母昇天

母は緊急入院しICUでの治療を10日間がんばったが甲斐なく帰らぬ人となってしまった。この1週間のうち四国の姉夫婦やその長男夫婦、我が家の長男息子家族や次男に最後のお別れをする時間の猶予をくれた。母は治療が終わり施設に帰ろうと思っていたはずだがまさかこんな早く父のもとへ旅立つとは私も意外だった・・・。
夏風邪から気管支炎。熱が出て心臓の状態も悪いので、呼吸は酸素マスクの力を借りていた。いったん下がったかのように思えた熱は再び上がり得体の知れない耐性菌に覆われて弱った体は抵抗できなかったらしい。
食事をとれず水でさえも受け付けなかった。
入院前日に行った時はとても元気で話をしたのでなぜこんなに急にとくやんでもしかたがない・・・。
いつ何があるかわからない状態で10年近くもお世話になった施設に別れを告げついに天に召されて行ったのだった。私も悲しみに打ちひしがれている暇はなく・・・。
85歳と10ヶ月。
母を一人にできず26日9時に亡くなったその晩私はエテルノ西宮の一室で一人同じ部屋に泊まった。これが最後の水入らず・・・。エアコンは寒く冷やされ部屋の中にろうそくの電気をともし今までのことやこれからのことが走馬灯のように想いの中を流れて朝まで眠れなかった。一人で母のために動いてきたのもこれが最後。
心を冷静に保ち悲しみのつぼにふたをした。
これからもしっかりと母に笑われない様に生きていかなければ・・・そんな気持ちだった。
今日は艶が行われいえお通夜です。母のつやつやとしたす若すぎる写真が飾られ親戚一同そして他のお世話になった方々にも来ていただき無事済ませた。
これほどお葬式が大変だとは・・・。私が若いころの父のお葬式より記憶では絶対立派な感じだ。
やはり母は特別の存在だ。姉にも今回はとても助けてもらい持つべきものは姉妹だと思えた。さすがキャリアのある姉の言葉は重い。
明日は告別式11時半から・・・。母の用意してくれた喪服の夏の着物を自分で着ようと思っていてもうひと頑張りしなければならない。
早く寝なさいと姉の声。

ジュニアピアノコンサート

午前中は次男を連れて母の見舞いに行き午後は明日の0歳コンサートの練習に出かけていた。
合間を見て新響楽器で開かれるジュニアコンサートに2年生で初参加しているMちゃんの演奏を聴きに行った。
曲はブルグミュラーの「無邪気」。3拍子でいきなり右手16分音符の下降型から始まりそれを受ける左の和声はそれをバランスよく受け止め次の右のパッセージは美しくさらに歌う。
あまり早まると滑ったように聞こえるが私はできるだけテンポを上げて2小節を一つに感じるように指導した。彼女は真珠の首飾りのようにそれを演奏していた。体も小さくまだ幼い感じなので表現力は小さかったがひとつ言えることは弾くより聴きなさいという事を守っていたような気がする。
全体がよくまとまっていた。だがまさか110人も参加している中で私は20人ほどしか聴いていないが最優秀賞に選ばれるとは思ってもみなかった。
年末の伊丹アイフォニックヤングピアニストコンサートに出場権が得られることはとても光栄なことだ。
最後のレッスン前に弾いていた演奏とは本当に雲泥の差だからビデオを見て相当ママと研究したに違いない。努力が報われるとまた生徒に教えられた気がする。
本当におめでとうMちゃん。(^_-)-☆

大阪のおばちゃん

上品な音楽教室だったのに・・・・。
レッスン中におなかをかかえて笑ってしまう傾向にあるレッスンをある生徒としてしまうことがある。その子は関学の附属に通う小学1年生で大阪のおばちゃんのように明るいのだ。そして歌が異様にうまい。
例のハルカス病。少し幼く甘えん坊でとても可愛い女の子。私とは相性が合う。何回も吉本新喜劇のテーマソングを大声で歌ってくれる。
私と漫才の練習をしに来ているのではないと静止しても次々とギャグ連発。
私がつっこみ彼女がぼける。
この子が本気でピアノをしたらどんなに上手になるだろうと思えるのだ。
しかしピアノという楽器は真面目でなくてはならない。でもその裏には人を笑わせたり感動させたりする感性が備わっていないと音楽を表現することができないであろう。
さてどう調理するかな・・・。
そういえば体験レッスンでお母さんがにこにこ笑っていたことを思い出す。
あまり熱心に練習はしないがギロックだけはよく練習してくる。
あうなーー!!(ストロングゼロCM宝塚の天海祐希のように)

母入院

子供たちが自立した後めぐってくるのは親の介護とお決まりのコースをたどる。
娘は特に自立できないから母のことを面倒を見てしまう。

私も次女でありながらメインで面倒を見ているが最近季節の変わり目になかなか自分のことで忙しくて施設に任せきりだった。少し暑い布団をかぶり汗をかきながら夏風邪へと発展していたようだった。あっという間に風邪が奥に入り悪化していった。5年ぐらい前に同じ状態で入院したワタナベ病院に緊急に入院した。
孫から結婚祝いのお返しに夏の羽毛肌かけふとんを送ってもらいそれを届けた直後だった。その時はとても元気でその数日後耳鼻科の兵庫医大に施設の方で連れて行ってもらう予定のその日の朝電話があった。もし一人暮らしなら孤独死へとたどる運命だっただろう。施設の迅速な対応に感謝だった。
昨日3時に病院に行ったときは肺に2酸化炭素がたまり意識が薄い状態でとても心配だった。声をかけてもあんまり反応がなく私は母の好きな歌をベッドの傍らで歌ってでも起こしたかった。ふと母の好きな歌は何だったか思い起こせなかったのだが。ただICUの部屋では無理というものだった。
とても悲しくてベッドのそばを離れたくなかったが30分ででなければならなかった。
親にはぼけてもたとえ寝たきりでも長生きしてほしいのが正直なところである。
今日また夜の7時半に病院に寄ってみた。先生から説明を受けていて昨晩からいつ緊急な電話がかかるかと気が気ではなかった一日だったが母の顔を見たとたんほっとした。少し話もできるようになっていた。ただ酸素吸入器はずっと顔に当てていて手はグローブ状態!意識が上がってくると興奮してじっとしていないのだ。可愛そうだがしかたがなかった。
また明日の朝行くことにして帰途についた。
本当に私は毎日の忙しさにすっかり慣れてしまったようだ。昨日長男から心配して電話をもらった。男の子でも子供はやはり役に立つものだ。気がめいったいたので助かった。次男は明日一緒に見舞ってくれるという。持つべきものは家族である。ほっとしたらご飯をいっぱい食べすぎてああ苦しいーー!ギロックフェスティバルのこともようやくめどが立ってきているのだった。チケットまだまだありますのでお申込みよろしくお願いします。

W杯決勝戦

今日は健康診断に行く日で前日晩の九時から飲食禁止!夜中喉が渇いても飲めずに熱中症になったらどうしようなどと思いながら朝4時早起きして決勝戦を見ていた。さすが互角の戦いだ。ややドイツがボールを多く支配していた。
私はメッシのアルゼンチンを応援していた。どうしても劣勢に味方したくなる。
組織力はドイツのサッカーのすごさでフォーメーションを変えたりメンバーを変えたりしてもびくともしない個人技がさえる。
体力もどちらもあるがメッシが率いているアルゼンチンだから彼を動けなくすることでブラジルのネイマールのようにチーム力が崩れる。
守備が万全でカウンターから攻撃を仕掛けるというのはとにかく走らなければならずドイツは交代を上手く仕掛けた。
ベンチの能力の高さも光っていた。
私は延長戦の前半ぐらいから眠さに勝てずもうこれはPKかなと思ったとたん最後のドイツのゴールを見ずにに眠ってしまった。
健康診断に行く前にニュースでドイツのゴールを知った。
感は鋭いほうだ。残念だがドイツの勢いにサッカーの神様ほほ笑んだのだろう。
でも世界最高のレベルの緊迫した試合を見れて今日は充実していた。
サッカーはやはり楽しい!!

バレエの発表会

生徒のNちゃんとS姉妹はバレエを習っている。
昨日のレッスンの時に発表会のプログラムを持って来てくれたので孫を預かる約束をしていたがちょうどママが帰ってくる時間だったので見に行くことに・・・。
小松スタジオという教室の発表会。芸文の阪急中ホールであった。
バレエは私も習いたかった。子どもが娘なら絶対に習わせていただろう。
以前一度生徒に誘われていったことがあるのだが、2時間ほどのプログラムが終わり今回は感動で涙が出そうになった。
やはり音楽が生でないにしても素敵なバレエ音楽。そしてこの年齢になってようやく芸術の素晴らしさにこみあげるものが大きくなったのだろうか。帰り道涙をこらえるのが大変だった。
Nちゃん姉妹に感謝だった。バレエは音楽とは切っても切れない縁がありこれからも二人にはピアノも頑張ってもらいたいと思った。
忙しくてなかなか練習できなくても続けてさえいれば弾けるようになる。
帰ってから是非孫の彩ちゃんにはバレエを習ってもらいたいとママに話した。
人前で堂々と踊ったり演奏したりできる事はとても素敵なこと。
人をこんなに幸せな気分にさせる芸術ってやはりすばらしい!!

オランダ対アルゼンチン


ブラジルとドイツの試合が意外な結果に終わり、もう一つのオランダ対アルゼンチンの試合を今朝6時半位に起きてみていた。
0対0で延長戦を経てPK戦へ・・・。
オランダが優位だと思ってたらアルゼンチンキーパーが2本止めた。
あの場であれだけ活躍するということはいかに守備が良いかということ。
精神的な強さが光る。
メッシのシュートはさすがだし、どちらが勝っても不思議がない状態なので少しのミスが試合の行方を決する。オランダは止め切れなかった。
サッカーの神様がほほ笑んだのはやはりメッシ率いるアルゼンチンだった。
ドイツはかなり強そうだがさて優勝するのは?

七夕コンサート

前から上甲子園公民館で友人のライトさんが公民館推進委員の方と知り合い七夕コンサートを行うというのでピアノ連弾とピアニカで参加させていただくことになって練習を重ねていた。
涼やかなミュージックベルの音色が上甲子園の講堂に鳴り響いていた。
なんて心地よいのだろう。
紙芝居が終わってそのあとハンドベルを初めて持つ人のために楽譜はわからなくても歌詞の横に色のテープを張った大きな模造紙を用意していた。
今回は小さな赤ちゃんがいるお母さんや熟年の人までだれでも体験できるレベルの会だった。「きらきらぼし」と「赤とんぼ」
休憩して2部には「ルパンのフーガ」という連弾をした。おもしろミックス連弾では最高にかっこいい曲だ。
アニメのルパン3世の超有名なあの主題歌となんとバッハのフーガが混ざり合った編曲となり相当難しい。チャルダッシュも今日が最後の演奏!!何度弾いても完璧とはいかないなあ。
そして田口先生のオペラ講座が最後の出し物だ。
やはり華がありすばらしい演奏だったと思う。もっと多くの人にこれからも聴いてもらいたい。
夏のうっとおしい梅雨のひとときをさわやかな気持ちで帰ってくださったならそれで十分だった。
雨がひどくならず私の体も肩の荷が下りて7月の風に乗れそうな気がした。
突然着物の講座で知り合った甲子園在住のKさんを電話で呼び出しそれもお二人の友達を連れてきて下さったことに感謝!!
30名ぐらいのお客様1時間半のプログラム・・・。まあまあ大成功です。

驚きました!

日曜日も連続で生徒のピティナステップを聴きに行った。
おどろいたことにその西宮のステーションのステップに参加する生徒さんの中では参加継続表彰50回・40回という人がいるのだという。2か月に一度連続で出たとしても10年はかかる。コンスタントに続けること。。。。
人前で曲をちゃんと仕上げて演奏するとはどんなに大変なことだろう。
継続5回の人が演奏するのを聴いたがやはりその演奏は慣れているという感じだった。いかにも余裕があった。慣れたり回数を体験し続けることの大切さがわかる。
発表会と違って本当にいろんな演奏が聴ける。
小学3年生のYちゃん(偶然同じイニシャル)二人はきっとこれからもよい演奏を目指してがんばってくれることだろう。
お父さんやお母さんの笑顔がとても印象的だった。
この学年はピアノ教育の骨格を作る時期でもある。
グッドタイミングだったかもしれない。


ピティナステップ

西宮新響楽器で行われたピティナステップに二人参加した。
初参加の小1T君は1週間前のレッスンは発熱でお休みで昨日レッスンで立て直しなんとか弾ききった。チクタク時計の左手が少しうるさかったがこの春に私のところに来た当時からすればそれはそれは生き生きとした演奏だった。
素直でピアノが好きな彼にはこれからもぐんぐんと上達する兆しが感じられた。
二人目の小6Aちゃんはバッハのトリルが苦手だがずいぶん弾けるようになっていたし、もう一曲の方のグラドス・アドパルナッスム博士は弾き直しがあったものの自分の演奏ができていたように思う。大人になったAちゃん。
生徒たちの演奏には指導の結果が如実に出るものだ。
級を上に通過するばかりが目的ではなく必ず見に行って自分の指導力の反省をしなければならない教師にとってもありがたいイベントである。
やはり参加させてもらってとても良かったと思った。
明日もう一度ピティナステップそして20日ジュニアコンサートやそれ以降のグレンツエンに出場する生徒たち・・・。
ステップ
この夏また一回り大きくなってくれることだろう。可愛い生徒たちに感謝!!

生徒に言えない

生徒たちにがみがみと練習しなさいという立場でありながら私も練習時間がとれない悩みに陥っている。
小2のSちゃんは習い事に追われお母さんが働いているためなかなか練習習慣がつかず困っていた。しかし一人前に教材だけはお姉ちゃんの影響もあり持っている。今日は様子が違っていた。先週は私自身が体調が悪いのと彼女たちが練習をしてきてないせいで最悪のレッスンだった。たぶん苦虫をかみつぶしたような私の顔だっただろう。
今日はいつもより前向きに楽しそうだった。
それは学校が懇談会で早く終わり家に早く帰れたのでピアノの練習ができたらしい。
やれば出来ると私はどんなに練習してこなくてもあきらめなかった。
すると今週はバレイ今週はピアノその次はなになにと言う風にがんばる事を決めることにしたというのだ。今の子は下手したら4つ5つ習い事がある。
子どもにも工夫が必要だ。そうでないと振り回されてどっちもだめになるということがわかったらしい。
少しずつ生徒たちがピアノの楽しさを知り努力の先には希望があることを知ると良い。世界中でたたひとつの全世界の共通語なのだから。
昔のようにピアノだけに重きを置くという傾向がないだけに苦しいレッスン状況である。
私もちょっとした隙間時間を狙って練習に没頭するとしよう。工夫・・・。

続きを読む >>

素敵な笑顔が見たいから・・・

ピティナステップに7月6日に新響楽器で演奏することになっている小6のAちゃんはバッハインベンションとグラドス・アル・パルナッスム博士を演奏することになっている。真面目にピアノを練習するので1年生に習いに来た時からぐんぐん上達してきた。ピアノを好きになってくれた。
それはおうちのお母さんが想いが深く子育てを中心の生活をし熱心にピアノに向かわせたおかげである。ドビュッシーのこの曲は娘のためのピアノ練習のために作曲したもので父親の娘への教育的メッセージが込められている。
真面目に練習しなければならないピアノ。でもやればこんなに素敵な曲が弾けるのだ。
Aちゃんのお母さんから今日のレッスンの時にそれと同じ感想を頂いた。
「素敵」・・。おしゃれだねってことかな。その言葉は上手という以上の褒め言葉である。
人の心のセンスをくすぐるその言葉は音楽にどれほど大切か・・・。
遠くからレッスンに通う大学生のAさんにはメールでこんなことを書いた。
彼女は楽譜さえあれば練習したらなんでも弾ける実力の持ちぬしだが楽しめないでいたのだ。奥深く勉強したいようだった。ようやく最近自分を音楽の中に見つけ出していた。

忙しいながらピアノを続けるのは大変なことだけれど一生を通じてこれだけは自分に対して誇れるというものをもってください。
いつしかそれを持っている強い自分が何かの時、必ず人に優しくできるようになり、打ち込むことがあることに感謝できるようになるから・・・。と(*^_^*)
メールの返事は期待通り。

ミルフィーユSONODA

ちょうど一年前の6月から情報収集にとりかかり父の残してくれた土地を有効活用することになり、ようやく古い集合住宅10戸から6月26日に生まれ変わった1戸建賃貸の家4LDKを紹介する。年老いた母が元気なうちに建て替えることができとても喜んでもらえた。自分の限界を超えた苦手な仕事や動きも多かった。先週の体調の悪さはその疲れが一気に噴き出した感じ・・・・それだけに大切にしてゆきたい。林先生のいつやるの今でしょ・・・そのままで・・・お世話になった皆様に心から感謝です!!
ようやく1件はお客さんが決まったようで、水回りはトクラス(ヤマハ)でお風呂が大きくて使いやすそうなシャワー機器がついている。
駐車場に2台はいるようになっていて(一台の家もある)とても便利。
住む人の気持ちになって素敵な1戸建ができたと自負しているがさらに阪急園田駅からは徒歩8分ぐらいで地の利は最高の場所と言える。
おちつた住宅街。神戸にも近いし梅田には阪急神戸線の各停で10分で到着。
あと2件どなたか住んでみませんか?家賃など詳しくはエイブル塚口店へお問い合わせを・・・。建物の名前はミルフィーユSONODAにしました。
ミルフィーユそのだ

Go to top of page