2014.03.30 Sunday

浅田真央ちゃんありがとう!!

ソチオリンピックから一か月あの時の失敗をばねにした成長の滑りで世界選手権優勝を果たした!本当におめでとう!!
ショートが世界歴代最高得点はさすが・・・フリーも余裕のある演技だった。
だれが相手でもない。結局は自分が相手なのだ。精神的な強さと体のバランスがとても良かったと思う。
何度でも挑戦し続けるその強さにあこがれる外国の選手は多い。
私もどんな時もくじけない姿にありがとうと伝えたい。今や日本中がファンと言ってもいい。

今晩のエキシビジョンでは鈴木明子が渾身のスケートの美しさを表現した滑りが際立った。心からスケートが好きで幸せそうな笑顔がとても素敵。
町田樹のすっきりとした実力のある演技もとても魅了的だったように思う。
もちろんダブル優勝を果たした羽生結弦のロミオとジュリエットはなんて感動的だったことだろう。
そして真央ちゃんスマイルはどう見てもこれが最後の演技とは思えない。
埼玉アリーナを満員にした観客もどれだけそれを願っていることか。
こちらの勝手な思いで真央ちゃんを縛り付けることはできないがどうかまた会えますようにという気持ちは密かにあたためている。                   

| keiko | - | 22:28 | comments(1) | - |

2014.03.29 Saturday

グレンツェンピアノコンクール

昨日のMちゃんは少しいつもとは違う集中力にかけていたレッスンだった。
1年生だというのに真面目で素直でよく練習してくるので上達が早く楽譜もよく読める子になっていたが、グレンツェンコンクールの前の日だというのにどうしたことだろうと思い尋ねてみたらおじいちゃんとおばあちゃんのところで春休みで朝からママの仕事で預けられ外遊びを思い切りしてきたようだった。
疲れているようだったが、他の曲のレッスンでは眠気を振り絞りながらした。
それほど高レベルの曲ではなくシンプルで弾けば弾くほど楽しく演奏上のポイントが見えてくる「アビニョンの橋」が課題だった。
指で弾くのではなく心で弾かせたかった。可愛い民族衣装でのダンスのイメージを感じたり橋の上で踊るイメージの話。今度絵を描いて見せてと言った。楽譜には可愛い挿絵があったから。メロディの右手の音色は一筆書きをするようにボリュームの頂点を考えること・・・。
全体はメトロノームで練習して左手のみの練習をしっかりすること。
身体全体でリズムに乗るが決して雑にならないこと。
今回優秀賞をもらえたことはとてもうれしかった。おめでとう。ママもお疲れ様。私はレッスンで聴きに行けず残念。

今後もブルグミュラーコンサートなどに挑戦してはどうかと考えている。
生徒自身の性格・そして素質・親のやる気そのトライアングルがコンクールには必要だ。そして結果をうまく次へつなげることが周りにしてあげられること。
コンクールの挑戦は何よりも先生の勉強になる。

| keiko | - | 00:09 | comments(1) | - |

2014.03.27 Thursday

出会えてよかった!

去年の秋から冬にかけてご近所を集めてのコンサートで出演していただいた声楽のTさんはその後私の出身大学の講師をされていたことがわかり深い縁を感じていた。
最後に皆で歌を歌った時、先生が私の声を聴いてくださっていたのか後ほど歌を正式に習ったらと声をかけてくださっていた。Tさんは素晴らしい声楽家としてだけではなく人柄も素晴らしい。その歌には華があり人を感動させる。

新年になってからもなかなかうかがえずついに今日レッスンに芦屋のご自宅まで伺った。
お話を聴いているだけでとても明るく楽しい方だ。口の開け方、呼吸法、発声法。
何よりも音楽性。音楽の基本はやはり歌であることがわかる。
お一人暮らしで清潔でシンプルな佇まいに私が見習うところが多くあり、勉強させていただくことも多い。
ライトさんが地域のボランティア活動の役員として知り合われてご紹介してくださった不思議なご縁に今後の私の人生を新たに豊かに実らせるチャンス到来と感謝している!!
今日のピアノレッスンでもすでに役立ったような気がする。

| keiko | - | 23:41 | comments(0) | - |

2014.03.24 Monday

姪の結婚式

神戸の異人館ハンターー迎賓館にて今日23日は姪の結婚式が行われた。3月の少し肌寒い春の日差しの柔らかな日だった。
四国からの親せきや彼の方の関西の親せきも集まり人前結婚式がしめやかに執り行われた。異人館街なのに和風の造りの庭と母屋は私の和服姿にピッタリだった。朝から週末の疲れもあり体の冷えからか体調が悪かったが、美容院で髪のセットをし着物を完璧に自分ですらすらと着れたことに気持ちは若返った。私ってお天気者だと思う。4時半スタートという遅い時間に余裕があったのかもしれない。
義母が一緒に出席してくれた。姪の光代のことは可愛がっていていつも心配していたし、今回の結婚が決まり実の孫のようにとても喜んでいた。
いきなりパーティの席で抽選会が行われた。のんびり美味しい料理に舌鼓を打っている場合ではなかった。くじで決めるスピーチの番があたったのだ・・・言っといてよねえ。宝くじならまだしも大当たりだった。離れて暮らしているから姉から聞く家族のエピソードが頼りだがなかなか思い出せない。こんな時俳句を一句ひねれたらと・・・また歌でも一曲歌えたらと・・・そんな機転がきいたらまあ芸能界に進出してるところだ。喜びを素直に表したというスピーチとなった。
姉は私と双子の姉妹。性格はとても気丈で心根が優しい。一人実家から遠く離れ苦労をしてその背中を見事に子どもたちに見せてきた。
その結果素晴らしい旦那さんを見つけてきた姪。彼の名は未来(みらい)君。
姪をすっぽり包み込むような優しさがある。そこが二人の共通点だと思えた。
彼女の優しさは姉から受け継いだものだ。そしてまた自分の子にも注いでゆくだろうと思う。家族は本当にすばらしいと思った。姉の苦労は幸せとなって輝いていた。
ここで一句
春の宴  父も天から舞い降りたり
きっと天国から父は参加したかっただろうなあ(*^_^*)
micchannkekkonnsiki

| keiko | - | 00:12 | comments(2) | - |

2014.03.22 Saturday

新星たちのレッスン

新生徒たちのレッスンがおもしろい。
2年集団でレッスンをしてもらっていてこの春から1年生なので個人レッスンでとくるようになった。短時間でレッスンでテキストは1冊なのだが先生のいうことを聞いて集中する体制をととのえてくれていることはありがたかった。
とにかく素直でしかもしっかりと反応する。この1年がんばり来年の発表会ではずいぶん上達した姿を披露できるのではと期待がよぎる。
本質的にはとてもピアノが好きなようだった。お母さんたちも子供のピアノにあこがれを抱いているのがわかる。
指を鍛えることが先決だがまだ小さい。指の形と姿勢の大切さをなんども繰り返した。ハノンは有効だ。そして最強に有効なのはメトロノーム。
この一週間やってきてもらっただけで違う曲かと思えるぐらいすっきりと弾けるようになった。始めは苦労したと思う。しかし慣れると数え刻むことで次への行動が自然の流れとしてわかってくる。
子供たちは身体を動かすことがまず得意だから、自分のピアノが気持ちよく弾けると楽しくなる。するとよく練習もし上達するというわけだ。
ピアノは本当にいろんな意味で子供の教育には欠かせない楽器だと思う。
楽譜に書かれている音符の合間にある白紙の部分を読むことができるような人になること。
大人になったらいろいろなことに遭遇するのでそんな時に発展的な想像が豊かにできる人になってほしい。そして大人になっても夢の持てる素敵な人になってほしい!!
最近また熱心なママたちに出会えるようになり衣食住のみではなく心の分野に大切なものを感じていることはうれしい限りだ。

| keiko | - | 23:52 | comments(0) | - |

2014.03.22 Saturday

アイアイパークアフタヌーンコンサート

2時から1時間の時間をピアノと朗読の私たちが組み合わされたコンサートのグループはウクレレの皆さんだった。前半のハワイアンと後半の北欧の音楽はあまりにも対象的だったのでウクレレ演奏の間に挨拶の言葉を考えていた。
一気に南から北の音楽に移りますと言っただけでその場の空気はなごんだ。
ウクレレを聴きに来たお客さんが多かったのか立っていらっしゃるかたもいて、こんなに多くのお客様に出会えたことに感謝して演奏した。
アイアイパークでのコンサートなど他にもいろいろな功績で宝塚アーティスト協会では今年13年目を迎えるそうで宝塚60周年の記念式典で表彰されることになったそうだ。
出演者よりボランティア活動として音楽関係の方々の活動を支えてきたO先生の功績はとても大きい。
私たちも13年たつだろうか。ミルフィーユも同じく自分たちが一層努力せよと背中を押されているような気がする。

| keiko | - | 21:52 | comments(0) | - |

2014.03.21 Friday

妖精たちのレッスン

3月の風は さすように冷たいけど
ぼくはへいき こわいもの知らずさ

ぼくの葉っぱが伸びるまでなんて待てないよ
葉っぱくんたちは あとからやってくるのさ
のろまなんだから

ぼくの黄色い花たちは みんな勇敢で明るい
さあ やってきた春に元気いっぱいごあいさつ


これはたんぽぽの妖精の男の子の絵に添えられている詩だ。
明日22日宝塚山本アイアイパークで2時からのアフタヌーンコンサートに出演する。
演目は妖精の詩と北欧音楽。
イギリスのシシリーメアリーパーカーの花の妖精たち「フラワーフェアリーズ」という図艦のように美しい絵とかわいい妖精たちの背景を彩り奏でる音楽とのコラボだ。
実は妖精の子供たちの着ている衣装はお花の花弁だったり帽子もそう。実はその花がそれぞれ実物そのもののようにリアルに描かれているのですばらしいのだ。
春から始まって冬へ。ハンニカイネンという北欧の作曲家の音楽は少し落ち着いた背景として描かれる。
私は日頃多くの妖精たちと接しているのでこの絵は本当に素直で無邪気な子供たちの様子が描かれているようでメアリーの視点に心から共感するのだ。
花と子供ってどうしてこんなにマッチするのだろう!!
道行く人々。。。しばし子供たちの可愛さと自然とのかかわりを見事に描いた絵と音楽に癒されてほしい。
yousei

| keiko | - | 11:38 | comments(0) | - |

2014.03.18 Tuesday

小学生でやめないで!!

小学4年生になる前に習い始め家にはキーボードのような鍵盤しかないようだったし、下に妹が生まれお母さんにも練習状況を頼れずなかなかレッスンが進まない今は6年のK君に私はずっと悩んでいた。丸3年は経っている。
とにかくこちらのピアノでしっかり練習させようと頑張ってきた。良いことに必ず休まず時間をきっちりと来るのだった。その時によっては反抗的な態度もとってもっと練習なさいとけんか腰になったこともある。
3月初めのレッスン時に突然お母さんが来られ中学に入ったら続けられないと言われた。
私はとても残念な気がした。最近はよくわかるようになりスムーズにレッスンが進んできていたからだ。心も少し開いてくれるようになった。ソルフェージュはレベルの高い才能を育てるためのソルフェージュという本を使い始めた。おどろきである。そんな矢先だったから。
個人レッスンの強みはその子の心と対話しながら接するレッスンができるということ。お母さんに聴かせてあげてほしい。ブラームスのワルツを・・・。
簡単バージョンではあるがギロックの曲なども含めずいぶん弾けるようになった。本当は今からだということに気付いてほしかったが野球のクラブやチームに入るというからとても忙しくなる。
いつか道であったらにこにこ私に話しかけてくれたらうれしい。
彼と共有した私達だけの時間は有意義なものであったから・・・。
私の話をしっかり聞いて素直な一面を見せてくれて理論などはとてもよく理解していた。
精一杯接したことがこれからの大人への成長の彼の生活の空間に役立つ時がくることを信じている。
ドレミを覚えることがピアノの目的ではない。たった3年でもそこに生まれる先生との心の交流が人生の土台の一角にあるというのはあながち大げさではないと思う。「ありがとうございました」と元気な声で帰っていくいつもの姿がなくなるのはとてもさみしい!!
昨日のコンサートが終わりほっとしてもいるが次への気替えができないままいて・・・でもまた新しい生徒の入会が続いたので楽しみに春を迎えたい。
別れと出会いの季節。

| keiko | - | 00:13 | comments(1) | - |

2014.03.16 Sunday

0歳から家族で楽しむコンサート

前回の失敗を繰り返さないようにみんなの心は一つになっていた。
暖かくなるという気象情報はうそのように感じるまだ朝は寒いなかスタッフの皆様ご苦労様。
私達のコンサートはクラシックとギロックの音楽と絵本・子供の歌で構成されている。有名な曲やアップテンポな曲、今回はピアニカでチャルダッシュをいれた。アンパンマンは作者の追悼を兼ねて取り上げた。体を使って歌ったりする曲も入れる。
絵本の「ともだちや」はある日きつねが100円でともだちになってあげるからいかがですかと看板をかかげて商売しようとするお話。
しかしじつは村一番のさみしがりやは狐自身。動物の世界で人間界で起こるだれもが少し乗り越えなければならない他者とのコミニュケーションの様をおもしろく上手く絵本に表している。誰もが一人では生きてゆけない。必ず支えあえる友人や家族が必要だ。

今日来てくれた家族のママは小さなちびっこモンスターをかかえ日々奮闘している。内容は小さい子には難しいがママが何かを感じそれを間接的に受け止める子供たちがいてもいいのではないか。音楽付であるからこそ小さな子たちに楽しんでもらえる。ギロックの音楽がこんなに挿入曲としてマッチするとは・・・。不思議な雰囲気の曲もよく合っていた。
スタッフのメンバーからコンサートの部屋に入るとき少し眉間にしわがあったあるママがコンサートが終わり帰っていくときはとてもよい笑顔になっていたと話してくれたことがとてもうれしい。
今Eテレクラシック音楽館の小澤征爾の演奏を聴きながら書いている。
音楽は人間が作り出した最高のともだちだ。

| keiko | - | 22:09 | comments(0) | - |

2014.03.14 Friday

0歳から家族で楽しむコンサート

12日は直前にメンバーがインフルエンザにかかったり風邪を引いて声がでなかったりで流れがつかめず普段からの備えが大切かがわかり今日は気持ちの整理をしていた。
16日に向けてまたがんばりたい。
孫の彩ちゃんハルちゃんも無事来てくれたが、絵本の見えなくならないようにテープをひいてこちらには入らない様にと注意をしていた場所にふと見ると彩ちゃんが立っているではないか・・・。
彼女はどこにでも出ていく元気者の性格であぶないこともあり困ったものであるがハルのおとなしい面に刺激を与えているようだ。
赤ちゃん相手のコンサートはこちらの態度でずいぶん雰囲気が変わるが、しかしなかなか落ち着いて聴くことのできないことに私達はもっと慣れなくてはならないし演奏に相当集中力がいる。子育てから離れて久しい。
1から修行して頑張らねばならないと思う。
私もかつては子育てママの一人だったのだから。遊び相手が近所にいず、義母に手伝ってもらいながらも孤独な日々を過ごしていたことがある。
本当に大変な時期の子育てはいっ時である。こんな形で少しでも応援できたらと日夜更新してゆこう。
ぜろさいはるあや

| keiko | - | 00:55 | comments(0) | - |

2014.03.10 Monday

地鎮祭

それは人生で初めての体験だった。
大安の今日は朝お天気は良いものの風が強く冬に逆戻りしたような寒さだった。先日母がぜひ行きたいと言っていた地鎮祭は冷たい風の中で行われた。今日の寒さに母は連れて行けず私は着物を着て参加した。神様に工事の安全と建物に住む方々の健康と安全を願うお祈りを関係者で奉納した。ようやく施主としての自覚も本格的になり、改めて心引きしまる思いだった。
父から預かった大切な土地だ。いろいろな方々のお力をこれからも借りることになる。
昨日ちょうど着物教室に行く日で注文していた大島紬を受け取り先生に特別に予行演習していただいた。それが功を奏し苦手な部分を復習でき、やっと2重太鼓結びをして一人で着れるようになったが考えてみれば丸1年もかかっている。ふりかえれば落ちこぼれそうになんどなったことか。
しかし上手くできない劣等感を感じながらも楽しかった。先生も優しく長い目で見てくださった。
とにかく何でもあきらめずに続けることだと思う。これからも人生の節目節目には着物を着て落ち着いた生活を過ごしたいと思った。
夕食は地鎮祭でいただいた桜鯛のお刺身と煮付け・・・。大きなその鯛は本当に新鮮で美味しく身体に行きわたる栄養とともに春を呼ぶ声を感じた。
もう一頑張りでこの事業も完成する。

| keiko | - | 23:49 | comments(0) | - |

2014.03.09 Sunday

ギロックの世界にようこそ

新入会した6歳のこの春1年生になるT君のママはとても優しい眼差しの方だ。
新しい教材として「はじめてのギロック」を紹介した。
少し弾きながらご存知ですかと尋ねると大好きですという答え。
それならば抒情小曲集はこんな感じです。と数曲弾いてきいてもらった。
ホームページでギロックのことを書いていたことが決め手になったという。それを早く言ってくださいな・・・。
とても嬉しいことだった。
是非これからもご家庭でギロックを楽しむことかできるようT君に頑張ってもらいたい。
子どもの手に優しい大人の心に優しいギロックの曲は感性を豊かにするためにはなくてはならない教材だと思っていることも伝えた。少ない音符でもその音楽からは可愛い子どもたちの心でその風景が思い浮かべられるということだった。
ぐりとぐらの作者は子どもに想像する力を育んであげるために絵本を書いているとおっしゃっていた。
家族で楽しむ0歳からのコンサートの絵本読み聞かせの音楽にギロックを取り上げていることはまたの機会にお話ししよう。
3月のコンサートはおかげさまで満員御礼となっている。
先日新響楽器の0歳から参加できるコンサートを聴きに行った。クラシックの超有名で楽しい曲が取り上げられていてかぶっているところもあった。
でも私達が他と違うところはほのぼのとしたギロックの曲と絵本がコラボしているところだ。0歳の子にはなかなか言葉では伝わらないと思うが音で伝える絵本の楽しさをきっとわかってもらえると思う。

| keiko | - | 23:14 | comments(0) | - |

2014.03.09 Sunday

歌っていいよね!

人間はみんな体の中に楽器を持っている。
4歳のマリリンはレッスンに来始めた時お歌が苦手だった。昔からある薄いオレンジ色のお姉ちゃんが使っていたソルフェージュをし始めたらどんどん歌えるようになってきた。ピアノもがんばっているので自分で弾きながらその音と同じ音でお声をだしてみよう。「よくピアノの音を聴いてね・・まりちゃんは余裕でしょ?」というと即座に「うん」眼をくりくりさせながら答えた。お姉ちゃんに負けじとピアノレッスンはとても楽しそうだ。私のいう意味がわかっているのか勢いで答えたのかその姿がとっても可愛かった。
子供は本当に素敵な存在だ。大きくなって歌を歌ったりすることが好きな子に育ってくれたらと心から思う。関ジャニエイトの仕分けという番組にポップスの合唱で優勝した九州の水俣高校は廃校になるのでその合唱部は相当力がはいっていた。別れの悲しみを歌のエネルギーに変え「風が吹いてる」を歌い切った。
内情を知るとやはり余計に感動するが審査はそこではなく本当の歌の出来栄えの素晴らしさだった。
関ジャニを泣かせただけではなく私もぐっと来た。やはり美しいハーモニーには感動する。声がぴったりとそろってよく出ていた。一致団結する力に最後という心が後押ししたことだろう。
一週間ハルたちのインフルエンザの騒動で母の施設に行けなくて母がさみしがっていた。今日行って小さな生徒たちの可愛さやハルたちのこと、そしていよいよ実家のいえの地鎮祭の日が決まったことを話すととても元気になった。
いつも心の窓を磨いていたら光が差してくるし風も入ってくるよと話した。母が子にいう言葉だよね・・これって。(*^^)v

| keiko | - | 01:23 | comments(0) | - |

2014.03.03 Monday

別れの曲

今日珍しく午前中朝の時間にピアノを練習しているとずいぶん気づくことが多かった。さすがエチュード。まさに良くできた練習曲だった。
これはショパンがつけた題名ではなくやはり調べてみるとフランス映画のショパンの伝記的映画の邦題で日本でその題名で知られるようになった。
ショパン22歳の作品。これほど美しい旋律を作曲したことがないしこれからもできないというほどショパン自身が愛した曲だ。
穏やかな美しい旋律の後激情というべき部分が現れる。そこはとても難しくピアノを弾くものにとっては難所である。
そのギャップが魅力的な曲でもある。別れる??別れない?いったいどっちなのよお・・・。叫びたくなるほどややこしい。
ロマン派の一作曲家ではなく、ショパンという音楽のジャンルであり、憧れのその美しく繊細な世界に少しでも入り込めたなら私は幸せだ。

| keiko | - | 23:47 | comments(0) | - |

2014.03.02 Sunday

新入会の時期

今日の午後6歳の男の子を連れたお母さんが体験レッスンに来てくださった。
家にピアノはあり初めてではなかったようで私は短いレッスン時間で1冊だけしかテキストを使わない前の先生の教え方に驚き、このままでは弾けるようにはならない。まずははじめからもう一度きっちりと教えなければならないと話した。
教えることは責任を持つことなので時間と教材も増えることを理解してもらえた。 小学校前半でみっちり基礎を教え後半からはやる気になればどんどん自分から楽譜を読んでくる子にしなければならない。

うれしいことがあった。午前中にいつも来る習って1年2か月になる年少のR君はママが悩んでいたことがあった。子供同士でもめ事がよくあるらしい。幼稚園の先生からよく呼び出されて言われたという。
私にはそんな風に思えなかったがピアノの発表会を機にとてもおちつき逆に最近先生に成長したとほめられたというのだ。
それがピアノのおかげだというママに時期が来たのだと思うといったがもし彼の心のやりどころがピアノにあったとしたら音楽の力が彼をおちついた性格に変えたということである。そのように言えるママがすばらしい。
したにも男の子がいて育児がとても大変なころだ。小さなころほんの少しピアノを習っていたママはつきそいでそれがもう一度勉強になるという。さらに癒されたなら一石二鳥だ。0歳から家族で楽しむコンサートに来てくれることになりうれしい。
私は技術ではなく心で教えようとこれからも思っている。

| keiko | - | 00:21 | comments(0) | - |

2014.03.01 Saturday

感謝ということ

先日テレビで我がアイドル真央姫のドキュメンタリーがやっていてソチが終わりほっとした姿でインタビューされる真央ちゃんに出会えた。
日本中のだれもが彼女の演技に感動したことだろうが、その長い苦悩の姿に追い打ちをかけた・・・それは母親の死であった。いままで寄り添いどれだけ力になってきたことか。
今は姉の舞が代わりの役を果たしていてそのおかげで今の姿がある。そして日本中のファンが応援してきたことも彼女は知っている。自分の人々に与える影響の大きさを負担に思わず感謝をエネルギーに変えて恩返しをやりきった。
強い真央は悲しみの中から生まれてきた。そしてそれを乗り越えた。
考えれば私も大きな波を乗り越えた時期がある。それはもう人生の大転機だったがいろいろな人に助けられて今があるのだ。
鶴の恩返しというのはあまりにもあつかましいが太っているので豚の恩返しかな。(^_-)-☆
0歳児コンサートなど心をこめて演奏したい。世界で一番美しい曲と称されている(ユーチューブ)「別れの曲」を演奏する予定だ。
スケートの4回転ほど私にとっては難しいところがあり去年の終わりから網練習してきてようやく弾けるようになった。申し込み状況がもうすぐ満席になる。
今日から3月気を引き締めて過ごしてゆこう。嬉しい

| keiko | - | 12:25 | comments(1) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< March 2014 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Recent Comment

Archives

QR Code