2015.10.31 Saturday

幸せ時間!!

池田奈生子作品コンサートがベルグにて無事終わった。
毎年来ていただいてるお客様に感謝しながらも、今回はご近所のある新しいお客様に来ていただいた。国勢調査をする折に私はご近所のMさんにお話する機会がありこのコンサートにお誘いしたのだった。同じ町内会でご主人とお姑さんを同時期に亡くされ介護をお二人のために一生懸命されていたことを知っていたからだ。お仕事までやめられて・・・。
同じ年代で意気投合・・・。
私は今日のコンサートで1部はドレス局瑤魯肇薀鵐彎襪里話のために演出をした。衣装を着換えたのだった。演奏はいつも変わらずだが、少しでも工夫をと思い・・。トランプの柄だった。それに気づいてくださったMさん。初めてきていただいて感性の豊かな方と思った。
楽しんで帰ってくださったことがうかがえる。
これからも進化出来たらと思う。ピアソビのコンサート!!無事終わった。来年3月またお会いしましょう!

| keiko | - | 23:19 | comments(2) | - |

2015.10.29 Thursday

100均ショップにて(^_-)-☆

指を鍛えるグッズがないものかと100均ショップでフロアーシートを買ってきた。1枚を4等分に切る。小さな生徒の手にはもう少し小さく切っても良かったかもしれないが端々に付いている突起が5つあると何か面白そうに感じて触ってくれるかもしれないと思った。正方形で突起の部分を入れると一片が15センチほど。
どうしても指の先が反ってしまう子が多いので困っている。
大人には大きさがちょうどよいので今日大人の生徒さん二人にも持って帰ってもらったが、なんだか嬉しそう・・・。
良いアイデアはないかと若いママたちにも尋ねてみた。
洗濯バサミはあまりにも堅く指を痛めてしまうし専門の指強化グッズは高価である。練習で指を強くするには相当時間がかかるしすぐに効果は出なくても意識を作っておきたい。ウレタンなので堅くもなく柔らかくもなくすぐに指型が付きどれだけ指を押し付けてきたかがその変形の仕方で良くわかるのでなかなか良い。
毎週爪痕でも指のあとでもなにか証拠なるものをたくさんつけてこなければならない。大切に使い汚くしてくるように言った。みんなで競争だ。現在最も効果的な使い方を研究中!!募集中!!
写真のようにストレッチを想定して広げても良い。
次の課題は二つ折りにして手で挟み握力をつけさせてみよう。
yubi

| keiko | - | 23:27 | comments(0) | - |

2015.10.27 Tuesday

0歳から家族で楽しむコンサート

今日は11月3日(祝・火)文化祭参加で
西宮中央公民館講堂10時半から開かれるコンサートの練習をした。
秋の美しい月をテーマにしたシリーズ。
「パパお月さまとって」エリックカール作の絵本を取りあげる。
挿入の音楽はギロックでジャズをメインとしている。
そのほかにもモーツアルト。デイズニーのパイレーツオブカリビアンも連弾で演奏する。
今日練習でなかなか変化のあるプログラムになったねと自我自賛!!
どなたでも無料で聴くことができます。先着順!!
手遊び歌やら童謡、ピアニカなど楽しいものを用意している。
クラシック音楽だけではなく広いジャンルでこれからも開催していきたい。
ちびっ子たちの純粋な笑顔を期待して・・・・。
(*^^)v

| keiko | - | 21:53 | comments(0) | - |

2015.10.27 Tuesday

池田奈生子作品コンサート

毎年行っている「珈琲ベルグ」での池田作品コンサートも恒例となった。
ベルグは何とも言えない瀟洒な木の香りのするおしゃれなたたずまいだ。カフェのなかでも音楽を主として聴かせる用意ができているお店だ。
グランドの響きが建物の材質の樹の木霊と溶け合い美しい音が流れる。
入口付近にはコスモスが植えられ秋深まるこの時期が最高・・・演奏する私達の心にさわやかな風を吹きこむ。
池田作品はとてもその雰囲気に似合うのだ。
10月31日(土)18時開場 18時半スタート
まだ空席があります。どなたでも大歓迎です。こちらの珈琲は最高でお好きな飲み物にツマガリのケーキがついてご入場料1100円。ご予約が必要です。
場所(西宮市山口町船坂1684 駐車場完備)
◆ご予約、お問い合わせ yokotoshi_faye@nifty.com (前田)
私のHPメールに直接でもかまいません  是非ご家族でおいでください。

奈生子さんから新曲の楽譜が送られてきてとてもうれしいです。それも披露しますね。
beru      gakuhu

| keiko | - | 00:11 | comments(0) | - |

2015.10.25 Sunday

ピティナステップ継続表彰

本町の三木楽器開成館で行われたピティナステップに4人の生徒が参加した。
その中でも5回目の継続表彰をしていただいたT君3年生はおじいちゃんやおばあちゃんが応援に来てパパも来ていた。家族総出で見に来ていただけることは子供たちもどれだけ心強いことか・・・。
hyousyou
妹のAちゃん年中さんは緊張しながらも立派に務めた。
私にとって生徒の演奏は指導力の鏡である。
私もともにステップアップしていかなければと毎回思う。
それぞれの次のステップがどの曲が良いかなどとても参考になり、自分の教室だけでは得られない新鮮さがある。このように人前での演奏する機会があると目標が持ててさくさくと譜読みが進むようになることもメリットの一つだ。
演奏前のステップに対する意気込みが各自からのコメントでとてもよく感じられ、大きくなった時にさらに良い音になるように小さいうちからフレーズやブレス、体重のかけ方など普段のレッスンでしっかりと声をかけたいと思う。
弾くことだけでない深い演奏・・・。緊張してもミスタッチしてもその演奏が人の心に伝わるように・・。
このように熱心な生徒の演奏はやはり一生懸命真面目に努力している姿が見え私の心には感動の波がやってくるし、逆にはげまされているような気がする。明日からまたがんばろうね・・・。

| keiko | - | 22:56 | comments(0) | - |

2015.10.23 Friday

堀裕貴先生第2回目講座

今日はショパンのプレリュード4番からの奏法について・・
左手のペダルはオープンペダルにしてグランドの鍵盤の重さを感じながら・・・アフタータッチを使って響かせる。
右手はグライフェンと言って指先の第一関節を使ってつかんで響かせる。
体重をいかに指にかけることができるか。これはピアニストにとっては命。
次は6番。左はチェロのビブラートのイメージで肩から先が1本の指のように。
美しい曲でどちらも中高生に有効・・・。フォルテでもソフトペダルを音色ペダルとして使う。
テクニックは音楽の道具でありどう指を使うか、ピアノからどういう音を引き出すか。
次は15番雨だれ。
総合的に右と左もつかむ奏法のところが多い。はじめのメロディからしっかりつかみCesのところはふっと抜くと良い。同音連打は指替えはせず同じ音質の同じ一本の指で弾くと良いが指番号は自由だ。レタリックで楽譜に書かれているものはショパン自身が書いたものである。左二声はまず両手で弾きイメージを作ってからどのような体重の分配をするかを考える
重量をうまく逃がしながら響かせ、強音を弾く前は細心の注意を持って体を準備する。
20番。ザ・重力奏法。左足の位置が肝心でバスを支える位置へ置く。1.2.3にかけて強弱を3段階に分ける。フォルテからピアノへのペダルのかけ方によって変化を。Pは種のあるブドウのように音に核が必要。指先にかける外側への体重はひじの動きも必要。

後半バッハフランス組曲2番
アルマンドはドイツ風。地に足のついたという意味。
メロディラインをくっきり。伴奏は感情をこめない。
拍がちゃんとわかること。裏から表へのレガートはない。4拍子をはっきりと。
クーラントはイタリアでコレンテという。イタリア人の方がテンポ早い。
フランスではおちついたテンポ。バッハはテンポ表示はないので自由だが早すぎないように。装飾音が多い曲はゆっくり目に弾くということ。この場合は前むきなテンポ。乾いた音で・・・。
サラバンドは中米からスペインで逆輸入されたもの。2拍目3拍めにアクセント。宮廷文化が花開いたときにスペインで踊られた舞曲で荘重な感じになっている。アンダンテぐらいの速さでメロディにつかみを入れひきたたせる。バッハには珍しく和声がよく使われている曲。
右のペダルは使わず指でフィンガーペダルをする。ソフトペダルは音色を変えるため少し使う。バッハの大きな作品の場合は右のペダルは使っても良い。
では次回もう一度11月に・・。

| keiko | - | 01:05 | comments(0) | - |

2015.10.18 Sunday

ブルグミュラーコンテスト

6年生以下のピアノ学習者に適切なコンテストが行われていることを知り、2年生のYちゃんが参加することにしたので、京都のプロアルテホールに向かった。
さわやかな秋晴れの10月の朝早く、本当に良いお天気だった。
これはいわゆるコンペではなくその子の中で曲を構成し仕上がり具合を聴いていただくものでその子の受けたいレベルが3段階に分かれていて、全員に賞が送られるようだった。参加することに意義がある。
そして一人一人に審査の先生からの講評があり具体的に皆の前でわかりやすく指摘していただくことができる。
Yちゃん指がまだ弱いのでアラベスクを選んだのは少し厳しかったかもしれない。あの曲の難しさを再認識した。
レスナーは年齢ではなくその子に合う選曲を行わなければならない。
もう一曲の課題があり2曲を弾くので特にブルグ以外の曲は余裕があって弾きたい。選んだト短調メヌエットも難しかった。でもまずは最後まで弾ききることからスタート。クリアできて銅賞を頂いた。次回は銀賞を手にしたい。
他の生徒の演奏を聴くことが良い刺激になるが、上手だなあと思うのはその子が曲をそれだけ手中に収め心を込めて弾けているかどうかだ。
人に聴いてもらうということを学ぶことはそういうことでこの分野には最小限必要なこと。
ブルグミュラー練習曲は学習者にはピアノ学習に基本的な要素がふんだんにありしっかりと学べるのでこのコンテストは生徒たちにこれからも勧めていきたいと思う。
暑いぐらいの京都の鴨川近辺をあるきその後レオナルド.ダビンチと「アンギアーリの戦い」展に寄って帰った。
レオナルドダビンチの生きた時代の映画をひとしきり見たような錯覚に陥る。
イタリアの壮絶な戦闘の場面が浮かび上がりその迫力と人間の体の表情や心の中を映し出すような生き生きとした描き方などは心に迫ってくる。
聖母マリアなどもちろん女性の描き方はさらに優雅でやさしい。精密機械のように美しく描かれた絵。科学や自然。人体。それ以上の宇宙的な発明などどんなスーパー知能を持ち得ていたのかと驚きの連続だ。朝の連続ドラマ「あさが来た」のヒロインもきっという。びっくりポン!!
その後の芸術や文化に多大な影響を与えた彼の存在に焦点が当たり私までかしこくなった気分。
阪急烏丸から10数分徒歩の京都文化博物館にて。

| keiko | - | 22:34 | comments(0) | - |

2015.10.14 Wednesday

パパの応援

私は母のことは日常生活のやり取りの中で怖い存在。
父のことはもっと怖かった。つまり父を疎ましく思っていたが愛情を精一杯受けていたことは感じていた。
音楽の道へ進んだのはその父の希望である。
ただ父に練習を見てもらった記憶はないが父親の影響はとても大きい。
今日来た3年T君のパパは熱心だ。ピティナステップに向けて彼の音がとてもよくなってきて指運びが落ち着いてきた。泣きながらでもパパの応援でよく練習させられているらしい。
要するに練習さえすれば指のフォームがよくなり指が強くなり弾けるようになるから楽しくなってくる。
小さいうちはピアノが好きか嫌いかなど言ってはいられない時期がある。家庭の音楽に対する興味や関心・応援がどれだけ子供たちの情緒を成長させることができるか・・・。
それは計り知れない。その部分は大人になってからとても役立つことだろう。

| keiko | - | 00:13 | comments(0) | - |

2015.10.13 Tuesday

潮江ビートルズライブ

10月11日(日)
潮江ビートルズが毎年行っているライブに私達セカンドブルームも参加した。
毎年11月に行なわれていたライブがこの時期に変わったのは気温も夏から秋へと移行期の安定期で来る人も来やすい日だった。去年のいやな悪夢(台風直撃で地球コンサートが中止)なども忘れてしまうほどのうす曇りではあったが良いお天気だった。先日行われた同窓会の面々も誘われて盛り上がっていた。
前週の10月3日のコンサートから一週間ほどあったが体のオンオフスイッチが電化製品のようにはいかず、日頃のメンテナンスを心がけなければならないと痛感する。
でも楽しむ力が以前より倍増していることは確か・・・。
それにともなって身体に潜む脂肪燃焼も倍増と願うのだが、これはなかなかだ。
私達が演奏した曲目は1マイホームタウン
          2チャイニーズスープ
          3雪月花
          4オネスティ
          5デイドリームビリーバ
          6いのちの歌

| keiko | - | 11:28 | comments(0) | - |

2015.10.10 Saturday

敬老のつどい

自治会の会長をしている関係で地域のお手伝いの仕事の依頼が来る。
今日は「敬老の集い」で上ヶ原小学校の体育館の会場係のお手伝いに出かけた。
300名近く集まるので机やいすの設置が大がかりなものだった。
アトラクションはバンド演奏。小学校チームとサンライズジャズオーケストラという高齢者のバンドだった。
平均年齢は80歳代。10曲もの演奏をされアンコールは「枯葉」
どの曲も懐かしくジャズスタンダードや石原裕次郎ヒットメドレーなどや踊り出したくなる例のマンボなどのりにのった名曲ばかり。
とにかく良く練習されているのがわかるしあれだけの曲数を吹くと相当な疲れが出るはずだ。それがみじんも感じられない演奏に驚く。日頃の鍛錬効果はすごいものだ。とても楽しむことができた。
おしゃべり好きな昔の役員仲間に出会ってお手伝いの時間の合間に現在の近況などを語り合い、その後秋のコンサートのひと時を楽しんだ。
おかたづけもひと仕事だが、多くのボランティアの人々が力を合わせて行うと早いものだ。ほんのり汗をかいた。
盛大な会に集まったお年寄りの方々もきっと大いに楽しんだことだろう。
近所の方々の顔ぶれもあり一安心。回覧板の効果かな。

サンライズジャズオーケストラ曲目
1セフテンバーソング
2ドナウ川のさざ波
3シンギングサウインドウ
4アンチェンインマイハート
5石原裕次郎ヒットメドレー
6ビギンザビギン
7ベッサメムーチョ
8浜辺の唄
9クライミーア リバー
10六甲おろし

| keiko | - | 22:02 | comments(0) | - |

2015.10.09 Friday

サッカー男子シリア戦

3本のゴールを決めた日本。
前半戦は暗い雰囲気だった。相手の力をつかめず自分たちのサッカーができない・・。いやな空気が立ち込めた。今日勝たなければ絶対に不利だった。プレッシャーがかかる。  
0対0でようやく後半立て直し長谷部から岡崎へのパスがPKを誘った。そして本田がゴール。やっと勢いが出て動きも活発に・・・。いい感触で次々とゴールが生まれる。
最初はハリルホジッチ監督の表情も暑さ疲れてしんどそうだった。
なんといってもゴールのアシストがよかった。長谷部・香川・本田。
ゴールの正面にボールをつないでパスをする技術がなければゴールは生まれない。
集団行動のサッカーは気持ちが離れていてはまずチームがまとまらない。やはり苦労してきたベテランメンバーの阿吽の呼吸とでも言おうか。
久しぶりに気持ちの良い試合が見れて気分爽快。次はイラン戦。
(*^^)v

| keiko | - | 00:07 | comments(0) | - |

2015.10.07 Wednesday

チェルニー30番練習曲

チェルニー30番練習曲の新刊を出版された根津先生の講座を聴きに行った。
子供の頃30番チェルニーを苦労して練習した記憶がある。
いろいろなピアノの基本テクニックを学べる中級者の入り口として有効なバイブル的存在だが、最近ではよく練習するなら小学校のうちに出会える曲集だ。
私は中学生でした記憶がある。やはり練習がきらいでなかなか時間がかかった。今でもそのあたりでピアノを辞めてしまう子も多い。
なんとかそれを回避できるならよいと思っていた。
30番チェルニーに題名をつけ順番も並べなおして、いろいろな解説がつきカラフルな絵までついている。小学生向け・・・。
よく聞いてみると30番チェルニーに入るまでがとても重要で手の形を作りいろいろな指先や骨の訓練を経なければならないしスケールやアルペジオなどは全調自由自在に弾けなければこの曲集は弾けないのだ。それは相当たいへんなことだということがわかる。バスティンだけで他のチェルニーはせず30番チェルニーまで行くと先生はおっしゃっていたが、バスティンだけでそのようなテクニックがつくのかどうか生徒たちがそのやり方はついてくる子と無理な子もいるのではないかとも思う。多くのひきだしを持っているべき現在のピアノ教師事情である。指導というものの奥の深さにそして新しい指導道の幕開けに私はついていけるかと心配になった。
でも実際にあの新しい30番ツエルニーには子供たちの練習する気になる魔法がいっぱいつまっているような気がする。やさしい20番チェルニーを終わりかけのYちゃんにぜひ使ってみたい。
またバスティン何十冊もの楽譜のかわりに私なりに工夫しコーディネートしてゆくことにしよう。ピアノ練習ABC.チェルニー20番、バイエル下巻、あらゆる練習曲を一冊に集めた楽譜など・・・。プレインベンションもその一つ。
あと12面体さいころのグッズは手作りで素晴らしい。そして指訓練のグッズをもっと工夫したい。

| keiko | - | 23:24 | comments(0) | - |

2015.10.07 Wednesday

腰痛が治った

日頃から車で動く私は忘れ物を取りに行くのに腰痛のため電車で行くことにした。車なら30分。歩きと電車でドアツードアで約1時間弱。
池田市民文化会館の控室にネックレスを忘れてきたのだ。
お気に入りの真珠ネックレスを家に帰って片付けた時になくショックでもしやと電話をしてみたら届けられていた。おまけにイヤリングも。でも本当にみつかってよかった。
そんなこともあり昨日は体は腰痛で何となく気が重かったのだがただ歩いて出掛けるだけでこんなに良くなるとは不思議・・・お天気も良い。事務局の方の丁寧な応対にも気分がよくなる。
池田市民文化会館の石橋までの10分弱の便利さもよかった。
Oさんの娘さんに結婚お祝いを買うのに良い雑貨屋さんを行きしなにみつけていたので寄った。おしゃれなイギリスの雑貨が主に置いてあったが結局お勧めのドイツで超有名な紅茶とシュガーとクリスマスのオーナメントを詰め合わせにしてもらい帰宅。夏の日差しとは違って秋の日差しはお出かけには心地よい。
お昼によったおそばやさんの冷たいざるそばが美味しかったこと。
まだ疲れは残っているものの今日はクリスマス会の選曲にてんやわんやだった。
ほとんど決まりほっとする。
生徒たちは運動会が終わって何やらまだ興奮気味だったり逆に気がぬけたような状態で来るのでまた仕切なおしに手がやけそう。
国勢調査も配り終えさて秋から冬本番に向かって少々気ぜわしくなってきた感あり・・。

| keiko | - | 00:39 | comments(0) | - |

2015.10.04 Sunday

ミルフィーユ15周年記念コンサート

ミルフィーユとは15年前に結成した時にお茶菓子にと買った箕面で有名なケーキ屋さんの名前。
今でもしっかり営業されていて休憩時間に皆さんに食べていただいた。
小さなクッキーからも工夫の味が感じられて美味しい気がする。
終わってから片付けながら頂いたからそう感じられたのだろうか。
今は美味しいものや素敵なコンサートがたくさんあり何事もお客さんの満足のいくようにするには大変な時代だ。
演奏力が何よりも大切だがチームの雰囲気や調和。構成・・。みんなで音楽に寄りそい共感できる空間を作ることが必要となる。
まずプロジェクターで絵本を映し出しピアノを演奏した。私達ミルフィーユのスタートの曲だ。内容はネズミの家族みんなで協力しあってあさごはんをつくるというとても可愛いいほのぼのとした作品。
次はのだめカンタービレの曲。そして朗読やピアニカでのコラボ。皆さんの知っている曲を今回は出来るだけ取り入れたように思う。いろんな楽器を持っていただきダンスでお客さんとのコラボもできた・・・。
マンボ癸気任倭完が立ち上がりステップを上手に踏んでくださったことがとてもうれしかった。掛け声も元気そのもの・・・。ああーうっ!
予想を上回る人々の来場に驚き、その笑顔には楽しかったという表情が感じられる。秋晴れの日差しが痛いぐらいのお天気の中で良き思い出の一日となった。
一人では何もできない。仲間がいれば・・・こんなにすばらしいことが出来るのだ。帰りの車を走らせながら夕焼けが帳を下す道すがら何とも言えない感情に陥ってしまった。燃え尽き症候群?
もっと自分を磨かなければ・・・。この日曜日は同窓会のライブがある。それに向けまた全開・・。杭瀬駅にあるクラブナインティナイン90+9  10月11日(日)17時開場

| keiko | - | 23:30 | comments(0) | - |

2015.10.02 Friday

びっくりして・・・

以前大阪のおばちゃんと名付けていたNちゃんのママが突然見に来られてびっくりした。小さい妹がいて普段は来れない。
金曜日は最近とても良く練習するようになった彼女のレッスンがあり私は楽しみにしていた。何もレッスン中にしゃべらない子が多い中彼女は明るく元気に話をしてくれる。お客様扱いでは決してなくあまり好ましいことではない友達のような存在だが、昔のように押さえつけて厳しくレッスンをしていたらこのような子は伸びない。
確かにこちらの苦労があり時間はかかるが自分の中でやる気を呼び起こしてくるように持っていく。
1年前はどうしようもなかったのだが最近はピアノが楽しそうになってきた。お母さんの監視がなくてもしっかりと自分の中に音楽を芽生えさせてくれたらと思っていた。
以前ビデオで撮った画像をたまたま見てびっくりして態度が悪いことを誤りにこられたとのこと。
現在は撮っていないのでで今日ビデオを持って来られてパパと見るらしい。
パパがおかんむり・・・。
気合が入りすぎて私まで緊張したではないか。でもさすがにレッスンらしい時間が流れた。これを機に上達の風が吹くといいなあ。
明日はミルフィーユの15周年記念コンサート!!

| keiko | - | 23:22 | comments(0) | - |

2015.10.01 Thursday

大人の生徒さん

中学までピアノを習いショパンを習う手前あたりで辞めてしまっている人は多いと思う。
私もそのあたりで前に進みづらい時期があった。クラブなどや受験など。
その時に両親が中途半端にならない様にしっかりとサポートしてくれたことが今の私を存在させている。中学ではテニス三昧だったのでピアノは上達せず大学に入ってから苦労した。
20歳過ぎにふと目覚め教師になってから母として家事もしながらピアノ関連の勉強に勤しんだ。音楽の好きなことが私にとっての生きる道しるべとなった。
子ども達も可愛いのだが、大人の生徒さんに最近は教えることが楽しい。
ある程度レッスンを中学まで受けていれば素地があり楽譜が読めてそしてその先こそがピアノを弾く本当の楽しみがあることがわかってくる。
練習は大変だがそれを耐えるほどの素晴らしさを知っていればなんのそのだ。
今日はおひとりの大人の生徒さんが体験に来られた。
新しい出会いに感謝である。

| keiko | - | 23:21 | comments(2) | - |

2015.10.01 Thursday

還暦同窓会

市立尼崎東高校の還暦同窓会が100名ほどの参加を得て先日の日曜日に行われた。
まずはこんな大変なことを催すだけの尽力があるこの学校のメンバーとなれたことに感謝したい。仲の良いクラスが多く存在したことだ。
発起人の各氏にありがとう・・・。みんな元気で笑顔だった。
私も少しのお手伝い・・・。夜の女子会では少し濃厚なお話があった。良き父や母となり祖父母となり無事生きて再会できたことがすばらしい。夢のようなひと時。声を掛けられても名前が出てこなくて失礼なのでにこにこと相槌を打つ。
私は比較的双子で知られていたので、得だった。
なかなか女子にとっては貴重な機会だった。あくる日楽しかったわと話す皆の姿に苦労された幹事たちもむくわれる。
私も演奏の機会をもらったり音楽関係の仕事をされているひとと知り合えたり・・実はみなまだまだ若く見える。
5年後にはどのように変化しているだろう。
とても楽しみなことだ。(^_-)-☆

| keiko | - | 23:04 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< October 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Comment

Archives

QR Code