2015.12.28 Monday

全日本選手権

冬の風物詩としてまるで夏の花火大会のように私は大好きなフィギアスケートを見る。
今年は羽生が断然すばらしいし、真央ちゃんも出てきたし、日本のフィギア界が層が厚くなり女子などは若いスケーターたちがどんどん台頭している。
NHK杯、グランプリファイナル、全日本選手権とスケジュールが目白押しであったにもかかわらず、それをこなすことができる選手こそが生き残る。
緊張を長く保持し続けるには自身の体のコントロールが重要でそれをこなしつつ浅田と羽生はよくやり切ったと思う。
真央はやはり1年のブランクの影響はないわけではないと思うが今日世界選手権の切符を与えられた。昨日は少し心配したが本当によかった。これで戻ってきた甲斐もあっただろう。
本人の表情もホッとした様子だった。どうかがんばって氷上の花をもっと咲かせてね!!応援しています!!

| keiko | - | 00:13 | comments(0) | - |

2015.12.25 Friday

一番のプレゼント

郵便受けにサンタクロースから素敵なプレゼントが届いていた。
それは小さなクリスマスカード。
「堺先生、12月23日はありがとうございました。1月からもよろしくお願いします」
クリスマスカードの封筒の中に2年生Yちゃんの素直な直筆で書かれた可愛いカードがママのお手紙と共に入っていた。
ママから「ピアノを辞めたいと言っていたこともあり自分からこのカードを書いているのを見つけた時はうれしかったです」とあった。
レッスンというものがどういうものであるかがわからない幼児の時期に習い始めることもありこの2年半最初の1年半ぐらいはなかなかレッスンが成り立たなかった。こちらが泣きたいぐらいだった。楽譜を早く読めるというのは良くない場合もある。
レッスンを受ける以前の問題ということだ。
ママが大好きなピアノを自分がやらされているという感じがあったと思う。
その後何かが変わってステップにも出るのを拒否していたが12月のステップではSをもらいレッスンにずいぶんついてくるようになった。そしてクリスマス会の「人形の夢と目覚め」は走ってしまい後半が弾けず滑るのでなんとかしたいと一緒にがんばったのでまあまあの結果だった。
この言葉は彼女が私をようやく先生と認め絆を深めてくれたことの証しだった。
先生と生徒と家庭が協力し合わなければうまく進んでいかないこの道。
ママも悩んでいたようでほっとしているかな・・・。
ありがとうというその言葉の大切さすばらしさに私は気づかされた。
こんな日常生活の一片の言葉に重みを感じるときを持つ・・少々疲れ気味の年末の慌ただしい時を一瞬止めてくれた。こちらこそありがとう!!

| keiko | - | 21:29 | comments(0) | - |

2015.12.23 Wednesday

クリスマスコンサート

クリスマスコンサートが無事終わった!
1年前も同じ会場でクリスマスコンサートをさせていただいていつも同じスタッフのHさんが感じよくお世話してくださる。熟年とお見受けするが、私の生徒たちの成長を楽しんでくださっているかのようだった。
クリスマス会ということで選曲はクラシックな感じは少なかったかもしれない。
楽しまなければクリスマス会ではないのでポピュラーな感じの曲が多い。
導入の部分が終わってピアノを自分の生活にコンスタントに取り入れていく時期を迎えている小2の生徒が多かった。基礎練習で土台を作り緊張しても演奏に支障が出ないようにする。1にも2にも練習が必要でしっかりと自分の心を作ることになり、この時期のステージはとても良い機会だ。鉄は熱いうちに打て!!
練習&精神の鍛錬。お母さんの囲いから離れて孤独に練習しなければならなくなる時期のために自我よ育て!!である。
ある意味格闘技のように精神面に厳しい面が必要で音を楽しむどころか音楽の勉強は実は楽器は切磋琢磨に練習しコントロール力をつけねばならず苦しい時間を乗り越えなければ楽しさが味わえない。
大変なそんな道を理解し子供たちに歩ませようとしている家族をこれからも一生懸命応援していきたいと思っている。
音楽は見えないから理屈ではなかなか表現できないことや、喜怒哀楽の感情の移入に多くかかわるからこそ価値があると言える。
衣装の可愛い女子。そして今回男の子たちの演奏がとてもよかった。
私は女子だから、男子を依怙贔屓レッスンをしているわけではない。
私はみんな可愛いくてしかたがなくレッスン室では見せない少し違った姿に感心して、今後も精一杯頑張ろうと思ってしまう。結局私自身のための起爆剤のようなものだ。全員それぞれワンアップ!!そして
merryChristmas(*^^)vみんなおうちでも素敵なクリスマスを・・・。

| keiko | - | 23:11 | comments(0) | - |

2015.12.19 Saturday

高嶋優羽ソプラノ&ピアノでクリスマスコンサート

この時期に素敵なコンサートに出会う機会は多い。
自治会の回覧にて会長をしている私は真っ先にこの情報をつかみ聴きに行くことにしていた。上ヶ原市民館にて今日行われたのは私の大好きな高嶋優羽さんのコンサートだった。ピアニスト加藤英雄さんのお仲間でもあり私は彼の主催するコンサートで高嶋さんの素敵な声に出会った。
いつか彼女のリサイタルにはいきたいと思っていたからだ。
思っていた通りのすばらしいものだった。
クリスマスソングメドレーとヘンデル「メサイア」「私を泣かせてください」アベマリア・そのほかグノーのオペラ。オッフェンバックのオペラ「ホフマン物語」よりオランピアの歌などは変わった楽器を使っての演技。とても楽しいものだった。
シュトラウスのオペレッタ「こうもり」より公爵様あなたのようなお方は・・・。
最後に歌った歌が私はお気に入りとなった。ドラマ「坂の上の雲」よりSTAND
ALONE・・。ぜひ私も歌ってみたいと思った。
素直でよく響く天使のような声。体はそんなに大きくない。どこからあの美しい響きが編み出せるのだろう。義母も誘っていった。母も声を出してみんなで歌おうコーナーで歌っていた。
音楽の街西宮を拠点に大きく羽ばたいてね。優羽さん・・。心のこもった笑顔の優しい音楽の調べを本当にありがとう。

| keiko | - | 22:51 | comments(0) | - |

2015.12.18 Friday

ミュージカルで攻めた

小2で他のことに忙しいNちゃんはなかなか練習がはかどらず1年半経つのにまだまだブルグミュラーには遠い存在だった。
ハノンやバーナムのような基礎的な練習が大嫌い。レッスンを受ける姿勢も良くなかったが・・・。クリスマス会ではアラジンのホールニューワールドなどソロを3曲も弾くことになっている。連弾は「オペラ座の怪人」から演奏する。急にやる気を出してきた。良く練習するようになりこのように練習をすると言ったことを忘れずにやってくるようになりついに冬休みの宿題としてブルグミュラーを渡すことができた。
演奏する意気込みを感じるのだがなんせ手の力が弱い。でも音楽的要素は負けない。
歌うことが大好きだからだ。賛美歌が好きと来ている。
結局ミュージカルの曲で攻めたことはよかった。ずいぶん楽譜もリズムも良くわかるようになった。どうかこのまま精神的に成長して私のペースに乗ってクラシックにも興味を示すようになりトルコ行進曲が弾けるくらいにはなってほしい。厳しく怒っても素直に返事が返ってくる。後はもっと忍耐強く取り組むこと。笑いの絶えない必死なレッスンを今日も執り行った。

| keiko | - | 23:35 | - | - |

2015.12.18 Friday

8手連弾

ピアノはアンサンブルで楽しむことができる楽器であるということを忘れてはいけない。4手連弾以外にも8手連弾ができる。
ギロックの定例会は10、11.12月ははそのような楽曲を取り上げた。
西宮北口の新響楽器は2台ピアノの部屋があり借りることができる。
今日はシャンペントッカータという8手連弾曲を練習したが時期的にクリスマスの季節でもありパーティ気分?とはいかず結構難しかったけれど。
隣同士にピアノが並んでいるため練習はしやすかった。
ピアノと言う楽器の楽しみ方を再発見したのだが、このようなグループを組んでいなければなかなか味わうことができないのでもう一度1月にすることに・・・。個人練習は大変だが先生としてではなくピアノ愛好家としての活動は本当に楽しい。
生徒達にも出来るだけ連弾を普段のレッスンに取り入れてゆきたいと思う。
え?また宿題増えるの?と言われそうだなあ。

| keiko | - | 23:20 | comments(0) | - |

2015.12.18 Friday

おもしろピアノ連弾ミックス

クリスマス会にもってこいのクリスマスの曲編の楽譜があり生徒のママにナレーションをしていただくことをおもいついた。生徒とするにはかなり難しい楽譜なのだが良く頑張っている。
1曲は自分でしようかと考えている。弾き歌いではなくところどころに弾きナレーション・・・。初めての試み・・。
とても楽しくなってきたのだが、生徒たちのソロの出来栄えがいまいちで気になるのだがそれも御愛嬌。
この時期にステップ参加をかねたせいもあり曲数も多かったからだろう。
来年の反省材料としてあせらずじっくりと構えて行くことを課題としよう。
忍耐力が欠けて来ている私。無理して背伸びをさせてしまうことが必ずしも良いことではない。
しかしイベントごとにで良くなる生徒達もいるからプラス面もある。。
また発表する場だけが成長の場ではないし、長い道のりに弛まぬ努力を続けられることが大切なことなのである。
数日前から相当疲れながらも今日歌のレッスンでストレス解消してきた。
クリスマスのこの時期音楽に集中して生徒たちと過ごすことができるピアノの先生は最高だと思う。保護者の1年間の協力に感謝しまた来年もがんばりましょうと言いたい。
とにかく精一杯やって楽しみたい!!プログラムはリンクしています。

| keiko | - | 00:11 | comments(0) | - |

2015.12.15 Tuesday

絶品トマト鍋

リトミックを勉強したくて25年前第一楽器の門をたたいた。その時にクラスの中にいた仲良し5人組今日クリスマス会でそろった。
毎年必ずする。
これを四半世紀のお付き合いというのだろうか。
クリスマスコンサートでご一緒のK先生とはここで知り合った。
素敵な音楽性の持ち主で私は大好きでお友達になれたことは大きな人生の財産である。実際に勉強したことは今になって役に立っているがそれよりもなおそのメンバーとの友人関係の重さは何にも代えがたいものがある。
久しぶりに会っても仲が良くて楽しい。
義母にとっても我が家に人が集まることは良いことだ。ダイニングキッチンの用事も手伝ってくれるし活気があって良い。
トマト鍋は前回は出来合いの出しを買って使ったが今回は絶品鍋のネットレシピで作ってみた。
最後のしめのリゾットが美味しくてお腹がいっぱい。
ベルを使って音楽遊び・・・。楽しい時間はあっという間に過ぎる。
とまとなべ
あたたかい年末でみんな元気に出会えてよかった。
さて後の最後の山場のクリスマスコンサートに向けてもうひと頑張り。

| keiko | - | 00:04 | - | - |

2015.12.13 Sunday

羽生結弦初3連覇

やはり羽生はやってのけた。
最終滑走のプレッシャーをはねのけすべてのプログラムを成功させさらなる高い得点を得た。ショートとフリーと合わせて300点超えるのではと思ったのは私だけではなかったと思う。余裕だった。
演技には魅力が満載で何度も見るたびにそのレベルが上がっていくような気がした。羽生の心はいつからこんなに強くなったのだろう。
震災の影響もある。
美しさと光り輝く精神の強さ。ジャンプの安定感。観衆などへの人に対する想い。そして何よりも音楽とぴったりと寄り添う力だ。
青い十代とは違う大人へのステップをどう伸ばしていけるか、完璧すぎる今の良さを充実させまた新たな世界へと進まなければならない。
エキシビジョンでもメッセージが伝わった演技に感動した。隅々まで心がこもった演技だった。ギリシャ神話に出てくる神のよう・・・。
真央は残念だったがこの経験は良かったと思う。課題が残されたということはまだまだ私達の前に姿を見せてくれるだろうから・・・彼女は決して逃げない。
ピアノ演奏とダンス・フィギアスケートは似ている。
身体の呼吸を使い緩急をつけるところだ。ピアノは氷上ではなく鍵盤だがある意味音楽の進んでゆくところに身をゆだねなければならない。
それを大変な練習を乗り切り楽しむことが出来たらそこには得も言われぬ快感が芽生える。その超越を子供の頃に乗り越えさせたいコーチとしての私なのである。努力の人・・銀メダル宮原知子にも学ぶことができる。

| keiko | - | 23:20 | - | - |

2015.12.13 Sunday

浅田真央

あの純真無垢なスケーター真央は真っ白な氷の上がお似合いだ。帰ってきたことは自然のことだったのだ。
柔らかで強靭なその精神からその舞は表現されている。
確固たるスケーティングの技としなやかな心のセンスは人を魅了し真央にしかできない演技がそこにはある。
1年半のブランクをものともしない信念は自分を信じスケートを愛しているからだろうしその時間が真央にとっても貴重で楽しい時間だったのだろう。
ファンの応援に押されてとかのレベルではない。
優しく、強く、気高く・・・自分を大切にしている。
ライバルはやはりここでも自分なのだった。自分を押し上げて行くことこそが良い結果を生み出すと知っている。
グランプリファイナルに出ることができたすごさを私達自身も重く受け止めなければならない。
羽生からそして真央から私達へエールをくれていることに感謝!!
音楽と切っても切れない縁があるフィギア・・・。二人は音楽が大好きで素敵なフィギアスケートによる舞をコラボさせている。その相乗効果こそが華を生み出すのである。今日も楽しみ。
この時代点数や勝負にこだわらざるおえない時代だが、これからは人を納得させる力・・そして点数には出ないがその裏側にある大きな力を持つことが望まれている。

| keiko | - | 13:33 | comments(0) | - |

2015.12.12 Saturday

羽生結弦

グランプリファイナルのショートの演技がまたすごかった。
他の5人の選手は足元にも及ばない得点をたたき出した。
見ている者を圧倒する力のある演技だった。
気合が入っていたというか神が下りてきたというか・・・。
天才技だ。スピード感があり演技に幅が出てきたように思う。
誰よりも華がある。もうライバルは自分でしかない。前人未到の領域に踏み入れることを楽しむかのような余裕さえある。
その大きな華はどこまでも成長し続けて私達を楽しませてくれるだろう。
中国人の若い選手にも負けず嫌いの結君は刺激を受けている。
彼を見ていると本当に勇気が湧いてくる・・・。
明日は真央ちゃん・・・がんばって!

| keiko | - | 00:41 | comments(0) | - |

2015.12.08 Tuesday

連弾の楽しみ

京都に行ってリフレッシュしたおかげで昨日はまた続きの練習でピアノにかじりついていた。
今日は朝から大人生徒のMさんとラフマニノフのピアノ協奏曲第2番2楽章のあの美しい曲を連弾して二人でその深さに感動した。
プリモはオーケストラ。セコンドはピアノの持ち場を担当している。ラフマニノフの天才的名曲に脱帽である。
私の弾くセコンドは簡単ではないがその絡み合う演奏アレンジはなんとも言えず連弾の醍醐味ともいえる。今週いっぱいもっと練習して完成させたい。
午後からはシュトラウスの「春の声」K先生と練習。
これは日本人の演歌のような部分があり明るいワルツなのだが泣きのメロディがなんともいえない。プリモのK先生はバレイを習っていたので弾きながらつい踊ってしまう。私もつられて踊りそして笑ってしまう。私の隠れダンサーの部分を隠し切れない。K先生は本当に心からピアノが好きなことがわかる。私も同じく・・・。長年のお友達で気心が知れた相手とは本当に楽しい。
身体ごとピアノを演奏してしまう彼女の演奏は少し私の伴奏とずれることもあるがいろいろな人と演奏していると呼吸などやこう弾きたいというサインなどが感じられそこを理解しあって共感できるところもありとても勉強になる。
夕方のレッスンで3年T君と「サンタがバイクでやってきた」の練習をした。
良い思い出になるといいなあ。一時は練習が大変でクリスマスでなくクルシミマスだったと思うが・・・。
しかし次々とクリスマス会のプログラム曲の生徒たちの腕も上がり楽しみになってきた。本番まであと2週間である。(*^^)v

| keiko | - | 23:07 | comments(0) | - |

2015.12.07 Monday

京都へ

6日私は朝の一人の社会人のレッスン生を終えクリスマス会の連弾のヨハンシュトラウスとラフマニノフの練習をしていた。後者が難しくてとても時間がかかった。以前から少しづつやっていたがすでに2時半を過ぎ疲れたので少し気分を変えて京都に出かけることにした。「高台寺」は駅のポスターを見てぜひライトアップに行けたらよいと思っていたからだ。
運動不足は体に悪い。
京都駅からバスに乗り5時前ぐらいには着いた。
圓徳院で共通のチケットを買った。高台寺で並んで買う必要がなく時間節約になると聞いたので・・・。
圓徳院の中に入ると美しい着物たちが出迎えてくれた。そして枯山水のライトアップした庭。そこにある部屋の美しい襖絵と書簡の数々。
高台寺に回ったらチケット売り場に並ぶ延々とした列を横切り高台寺の庭園へ。
するとなんと音楽付のプロジェクションマッピングのお出迎えだった。
なかなか新しい試みである。お寺でこんなことって・・・。
圧倒された後進んだら鏡のような池に移る逆さの紅葉は圧巻。
竹林もあり幻想的・・・。
寒さが本格的ではない京都に紅葉はいまいちだと思われていたがこのような楽しみ方があると感心した。ご先祖様もびっくりであると思う。
日本の歴史に触れなんだか心がホッとした久しぶりのオフの時間だった。京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしい!

| keiko | - | 00:36 | comments(0) | - |

2015.12.07 Monday

ピティナステップ

昨日のピティナステップでなかなかの成長を見せてくれた子がいる。
その子は電子ピアノで練習しているが、熱心な練習の成果が出て習い始めて1年間のレッスンで現在2年生。ブルグミュラーに入ろうとしている。練習をきらっていてそれを克服するために目標を設定した今回のことは成功だった。
生き生きと演奏したのである。私は感動してママのサポートにも感謝したい。
ピアノを主に時間をさくことを生活の中に入れていかなければあのような演奏にはならない。真剣に取り組んでいた。
幼稚園でリトミック的な素養を養い1、2年生のピアノは手と脳の土台作りの大事な時期。そこのところの理解度が深くあれば私たち教師は助かるのである。
その後はいろいろなジャンルの楽しい曲を出来るだけ多く出会わせ苦労なく譜読みができるようにしていく。
日々の訓練なのだから練習する習慣をつける事。
練習さえして来れば道は開ける。先生はその道の方向性をしっかりと定義づける役目だ。厳しい道を選んだお父さんお母さんには覚悟がいることなのである。

| keiko | - | 00:18 | comments(0) | - |

2015.12.05 Saturday

クリスマス会に向けて

生徒達のラストスパートが続いている。
今日はピティナステップに出るために頑張っている子たちのレッスンもあり、活気のある良いレッスンが出来た。よく練習してくるとさらにもっと良くなるヒントが生まれ出てきて曲が生き生きと動き出す。こんなに目標が設定されていることが効果があるとは驚きだ。練習カレンダーに二重丸が並ぶ。
ピアノは真剣に向き合わないとうんともすんとも言ってくれないただの道具.
だが、いざ集中して心を向けると素敵な道具に早変わり。
聴いている人を笑顔にする優れもの。ましてや可愛い子供たちが演奏するのだからなんとほほえましいことだろう。
私はこんこんと説く。練習の仕方。そして耳を澄ましなさい。そして心を込めなさい。繰り返し練習しなさい。
その努力が実を結び生徒たちの心に何かが芽生えることを信じて今の本番前の実のあるレッスンを楽しんでいる。
連弾などは生徒の方が進んでいて伴奏者の私を驚かせている。
おもしろミックス連弾クリスマスバージョンなどは生徒とするのが今回は4曲もあり前回のクリスマス会よりかなりグレードアップ!!
明日はクリスマス会のため練習に出場しなさいと言って誘った西宮北口でのピティナステップに5名が参加する。1月の甲東ホールのステップに向けても練習は始まっている。
普段ではなかなか到達できない演奏の範囲に行けるので教師にとってもとても勉強になり楽しみなことだ。(*^^)v
熱心な父兄のおかげで助けてもらって本当にありがたい。
昨日は6年T君が私をうならせるほどの上達ぶりだった。クリスマス会に出れないのがとても残念!!

| keiko | - | 00:48 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< December 2015 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Recent Comment

Archives

QR Code