲斐があるというものだし、経験が多くなればなるほど成長できるから。
そういえば明日は有名な絵本「ともだちや」を次回の0歳時コンサートに使うことになりその音楽を考えるG4の会がある。
敬老会


| keiko | - | 23:56 | comments(1) | - |

2013.09.14 Saturday

スヌーピー×日本の匠展

着物でお友達の書道の先生Kさんからチケットを生徒さんにもとたくさん頂けたので阪急のスヌーピー×日本の匠展に22年来の音楽友達を誘って行った。
大谷芳照というアーティストが立役者である。
私はスヌーピーが好きだったがこんなんなんでも商業ベースに乗せて邪道やんと高いグッズを買ったことがあるので少々疑問に思っていた。忙がしいし無理と・・。でも先日あったギロックの仲間の絵本好きのM先生がとてもよかったと行っていたのでやはり行きたくなった。
入ったらいきなりの可愛い展示に足が止まる。大きな漢字の筆で書かれた寿や絆や・友・愛・という文字に溶け込んだスヌーピー。その融合は本当に自然なのだ。その愛らしさに思わず笑みがこぼれる。初めて見た夢のようなコラボレーション。感動したのはモーフィングペーパーアート。大谷さんは天才であると思う。
進んでゆき最後の部屋は日本の匠達の伝統の技によるスヌーピーの作品が展示されていてひとつひとつ想いがこめられたその姿にやはり来てよかったと思った。
一体一体に話しかけたくなるのだ。
あちらが答えてくれるような気がするほどにすばらしいものだった。
日本の心がシュルツさんとの共通点だ。たった4コマの漫画で伝えられるすごさ。絶妙な間は日本の情緒に通じるという。阪急百貨店9階ギャラリー16日まで・・・。
sunu-pi

| keiko | - | 23:55 | comments(1) | - |

2013.09.14 Saturday

BS名曲アルバム

日本名曲アルバムがBSから流れてくる。上野学園や洗足音楽大学の生徒たちがそれぞれ美しいドレスを身にまとい生き生きとした表情で歌っていた。
音楽を目指す生徒たちの眼には雲りがない。きらきらとした瞳・・・。
一緒に見ていた義母に綺麗なあの子たちのように彩ちゃんにも歌をうたってほしいなあと話した。父が私達に音楽を習わせたように・・・。私も夢を持ちたい。
そんな時新聞記事にイグ・ノーベル賞のことが載っていた。
オペラを聴いた心臓移植のマウスが聴かないマウスより約3倍延命したという研究が認められて賞をとったこと。帝京大医学部のグループが医学賞をもらったこと。
「われわれは音楽の力を示した。最高の栄誉です」とあいさつしたとある。
今までもこのような研究はなされていたはずだがノーベル賞をとったことはなかったのでは?
音楽は特別のものであると思う。見えないものだからその値打ちは計り知れない。

| keiko | - | 01:05 | comments(1) | - |

2013.09.12 Thursday

阪神タイガース

昨日球場まで足を運び、応援したのも無駄になり今日もさらに負けたらしい。
阪神の選手のどれだけ応援に支えられて幸せなことかとそのことに感心した。
ホームゲームで勝てないのはどうしてだろう。
首脳陣もあまりにも不甲斐ないと私は怒っている。
生の鳥谷を見れたし球場の雰囲気が楽しかったのでまあしかたないがこのままではファン層もへるばかり。
弱きものを少しでも応援しようという気にはなるがあまり甘んじている阪神タイガースに喝!!怒りマーク
gettohuusenn

| keiko | - | 23:59 | comments(2) | - |

2013.09.10 Tuesday

祝東京五輪

暗い話題の多い日本に明るい話題が飛び込んできた。
昨日は日本中がその話題で満載だった。
どんな形でも今の日本が元気になるならすばらしい。震災に関しても万全の措置をとることになるだろう。56年ぶりとは少し長すぎる気もする。
私が小学生でうちの百合学院にたまたま体育の先生の知り合いだったオリンピックの代表の体操の小野清子選手や遠藤選手が来て演技を披露してくれたことが懐かしく思い出される。その影響で体操クラブに入らないかと体育の先生に言われ特訓を受けたことも今となっては楽しい思い出だ・・・。
身体が堅くてムリだよーと内心思いつつ放課後の体育館に残っていた。
これからの日本にオリンピックに向けて目標とすること。
以前は高度経済成長の真っただ中必死だった365歩のマーチ。今回はスポーツを文化ととらえ世界の人々そして自分たちの心にも豊かな心の栄養となる感動をしっかり伝えなければならないというコメンテーターの言葉が今も残っている。

| keiko | - | 00:21 | comments(1) | - |

2013.09.07 Saturday

4番鳥谷

私は急に秋めいて今月最初の週末の疲労があったが、阪神は巨人戦で5打点と調子のいい鳥谷が3ランで勝ちを引き寄せた。切れの良いスイングは彼独特の打ち方で見ていてスカッとする。またお立ち台のさわやかな声にはほれぼれする。
巨人戦で連敗していたので今日の1勝は元気が出る一勝。
打線が爆発するとチーム全体の気迫が変わる。西岡の調子ももどってきたし、1番の上本や2番俊介が阪神の原動力となってまだまだいい試合を見せてくれるような気がする。藤波がずいぶん活躍していることが解説で言われていたが投手の力とともに今阪神はバランスが良い。応援のし甲斐がある。
さて体がついていけない季節の変わり目・・・。皆さんはどうですか?
私は10月になるときっと出る花粉症に備えていつもどうしていただろう。
今日はもうひとつキリンチャレンジカップサッカーの試合で本田たちのゴールも見れたしよし明日からまた頑張ろうと思う。

| keiko | - | 00:26 | comments(0) | - |

2013.09.03 Tuesday

はる駒座

以前松井誠の女形の演劇を母達と見に行ったことがある。
今回は大衆演劇で着物教室のお友達に誘われた。
おねえ系の品のない演劇やショーなら私はノーサンキューだが、2000円というリーズナブルな値段で楽しませてくれるそれなりに真面目な演劇集団はる駒座.
確かに規模はそれほど大きくはないがま正面の良い席を確保してくれたので気分は上々。きけば毎日のように通ってくるご婦人がたがいらっしゃるそうだ。
おそるべし大阪のおばちゃん。
ショーでは男性があれほど美しくお化粧で女形になれるのは不思議だ。衣装もすばらしい。若いパワーも育っている。
2家族でやっている劇団らしいがなかなかの人気のようだ。
大阪泉の広場あがってすぐのビル「梅田呉服座」今年5月に出来たとてもこじんまりとした劇場。
9月いっぱい毎日のように内容が変わるらしくプロ根性もすさまじい。
昼の部は結構長く、レッスンがあるので少し途中で抜け出したが大阪の中心地なのであまり時間がかからず夢の世界から即現実へ・・・。
はるこまや

| keiko | - | 23:59 | comments(1) | - |

2013.09.02 Monday

無償の愛

家族や子育ての素晴らしいところは何ものにも変えられぬ無償の愛というものが存在するからである。それほど強い絆はないから・・・。命をかけて大切にしたいという存在のあることは大変なことだが幸せだ。
息子家族が週末から来てたった1泊の大家族だが一人でいつもがんばっている嫁のためにもついつい過剰に動いてしまう。
でもそのことが今の私の幸せな気分につながってゆく。義母や母は可愛い盛りのひ孫を見ることが生きがいにもつながっているようだ。自分の生のバトンタッチをしている事未来につながること・・・そう考えるだけでも嬉しいと思う。
そう思うと若い時には感じることのできなかった人生の喜びが私にはある。子供部屋で次男の幼稚園の時の連絡ノートをみつけた。ぜんそくもちで毎日のように心配ごとを書いている私がいた。幼稚園の先生が優しくとてもいい先生だったことを覚えている。
今次男はとても元気だ。
いろんなことがあり苦労する育児も必ずその恩返しに子供たちが何かを親に残してくれるというものだ。
精一杯全うしてもらいたい。
孫娘の彩ちゃんは9カ月でもうすぐあんよが出来そうな雰囲気!!
タッチはスクワットができるぐらい上手。
ayachanntacchi


| keiko | - | 00:37 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< September 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Recent Comment

Archives

QR Code