2015.08.31 Monday

プロフェッショナル

NHK仕事の流儀を見た。
どの家庭にも起こりうることだとひきこもりの子供たちのNPO支援を立ち上げあた谷口氏のこと。
自分も家出の経験から浪人し大学を出てこの仕事につくまでの経緯があった。
小さな子供たちから大きな子供たちまで親の環境はさまざまだ。
一人一人に向き合い、行動を共にすることで心を解きほぐし、社会復帰学力支援などを行う。優しい目をした若きリーダーだ。
複雑な家庭がこれからの時代はどんどん増えるだろうなか、社会はまだまだそれに手をさしのでべていない。このような先生が増え素晴らしい活動が増えることを願う。

| keiko | - | 23:56 | comments(0) | - |

2015.08.31 Monday

寿長生の郷

8月30日が義母の卒寿の誕生日だ。90歳である。
温泉好きの義母を近場の雄琴温泉に連れていくことにして雄山荘に予約を入れていた。車で1時間半から2時間ぐらいで行けるぐらいで遠くまでは体力的に無理だった。
yotannも誘っていたが、そこへ飛び入りで郡山から25周年ギロックフェスティバルに参加するために来ていたリトミックのMさんを誘った。4人の女子会。
Yotannのお母さんが行ってよかったと話していたという叶匠壽庵の「寿長生の郷」(すないのさと)が近いのでそこに寄っていくことにした。4人ともこれで長生きが出来そう。あまり人が多くなく落ち着きのあるたたずまいのこの場所はちょっと秘密にしておきたい。
1時間半ぐらいで着き雨も降らずおそばのランチをいただきその後広大な敷地の散策に興じた。
和菓子のお店があり季節によっては和菓子つくりや焼き物体験もできる。
子供向けではなく大人の雰囲気で自然に生育している四季折々の植物が咲き乱れている。
緑がこんなにも安らぎを与えてくれるものとは・・・。
いつもの年より夏の終わりから秋への移行がスムーズにできそうな気がした。
雄山荘は部屋に露天風呂があり大浴場もなかなかの良い泉質と聞く。
食事の時に仲居さんが義母が90歳にしては若いので「元気が出ました」と感心していた。直前美容院作戦成功。記念日のことを前もって言っておくとお花のサプライズがあったと従業員の方にいわれた。うーん知らなかった残念。
新館を作り大きな宿泊施設で館内でどこに行くにも何もするのも歩かなければならない。ややこしいつくりが頭の体操になる。
ちゃんとついてきてくれるし来年早々次は私の50歳の?誕生日にまた出かけたいなと思った。元気なうちに義母に良い思い出をたくさん作ってもらいたかった。
お天気が怪しかったが琵琶湖の対岸の山々には雲海がかかり陽の光が幻想的な美しさを湖に醸し出していた。
食事が京都の板前さんの味でその上品なおだしの味にぞっこん。これで一泊10800円プラス入湯税とはなんというお値打ち価格だろう。仲居さんの愛想もさすが。
本当に私にとっても夏の疲れを癒す素晴らしく楽しいひと時だった。
お付き合いをしてくれたお二人さんお疲れ様でした。温泉帰りに寄ったパワースポット日吉大社もよかったね。お天気は照らず降らずで最高!

| keiko | - | 23:23 | comments(1) | - |

2015.08.29 Saturday

25周年記念ギロックフェスティバル

人と感動を共感できるものがあることは幸せである。
ギロックは再来年は生誕100周年を迎えるそうである。
今日は枚方市部のギロック友の会創設25周年記念ギロックフェスティバルパーティに参加した。
ギロックの曲はすべて知っているが人が演奏するのを聴くとなつかしさがこみあげてきて、何度聴いても素晴らしく感じる。それは人の心を揺さぶる感情を素直に歌いあげる良い作品だからだ。人の心を打つ作品。
枚方の友の会メンバーのギロックを演出するおもてなしの心が伝わってきてそのことが余計今日を素晴らしくしてくれた。
ピアノだけでなくいろいろな楽器に似合うギロック。
昨年の西宮友の会での私の大変さなど比べられるものではなかった。
本当に感謝します。
安田会長にも・・・。

| keiko | - | 23:31 | comments(0) | - |

2015.08.29 Saturday

普ちゃん最高

タイガースが甲子園に帰ってきた!
大事な試合をわれら晋太郎が完封した。
昨日は若い女子のバレーボールチームがドミニカを苦戦しながらも倒し、今日は若きタイガースのエースが2位ヤクルトを完封した。
投げる球どれもすばらしく相手の打線を翻弄した。セリーグ一番乗りの11勝目。
このあたりにタイガースの好調な理由がある。
9月の山越えを制したなら優勝も夢ではない。
もう二人ほど良いピッチャーがいたら・・鬼に金棒だ。スポーツ界は次世代が大きな躍進を遂げようとしている。
小さな街の音楽教室の我が家でも少しづつ育っていると確信しつつ・・。
ふれふれ阪神タイガース フレフレ堺ピアノ教室!!

| keiko | - | 00:38 | comments(0) | - |

2015.08.27 Thursday

阪田知樹ショパンとスクリャービン

今年はスクリャービン没後100年の年。
今年の真夏の暑さの暑気払いに少しなるだろう(えらそうに)シンフォニーホールのプロのピアノ独奏のコンサートチケットを買っていた。時間的にも出やすい時間だった。あまり詳しくはないが私はスクリャービンが好きでぜひそれを聴きたかったのだ。ロシアの音楽は情熱的だし、これだけ1度に演奏されるのは珍しいことで記念の年だからである。

その阪田知樹君のコンサート。若干まだ東京芸大の学生さんだ。
最初に12曲のエチュードと英雄ポロネーズの演奏があり後半がスクリャービンの2つの詩曲と・幻想曲・最後はソナタ4番。
ロシアのスクリャービンはショパンのロマン派のスタイルを受け継ぎそこに神秘的な和音を用いて人を悠久の無限の世界へといざなう。前から2番目左寄り最高の席での鑑賞は初めてのことだった。
作曲家二人の流れの同調するものとかけ離れたものとの融合で何かが理解できる。
歴史かはたまた民族の違いか・・・。それぞれの持つ音楽の神への語り掛けが清々しいさらなるピアノへのあこがれを駆け抜けさせる。
天才というべきか使命感を持って私達に勇気と元気を与えてくれたピアニスト阪田君のすばらしさよ。
少しでもピアノ教育ににかかわるものとして夏のだれ切った背筋がピンと伸びていくような気がした。

| keiko | - | 15:55 | comments(0) | - |

2015.08.23 Sunday

羽生結弦アイスショー

24時間テレビの羽生結弦のアイスショウを見た。
東北の人々がまだまだ故郷に戻れないに状況にあるが彼の舞を見て感動している姿があった。彼の演技には心を震わせる何かがある。
真摯な姿そして懸命に想いを伝えようとする姿だ。
競技をしていて苦闘は数知れず何度くじけそうになったことかがわかる。
そうしてそこに培ってきたものの中には人を励ますに値する強い何かが備わってゆく。彼はそのような使命のもとに生まれてきた人だ。
また一回り大きくなり逞しくなっているような気がした。
「天と地のレクイエム」の演技は決して抗うことのできない自然の驚異に壊滅状態にありながらも頑張っている人々への大きな励ましとなりそれは彼の優しさの証しだとも言える。美しいものを見ると心が洗われる。またそこにはすばらしい音楽が介在していることも忘れてはならない。

続くスペシャルドラマは平成ジャンプの山田涼介の演技が光った。
実話にもとづく悲しい話だが健康である私達の幸せと忘れがちな家族や友達の大切さをひしひしと感じさせるものだった。親が子を想う気持ちは私も息子を育てた経験上とてもよくわかる。
この数日私は高槻の残虐な事件の報道にいたたまれない気持でいる。

朝晩少し涼しくなったので夕方は義母とガーデンズに久々に買い物に出かけた。
強烈な暑さの年の夏の終わりの日常があった・・・。

| keiko | - | 00:17 | comments(0) | - |

2015.08.20 Thursday

練習の成果

小4のYちゃんはレッスンの第一音で私を驚かせた。
ハノンである。一オクターブを少しずつ指を開いたり縮めたりしながら弾く16分音符の曲。毎日しっかり練習時間をとっていると思った。
夏休みの家での練習がきちんとできている。
今まで一生懸命レッスンはするものの伝わっていない感じだったのがうそのようだ。ブルグミュラー「つばめ」は手の交差があるがいとも簡単そうに弾いている。
右手の分散和音の空気感と燕の飛んでいく姿を思い描き右手と左手のバランスを考えそれぞれの音色に神経を注ぐように言った。
あと24曲目なので一曲で完走できる。ブルグミュラーを全曲踏破したらそれなりに実力が付くということがつくづくわかる。ギロック「こどものためのアルバム」からソナチネをやってみようかというと嬉しそう。
10月のステップには「つばめ」とソナチネを考えている。
ゆっくり成長している彼女には私の言葉がよく届くようになった。
お医者さんのようにレッスンしている小2Aちゃんは久しぶりのレッスンだった。ヘ音記号読みが苦手、指くぐり、指かぶせが苦手、そのうえ練習が苦手。
いつも泣いてしまう。私の処方箋をちゃんと飲んでいなければ効果は出ない。
一つ良いことはママがあきらめず絶対に弾けるようにさせたいと思っていること。私は自信をもって気合いレッスンができる。1回に一つでもその場でできるようにさせること。忙しいママには無理なこともある。ピアノランドが少し進んできた。とにかく大事なこと。それは長く続けること。 ^^) _旦~~

| keiko | - | 00:20 | comments(0) | - |

2015.08.17 Monday

ピティナステップに向かって

9月の12・13日のピティナステップに向かってこの夏にぐんと伸びしろを増やしてゆくように私は生徒たちを設定した。
夏休みはチャンスだからだ。休みというのは普段なかなかできないことができるはずだ。練習の時間も増やせる。今までそのことになぜ気づかなかったのだろう。小3のSちゃんはピアノの扱いを教わっていないままうちに来てようやく指の形がまとまり音が出てきた。ピアノを弾くのが楽しそうになってきた。
どれだけ練習をするかがカギになるとステップ出演は有効だ。
ピアノ学習の低学年は徹底的に型にはめてでもピアノの手とリズム感を作らなければならない。そして読譜。
いかに初級の指導が重要かがわかる。中級では自分からこう弾きたいというようになれるまで指導することが私の目標。
毎回ビデオを見てしっかりと生活の中に練習を取り入れてくださっているご家庭はどんどん上達する。
夏のけだるさから早く抜け出してまた芸術の秋に向かって進んでいきましょう。
午後おそくからレッスンがなかったのでコナミに行って久々に汗を流すともりもり元気が湧いてきた気がする。
それからジョコビッチを倒したマレー。スピーチを聴いて謙虚な人だなあと思った。スポーツはやはり体を鍛えるよりも精神を鍛えることに大きな意義がありますね。

| keiko | - | 23:55 | comments(0) | - |

2015.08.16 Sunday

福留さま

4カード連続勝ち越し、阪神タイガースは史上めったにない状況を迎えている。
交流戦でこの状況となった。
その要因はやはり福留のおかげだろう。
今日はピッチャーの岩崎がよかった。新人の選手が活躍できるようになりベテラン選手と力を合わせて戦えるチーム。それが今の阪神タイガースだ。
2位と3.5ゲーム差の首位は余裕があるわけではないが、次の巨人と東京ドームでの戦いによっては少しは勝算あり?うーん自信がいまいち・・・。
何度も期待を裏切られているこちらとしては・・。
長時間でなくても少しは夢を見させてね。

| keiko | - | 21:08 | comments(0) | - |

2015.08.16 Sunday

どうした錦織

連戦に次ぐ連戦!
確かに疲れていたし足の故障もまだまだだったとはいえファンの期待に添える試合ではなかった。1サイドではない。マレーもつくべきところを付けば100パーセント負ける相手ではない。マレーは1セット目はそれほど余裕も感じられなかったが。
ファーストサーブが決まればかなりの勝ち目があると思う。
今までの試合とは人が違うような粘りの姿勢のない試合だった。
エネルギーをチャージする時間はなかっただろう。
でもプロはそしてトップになるべき人はそれはないに等しい。
エアーKなどかなり消耗するプレーをどう温存して戦うか。夜の試合が続くのも高いレベルの試合はしかたがなくそのような位置にいるからこれからも増えていくことになる。

今日は午前中光明寺にお参りにいった。清々しいお経を聴くと私は優れた音楽を聴いた後のように気持ちがよくなる。来年もまた元気にお参りに来れるよう父母の浄土での穏やかな暮らしとまた70年を迎える戦争の犠牲者たちのことも父の話を思い出し特別な年と思い祈った。朝晩少しましになった暑さで静かにお盆を過ごせた。あっという間に8月も終わりそうだ。

| keiko | - | 20:05 | comments(0) | - |

2015.08.15 Saturday

錦織ナダルに勝利!!

3時間半も予定時間が遅れ夜の遅い時間のマッチとなった。
ナダルには今まで0勝で今日も負けるのではとどきどきしながら見ていたが、最初から思いっきり攻めて攻めて攻め続けていた。
気持ちで負けていなかった。最近の錦織は安定した試合運びでそのまま足を留めないでいる。テニスの神様に祈っている私の気持ちなど必要ないかのようだった。
顔つきがしっかりしてきてこのレベルに必要な風格まで感じられる。
自分のあるべき姿が見えているようだった。
頂点の王者に向かって通過点であるかのように感じている試合。
ナダルがあきらめてしまうボールが何度もあり手が出せないほどのストロークやリターンエースがあった。元世界チャンピオンのナダルとは思えない不調であったのか錦織の実力が上がったのか・・・。どちらもイエスである。
常にリードすること。受け身ではなく能動的に試合を進めること。
相手の動きに合わせるだけでなく自分のコントロールをいかに綿密にしてゆくかである。
準決勝でまず勝ち決勝戦ジョコビッチに挑戦する・・そして優勝が見えてきた。

| keiko | - | 12:59 | comments(0) | - |

2015.08.14 Friday

恒例の草抜き

今日朝から錦織のモントリオールの試合ゴファン戦を見た。
こう毎日試合があると相当大変だと思うが、今日も余裕でストレートで下した。
又抜きの独特のショットも出て実力を見せつけた。
相手はボールマシンと思えばよい。それはいろいろな種類があるが自分のコンディションをどう整えて立ち向かうかその場で素早決定し判断する。それを心得ているようだがナダルとの試合に対しての対策はどうなんだろう。
午後お盆恒例の草引きを首巻、足には長いぶあつめのくつしたをはき虫よけ日よけ汗よけ対策。
お昼に食べた100均そうめんの具は庭で取れた20個ほどの大好きなみょうが。それはただなので安いお昼ご飯だった。
午後からはお墓参りへ。そこでも草と木々の成長にひと汗流した。手ががっさがさ。でもなぜか私はこういう仕事が好きだ。
空は夏と秋の空模様が絡まっているような感じでお盆を過ぎると少し暑さもゆるむような気配を感じる。

夜は阪神首位キープの試合をめずらしく最初から見た。
藤波の3年連続の二けた勝利なるか・・・。
江越大賀も活躍だが私の生徒にもタイガ君が二人いる。タイガクンママからいただいたおいしい日本酒を飲みながら応援!!
立ち上がりの悪い藤波は打でもがんばった。でも本当に6連勝おめでとう!!

| keiko | - | 22:04 | comments(0) | - |

2015.08.13 Thursday

長森かおる作品集

組曲「無言館」

先日北村智恵先生のみんなのコンサートに出演されていた女性二人男子一人のヴォーカルアンサンブル「ももたらう」のCDと楽譜を購入した。
長野県の無言館には画家で戦没された方々の絵が飾られている。
門倉さとしさんがその絵を見て作詞され長森かおるさんが作曲された作品だ。
それを聴いたときその美しい音楽の調べに圧倒されてしまいほんとうに涙が止まらずすぐにロビーで購入したことを覚えている。
歌声とは聖なるもの。その声は天使のようだった。そしてピアノ伴奏の美しいこと。無念さや悲惨さをただ訴えるのではなく私達のこれからの生き様に勇気を与えてくれるものだった。

いまわたしは
なににむきあっているか

ひたむきに時代とむきあって生きているか
ひたむきに自分とむきあっているか
いまわたしは なにに むきあっているか

テレビでは悲惨なドラマや映像 アニメなどメディアで伝えられている戦争。
音楽の力とはそれを単に伝えるのではなく奥深く心にしみいるもの。

今日私の実家のように歓待してもらえる友人のYotann家を訪問。
彼女も歌が大好き。やはり音楽が好きで2つの合唱団所属のご近所の方のCDプレイヤーをお借りしその方もともに感動にふけった。いつものことながらお世話になりましてありがとう。(*^^)v

| keiko | - | 22:59 | comments(0) | - |

2015.08.10 Monday

錦織優勝!!

やはりファイナルセットまで持ち越した。
イズナーと30センチの身長差にも負けずに優勝した錦織の試合の録画は夜の8時過ぎから第3セットだけ見ることができた。
ミスも多いがダウンザラインとエアーKが炸裂!
小さなチャンスを引き寄せ優位にたった。
彼本来のペースで試合運びが出来、昨日と同じく最後まで油断のならない展開だったがおちついて優勝をもぎ取った。
見ていて清々しかった。
どんどん逞しくなる錦織に今後ますます期待がかかるがジョコビッチを倒す日が来てトップに躍り出る日が来るのが楽しみである。
テニスは身長ではないということかな?

| keiko | - | 23:57 | comments(0) | - |

2015.08.09 Sunday

錦織決勝進出!

194センチの身長から振り下ろされるサーブの持ち主に前回は悩まされた。
その相手チリッチとの試合結果を知って驚いた。破って決勝進出したからだ。
録画を見れたのは結果が出ていたからだ。
ほんとうにどちらに転ぶかわからない拮抗した試合だった。
相変わらず最初は立ち上がりがまずい。必ず取り返すという自信でもあるのだろうか。揺さぶりをかけるという余裕でも?
まるでそのように見えた。
でも本人は必死。劣勢でもおちついてみえた。
ミスも多いが結局それよりポイントを多くとればよい。
錦織のストロークの安定の強さと最近ずいぶんサーブがよくなったのと精神的なレベルアップとが起因となって勝っている気がする。
解説の神和住さんがおもしろい。応援団となっているからだ。
相手のミスを喜び錦織の聞こえないコーチとなって応援してる。
明日いよいよ決勝戦!

| keiko | - | 23:14 | comments(0) | - |

2015.08.09 Sunday

みんなの音楽

阪神大震災のチャリティとして発足した北村先生の主催するコンサート第11回希望コンサート「みんなの音楽」を聴きに行った。
高槻現代劇場までは高槻駅から10分ほど歩く。暑さにだいぶ慣れたとはいえコンクリートの道はやはり照り返しがきつい。
もうこれ以上歩けないと思いきや現代劇場に到着。
今年は平和を祈るコンサートだということを知っていたので私は是非行きたかった。
現代劇場は満席。
内容もプロの演奏家のみという構想だった。
さすがに聴きごたえがあった。アカペラ三重奏のももたらうの「無言館」の歌やユダヤ系オーストリア人作曲家のヘブライ民謡の変奏曲のピアノ演奏も心にせまるものがある。戦争で命を失った人々の魂が音楽で表現されている。
雨田氏のチェロを生で初めて聴いた。感激に胸が震えた。
レガーテのコーラスも圧巻。北村先生のお話は単なる戦争を批判するものではなく人の命への尊厳だ。音楽の力に涙があふれた。
3時間ほどのコンサートが終わり北村先生の講座で知り合った今日お手伝いされていたHさんと帰りは帰ったが彼女には心から感謝している。20年のお付き合いだとお互いに感無量。
そこからミルフィーユもギロックも発展したからだ。
いろいろと先生からは教示を受け彼女からは生き方を学んだ。
これからも音楽の素晴らしさをぜひいろいろな人に伝えていかなければと思った。

| keiko | - | 22:11 | comments(0) | - |

2015.08.07 Friday

夏休みはチャンス

夏休みはチャンス!!
ピアノが上達のチャンスだ。9月ピティナステップに参加する生徒はレベルアップのチャンス。
そのことで上達度合いも上がるというもの。暑いとばかり言ってる間には練習しよう!!
大阪弁のマイペース小2のNちゃんは発表会からまだ他のステージには何も参加していないが、先の可能性があることを今日充分感じられた。去年の夏から考えたらずいぶんと成長したものだ。レッスンにならない日々があったから。
ピアノに関心がようやく来ているようだった。ママからあまりプッシュされないようなのでこちらが地道に教えることにしている。
練習曲系はいっさいしないのでまずは興味を持たせること。
私はしばらくそちらを刺激することに・・。
やっかいな練習はその曲が弾けるようになりたいからだ。
まずリズムに乗ること。頭でわかっていてもそれをリズムに合わせることができるにはどうしたらいい?
慣れること!慣れるには?何回もひく!それってどういうこと?練習するってこと・・・。意外に素直に納得。
誘導尋問にはまってくれた。
依然やってみたらできたなかったという可愛い曲の楽譜をリベンジするという。
二人でピアノランドの連弾ができただけでも感動したのにこの言葉にちょっとうかれた。彼女は本当に歌が上手い。体育系でピアノは向いてないと思っていた。
弾ければ楽しいのだ。ピアノという楽器。
是非人生のお友に推薦します。

| keiko | - | 21:42 | comments(0) | - |

2015.08.06 Thursday

原爆の日

今日という日はとても貴重な一日である。
今から70年前に終戦となったきっかけの日本人が忘れてはいけない日だ。
驚いたことにアメリカ人の戦争に行かなくて済んだ人々はこのことをよかった、正義だとインタビューで堂々と答えている。
どれほどひどいことをしたのかをもっと知るべきなのに・・・。人間というものの恐ろしさに私は悲しくなった。

その中でトルーマン大統領(原爆攻撃を命じた当時の大統領)の孫が日本での被爆者体験の話を聴くという活動をしていると知った。その態度は誠実で心あるものだ。その姿からは感じられることは今こそ核の恐ろしさや戦争の悲惨さを世界中に説いて決して再びおこしてはならないということ。
高校野球の生徒宣誓で今野球ができることへの感謝平和への感謝を表明していた。とても心に残った。若い世代もしっかりとこれからの時代をそのことに関してみつめていってもらいたい。

| keiko | - | 23:42 | comments(0) | - |

2015.08.05 Wednesday

夏バテ注意

G4の文化祭の内容の打ち合わせを済ませ、食事をした後少し横になった。
元気印の私がちょっと夏バテ気味だ。暑くて体がおかしくなりそうだ。
レッスンを休むわけにはいかない。疲れた時は体を休めることにした。
でも最初にやってきた、小4のYちゃんは少しも暑そうでもなく私を驚かせる。
大人しく堅実で器用ではないがこのような素直な性格の持ち主はピアノという習い事に向いているので私は練習時間を増やすように言っていた。
お母さんが働いているので後方支援はそれほど期待できないのだが・・・。実はきちんとされていた。
本当に今日のレッスンが今まででいちばんよかったと思えた。
どの曲もすらすらと進んで音楽が行くではないか。
しかも私の注意をそのまま反映して流れていた。
私の心がどんどん熱く溶けていくのを感じた。コツコツと続けてきたこの子のためのレッスンがようやくつぼみを開かせのだと思えて涙が出そうだった。
あまり話さない。でも確実に表情がよくなっている。
やっと音楽を通して心が通じ合えたような気がした。4年目の夏。時間が余りそうになったので鳥の図鑑をひも解いてブルグミュラーの「つばめ」「せきれい」を調べて写真を見たり楽しい時間を持てた。
10月のピティナステップ参加を勧めたらママから了解の即答で本人がやる気が出てきたようだった。ありがとう。感謝するね。これからも応援するね。
私も夏バテから元気がもどった。

| keiko | - | 23:57 | comments(0) | - |

2015.08.03 Monday

ピアノのお酒

昨日夕方休日の家の暑さから美容院に避難した。
帰りにピーコックでお買い物をした際冷たいワインでもと思いきやある人が最近日本酒の冷たいスパークリングにはまっているというので探してみたらあった。
それも黄桜「ピアノ」という名前。早速買い求め肴はゴーヤが冷蔵庫にあるので何か作ろうとネットで調べたらおいしそうなレシピが。
ゴーヤのクリームチーズ和え。これで決まり。
ゴーヤはワタを取りを薄切りに塩をしてゆでる。しっかり絞り鰹節とお醤油・クリームチーズでお好みの量で和える。とても美味しかったのでお勧めだ。
ピアノはなぜこの名前になったのかって?
これは想像だが瓶の色が真っ黒でそのイメージからかなと思う。

この話を今日のピアノのレッスンでママレッスン生にした。
男の子二人を連れて登場。小2兄はピアノ幼稚園の弟はバイオリンを習っている。
交代でブラームスやバッハのメロディをレッスンの横で口笛で吹いている。とても軽やかに・・。決してお行儀が良いとはいえないがなぜかこの光景は私の中でOKだった。夏休みだからしかたない。ママの少しも気を散らさずレッスンを受けるおおらかな姿に豊かな空気が流れる。
大人のレッスン生は楽譜も読めるし大人だから微妙な音楽性の魅力を知っている。行間を読みともに作曲家の意図を学びそのことで哲学の境地に降り立つことができる。このように大人のレッスンでは貴重な時間を得ることができる。
piano

goya

| keiko | - | 23:01 | comments(0) | - |

2015.08.03 Monday

母ちゃん食堂

NHKできょうの朝さわやかな人に出会った。東北の震災後に避難区域で食堂を営む通称しずちゃん。仲間と共に人々を元気づけようと美味しい定食を毎日提供している。笑顔がいい。言葉も明るく今までの苦労が微塵も感じられなかった。
相馬馬追という祭りでは踊り、その一所懸命さに今日一日の元気をもらえた。
女性の強さにその心の優しさにほっこりとする。
自分の生活で精一杯であるはずなのにまだまだ復興が続いている地域は人々の力を結集しその中で自主的に活動するしかない。東北の人々の絆と故郷に対する愛着の念がうかがえて一日も早く人々の生活が成り立っていくよう祈る気持ちになる。
先日見た「永遠の0」と夜は同じく日本の歴史的な戦争を描くレッドクロスを見た。
赤十字は敵も味方も関係なく人の命を助ける博愛の精神を持つ。
久々に女優松嶋菜々子を見た。2夜連続で見ごたえのあるものだった。ノンフィクションであるが実像に近く描かれていると思う。このような映画を見ることで私達が知らなかった日本の歴史を知ることができ素晴らしいと思う。むごたらしい戦争を経験はしていないがどれほど悲惨で無駄な行為であるかを思い知る。
憲法を変えることなく国の防御の方法はないのであろうかという投稿が新聞に出されていた。愛すべき人類の未来をなんとか明るい方向に考えてゆきたいがそれは許されないことなのだろうか。

| keiko | - | 01:12 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< August 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Recent Comment

Archives

QR Code