2015.03.31 Tuesday

バッハインヴェンション&シンフォニアセミナー

田中巳穂先生の3回目のセミナーが行われ新響楽器に向かった。
私は子供の頃この曲集に出会ってピアノに開眼したといっても過言ではない。
中学の頃からやり始めたが、あまり練習時間もとれないなか楽しかったことを覚えている。バッハインヴェンション。
先生が演奏しながら教えてくださるのでとてもよく分かった。
やはり美しい曲ばかりでその秘密をひも解いてゆくのはとても楽しい作業だ。
今日は7.8.9番のシンフォニア。バッハ三声練習帳という保坂千里著 東音企画の楽譜は3声それぞれの声部を分けて書いてあり練習の際にとても参考になる。レッスンの際の分析にも役立つ。10本の指で3声部を弾いてゆくので指使いは重要であり事細かにそれを書いてある。
大人の生徒に使えると思った。
音楽性が求められ私は生徒たちをここに連れてくるのがまず目標だ。
ここまで来て音楽を好きなら一生その楽しみから離れることはない。
次回も参加しようと思う。田中先生の言葉が私の心にジーンとしみる。
午後シンフォニーホールでグレンツェンコンクールのO君1年生の応援に向かった。

| keiko | - | 00:07 | comments(0) | - |

2015.03.30 Monday

羽生結弦

今日エキシビジョンを見た。
羽生も宮原も世界で2位はすばらしい。
男子のスケートは力強さと安定感があり女子の可愛さに加えて魅力を感じる。
惜しくもフェルナンデスの余裕のある演技には負けてしまった羽生。
しかし羽生のエキシビジョンには華がある。伝えようとする何かがある。
義母も思わず「きれい」と口ずさんでいた。
多くの試練が羽生には今年あったと思う。でも来シーズンに向けて成長の過程だったと思えばよい。銀メダルだったのだからすばらしい。
最後に4回転を無事着氷させてすっきりして終わった。
がんばれ羽生!悔しい思いをすればするほど未来は明るいのだから・・・。

| keiko | - | 00:11 | comments(0) | - |

2015.03.29 Sunday

アイアイパークアフタヌーンコンサート

春をテーマに今回はビバルディの春  森の水車
ロングロングな春の小川  ふるさとのおぼろ月夜 野ばら
ワルツ春  春の声

私達ミルフィーユ6人は宝塚アーティスト協会の連弾グループメンバーとして協会15周年に入る年の春に演奏をさせていただいた。
私たち自身も結成15年間となる。アイアイパークでの演奏は10年目になる。
ようやく春が来たという感じの3月の第4土曜日。30名ほどのお客様が聴きに来られて椅子をあとから運び入れるほどだった。
午前中レッスンを終えて車を走らせ道が渋滞している場所があり少し焦ったが無事到着。メンバー6人で担当してペアを組んで演奏する。
アイアイパークのピアノは弾きやすくないのでようやく慣れたかなといったところ。音楽と季節は切っても切れない縁があり、今回のテーマは春だったのでとても明るい曲ばかり。やはり心も踊る気分になる。連弾の楽しみと充実感をようやく実感できるようになったと思えた。楽譜が読めてピアノを勉強してきたおかげでこのような仲間に会え季節感を音楽で味わうことができるってなんて素敵なことだろう。大きな拍手をいただけたことが本当に伝わっていると思えた。春を心から迎え入れたという感じがする。
後半のバリトンの紳士は日本の歌をおもに歌われていた。
スタンドアローンという久石さんの曲がとてもきれいで涙が出そうになった。
発表会の準備で子供たちと奔走している中アイアイパークでのこの時間はとても貴重なものだった。
アフターは隣の100円パンの焼きた亭でグランドマザー談義!!
メンバーの中の3人はこの5年間の間に孫に恵まれていた。新たな人生の扉が開かれそれが心の支えとなりまた次の春に向かって頑張ろうとしている。
病を抱えながらもメンバーの一人0さんが元気になっている様子に私はうれしくてしかたがなかった。音楽が私たちの絆や信頼を深めてくれていることは言うまでもない。これだけ長く続けられるのにはやはりお互いに対する思いやりがなければ続かない。心の優しいメンバーばかりでいつもほっこりする。次は地球をまもろうリレーコンサートに向けて一直線!!

| keiko | - | 00:28 | comments(0) | - |

2015.03.26 Thursday

じっくり育てる

学校で音楽の授業や美術の授業が減ってきているという。
だから私達街のピアノ教師の役割は大きい。世界中で愛されているショパンやモーツアルト・ベートーベン・バッハなど音楽教室に張っている肖像画の有名どころは押さえておきたい。
実際大人になった時人間として教養を身につけていると道を外れることはないのだ。海星女学院の高校で受験期に入ったSちゃんは10年以上習っている。
ツエルニー40番。バッハパルティータ・ショパンの革命のエチュードを練習している。テレビの主題歌のスーパーフライの「愛の・・?」の超難曲を制覇している。ピアノと言うより音楽の持つ深い芸術性が理解でき大人の分野に近づいてきた。受験の厳しい勉強の合間に弾いてくる。
もう一人10年選手の高校受験に第一志望ではないが私学のレベルの高いところに合格したAちゃん。おめでとう。ずっと合唱の伴奏を練習してきた。かなり歌にはまっている。
受験期で反抗期の彼女の相手は相当風当たりが強く大変なものだったが、音楽の持つ魅力にははまっていてピアノを続けている。ようやく今日笑顔が見れた。
私までほっとして半分姉のような? 母のような叔母のような気分だった。
発表会には出なくても長く教えるということはこういうことだ。人間的なつながりとともにお互い音楽と言う絆で結ばれている。(^_-)-☆

| keiko | - | 00:06 | comments(0) | - |

2015.03.24 Tuesday

発表会ごっこ

私が演奏の曲目を読んで名前を呼び、子供たちがピアノの前でお辞儀をして実際に本番のように演奏するという発表会ごっこを今週から始めている。
あと一か月を切ったので、「ようかい第一体操」の合奏のピア二カや打楽器。歌の練習もしている。「気球に乗ってどこまでも」という歌はママたちが中学校などで歌った記憶のある素敵な歌だ。手拍子がついていてのりが良い。
今日来たM兄弟はソロ曲がとても難しいにかかわらずお母さんの努力で湯山昭さんの曲やプロコイエフの曲などに挑戦しずいぶん上達してきた。
昨年の11月に変わってきて熱心なママサポートにより二人が素直に練習した結果だった。
もう一息でもっと演奏が安定する。
ここで気を緩めたらせっかくの演奏が小さなものになってしまう。
ギアチェンジ。ほめるおだて作戦。
・・・・。さらに実力をつけよう!子供たちは日夜成長しているのだから。
手の力も指の強さも感性も忍耐力も集中力も・・・。
ピアノを習っていればいろいろなことが身につくのだなあ。!(^^)!

| keiko | - | 00:43 | comments(0) | - |

2015.03.24 Tuesday

心豊かに生きる

1昨日久々に一日お休みで姉のように慕っているyotann家に行った。
梅を見に行く約束をしていたのだがもうシーズンが終わってしまい、桜の開花を待つばかりとなってしまった。着物の着付けを復習したいとかねがね言っていたので、そちらの方に予定は変わった。
私は去年母のことが忙しくてそれ以来教室には行けていなかった。
でもやはり着物を着ると好きなのだと認識して義母と新歌舞伎座のチケットを姉が送ってくれたので着物を着ていこうと思うようになった。
yotann はいろいろなものを手作りしている。
苦が去るというさるぼぼの人形や、ゆずの皮で作ったピールの干菓子は絶品。
いつも心がこもっていて書も絵も素敵な作品ばかり。
私は生徒たちの発表会が佳境を迎えちょっと心が上ずっているのでとても癒された。
本当の姉は四国にいてなかなか会えないがいつも優しいyotannありがとう!!
玉ねぎで久しぶりに作ったお好み焼きを食べておいしかったな!!
ごちそうさま(*^^)v

| keiko | - | 00:04 | comments(2) | - |

2015.03.20 Friday

不思議な出来事

昨日づぼらやでG4メンバーのMさんの送別会があった。
その帰りに行った創業60年のアラビヤというCafeでの出来事。
心斎橋筋商店街の路地を入ったところにある古びた昔からある喫茶店。古臭いがターバンを巻いたおじさんのロゴマークが異様に目を惹いた。こういうところの珈琲はスターバックスなどに比べて高いが味は確かなものだと思った。禁煙でもない。カウンターの奥にあるテーブルは5・6人がまとめてかけられるようになっていて落ち着いた雰囲気だった。入り口からは見えない予約席のためのものだったらしいが使えた。中国人らしい日本語の上手なお給仕の女の子がいた。
そのもう一つ奥にはドアがありトイレになっていた。
一人しか入ることができないのに次々と入って女の子だけが出てこないような気がしていた。奥にはシンジケートがありそこからこちらには戻れなくなって人買いに売られていくのでは・・・などとOさんとうす気味悪がっていた。
小さな2階の階段に人が大勢次々と撮影の機材みたいなものを運んでいた。
そのすぐあと「魔法のレストラン」の撮影をしています。ご迷惑をおかけしますと断りの女性が話しかけてきた。
びっくりして私たちは退散したが・・・カウンターには芸人の木下?が座っていた。
なんだかよくわからない。でもコーヒーのキリマンジャロの少し酸味のきいた美味しい味は忘れられない。(*^^)v

| keiko | - | 23:49 | comments(0) | - |

2015.03.19 Thursday

練習の成果

きらきら星変奏曲を発表会のために練習している6年生Aちゃんはがんばりやさんだがこの難曲を弾きこなすのに苦労していた。
この曲の美しさを表現するには多彩なタッチと表現力がいる。
平坦に弾くと子供っぽくなり10曲以上の変奏を退屈なものにしてしまう。
どうすればよいか悩んでいるようだった。指が動くことが直接良い演奏というものにつながらないことは知っている。
まず自分の演奏を録画して聴かせてみた。
その後CDをかけてプロのピア二ストの表現力を聴いてみた。
そしてまた本人に弾かせた。なんと即座に魔法がかかったように演奏が水みずしくなり生き生きとしてきた。弾く練習をしてはいても聴くことをしなければなにもならない。
しかし急にこのように変わることができるのには本人の努力の成果だと思う。
そして自分の疑問点が見いだせたのだろう。
一発で何か水を得た魚のようだった。よかった。本当に・・・。
お母さんも家でも弾き方が変わったと驚いていた。
この一か月はギアチェンジの月。子供たちの実力アップの最前線時間となる。
生徒たち一人一人がこの貴重な発表会という機会を得て自分に対する自信をつけその力を発揮することのすばらしさを感じ成長してもらいたい。

| keiko | - | 00:42 | comments(0) | - |

2015.03.18 Wednesday

サッカーより

ピアノの方を優先したいのでピティナステップに出ます。という男の子のお母さんが日曜日でも大丈夫ですと言ってくださった。発表会には間に合わず3月から来始めた2年生のT君は3回目のレッスンで驚くほどうまくなっていた。
私の出す課題が多くてよく練習するようになったというのだ。すばらしい。
いやがらずに練習する素直な性格はピアノに向いている。よくしゃべるし活溌・・。音楽的に弾くにはまず強い指を作り美しい音を知らなければならない。でもそれをどういえば理解させることができるのかがこちらの力なのだが、まず自分の音を聴くよう注意した。
楽譜の難しいブルグに入るにはまだ無理な気がしたがこの一週間でその私の考えは変わってきた。
前の先生からのブランクの間に休んでいたことが逆にエネルギーをためていたのだろうか・・・。ピアノが好きだということが幸いでお母さんの見守る笑顔がいい。焦らずに鍛えて1年後の中級学年には素敵なピアノが弾けるといいなと思う。男の子はあるとき孤独な自分と向き合わなければならない時があるし社会に向かって厳しい時期が必ずやってくる。そんな時音楽が役に立つことは言うまでもない。
見えない力が心の平安を保ってくれてメンタル的な世界に強い自分を築くと思うのだ。集団の中の一部ではなくたった一人で瞬時に何役もこなさなければならないのだ。演奏 指揮者 聴衆という・・・。練習を計画し準備し一つのミスもなくそうとする集中力と人に伝えようとする気持ちは尋常ではないものが必要である。
今回の発表会も生徒一人一人に大きな拍手を送りたい。
発表会まであと一か月だ。(*^^)v

| keiko | - | 00:35 | comments(0) | - |

2015.03.15 Sunday

幸せ家族

家を建て家族を養うということはとても大変なことだ。
息子は曲がりなりにもそれを実現した。自分の生きる道を模索し続けていた長男がようやく人並みの人生を歩み始めたことに私は嬉しさがこみ上げてくる。幸せそうでうらやましいぐらいだ。
私は母として自分の子育てに自信がないころもあった。しかし今や私を気遣い支えてくれる息子家族に感謝する日々だ。特に孫たちの存在は格別のもの。
お彼岸には早いのだが、今日ようやく息子も休みであくる日予定がなく子育ての忙しさと保育関係の役員の仕事のあいまに家族そろって泊まりにきてくれたので早い目のお墓参りに行くことにした。
実は父にたくさんの頼みたいことがあったから・・・。
雨が降りそうだったがどういうわけか無事お墓参りの間だけ降らずに帰りに降りだしてきた。父が私のノーテンキな願いを受け入れてくれたような気がした。
その後新しい家のいろいろな雑貨を買いに西宮のニトリと無印良品をはしごしてつきあった。大きなものを運べる車の役割は大きい。
尼のくら寿司に予約をいれておいたので7時過ぎには夕食にありつけた。その後新しい家のお風呂にはるとあやちゃんと入りほっこりして帰った。
久しぶりの家族の多い団らんに義母も大喜び。
疲れたなどと愚痴も言わない。嫁の麻美ちゃんも少し余裕ができた。本当によくがんばってきたと思う。下のあやちゃんがそれだけしっかりしてきたことは事実だ。あともう一息で赤ちゃんを卒業。
本当に久しぶりの休日だったなあ・・・。(^_-)-☆
ohakamairi

| keiko | - | 23:57 | comments(0) | - |

2015.03.14 Saturday

地球を守ろうリレーコンサート2015

先日3月11日に4年目のメモリアルを迎えあの日の津波の恐ろしさとその悲惨さを思い出すこととなった。微力ながら昨年のチャリティコンサートが台風でできなくなってしまったが、それから約半年余り後に延期することで震災の遺児のために私たちは少しでも募金を募りたいと思った。
その日毎日新聞のほっと兵庫の編集室に宣伝を載せてもらいたいとお電話すると快く引き受けてくださった。今日は芦屋に歌のレッスンに行った帰りに光明寺へチラシを置いていただけるように伺った。母の法要に来てくれた関学グリー出身のお坊様にちょうどお会いすることができお願いすると例の美声でやはり快く引き受けてくださった。しゃべるだけでそのやわらかい声に聴きほれて母に捧げてくれたお経がよみがえり心が暖かくなる。
その後西宮市市役所の文化振興財団へ。各公民館への配布をお願いできるからだ。市政ニュースにも載せていただくことに・・・。3月いっぱいはそのような活動で忙しい。
このように遠くから支援するボランティア活動や音楽活動でしかできず現地での力仕事などはできないでいた。
神戸の震災の時にもいろいろお世話になったことを考えると日本人は助け合って生きることができそしてそれを続けていけばどんなことにも打ち勝っていけると思えた。報道では大変な現状だががんばる東北の被災地から元気をもらっている。(*^^)v
コンサートは5月10日(日)西宮北口新響楽器オーパスホールにて11時開演です。みやたんも出演します。多くの方々のご来場お待ちしています。

「地球を守ろうリレーコンサート2015」

| keiko | - | 00:37 | comments(0) | - |

2015.03.13 Friday

バスティン講座

アメリカからのピアノ教材でバスティンの教材が有名である。
あまりにもたくさんの楽譜が出ているので少し勉強が肝心だと思い田中巳穂先生の講座を受けに甲子園の新響楽器に行った。
小さな子が習いに来るから懇切丁寧であるこの教材に着目する。
ピアノという教材をメインにしテクニック、パフォーマンス、セオリーを一緒に持たせてレッスンして行く。とにかく鍵盤と楽譜が合致してしっかり読譜できるようにする。
ピアノは楽譜を読むことができなければまず弾けない。
多くの教材が用意されているから短いができるだけたくさんの曲にで合わせサクサクと進んでゆくことが大事だ。
ベーシックレベル3辺りからブルグミュラー・プレインベンションが併用できる。メソードは先生がこの曲で何を学ばせるかを確実に把握してそれをしっかり定着させ次につなげるための子供の器づくりを工夫していかなければならない。
大きな海に漕ぎ出でてゆく小舟たちをしっかり内海にいる間にサポートしなければすぐにしずんでしまうからだ。
今日のお話は私のしているレッスンの再確認でもあった。
普段練習しない積みあがらない生徒たちはグラマーを教えずにいきなり英語を外国に飛び込んでしゃべれるようになりなさい。というようなもので、あまり練習しない子たちには向かない。着実に練習を重ねる子たちにはこのような多方面の骨太な教材で育てるとさらに基礎が固まり実力が付く。
進度が人それぞれなので個人レッスンより団体レッスンに向いている教材かもしれないとも思う。
やる気を出させるのが先生の仕事と言って過言ではないがそれには家庭の環境が必要でどちらにしてもいかに大変な習い事かがわかる。
私が子供のころこんなに大変だったのかなと疑問に思う今日この頃だ。

| keiko | - | 00:47 | comments(0) | - |

2015.03.09 Monday

ユジャ・ワン

昨日はNHKらららクラシックでマドンナの宝石という曲に聴きほれ今日はクラシック音楽館を聴いていた。
途中だったがピアノ協奏曲があまりにもオーケストラとシンクロしていたのでそのピアニストに注目した。いったいこれはだれ?
まずはそのいでたちだった。それこそアスリートのようだった。
身体の線がぴったりと分かる。お顔はつけまつ毛に愛くるしい若いアジア人の顔。
中国人であることは想像がついた。その音は美しく張りがある演奏で完璧だった。ピアノはスポーツなのだよ。繊細で大胆な・・・。とでも言っているようだった。そのままダンスでも踊りだしそう。その大胆な衣装とは裏腹に演奏は正統派そのもの。
その演奏が終わりオーケストラの火の鳥の演奏が終わった。
そのあとクラシック音楽館プラスにて彼女のソロ演奏が放送されたがその演奏はやはり圧巻だった。スクリャービンはとろけそうだ。空気の中に・・・。
衣装にはさらに驚かされたが・・・。
ふつうのドレスは持ってないの?ネットで調べるとやはり多くのファンの書き込みがあった。ぜひ生で聴いてみたい。

| keiko | - | 00:14 | comments(0) | - |

2015.03.07 Saturday

アルガルぺ杯

先日デンマークに負けた日本代表は昨日ポルトガルに3対0で勝った。
デンマーク戦ではかみ合わず日本の動きが統制がとれずデンマークの大型選手の動きだけが目立っていたようだった。やはり澤がいない日本はだめなのかと思っていた。
だが昨日の試合では監督はメンバーを大きく変えて臨んだ。
確かに格下ではあるが横山のミドルシュートはすばらしく生き生きとした試合運びは見事だった。
あたらしいメンバーが育っていることがうれしかった。
しかし日本の選手であのようなすばらしいミドルシュートができる選手は男子にもいないのではないか。
春先のフレッシュな感じが女子サッカー界をにぎわしている。
がんばれニッポン!!

| keiko | - | 23:57 | comments(0) | - |

2015.03.06 Friday

関本昌平ピティナ課題曲講座

3月初めにピティナ課題曲が発表され今日は関本昌平さんの課題曲の講座が新響楽器であった。彼は私にとってファンクラブに入りたいぐらいのピアニストだ。
現在2年生MちゃんがピティナコンペティションB級を受けることになり私は早速参加した。
課題曲の中から選ぶ作業をするのだが、近現代とバロックをまず弾かなければならない。今2年生なら小学校の間ピティナ畑で勉強すれば中学ぐらいにはかなりの音楽性がつくだろう。なぜならいろんな種類の音楽に出会えることができるから。4期のバランス良い音楽に出会えることがピティナの特性である。
美しい音楽を表現するには耳を発達させなければならない。それには環境を整えること。練習が大変でも少しも愚痴をいうことなくついてくる性格はピアノに向いている。ママがそれをしっかり認め見守っているからだ。
私自信もともに勉強させてもらっている。妹のもう一人のMちゃんもまたその影響を受けすばらしい。
年中なのにもうブルグミュラーを弾いているのだから。(^_-)-☆

| keiko | - | 00:23 | - | - |

2015.03.04 Wednesday

ラッスンでレッスン

リズムを均等に打つということがピアノには必要になってくる。
メトロノーム代わりにラッスンゴレライを使ってみた。バーナムは短い曲のオンパレードだが、リズムに乗らなければ成り立たない。小さな指たちにはちょうど良い。子供の弾く曲に合わせてラッスンゴレライをいうとノリがよく楽しめる。
私が注意することを説明し始めるとピアノを弾くのでチョとまてチョとまてお姉さん(男の子にはお兄さん)と言って止める。
指がこけそうになる子などには適していてレッスンが数倍楽しい。
ある程度練習をしてくる子でないといけないが・・・。
しかしこちらはかなり真剣。
指がへなちょこだった1年生のYちゃんは結構根性の持ち主でここのところ本当に指が強くなった。習いによそから変わってきたときはどうしようかと思うくらいだったが、今はジャズ調の曲が弾けるまでになったのだ。
すごい成長で私はその急激な変化に驚いている。この1か月はさらに前に向かって飛躍してゆこう。ラッスンでレッスンは使えるなあ!!

| keiko | - | 23:08 | comments(0) | - |

2015.03.03 Tuesday

心を尽くすこと

心を尽くすこと(相手を思いやる)ことが少ない世の中になってはいけないが、
私は忙しさにまぎれそんな自分の生活になっているのではないかと反省する。
人からいろいろと手の尽くした事を受けるとると特にそう思えるのだ。
演奏会が終わってほっと一息してYOtannから頂いた手創りの柚子のピールの砂糖漬けのお菓子が美味しい。
それから池田さんから頂いた薔薇のお花・・。
そしてなんと今日は息子の新築祝いに義母の姪のRさんからそれこそ手作りの頂いた芸術作品アートグラスの作品だ。おしゃれで素敵。
どれも心を尽くしてのこと。
ああ  春が来たんだ・・。と心から温かい気持ちが伝わってこちらにご紹介したくなった。
皆さま本当にありがとう!この場を借りて感謝いたしますm(__)m
ゆず ばら ねこ

| keiko | - | 15:59 | comments(0) | - |

2015.03.02 Monday

ラッスンゴレライ

池田作品全曲演奏会二日目がいたみホール多目的ホールで行われ40名ぐらいのお客さんが集まった。
2時間以上のプログラムでピアノオンリーでソロと連弾だけで聴いていただいた人には少し長く思えたかもしれない。でも終わってからぐっすり寝てしまっている人はいなかった。
クラシック音楽にはよくホールで舟をこいでいる人がいるが・・・。
こよなく池田作品を愛するメンバーの3人はまた新しく生まれ続ける作品を追い求めながら再び今までの作品を工夫しながら、演奏していきたいと思っている。
今日は雨だったにもかかわらず足を運んでくださったことに感謝して・・・。
ラッスンゴレライを家に帰って検索してみた。
帰りのお茶会のスタッフとの反省会で話が出ていたからだ。
リズムのノリが良いのが楽しかった。女の子版やオリラジ版英語バージョンはさらに面白い。
しかし結局ラッスンゴレライって何?
知りたいー!

| keiko | - | 00:49 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< March 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Recent Comment

Archives

QR Code