ロシア国立ワガノア・バレエ・アカデミー

「くるみ割り人形」の芸術文化センターでの公演のチケットをバレエを習っている生徒のママがチケットを手配してくださったので午後出かけた。
3階席なのでオペラグラスを持参した。「くるみ割り人形」をバレエで見たのは初めてでチャイコフスキーが初演に立ち会った上演の演目だった。
京都市交響楽団の生の演奏が舞台芸術には欠かせない。
プリマの美しい踊りやそれを美しく見せるための統率された動き。踊り手の演技や表情が素敵。身体のしなやかさは体中の血液が浄化されて心がとけて行くような感じ。私はバレリーナの手の動きがとても好き。
衣装は華やかで流れるような材質のバレリーナの役柄に合わせてとてもエレガント。舞台装置もまるで絵画展の美術作品だ。
チャイコフスキーがバレエの音楽にピッタリとあっているのは彼がロマン派の代表的な作曲家であるからだろう。ファンタジーと夢の中の世界を描いて大人が子供の頃に帰ることができる最高の作品だ。花のワルツはクリスマスの時期に限らず日本人もどこかで聞いたことがあるはずだ。
クラシック音楽もクラシックバレエも芸術の基礎である。子供の頃それを習っていれば、あらゆる国のダンスや音楽にも歴史やジャンルに関係なく移行することができる。
私も音楽に合わせて踊っているような気分になった。背筋もぴんと伸びるような・・・。バレエはピアノに通じる。そしてその逆も言える。
美しいものを見たり聴いたりすることが人々を元気にすることは科学的に証明されている。
明日から2月。また気持ちを切り替えて進んでいける!

アジア制覇!!日韓頂上決戦

日本はアジア王者としてリオデジャネイロで闘うことになった。
カタール・ドーハの悲劇は過去のものとなり悪夢は消し去られた・・。あまりにもかっこ良すぎて万歳したくなる。2点のビハインドをひっくり返した。
心からおめでとうと言いたい!!胸のすく思いだ。
浅野のジャガーポーズ。なんと頼りになる男・・。
でもこれからだね 本当の闘いは。

ピティナピアノステップ

甲東ホールでピティナステップが開かれるので地元の参加しやすい生徒たちが今日は参加した。
ピティナステップはフリーで参加する以外は課題曲と自由曲を2曲弾かなければならないので勉強になる。そのおかげでとちることもあり、曲の間に気を取り直す訓練も必要だ。5回出場したら継続表彰を受けることができ、長く続ける手立てになりピアノ練習の励みになる。
実は先生にとって生徒の成長の様子がよくわかる機会であり先生のためのものでもある。音高受験生が真剣に取り組んでいる姿が見られたり、知っている曲の良さを再発見したりできる。
今日は伊藤仁美先生がアドバイザーのお一人で全体講評をされた。
「ピアノはメロディ・和声・リズムを自分一人で担当しピアノは音を出してしまいがち。ピアノフォルテという正式名で曲の中には全体の80パーセントがピアノで弱い表現が必要。フォルテは20パーセント。そのPの表現にはいろいろな音色があり左は布のように右はみずみずしい桃のように。パレットのように音色を並べてハノンなどで片手づつ探してみよう。また和音のたての響きも大切だが横に動いていったときのメロディも意識して・・・。オーケストラや弦楽四重奏などを聴いて長いピアノ人生を頑張ってほしい」とのこと。
楽譜を演奏するのではなくその曲のキャラクター性を表現するのだが、音符を弾くことから離れ弾き込み曲の理解度がまだまだ足りないようだ。

オリンピック出場決定!

ドーハは日本サッカー界の「ドーハの悲劇」を思い起こす地名として私の記憶に残っている場所。ロスタイムに逆転された有名な話だ。
日本はまだまだ世界に出ていくには厳しい時期だった。
今日の試合も行方は未知だったが前半早くに得点しその後同点にされ・・・。
なかなか1.1から抜け切れず延長戦になるかと思いきや2・1に逆点することができた。後半しかもロスタイムに。それはあの時のリベンジを彷彿とさせた。
眠気眼にもうだめかとあきらめかけていたころ・・・。
谷間の世代と言われ自信をつけることが必要な若い世代だ。
きっとこれでまたしっかり歩むことができるだろう。
若さには無限の力がある。アジアの頂点に立てるならなおそこから世界に向けてしっかりと歩み始めてほしい。
おめでとう日本!オリンピック出場決定おめでとう!!
サッカーは得点がなかなか入らないだけに1点の重さは計り知れない!!

あさが来た

NHK「あさが来た」をずっと見ていた。
半分が過ぎ後半にはいるころ五代さんのディーン・フジオカの大ファンになっていた。いったいこの新人はだれ?という具合だ。
このドラマの俳優陣や物語の内容が濃くて久しぶりにテレビ連続ドラマにはまっている。
彼の優しい眼が好きそして姿勢 声。もう見れなくなるとはなんと寂しいことか。それより逆境にめげぬ意欲と生きる力のすさまじさに「あさ」と「五代」の日本の経済の土台を作った功績とはファーストペングインの異名に恥じないものであると思う。
どこまで飛んだかではなくどのように飛んだかが重要という主題歌の「365日の紙飛行機」の歌詞が素晴らしい。
人の命には限りがあるがその人の後世の世への残した偉大な何かには永遠なるものがあることをしっかりと心に焼き付けておきたい。
深田恭子と共演のディーンさんのドラマもなかなか楽しい。

人間力

渡部先生の「魔法のピアノレッスン」を読んで先生の講座に参加したいと思っていた。いよいよ冬が到来ッという寒さの中その足は新響楽器の先生の講座に向かっていた。
「ブルグミュラーで表現の型を学ぶ」という・・。
子供の頃に必ずと言っていいほど習うピアノ教則本である。
私も生徒に必ず使うと言ってよい。昔からの定番のベストセラー。表現に工夫をせず普通に弾いてしまったらとてつもなくもったいない。
その良さを再発見できるすばらしい内容だった。
芸術というものに向けてスタートする前の基礎の大切な準備期間であるということ。
ここまで来るまでも右往左往する生徒もいるが最近のママたちは経験者が多くそのサポート力には助けてもらっている。
昔より大人っぽく演奏しなければ人前では通用しなくなってきた。
ペダルもところどころ工夫して入れるべきだ。
そのためには指を強化していなければ音が濁り逆効果になってしまう。
この曲集を利用してかなり表現力アップにつなげることができると見直すことができた。古典派とロマン派の流れを受けた優れた曲集である。
春畑セロリさん監修のブルグミュラーの解説も好きだ。
楽譜の裏に隠れている白紙の部分を読み解く楽しみはどんどん広がってゆく。
人間力を磨くにはピアノ教育が最適と言われる昨今。その理由もわかるような気がする。人生には表現力!!先生の指導をうのみにするのではなくなぜそこにそのようなタッチが必要か考える力・・そしてそれを実行できるテクニックを作る忍耐力こそが人間力!!につながるのだ。先生の熱意には必ず子供は答えてくれる。そう信じて毎週私はレッスンしている。(*^^)v

新春サロンコンサート

今日は新春・サロンコンサート〜日本のこころを歌う〜
のチケットをギロックのメンバーの声楽専攻のTさんから頂いていたので本町の三木楽器開成会サロンに向かった。
音楽好き同窓会の後輩のTさんも誘った。
日本歌曲は言葉の意味が分かるので情景が思い浮かべやすく難しいクラシックにはなく理解しやすい。
ピアノの伴奏の美しさにも感動する。
ピアノが活躍するのだ。声とのアンサンブル・・・。独奏にはない分厚さがより感情をそそる。
詩の美しさにも・・・。
私は声楽を習い始めてから曲を知らないことを実感していたので選曲に関心があった。
アンパンマンマーチのやなせたかしさん作詞木下牧子作曲 「海と涙と私と」「雪の街」
寺山修二さんの作詞で中田義直さんの作曲。「悲しくなったときは」・星野富弘さん作詞なかにしあかねさん作曲の「今日もひとつ」・・・目頭が熱くなった。
堀口大学作詞伊藤康英作曲の「恋のない日」・野呂さかん作詞伊藤康英作曲 「そこにあなたがいてくださることは」
谷川俊太郎作詞 松園洋二作曲 「なんでもひとつ」
歌はピアノではなく自分の声を作り訓練して楽器として響かせなければ伝わらないので超生身の人間の肌質が感じられる。日本人であることが誇らしい。
ポーランド人がポロネーズやマズルカを愛するように日本歌曲を愛さねばと思う。音楽が好きでよかった。これからもっと深く好きになれるような気がした。

伝わりました

小6のYちゃんは去年12月から習いに来たばかり。
その前に数年は経験があるがブランクがある。しかもあまり熱心な先生ではなかったため練習の仕方がわかっていなかった。先週具体的にやり方を説明し、練習の必要性を強く話した。ここは受け身ではいられない。
泣いていたようで私はびっくりしてそのことが気になっていたが私の取り越し苦労だった。
にこにことやってきてあっという間に課題をやり切り時間が余ったぐらいだった。練習さえすれば弾けるようになることがピアノの良いところでもある。
手がとても大きいのでこれからもいろいろな曲に出会えると思う。
甘い対応をして先行き力がつかず目覚めるまで待つというのは得策ではない。
今ここが肝心という時にこちらを向かせて練習の効果を実感させることである。
彼女が今年の11月か12月の発表会でブルグミュラー「バラード」や「やさしい花」「清い流れ」など気持ちよさそうに弾いてくれたらどんなにうれしいだろう。出てくれるかな発表会!!
今月末にステップに参加する生徒たちがようやく走りはじめている。
これからも音楽することで生徒が自分の心を納め明るく素直になることができるよう私は1人1人に接してゆきたい。(*^^)v

田中巳穂第1回バロック講座

「舞曲へのアプローチ〜メヌエットを中心に」
今日新響楽器にて田中先生のバロック講座を聴きに行った。先生は赤い花柄のワンピースで新春の初講座にぴったりの雰囲気。
講座は宮殿で式典に踊るバロックダンスのDVDの映像から始まった。
気品にあふれた衣装で王様とお妃さまが優雅に踊っていてしばらく見とれてしまった。バックで演奏されるバロック音楽の雅なこと。
メヌエットのステップの仕方を知ることで初めて演奏がより良いものになると思う。2小節を一つと考える中で最初の1拍めにアクセント。そして3拍めもアクアセント的に弾きステップに合わせるように弾いてくださったことは新鮮だった。先生の演奏はとても素敵でバロックは自由に演奏してよいことを強調されていた
ギロックの研究で「ギロックでバロック」という演目で舞台を構成しバロックダンスを踊ったことがあるがそのために実際に習ったことがある。
かなり上半身がしっかりして動かず足が細やかにステップを踏んでいくのだが動きは少ないようでもかなり運動になり、舞踏譜に合わせて綿密に動いていくのでとても難しかったことを覚えている。
フランスでバロックダンスはクラシックバレエのように動きは大きくないがその前身として基礎として盛んに踊られていた。
先生は「古典舞曲集」照澤准佐子 編の中からメヌエット全曲を演奏されていた。
どれもかわいらしくこんなにもメヌエットが素敵であるということを改めて再発見した。小さな生徒たちにプレインベンション以外にもこんなに優れた教材がありここにはたくさんの規模が小さいながらも段階的にその要素が大きな曲につながっていく曲がある。また大人でも十分楽しめる曲集だ。ソナタやソナチネにつなげて行くべく生徒たちに是非使いたい。
真冬だというのに気温があたたかくなんとなく正月ボケの私の心をクリアにして晴れ晴れとした気分にしてくれた田中先生にまた来月も会いに来ることにした。(*^^)v

湯原温泉へ

90歳義母との旅がいつまでできるだろうなんて焦る気持ちは必要なかった。
今年は暖かい日が続き風邪もひかずにとても元気だからだ。
私の21回目の・・うそです。誕生日に10日からの連休避けて少しはやめて8日から1泊旅行岡山の湯原温泉に出かけた。ピアノ関係の友達Yさんも一人誘って・・。二人より3人か4人の方がにぎやかで楽しい。
日常を離れてゆっくりと温泉につかりごちそうを食べる。
食べきれないぐらいの美味しいおもてなし。湯めぐりの宿。「花泉」。
どこにも出かけない義母に孝行できるのは私自身も息子が二人でお互いにさみしい思いをしているからだ。逆に娘がいたらこの関係は築けていないかもしれない。車で片道2・3時間の旅なら十分耐えられる。
私が作る普段の料理は残念ながら旅館の食事にはかなわない。普段小食だがずいぶんよく食べれていたと思う。
その足で帰り路・倉敷の美術館巡りをした。美術館に足を運び1枚1枚の絵をその背景や描く人の想いを想像するだけで心が躍り、大原美術館の経緯に感動した。美観地区も日本人であることを楽しみながら歩く。人がそれほど多くもなくお天気も良く良い旅だったと思う。
かなり歩いたが義母は足を痛がりもしない。
亡くなった実母と大分県の湯布院に行ったことがあるがその時義母に子供を預けてのことだった。そのお返しはまだまだできるかな・・・。今年も1年健康でありますように・・。

先生はおもしろい

昨年は実の母が亡くなり年賀状を出すことができなかったので今年ははりきって生徒たちにも書いた。
返事をもらった中に小2Mちゃん直筆の年賀状があった。
その中の言葉に先生はおもしろいのでレッスンが楽しいですと書かれていて、苦笑した。私はおもしろくしているつもりはない。でも素直で明るく人懐こい彼女の性格がとても教えやすく、ママが協力して練習をよくするので実に上達してきている。相性かな?
クリスマスコンサートのための練習をみんなとてもがんばったのでその後のやる気スイッチが入った子もまた正月休みでだれてしまった子もとりあえず私との絆はより深まったようだった。
多くの習い事をしている生徒たちはお母さんを取り込んでピアノ練習の時間を生活の中で確保してもらえるよう練習の目標を明確にすることでレッスンの進み方は格段に違う。コントロールは小さい子には無理である。
一人一人に合うレッスンをと思いがちで生徒に合わせているようだが歩みが止まらないよう常に一本のレールをそれぞれに引いておいてやらなければならない。
先日1年か2年よそで習って事情があり離れて小6で再開して来た子があまりにも練習していないのでいかに練習が大事かを説いたら初レッスンで泣き出してしまった。
ピアノに喜びをみつけるために乗り越えなければならないという一念だったがさて来週はどんな感じで来るのか・・・。
私が叱らなければだれがその子のためにいうのだろう。
縁があると良いのだが・・。厳しさではなくそれこそが優しさだと思う。
私自身もやめたいと思うことは何度もありその時やめていたら生徒たちに出会えていない。未熟なのでおかげで私の成長はこれからもとどまることはないだろう。

初レッスン

新年会で宝塚のディアマダムガーデンという隠れ家のようなお店でお昼の食事会をした。川べりにひっそりとたたずむ小さな和食レストラン。
私の作ったお節とは大違い。
一つ一つが美しく盛られ綺麗な食器も新年を寿ぐのにふさわしいものだった。
体の隅々まで行きわたる美味しさだった。
本物のお料理の美味しさを味わった。
見る。食す 。五感を研ぎ澄ますものがある。
初レッスンのパワーアップ充電がすっかりできた。食べることはやはり体と心のパワーアップにとても大切なことなのだと思う。

最初に来たYちゃんは幼稚園年長ながらどんどん進んでいく。ピアノが大好きで練習は大好きと来てる。バイエルの第2巻を渡した。理解力があり指もしっかりしているし良いことは自分の意思がはっきりしていることだ。私の話に聴き入る。
その後小3T君幼稚園年少Aちゃんきょうだいは二人ともよく練習してきた。バーナム・ハノンは大事だという相変わらず説教はしたが正月に免じて今回はいたしかたない。正月早々気が抜けているのではと思うが風邪気味の体を押してでもレッスンを休まないことがうれしかった。
最後の中1Aさんが冬休み中にショパンの華麗なる大円舞曲をほとんど弾けるようにしてきていた。実力が付き私はこの曲を中1では弾けなかったと記憶しているのでうれしかった。今年の発表会に弾けたらいいねと話した。
クリスマス会の影響もあったのかピアノが子供たちの生活に浸透し、念ずるような私の想いは届いてきたようだった。

家族の絆

今晩のテレビで石田さんチの大家族の様子を19年前から撮り続けていてそ常総市鬼怒川沿いにある家が水害にあい立ち直っていく姿を追う番組を見た。
大家族の母がなんと言ってもすばらしい。責任を持って子どもを愛し一生懸命育てている。末っ子の反抗期にも絶対にあきらめず対処する。母になるということは過酷だ。しかも男の子が7人・・だったかな。癌を患いながらも乗り越えるほどの強さだ。
彼が一人前になるには見守るしかなかった。そこに思いもよらない災害に会うのだから・・・。父親は家を再建するべく・・まだまだ若いからエールを送りたい。そして大家族はその試練を力をあわせて乗り越えて行く。
素敵だった。

我が家にもしばらく事情で来れなかった長男家族は1日の晩から2日まで私に幸せな時間をくれた。
どうかこれからもじっくりとあたたかい家庭を築いていってほしいと願うばかりだ。孫のハルは5歳彩ちゃんは3歳になった。今年のお正月は例年になく最高!!

ニューイヤーガラコンサート

今年は元日からシンフォニーホールに義母と出かけた。
街は少し人出も少なくタクシーもすいすいと進む。
ギロックのお友達のSさんから「ニューイヤーガラコンサート」のプラチナチケット招待券をお送りいただき良き1年のスタートとなったのである。
ハンガリー国立ブタペストオペレッタ&ミュージカル劇場によるものだった。
プログラムは和太鼓がトップを飾った。初めて生の和太鼓を聴いた。
その響きはまさに命の響き・・・。奥深く伝わってくる躍動感。
聴くのではなく見るのだ・・・。打ち込む姿を・・・。

オペレッタとはオーケストラをバックに歌い踊る小さなミュージカル。
衣装が素敵でダンスがアグレッシブでパワフル。アクロバット的でわくわくさせる。
歌はオペラのアリアのようでもあり心の機微を表す歌謡曲のようでもあり・・・。ぐいぐい引っ張るその力に観客はついていかざる負えない。
言葉はわからないが美しいその歌声に魅せられてその世界に行くことができる。
ハンガリーの伝統できな芸術の世界に足を踏み込んだような・・・。
90歳の義母はまだまだコンサートなどに誘えることがわかり2時間半のこのようなコンサートをまた探していこうと思う。
素晴らしい2016年の元日のコンサートは一生忘れられないだろう!!

あけましておめでとうございます

昨日の大晦日は前日の姪が初めての子供を見せに連れての訪問に時が止まり年末の用事がずれ込みとても忙しかった。癒された時間には代えられないが・・・。
血のつながった姪が苦労して人生を乗り切った末の子供の出産だったから私も幸せになれる時間だった。
人は何かの縁でつながっている。不思議だ。
先日の同窓会ライブ仲間の忘年会で1年下の女性がたまたま来ていて私の中学時代のテニス部の後輩と分かり意気投合!!
私は明るい性格の人が大好きだからその笑顔に惹きこまれた。
笑うって大事なこと・・そしてピアノが好きだそうだ。
1年生から中2まで習っていたという。電子ピアノを今も弾いているそうだ。
息子さん2人ということで同じ。ほかにも共通点がある。
紅白歌合戦とNHK教育の音楽番組を交互に見ながらラインで話した。
私はミーシャの歌に感動した。
二人とも家事も料理も好き。そして自由が好き。
今年もいろんな人に出会い楽しい年でありますように。
どうぞ皆さま今年もよろしくお願いします。

Go to top of page